2005年8月19日金曜日

九分九厘とんでぶーりん

自民党の候補者擁立の動きがまたしてもとんでもないことになっています。エリート官僚に料理研究家に旧山古志村村長(!)にと、もう話題性さえあればなんでもいいってな状況です。タレント候補者っていうんでしょうか、個人の知名度ばかりで選挙を戦おうとする姿勢は感心しません。唯一の例外は大仁田議員くらいのもんです。あの人は本当に戦力になりますから(おもに強行採決のときに)。まあ、政治に対する意見がなくてミーハーな話題に左右されやすい有権者ばかりなのがそもそもわるいんですけどね。というわけでおもむろにまいります。(えっ)
こんな衆院選候補者は嫌だシリーズ。

「堀江由衣」
堀江は堀江でも。オタク層の絶大なる支持基盤で選挙もオリコンもダントツ1位。
「木村拓哉」
ぶっちゃけメイビー自民党をぶっ壊す。選挙戦の舞台裏はフジテレビが完全密着取材し、月9初のドキュメンタリーへ。(何) ちなみにondはキモタク。<やかましい
「所ジョージ」
ダーツを投げたら永田町に刺さった、というしょーもない理由で出馬。ジャンボ宝くじを積極的に広めて、危機的状況に陥っている国家財政の立て直しを図る。
「錦織健」
あの歌唱力で「議長~~~!」をやらせる。<え どこまで声を伸ばせるか注目。
「イ・ビョンホン」
こちらはマダム層の圧倒的な支持を集める。ペ・ヨンジュンも応援に駆けつける。日韓外交の架け橋として期待されるが、竹島問題で反乱分子になりそうな予感。
「デイビッド・パーマー」
現職の米上院議員。誰もが理想の上司に挙げる人格者で、黒人初の大統領就任をめざす。予備選で忙しいので実際に立候補するかは微妙な情勢だが24時間以内に結論が出そう。
「モリゾー」
いまや時の人(人じゃないけど)。万博は9月で終わるので、いかにも選挙戦のことしか考えていないといった擁立っぷり。自然と共生する社会の実現を訴える。
「しぃ委員長」
AAキャラとしては初の立候補。共産党推薦。さいたまさいたまをライバル視している。
「福沢諭吉」
故人でも知名度さえあれば票が取れる、という目算。知らない国民はいない。日本を実質上動かしているのはこの人なんだし。
「星野仙一」
指導者としての手腕はすでに実証ずみ。中京・阪神地区からの出馬という見方が有力。プロ野球改革をめぐって野村克也議員と論戦をくりひろげる。乱闘大好き

いやー、楽しい選挙になりそうですね!(おまえがネタにして楽しんでるだけだ)

0 件のコメント :

コメントを投稿