2007年1月30日火曜日

みんな気持ちよく手を動かす

夜になると、どこからか拍子木の音が聞こえてきます。火の用心を呼びかける見回りでして、冬になるといつも耳にします。そういった活動に取り組んでいる人が地域にいるというのは、すこし誇らしい気持ちになります。というか、私もいっぺん見回りやってみたいんですが。小学校でカスタネットをたたいて指をはさんだ以来のトラウマはありますけど。
ほかにも、昔ながらの赤いブリキのバケツに水が張られて置いてあったりと、レトロ趣味をくすぐる要素がいっぱい。私はこの町内のびみょーにイナカな雰囲気が気に入っています。毎朝毎晩、家の前の道路を掃除しているおじいちゃんがいます。あまり愛想はよくありませんがいい人です。ツンデレです(ツンデレ言うな)。すれちがう小学生もみんな元気で素直そうで、学級崩壊だのいじめだの言われているのがテレビの中だけの世界のことのようにさえ思えてきます。ビルが建ち並ぶビジネス街があったり、若者が集まるアーケード街があるいっぽうで、ちょっと行くとこれだけのどかな場所もある。いろんな顔を持った町です。なのでまあ、いい面もあればいくない面もあったりして、一元的に評価するのがむずかしかったりもしますが。

2007年1月9日火曜日

一緒に飛べ、なんとなく

あの、つかぬことをおうかがいしますが。

…エビちゃんって何ですか。(超まじ)

いや、去年あたりからよく耳にするなと思っていたんですが、ほんとにまったく何のことかわからんのです。まあおそらく知らなくても影響はないでしょうが、ここは私なりに推測してみようと思います。
最初に聞いたときインスピったのが、「アメちゃん」の派生形じゃないかな、と。つまり、たとえばかっぱえびせんとかを大阪のおばちゃん風に言ったらえびちゃん、とか。…だめですか。<いいとかだめとかじゃなくて そういえば、こないだスーパー行ったら、ジャンボサイズのかっぱえびせんが売っていてびっくりしました。袋が大きいだけではなくて、中のえびせんもでかいんです。ああん、あんなに太くて大きいの…!(テキーラかよ) まあ買いませんでしたけど。<だったらいちいち報告すんなこのチキン野郎<ていうか話変わってきてるよ!
…いや、ごめんなさいうそです。本当は知ってました。人ですよね。女性タレントの愛称ですよね。……北陽の虻川さんの!(それはアブって読むんだ)

2007年1月8日月曜日

恋愛小説家と恋愛漫画家は全然違う

きょうは成人の日です。もはや私個人には関係のない日ですがそれはさておき。成人の日は、以前は1月15日でしたが、いまは1月の第2月曜日です。1週間は7日間ですから、第2月曜日がとりうる日付は8日から14日までのいずれかになります。つまり、15日はこの中にふくまれません。これってちょっと不思議だな、と思うのですが。
祝日を法改正によって移動祝日にする場合、変更前の日付にもっとも近い週がえらばれるべき、というのはだれもが思いつくことと思います。例をあげるなら、1月15日だった成人の日をハッピーマンデーにするならば、それを3月の月曜日にしたり6月の月曜日にするようなことはまずないでしょう。現行と同じ月、1月の中ほどの週にしよう、という流れにいたるのが自然といえます。そこからの詰めの段階で、なぜもとの日付の15日をふくむ第3月曜日ではなく、それより1週早い第2月曜日がえらばれたのでしょうか。ちなみに、ほかのハッピーマンデーではこのようなことはありません。

海の日:7月第3月曜日 → もとの20日をふくむ
敬老の日:9月第3月曜日 → もとの15日をふくむ
体育の日:10月第2月曜日 → もとの10日をふくむ

敬老の日と比較すればおかしいことは一目瞭然です。もとの祝日がどちらも15日だったのに、かたや第2月曜日、かたや第3月曜日と分かれてしまってします。
考えられる理由としては、多くの自治体で成人式が行われる成人の日を、冬休みや正月になるべくくっつけようとしたのでしょう。たとえば、地元を離れて暮らしている新成人の人が成人式に出ようとした場合、年越しに帰省して、明けたら戻って、15日にまた帰って、という手間がかかる事態になります。この負担を軽減するために、正月にUターンしたついでに成人式もいっぺんにしてもらおう、と考えたのでしょうか。
もし合っているとすれば、わざわざそれだけのために祝日を大きく動かしたことになります。なんともどでかい話です。そんなふうに国が動いて法律を変えてまでして、新成人の人たちをより盛大に送り出そうとしてくれているのに、このごろの成人式といったら…。

2007年1月7日日曜日

チェーリング

電器店の店員さんが作っているというホームページを読みました。まあ有名なサイトらしいんですけども。今日はこんな客が来た、というのを面白おかしく書いているんですが、これ読んでいると気が滅入りっしゅになってきます。もうね、ひどい客ばっかりなんです。私にしてみれば、まず店員さんにため口をきく時点で考えられないのですが、そんなのはまだ入口も入口です。暴君ハバネロの入試問題でいうならまだ一問目です。<それかなりハードル高くね? 無茶な値引きをせまったり、自分の都合で返品しようとしたり、展示品のパソコンやひげそりをわがもの顔で使いまくったり、あと、知ったかぶりをして間違った商品を買っておいて後で文句つけたり。…知ったかぶりは私もしてしまうことがあるので反省しないといけません。素直に店員さんに教えてもらうようにします、はい。
以前、「『いただきます』を言わせないで」という記事が大きな反響を呼んだことがあります。このブログに対してたくさんの人が異論を唱えているのを見て、世の中まだまだ捨てたものではないという明るいきざしが見えたような気がしていたんですが、…ですがね? 結局のところ、食べ物だろうと電化製品だろうと、同じような考えの人はどこにでもいるということなんでしょう。どうして金を払う側のほうが偉いと思い込んでしまうのか。客だの店員だのの立場に関係なく、一対一の関係として相手をうやまって人と接しようという意識はうすれていっています。

2007年1月6日土曜日

元ノコギリ

年末年始はテレビの特番だらけでした。ウィンターガーデンとか。<アニメかよ 箱根のみなさーんとか。<それ自体は毎年恒例だろっていうか、そういうサプライズを期待してたのはおまえだけだ
なかでも今年、とりわけ目立ったのがマグロ番組です。…めがっさ多かったですよね? 大間のクロマグロだの大間のクロマグロだの、あと大間の(くどい 下から読んでもグロマクロ。(間違えすぎだっていうか、そもそも「読んでも」じゃないし) 津軽海峡がすったもんだです。<意味わかんねえよ
マグロの漁獲量が制限されて値上がりが懸念されることが影響しているのでしょうか。だからって、そんな急に過剰反応ぎみに騒がなくっても、という気がします。べつにあすにも食べられなくなるわけじゃないんだし、さながら追悼番組みたいな取り上げかたされるといっそ縁起でもないっていうか。

2007年1月5日金曜日

慰安旅行の行き先を会社案内に明記するかどうか

昨年は「えんぴつで奥の細道」という本が売れに売れました。ふつうにただ読む本ではなく、奥の細道の文章をなぞって書くという形式でして、こんな一風変わったものがベストセラーになるとは意外だなと驚きます。だって、だってあれですよ? こんなの言ってみれば国語のドリルですよ?(暴言) いまさら宿題させる気なんでしょうか。でも案外、大人の勉強ブームにうまく乗っかったのが大ヒットの要因かもしれません。……というわけでおもむろにまいります!<えー

こんな奥の細道は嫌だシリーズ。
「えんびふくで奥の細道」
べつに服装は何でもいいだろ。
「あんみつで奥の細道」
そんなので書いたら紙がベチャベチャになるじゃねえか、っていうか書けねえよ。
「色えんぴつで奥の細道」
ぬり絵になっちゃってるし。
「サイコロえんぴつで奥の細道」
やったー、6が出たー、平泉まで進む…ってコラーッ!(ノリツッコミか)
「ボールペン字で奥の細道」
そんな通信講座じゃないんだから。
「赤ペンで奥の細道」
しかも自分で添削するのかよ。
「修正液で奥の細道」
印字された文章をむしろひたすら消していく、という逆転の発想。
「DSで奥の細道」
タッチペンでなぞれるのは下の画面だけ。<知ってる
「背中に指で奥の細道」
えっ? 今スキって書いたの?(かなり何)
「そぼろ弁当で奥の細道」
うわぁ、今日もハートマークかぁ。(だから何)
「身振り手振りで奥の細道」
書けよ。
「フォークダンスDE奥の細道」
あー、なんか昔そんなのいたような。いないような。

2007年1月4日木曜日

山田建築も偽装してる

ですから今年の抱負は! 生かさぬように殺さぬように!(新年早々パクリやがったの) まあ、むしろ私のほうがオタク業界に半死半生で飼われているだけのような気がしますが。<だからそういうのいいから
それにしても、ひさしぶりにキーボード打つのでたどたどしいったらありません。じきに慣れるでしょうけれど。たとえば今夜の(r