2010年3月31日水曜日

あかふくぅ?

現金ですかー! 現金があれば何でもできる!(なんかあったのか) ごきげんよう。

問題を作るときに気をつけるべきことは、別解が存在しないようにすることです。
いざ出題してみたあとで、解答者からこれも正解だと指摘されたときの対応が大変です。
入学試験のような、正誤が重大な結果につながるような場合はしゃれになりません。

たとえば「パンはパンでも食べられないパンはなーんだ?」というなぞなぞがありますが、
これなんかもう別解の宝庫ですよね。
「なんだよー、腐ったパンだって食べられねえだろ! じゃあおまえ腐ったパン食うのかよ!」
とか、
「レーズンパン食べられないとか好き嫌い言うな! もうちょっと食べ物の大切さ考えろ!」
のように(子どものけんかか)、トラブルの原因になりかねない出題はひかえましょう。
ちなみに真の正解はパンダパンです。かわいくて食べられません。<だから和歌山行ってこい!!

まあ今のは変なたとえですが(わかってて言うとか…)、どんな問題であってもあてはまる話です。
たとえば小説のトリックとか小説のトリックとか小説のトリックとか…(だからなんかあったのか

2010年3月30日火曜日

壁紙に向かない壁紙

バナナ買ったらものすごいストレートだった…。ごきげんよう。

関西のローカルニュース見てると、ときどきアドベンチャーワールドが取り上げられます。
アドベンチャーワールドっていうのは和歌山にある動物園のすごいバージョンなんですけども。
和歌山? そんなとこ知らん! っていう人にもおすすめなんですけども。(ともに言え)
…で、そのニュースがですね、もう嫌味かっていう内容でして。
パンダの赤ちゃんがまた生まれたとかパンダの赤ちゃんの名前が応募の中から決まったとか
パンダの赤ちゃんが飼育員に抱きかかえられて体重測定とかオレをなごませ殺す気か!!<何
もう嫌味か。(さっき言った)
新手の嫌がらせか。(なんでそんな考え方がゆがんでんだよ) はめ殺し窓か。(関係ねえよ)
もうさ、あんなんずるいわー。ずっこいってもうー。
パンダはね、生まれながらにしてかわいいという罪を背負った生き物なんだよ?<頭大丈夫か
存在自体が犯罪みたいなものだから国際取引が禁じられてるんです。(そういう理由じゃねえ
それを、それをっ…! 公共の電波でさらし者にするなんて…生殺しじゃないですか!(ondが)
というか思うんですが、NHKとか絶対裏でアドベンチャーワールドから金もらってるでしょ。
公共放送なのに密かにスポンサー契約結んでて、だからあんなニュース流してるんでしょ?
…と疑いたくなるくらいの絶大な宣伝効果です。<じゃあ見に行ってやれ

2010年3月28日日曜日

改めて慰みものになるだけ

…ごきげんよう。ごきげんよう。

「あまくだり」での当サイトの検索順位が急降下しました。今までは2位だったのになぜ…。
と思ってたら、今日あらためてぐぐったらまた復活してました。いったい何だったんでしょう。
(ていうかそんなのいちいちチェックしてるとかどれだけナル入ってんの気持ち悪いんだけど)

SEO対策している人の間では有名な話ですが、Googleの順位づけのルールって不定期に変わるんです。
もうバリアチェンジみたいに。だから今はいい順位が取れていたとしてもまったく油断なりません。
というか、順位落ちたときに復活させる方法とか結局わからないし。…わかれば苦労しませんけど。

2010年3月27日土曜日

一年後に「去年はよかったですね」って

研修に着ていく服がない。(悪天候続きで洗濯できなかった的な意味で) ごきげんよう。

「フェイトちゃんフェイトちゃん、オリコンのヒットチャートって気になるよね」
「うん、なるなる。新曲や最近の流行がわかるし、お気に入りのアーティストが上位に来てるかとか…。なのはもチェックしてるんだ」
「もっちろん! それでね、この間…声優さんとして初めて週間チャートで1位になった人が現れたの!」
「へえー、たしかにすごいかも。何ていう声優…?」
「うん。水樹奈々って知ってる?」
「知ってるよー。相当知ってるよ。ていうか私が知らないとかありえなくない?」
「今日はわたしがフェイトちゃんに、奈々さんのことたっぷり教えてあげるね♪」
「あ、ありがとう…。自分で自分のプロフィール聞くみたいで複雑だけど…」
「水樹奈々さんは愛媛県あらいはま市出身の声優さんでー」
「…にいはまって読むんだよ、なのは。いきなりつまづいてて大丈夫?」
「ご家族の影響で小さい頃から歌がうまかったみたい。とくに電波が好きで…」
「なんか危ない人にしか聞こえないんだけど! たしかに電波ソングって言うけどさ。…じゃなくて演歌ね、演歌」
「それで、地元ののどちんこ自慢に出ては優勝を総なめなめしてきたんだって!」
「キャーッ! ななな何てこと口走ってるのなのはは…!」
「なかでも十八番の曲が『あえぎ声』っていう…」
「天城越え!! そんなの人前で歌えるわけないでしょ! そもそも歌ですらないし!」
「そんないきさつがあるから、今も声優業のかたわら歌手としても括約筋なんだよ」
「活躍中だから…。さっきから全部ソッチ方向に持っていこうとしてない?」
「実際、アニメの主題歌もたくさん歌ってるの。ディスコ・ザ・キューとか」
「……? それ…ひょっとして『DISCO THE QUE』って区切って読んでるんじゃ…」
「♪ちゅーるっちゅーるちゅるちゅーるっやー」
「にょろーん!!」
「夏のアニメソングの祭典、アニメロサマーライブにも出演してるんだー。通称ナニサマ」
「アニサマでしょ! なのはこそ何様のつもり…?!」
「個人でのコンサートもいろんな会場で開いてるんだよ。まず西武百貨店でしょ?」
「ドームね、西武ドーム。2階とか3階の人が全然見えないじゃない…」
「それから幕張メッセサンオーに」
「サンオーいらない。…うん、サンオーいらない」
「あと横浜フローラと…」
「アリーナだから。4と5がごっちゃになってるから」
「さらには天下一武道会にも出てー」
「出てないよー。私が集めてたのはドラゴンボールじゃなくてジュエルシードだし」
「そしてなんと! ついに故郷のあらいはま市で凱旋ライブも!」
「また間違えてるー! …えっ、なのはって勉強できる子っていう設定だよね…?」
「にははー…。というわけで、今日は奈々さんの性癖しか紹介できなかったけど」
「経歴でしょ。性癖とか紹介しちゃダメでしょ。…ってなのは知ってるの?!」
「それじゃフェイトちゃん、これからも水木一郎さんの活躍に期待だねっ♪」
「全然違うよっていうかそっちのほうが大御所だし…」

2010年3月26日金曜日

洗濯屋ケンちゃん

ブレードサーバーってなんか武器っぽいですよね。殴られたら痛そう…(違う) ごきげんよう。

というわけで(何)Twitter始めてみたんですが、なかなか自分に合っている気がします。

これまでもコミュニケーションツールとしてのインターネットサービスはいろいろありましたが、
どれもしっくりくるものではありませんでした。
Windows MessengerやSkypeは、話したい相手と同じ時間にログインしている必要があり、
時間的な拘束が大きいのがネックでした。
mixiなどのソーシャルネットワーキングは、ログイン時刻や「あしあと」が記録される機能が
個人的に蛇足です。
もちろんそういった情報を有効に活用しようと思ったらできるんでしょうけど、ぼくの場合、
何時何分に何してたかっていう自分の行動がつぶさに明らかになってしまうのがいやなので。
ええただの自意識過剰ですともわかっていますとも。
ただ、自分がどんな情報を発信するか、を本人が選択できてこそのサービスだと思いますし。

おん的には、インタネでの交流にあまりリアルタイム性を求めていないのかもしれません。
誰かとずっとつながっていたいという気持ちより、一人きりの時間もほしいのが強いので。
一日一回ブログを巡回したり、ホームページを更新したり、あるいは昔ながらのEメールで
のんびりやりとりするくらいでちょうどいいと感じています。
…いや、それすらままなっていないことがあるのでそれは反省しないといけないのですが。
つくづく時代の流れに逆行している、というのも自覚していますが。

だからこそ、折衷案としてTwitterという選択もさもありなん、と。
基本的に「今何をしているか」を書き込むものですが、時間がたってからでも読めます。
実況として追随することもできるし、自分の好きな時間に利用もできる自由さがあります。
アイディアとしては何も新しいものではありません。昔のチャットルームと似た原理です。
チャットはBBSを一行テキストにして軽量化し、リロード間隔を短くすることで擬似的に
リアルタイムのやりとりに見せかけていました。
ITインフラの進歩で使い勝手こそ向上したものの、やっていることは基本的に変わりません。
そして、ミニブログとしての側面。発言の履歴がweblogになって自由に公開・閲覧できます。

ときどき「ツイッターって面白い?」「ブログって面白い?」と聞かれることがあるんですが、
ゲームとは違いますし、あくまでコミュニケーションの道具だと説明するようにしています。
一人きりでつぶやいてもむなしいだけです。やりとりする相手がいて初めて価値があります。
あるいは、その相手を探すための手段に使うとか。

2010年3月25日木曜日

ママは泣いて祈った

ふひさ→ond。ケターイの文字入力はいまだに慣れません。ごきげんよう。

なんか3月が誕生日の知り合いがやたら多いんですが。
某所からのお知らせメールとかちょくちょく届きます。
1日2通来た日なんか「この人とこの人って同じ誕生日なんだ、へぇー」とトリビアンな気分です。
(ていうかトリビアンとかトレビアンみたいに言うな)
そして実際、何人かにお祝いメール出したり日記にコメントつけたり絵…いえ何でもありません。
まあ、祝える人がたくさんいるってことはありがたいことです。

でもどうして3月なんでしょう。10か月前って言ったら5月…うーん。<なんで逆算してんの!!

ただみなさん、そろそろ祝われてもうれしくないお年頃にさしかかっているようで。
自分だったらいくつになってもうれしいですけどね、誕生日。
それに、若いうちにしかできないこともたしかにありますけども、反対に歳いってからでないと
できないことだってあると思うんです。
仕事とか対外的な場面では、若僧というだけで信用してもらえなかったりなめられたりしますし。
そこだけで言ったらもっと早く老けたいんですが…。

むしろ気になるのは、実年齢に見合った人間的な成長ができているかどうか、という点です。
貫禄とか落ち着きを身につけて、ナイスミドル、あるいは人のいいおっさんになるのが目標です。
華麗に加齢したいですね!<ダジャレとかもう完全におっさんだよー

2010年3月23日火曜日

ブルスコ!

ひさびさにミスタードーナツ行ったら新商品増えまくっててとまどった。ごきげんよう。

『バルト』 歌:鏡音オン

朝 目が覚めて
真っ先に思い浮かぶ 綱のこと
思い切って 大銀杏結った
「ディカプリオ?」って 聞かれたくて

鋭い立ち合い 肩越しの左手
差して 寄り切るの
今や 怪力だけじゃないよ!

バルト 賜杯狙えそう
意識なんて 絶対にしてない…
だけど バルト 誰も止められない
強引に吊ったりしないわ ワタシ
だって 四つ相撲が …好きなの

2010年3月22日月曜日

しろとしろなのがかわいい

毎度ありがとうございます。またちょっと停滞かも…。ごきげんよう。

【2010/03/20】
Jリーグ観戦記
2010年J1 G大阪-新潟(万博記念競技場)
まさかのマッチデータイアップ?
モノレールに「新潟米」のラッピング車両が。まさかのマッチデータイアップ?

というわけで今季も開幕です!(もう第3節だよ)
…いえ自分の観戦ツアーズが始まったという意味で。
でもこの日はなぜか神戸ツアーズでしたが!

今年こそやばいとささやかれているアルビレックス、アウェー応援席も若干元気がなさそうでした。
先週のホーム開幕戦も3万人切ってましたから、ファンの間でもすでにあきらめムードがぷんぷん。
というか、アルビサポ自身が今シーズンのチームの弱さを自覚している感じです。
ボールキープに不安のある選手にボールが渡ると、「落ち着いて!」「しっかりー!」の声が…。
プロにかける声援じゃないだろそれ。
どちらかと言えば温かく見守るなごやかな雰囲気なんですが、それって真剣に応援してるのかなあ。
ですが、この光景が今年の新潟の状況を象徴している気がします。

MFマルシオリシャルデスが復帰して少しは安定感出たものの、まだまだおぼつかない印象です。
中盤にいぶし銀のプレーヤーがそろうガンバがゆうゆうとボールを回せているのに対して、
アルビはショートパス一本通すのも苦労している様子。自陣でカットされそうになったり。
でも、後半はFWミシェウやMF小林といった移籍加入組が入って攻めの姿勢が出てきました。
まあ考えどころですけどね。安定感のあるベテランを出すか、若手を信じて使いつづけるか。
後半はかなりチャンスが作れたものの、得点にはいたらず。3試合目にして早くもスコアレス。
守備では集中していただけにもったいない。やはり得点力、決定力が圧倒的に不足しています。

2010年3月19日金曜日

再放送だけど!再放送じゃなかった!

しまった、電気自動車とかそもそもエンジン積んでないんだった。<何 ごきげんよう。

ご本人にはもう伝えたのですが、ANSoft HOME PAGEが現在ぷららのネットバリアで弾かれます。
こちらのフィルタ設定が強め(アダルトサイトNG)なせいもあるんですが、明らかに誤判定です。
だってどう考えてもあまくだりのほうが有害サイトだろ青少年健全育成条例的に考えて…。(何)

つきあいの長いぼくが保障しますが、永田氏のサイトほど世の中のお手本なところはありません。
そりゃ気の抜けるくだらないソフトもたくさん発表してますけれども。
ちょっぴりエッチな漫画とかも特集してますけれども。
家族がありながらAV女優や二次元キャラにうつつを抜かしてますけどもー!<ちょっと待てや

いちばん感じるのは、安心して閲覧できる雰囲気。他人を不快にさせることは絶対書きません。
面白いだけでなく、人柄のよさが表れているし、一家のあたたかな空気も伝わってきますし、
ホームページ更新という活動を通して人との交流や人生を楽しもうという姿勢が感じられます。

自分もこんなサイトを運営したいっていう、ひそかな目標だったりします。
…まあ今のところ正反対の方向にいっちゃってますがー。

2010年3月18日木曜日

患者の体の中にガーゼを置き忘れるミスのようなもの

植田佳奈さんの代表曲はOver the FANTASYです。異論は認める。ごきげんよう。

マヨネーズが好きでどんなメニューにもマヨネーズをかけて食べる人をマヨラーと言いますが、
viが好きでどんなテキストでもviで開いて編集する人をvierと言います。(言わねーよ)
でもなんかそういう人っていますよね?

…というかなんて読んだらいいんでしょう。ブイアイアー? ドイツ語読みしてフィーアとか?
フィーア…たん? パソコンに入る…赤くてフワフワ…(なんかかわいい想像になってきた)

UNIXでは選択肢が限られていましたが、WindowsでVimまで使いだしてくるといよいよ重症です。
Visual Studio .NETやEclipseなどの便利な開発環境があるのにあえてviなんて渋すぎます。
FPSばりのコマンド入力を覚えるのは大変ですが、あの軽さとスピード感はやみつきになります。
おかげで昔ながらの職人気質なコーダーというイメージがつきまといますが。事実そうなんですが。

かく言う自分も、vierと呼べるほどではないですが使っています。というかお世話になっています。
viで編集すると、「最近使ったファイル」に出てこないんですよね。…後はわかるな?(うわぁ

2010年3月17日水曜日

お前の身体はそれで洗え

肌色と思いきや「うすだいだい」
13色めの色鉛筆。ごきげんよう。

文章力とか文才って必要なんでしょうか。

もちろん最低限、読めるように、読んだ人に内容が伝わるようにというのは前提ですけれども。
それ以上の優劣、たとえば文法的にすぐれた文章が、必ずしも高い支持を得るとはかぎりません。
この手の話をするときはいつも『ひぐらしのなく頃に』を例に出すんですが。
あれ、原作のテキストはけしてよい出来とは言えません。だけどみんなストーリーに引き込まれる。
文章が人をひきつけるために一番重要なものは何か、それを物語っているのではないでしょうか。

ぼくは自分が物書きだとかSS書きっていう自覚はなくて、そう名乗ったり人から呼ばれることに
違和感があったりするんですけども、それでも日ごろ自分なりに意識していることはあります。
ひとつは「自分ルール」をしっかり決めること。
文章、とくに小説を書く際は文法上の決まりごとがいろいろありますが、守る必要はありません。
疑問符の後に空白とかかぎ括弧内で改行しないとか三点リーダーとか…こまけぇこたあいいんだよ。
ただし、同じ文章の中では書きかたが統一されていること。こちらのほうが重要だと思います。
漢字の変換なんかも。「かぜをひく」は「かぜ」なのか「風邪」なのか「カゼ」なのか、とか。
正解がひとつじゃないからこそ、自分を強く持って(?)、表記が揺れないように注意します。

もうひとつは、やはりよく使う表現は覚えておいて損はないと思います。
文章なんて、表現に華がなくても、同じ言葉を何度使おうとも、読めればそれで事足ります。
字句を飾るなんてオプション的な話ですが、…でも使えたほうがカコイイよね!(本音でたよ)
慣用句とか四字熟語とか、あとこの名詞には必ずこの動詞がくっつくっていう組み合わせとか。
たとえば……、(以上壮大なネタ振り)

「異」は「唱える」ものだし、
「たもと」は「分かつ」ものだし、
「閑古鳥」は「鳴く」ものだし、
「派遣」は「切る」ものだし、
「事業」は「仕分ける」ものだし、
「トヨタ」は「リコール」ものだし、
「もやしもん」は「かもす」ものだし、
「ファイナルフュージョン」は「承認する」ものだし、
「光の地図Lv86」は「あらぶる」ものだし、
「有袋類」も「荒ぶる」ものだし、
「魔術」は「とある」ものだし、
「ツンな彼女」は「デレる」ものだし、
「戦場ヶ原」は「蕩れる」ものだし、
「マリア様」は「みている」ものだし(<それAVだし)、
「密室に閉じ込められた男女」は「結ばれる」ものだし、
「豆腐の角」は「頭ぶつけて死ぬ」ものだし、
「責任」は「取ってもらう」ものだし、
「ニーソックス」は「太ももにちょっと食い込んでいる」ものだし、
「押すなよ、絶対押すなよ」は「押す」ものだし、
「夢の座標-星座-」は「そっと記す」ものだしー。<おま…ファンに消されるぞ…

2010年3月15日月曜日

忘念のザムディン

トマトに塩とかかけちゃだめだろ…。砂糖ならいいけど。<だめだろ ごきげんよう。

ワールドカップイヤーなのにサッカー人気が盛り上がっていない、とささやかれていますが。
今の日本代表には期待できないから、という理由で応援しないのはミーハーだなあと感じます。
過去の大会で過度な期待を寄せといて、結果出なかったから手のひら返して見放すってどうなのと。
まるで前回の自民圧勝から一転して民主党に300議席与えるみたいな。国民性ですかね。(何様)
ただ、あの東アジア選手権を見せられたらファンの気持ちがしぼむのも無理はないと思います。

いっぽう、おんおんは最初からドイツ代表を応援しています(えー
当サイトの前身あまやどりが開設したのは2002年の春、ちょうど日韓大会が開幕する直前でした。
当時のぼくはテ豕リケサ、エカネ、キ、ソ、ミ、ォ、熙ホスホサメ、ネー・vエt、、、、エカ、ク、ヒ、ハ、テ、ソ、マ、コ、ハ、ホ、ヒー・uナェ、ヒ
・ケ・ネ。シ・ォ。シーキ、、、オ、・ソりいろいろありましたがドイツに声援を送っていました。<ていうか何!
お気に入りはFWクローゼ選手。2002年大会でヘディングでばんばん点取っていたあの選手です。
その後も2006年の地元ドイツ、そして今回の2010年南アフリカと、3大会8年以上にもわたって
ドイツ代表のエースストライカーの座に君臨しつづけている超大物プレーヤーです。
エースストライカー…、エース…ストライカーzいえ何でもありません。<絶対そっちネタだろ

日本代表にもそんな頼れるFWがいたらなあと思うのですが。ちっともレギュラー安定しません。
高原選手が昨シーズン浦和で完全復活していたらあるいは…と期待していたんですが。
というかドイツサッカーってある意味日本らしいですよね。泥臭くて堅実なイメージがあって。
もしかしたら、日本代表がめざすべき理想の姿としてドイツ代表を見ているのかもしれません。

個人的に今までで一番燃えた日本代表はというと、…漫画なんですけども『シュート!』です。
何年も続いた長期連載の最終回近くになって、物語の舞台はいっきに2010年まで進みます。
その年のワールドカップ(連載時点では2010年大会の開催国が未決定でした)の日本代表に、
成長したトシ、平松、白石など作中で活躍したキャラクターが次々メンバーに選ばれていきます。
そのそうそうたる顔ぶれと言ったらね、もうね。
ライバルたちの熱き闘いをずっと追ってきた読者からすれば、まさにドリームチーム誕生の瞬間。
あんな強敵やこんな強敵が全員同じチームなんですもん。もうどこにも負ける気がしません。
あの展開は汗に手握りました(逆)。あんなにワクがムネムネしたのは初めてです(だから逆)。
そして最後は決勝トーナメントでドイツ代表と対戦します。準々決勝、ベスト4の座をかけて…。

今年のFIFAワールドカップ、リアルに胸を熱くさせてくれる大会になることを願っています。

2010年3月14日日曜日

「今、クリップボードにある文字をコピペするスレ」にて紹介されました

しょこたんが笑いがいちばん卒業とか…。<ていうか見てたのか ごきげんよう。

最近スーツ着るとき、自分の体を細身に見せようと意識するようになった気がします。
それまでは懐でもズボンでも、何から何までポケットにつめこんで持ち歩いていたんですが、
それでポケットが盛り上がったり着ぶくれて見えるのがちょっと…と思うようになりまして。
ズボンの股間が盛り上がったりふくらんで見えるのがちょっといい男…と思うように(アッー!
ねえ、どういう風の吹きさらしでしょう。<自分で言うなっていうか吹きまわしな
どういう鍋の吹きこぼしでしょう。<もう意味わかんねえよ
やっぱり自分の体型とか気になってくる年頃なんでしょうか。メタボ予備軍なんでしょうか。

そのことと関連あるかどうかわかりませんけども、最近は二つ折りじゃない長いタイプの
財布のほうが人気だと知りました。
二つ折りは尻ポケットに入れるとひどいことになりますし。ここはチェンジしてみようかな。
またそれとは別に、最近マジックテープ式の財布も(やめて!

2010年3月13日土曜日

オートマタ・パレス

おっきいのはpixiv(ry ごきげんよう。

去年買ったCDで、まだPCに取り込んでいないものがあったので今さらせこせこやっています。

一時期は当然の義務のように買っては吸い出し、買っては吸い出ししていたので、やはりそのころに
比べると趣味の方面をがんばっていないのかなという気がします。
でも今はだいぶ楽になりましたけどね。
CDを挿入するだけで曲名とか勝手に検索してくれるので、タグ情報の入力がコピペでいけます。
…そういえば関係ありませんが、コピペという言葉が定着する前はコッペって略してました。はずっ。
昔はジャケットとにらめっこしながら自力で打ち込んでたのに。いやあれはあれで懐かしいですが。
やはり手のかかる子ほど愛着がわくと言いますか。でも、よくもわるくもそういう時代なんでしょう。

アニソンがオリコン1位になってる状況とか見ると、もうCDそのものが流行遅れなのかもしれません。

2010年3月12日金曜日

宇宙はブロードバンド

トキ死ぬなーーっ!(だからもう死んだんですってば) ごきげんよう。

自分、やっぱり不感症みたいです。(ちょっと待てや
…いえ携帯電話が鳴ってても気づかない的な意味でですが。

たぶん振動のほうが弱いからだと思うんです。けっして感じない人とかじゃないです。たぶん。
むしろ心理的にはささいなことですぐ動揺するチキンハートの持ち主ですし。(聞いてない)
ねえ、もっと「強」とか「弱」とか「回転」とか設定できたらいいのに。<おまえそれ…
でもって遠隔操作で箱根のみなさーん。
これでもいちおうバイブ設定はちゃんとしてるつもりですよ?
着信のときはヴーーッ、ヴーーッで、メール受信はヴッヴヴッ、ヴッヴヴッて(妙に生々しい!
…関係ありませんがオリキャラの名前に「ヴ」とか使いまくるのって中二病っぽいですよね。
(ていうかオリキャラとか考えてる時点で中二病だよ)
ヴィックスヴェポラップとか。<オリキャラでも何でもねえだろっていうかなぜそれを

それとも感じかた(?)がまずいんでしょうか。
ふだんは服のポケットに入れて携帯しています。いわば布越しにあてている状態です。<何
それで振動に気づかないのなら、やはり直接肌に触れさせて刺激を与えたほうが<だから何
全身を駆け抜ける振動に吐息は熱を帯びやがて頭の中で白い(ondの次回作にご期待ください!!

あるいはもういっそ股にはさんどくとかね。(あぁ…)

2010年3月3日水曜日

「海のもずく」で合ってる、と思う

明日からしばらく留守にします。ごきげんよう。

「フェイトちゃんフェイトちゃん、一緒にゲームやらない?」
「もちろんいいよ、なのは。どんなゲーム?」
「アクションゲームなんだけどね、魔導師を操作して魔法バトルで闘うの!」
「……。それってまさか…」
「そう! 『魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE』って知ってる?」
「知ってるよー。私アホの子じゃないもん。…でもたしか、前から続いてるアニメなのにゲーム化は初めてなんだよね?」
「その通りなのっ。だからわたしが…アニメシリーズ開始からゲーム発売までの流れをフェイトちゃんに教えてあげるね♪」
「ええっ? …そ、それはどうも…」
「『魔法少女リリカルなのは』は、最初は2004年に放送された魔女っ子アニメでー」
「魔女っ子っていう言い方がすでに古いよ、なのは。そうじゃなくても『今までの魔法少女ものとは違う』ってことで話題になったのに…」
「そのあと続編も作られて、結局第3シリーズの『ストライクウィッチーズ』までが放送されたの」
「ストライカーズでしょ! そりゃあっちも魔法少女だけど…」
「あっ、ちなみに第2シリーズは『魔法少女マジカルたん!』ね」
「もえたんの主題歌だよそれー。中の人も一緒だからよけいややこしい!」
「放送終了後もさらなる展開を望む声が多くって、まずドラマCDが作られたんだ。その名も『サウンドステージ10』」
「イクスだから。あれローマ数字じゃないから。…なのはほんとに知ってるの?」
「それまでは03とか04までしか出てなかったのに、いっきに番号飛んだよねー」
「聞いてよ人の話…」
「ドラマCDに続いて、アニメ情報誌でもコミックの転載が始まったの!」
「転載じゃなくて連載! 転載とか言ったらなんかパチってきたみたいじゃない…!」
「まあ実際角○が○研からパチってきたも同然…」
「キャーーッ! 危険な発言禁止ーっ!」
「ちなみにコミックのタイトルは、コンプエースのほうが『魔法少女リリカルなのはVisio』でー」
「それマイクロソフトの図面作成ソフトだから。…そんなの知ってる人どれだけいるんだろ」
「娘TYPEのほうが『魔法戦記リリカルなのはForty』っていう…」
「いくら何でも歳とりすぎだよー。さすがにファンがついてこれないよ」
「あるいは『なのは&40』とかね」
「ラムネ?! なんでラムネ? …そのネタにしたって対象年齢高いから」
「一方、パチられたほうのメガメガはというと…」
「パチられたほうとか言っちゃダメだってば!! あと略称違うよね? メガメガってどっかの大佐じゃないんだから」
「映画とのタイアップってことで『魔法少女リリカルなのはMOVIE 1st THE COMICS』を連載してるの」
「…まあ、たしかにこっちのコミックのほうが本家って感じするけど。ところでなのは、映画って…?」
「ほえ? フェイトちゃん知らないの? 公開始まったんだよ、牧場版」
「それなんてサンシャイン?」
「あ、間違えた。農園版だ」
「みんなの?!」
「そして、映画で出番なかったかわいそうなはやてちゃんを救済するためにこのゲームが作られt」
「別にそういう意図があったわけじゃないよー! なのはって時々ひどいよね…」
「…というわけで。今日は時間なくてタイトスカートしか説明できなかったけど」
「タイトルでしょ。小学生がタイトスカートとか説明してもませてるだけでしょ」
「それじゃフェイトちゃん…説明も終わったことだし、『Fate/unlimited codes PORTABLE』でバトルしよっ♪」
「そっちだったのー?!」

2010年3月2日火曜日

主人公は普通の高校生←普通じゃない

なかなか寝つけないときはとにかく寝ればいい。(日本語でおk) ごきげんよう。

絶対に押し間違えない「ひらく」と「とじる」を考えたら世紀の大発明だと思うんですけども。
いやエレベーターのボタンの話ですが。
……ん? 四角いのがエレベーター…?(ボケないのかよ
閉まりかけのタイミングで人が乗ってきたときとか、とっさのときってよく間違えませんか?
うわー、「ヒラク」だと思ったら「ヒラタ」だったー、とか。<ていうか古いな

そこでちょっと考えてみました(以上ネタ振り)。

こんな「ひらく」と「とじる」は嫌だシリーズ。

┌───┐ ┌───┐
│ 関 │ │ 閑 │
└───┘ └───┘
そうそう「開」と「閉」も間違えやすいよね…ってそもそも漢字間違えてる!

┌───┐ ┌───┐
│ひらき│ │卵とじ│
└───┘ └───┘
なんか乗ってるとおなか空いてきそうなエレベーターだなあ。

┌────┐ ┌────┐
│とじない│ │あけない│
└────┘ └────┘
よけいわかりづらくなってるし…。旗上げゲームじゃないんだし。

┌────┐ ┌────┐
│心ひらく│ │瞳とじる│
└────┘ └────┘
何ちょっと歌詞っぽくしちゃってんのさ。その次は「股ひらく」ですね、わかります。(帰れ

┌─────┐ ┌─────┐ ┌─────┐
│ 開く(O) │ │ 閉じる(C)│ │キャンセル│
└─────┘ └─────┘ └─────┘
キャンセルって何?! ていうかなんでWindowsのダイアログ風?!

┌─────┐ ┌─────┐
│ コメント │ │もっと送る│
└─────┘ └─────┘
web拍手とか送ってる場合じゃないから! 拍手だけでも送れますとかいいから!<おまえだ

┌───┐
│ ▲ │
└─ ̄─┘
それCDプレーヤーのオープン/クローズだろ。そりゃもう一回押したら閉まるけどさ。

┌───┐ ┌───┐
│セーフ│ │アウト│
└───┘ └───┘
アウトとかセーフとかそういう基準で閉めるわけじゃねえよ。自分の顔棚に上げて何言ってんだ。

┌────┐ ┌────┐
│ひらパー│ │ 閉園 │
└────┘ └────┘
縁起でもないこと書くなー! まだがんばってるんだから!(まだって

┌─────┐ ┌─────┐
│ ひらく │ │ とじる │
│<--->│ │>---<│
└─────┘ └─────┘
ほーら目の錯覚でこっちのほうが長く見えるよーってどうでもいいわ!

┌────┐ ┌────┐
│くぱぁ☆│ │くっ…!│
│トローリ│ │締まるっ│
└────┘ └────┘
…なんかよくわからんがおまえが最悪だということだけはよくわかった。

┌───┐ ┌───┐
│とじる│ │とじる│
└───┘ └───┘
いっそもう開かなくていいとかね。密室に閉じ込められた男女がどうにかなっちゃったりね。

2010年3月1日月曜日

固いせんべいが好き

とりあえずペットボトル全部捨てたら次はアンリミテッド・牛乳パックワークス…。ごきげんよう。

ウイイレとかやってると、なんか自分の中で設定というかドラマ作ってしまいますよね。
この選手は今日は不調だから出場できないとか、逆にこの選手はスタジアムに両親呼んでるとか、
相手のマンマークしてる選手と因縁のライバルだとか、そいつに倒されてあえなく負傷退場とか、
そんで交代で入ってくる味方に「オレの分も点取ってくれ…ぐふっ」みたいな。<殺すのかよ

なんて話をしておきながら、ウイイレはPSの初代のしかやったことない件。
グラフィックや人物の動きがリアルに近づけば近づくほどゲーム性がちょっと…とか萎えたり。