2005年7月22日金曜日

ぷぷっぴ10

夏ですね。夏といえば海ですね。海といえば水着ですね。(ここまで棒読み) こんにちは、夏になると「ケッ」が口ぐせになるondです。<えー 大胆なビキニのお姉ちゃんが視線をくぎづけにする季節なわけですが。それともスクール水着のほうがくるものかしら。<それは個人々々で… ビキニ水着の名前の由来は、ビキニ環礁からきています。太平洋のまんなかに美しいサンゴ礁が浮かぶあそこですね。(知らないから) なぜそんなところの名前がつけられたのでしょう。常夏をイメージさせる地名だからでしょうか。それもあるかもしれません。現地の住民が男女ともいつもあの水着のような格好をしているからでしょうか。そういうわけではありません。ビキニ環礁と聞けば思い出す歴史上のできごとがあるはずです。そう、アメリカによる水爆実験です。第二次大戦後に、各国が核軍縮について話し合っているさなか行われたもので、世界じゅうに大きな衝撃をあたえました。実は、その事件の大きさにあやかってつけられた名前だったのです。まだ女の人が人前で肌をさらすことに抵抗が強かった時代です。あんなに露出の多い水着はたいへん刺激が強く、世間が大騒ぎになったことでしょう。そこで、かのビキニ環礁のニュースと同じくらいショッキングな水着がお目見えする、ということでビキニと名づけられたんだそうです。
……。どうですかこれ。こんなに不謹慎なネーミングはありませんよね。せめて日本から異論の声はあがらなかったのでしょうか。日本の漁船もあの実験の被害にあっています。下手したらヒロシマとかナガサキと命名されていた可能性だってあるわけです。核爆弾の脅威や残酷さをだれよりも知っている日本人だったら、そんな名前がつけられた水着が世に出回ることを許しちゃいけなかったんじゃないですか。いいえ、戦後60年たった今からでも声を荒げるべきです。No more ビキニです。だんぜんワンピ派のondも断固反対します!<所詮はおまえの趣味の話か! でもタンキニも捨てがたいです!<そんなこと知るかよ!!

0 件のコメント :

コメントを投稿