2017年12月21日木曜日

グリーンハイツ

アドベンチャーワールド行けばいいのに。ごきげんよう。

年賀状とかの時期になると毎年気になるのが、自分の住所の
マンション名を書きたがらない勢の存在です。<ちょっ
番地のあとに続けて 2-3-4-1005 みたいに書くやり方ですね。
これはもちろん正しい書き方ではありません。

ぼくは昔、建物名があったほうが仕分けや配達がしやすいと
郵便局の中の人から聞いて、それ以来必ず記載しています。
それから最近、運送会社が要請しているのかわかりませんが、
通販サイトなどの住所入力欄にも「マンション名・号室」の
項目が独立して置かれ、記入を促すところが増えています。

このような流れにも関わらず書かない人が後を絶たないのは
なぜなのでしょう。
考えられる原因は、自分も前そうでしたがめんどい(4文字)。
とくに年賀状だと、限られたスペースに自分の住所を何枚も
書きますから、少しでも文字数を減らしたくなるのは人の常。
ですが、やはりここはめんどさよりも自分への返信が確実に
届くことを優先して書いたほうがよいですし、それに今どきは
印刷の人も多いのに、それでも載せないケースもあります。

だとしたら別の理由としては…プライバシー保護()かなと。
思わず失笑してしまう理由ですが。



だって今どき住所でググったら地図に印がついて家の外観も
確認できる時代だというのに、建物名だけ伏せて何の効果が
あるのでしょう。
最悪、マンション名もマップに表示されていたりしますし。

そのような時代遅れの対策をいつまでも続けるのではなく、
時代に合った正しい身の守り方を身につけたいものです。
すなわち、犯罪に悪用されないようにするには絶対に住所を
知られないようにすること。これしかありません。
また、最悪自分のことはどうであっても、自分が知っている
友人などの個人情報を勝手に第三者に教えないこと。
自分だけでなく自分の大事な人を守る意識が重要です。

0 件のコメント :

コメントを投稿