2016年3月21日月曜日

リア充オタク #とは

ビール苦手な人にはシャンディガフおぬぬめ。ごきげんよう。

他人の趣味に口を出す人というか、一定のレベルを求める人って
世の中いるなと思って。
好きならこれくらい知ってて当然だとか、これくらい時間や金を
かけてなければファンとは呼べないとか。
…まったくよけいなお世話です。
趣味なんて、本人が好きだと言えばそれだけで成立するんです。
どれくらい好きかなんて知識の深さや関わり度合で測れるものでは
ないし、ましてや他人に審査される筋合いなどありません。
また、一人の人でも昔ははまってたけど今は時間なくて…という
こともありますし、それでファン失格と言うのは酷ではないかと。

そういう立場やディープさの違いを越えて広くつながれる場所が
同人誌即売会だったりすると思うんですが、困ったことにその手の
イベントにも口うるさい人はいまして。



にわかファンをけなしたり、自分がサークルやってるときも宣伝は
もっとこうしないととかとらに委託してこそ一人前とか、一部の
人ですけど無茶言われたものです。

…今サークルって言っちゃったね。(オシムって言っちゃったね風に)

オタクの閉鎖的なイメージを払拭するには広い心が必要というか、
それこそが真のダイバーシt(てんどんじゃねーか

0 件のコメント :

コメントを投稿