2005年7月23日土曜日

ユリシーズをひとたび見たら幸せになる

義経の再放送を観ました。あのondさんが大河ドラマなんてどういう風の吹き回しでしょう。<自分で言うなっていうかどのondだよ いえまあ、あの時代の日本史は全般的にあまりよく知らないんですけれども、おまえどこ住んでんだよこのばち当たりめがって自分につっこみたくなるくらいなんですけれども、例外的に先週の話だけはやたらお詳しくていらっしゃいます。ことしの大河ドラマが義経だと知ったとき、おそらく兄弟の敵対関係みたいなのもストーリーに入ってくるでしょうから、この話が放送されるのではないかとひそかに期待していました。それがこのたび実現しましたもう義経に思い残すことはありませんありがとう合掌。
で、それは何かというと、義高×大姫のエピソードです。(なぜにカップリング表記) 幼くして散ったせつない恋の伝承ですね。(なにが伝承だよ) いやー、幼女のこいばなって実にいいものですね!(バカ野郎だ) ゆずゆちゃんが恋をした?!(全然関係ねえだろ) …この話をなにで知ったかっていうと、言うまでもなくあの日見た桜(藤野もやむ)だけどね。マイ脳内ではあのマンガが実写ドラマ化されたという二階級特進あつかいなんですけれどもー。けっきょくオタクネタがらみじゃないとドラマひとつまともに観ないようです私。

0 件のコメント :

コメントを投稿