2015年5月5日火曜日

ふたつの聖地 (2)

グラディウスⅢまたやりたくなってきた。ごきげんよう。

あえて昨日とエントリー分けますが、松本山雅戦のフォーメーションについて。
観戦中は単に舞行龍が右SBだっただけかと思っていたんですが、帰ってきて
レポート読んだらなんと3-5-2だったそう。

【レポート:明治安田J1 1st 第9節】熱いアルウィンの夜 試合を決めたのは山本 康裕の一撃!:Jリーグ
http://www.jleague.jp/news/article/1353

それで他のサイトやブログも調べた結果、スタメンの配置はこうだったんじゃ
ないかと。

   山崎  指宿
コル   成岡   川口
   小林  レオ
 大野  大井 舞行龍
     守田

たしかにこれだと昨日触れたコルテースの守備時の戸惑いとか、あと成岡が
左右どっちにも顔を出してたのとかが合点がいきます。ガッテンガッテン。
山本が交代出場してからも同じ陣形だったかはわかりませんが、トップ下なら
あの積極性というかゴールへの意識を生かすのにぴったりだと思いますし。

ただスリーバックにこの3人が揃ったからこそ実現できたんだろうなと。
舞行龍も大野もサイドバックの経験ありますし。替えが利きませんけど。
あとは縦の守備の連係をもっと強化して、今節のような隙を作られなくなれば
はまり戦術になるのではないかと期待。

0 件のコメント :

コメントを投稿