2006年11月30日木曜日

はこぶね(アトリエ)白書

デジカメが調子わるくなってきたので修理に出そうと思って、買った電器店に持っていったんですが、ですがね? そのお店、来月いっぱいで閉店するんですよね…。って、閉店の日までに修理が間に合わなかったらどうなるんでしょう。メーカーと店舗との間で行き場を失って、行方不明になったりしたらどうしよう。私の手元に戻ってこなかったらどうしよう。お店に問い合わせても保証書や証明書類がないからってことでうやむやにされてしまって、泣き寝入りするしかなくなったらどうしよう。(さっきからなんだそのネガティブシンキングは) はい、書類は大切に保管しておきます!<そういうことじゃねえよ なんというか、とんでもないタイミングで修理に出してしまったものです。<わかっててやってんだろ!

2006年11月29日水曜日

今度はこっちがふじこだよ

どうでもいいですがどうして寿司バーなんでしょうか。(挨拶) ていうかうけるんですが…。まったく笑えないニュースなのに、寿司バーってところを聞くとどうしてもクスッとにやけてしまいます。はん! 寿司バーなんて私も行ったことないわよ! 寿司バーどころか回っていない寿司屋すら以下略。

2006年11月28日火曜日

基本は味のりの大きさ

時間ねぇー!(なんかバナー貼りながら)
何がとくに忙しいってわけでもないんですが、どういうわけか時間に余裕がありません。や、私が時間を作るのが下手なだけなんですが。からっきしの三級品なんですが。夜とかやたらと眠いし。春眠暁を覚えずってやつですね。<もう冬だよ!
で、余暇がなくなると、まずアニメタイムが削られてしまいます。(所詮それかよっていうか、いい歳してなに言ってんだ) もう最近全然みてないよー。作画崩壊とかみてないよー。<そんなのが目当てなのか

2006年11月27日月曜日

さっくりファイス

indexの複数形はindicesだって言っているのに誰も信じてくれません。こんにちは。
いや、変数名をindexsとかindexesとかにしているのを目にすると、それ違うんだよーって心の中でつっこみたくなるというか、でもそんなこと言ったところでむだ知識くらいにしか思われなくて、それでかえってこっちが恥ずかしい思いしたらどうしようとか、いろいろ葛藤がありまして、なかなかこう言うに言い出せないもどかしさを感じたりするのですよ。じれったいのですよ。…はっ。これは私に対するじらしプレイですか?(被害妄想にも程があるっていうかなに書いてんだ)
しかしまあ、ソースプログラムを見ると、その人の英語力がまるわかりだったりするものです。結局のところ、変数の名前とかはすべてローマ字にしてしまうのがいちばんボロが出なかったりします。nattoとかumamiとかgeishaとかkaroushiとか。<それ全部国際語になってる日本語だろ mottainaiとかhottokenaiとかー。<それはちょっと微妙

2006年11月26日日曜日

三人は似た人がいる、という迷信

11/24
寝ている間になんかシール貼られてました。
※シールは後でスタッフがおいしくいただきました(ネタとして)。

11/25
こんなところでこんなものを発見するなんて、なんという偶然か悪運か、それともダメ人間の嗅覚でジョーカーを引き当ててしまったのか。

11/26
仮面舞踏会っていいですよね。あの貴族とかが集まるパーティーで、みんな素顔を隠すために仮面をつけているんです。目の部分だけのとか顔全体のとか、鳥のくちばしみたいなのとか、横っちょに持つ棒がついているものとか、いろいろな種類があって、どれも格好いいなと思うんです。っていうか仮面がいいですよね!<最初からそう言え
…まあ島みやPVに感化されただけなんですが。ほかにも印象深い仮面キャラといえば、パピヨンとか、シャアさんとか、スーパーマリオUSAの仮面とかー。

2006年11月23日木曜日

くまの子見ていた横恋慕

出かけるとき寒かったので、背中にカイロ貼って外出したら、途中でむしろ温まりすぎて汗ばんできて、それでカイロはがしたんですが、そのあとまた体が冷えてきて、さっきはがしたカイロまた貼ろうとしたんですが、すでに粘着力がなくなっていてくっつかなくて、それでも背中に押しつけて歩いてたら、途中ではがれて落っことしちゃって、きゃー恥ずかしいー、みたいな。<さっきからなんだこのぐだぐだトークは! 昔、パスケース落としたのを後ろを歩いていた人に拾ってもらったことがあるんですが、その中に入っていたモエモエなカードを見られたときぐらいの恥ずかしさですよ。(おまえ以外わかんねえよ)
まあ真面目に語ると、がっつり冬用のコート着ていったらいいのか、それとも厚手のシャツを重ね着すれば事足りるのか、なかなか判断に迷う時期だったりします。こんなときはマフラーが地味に役立つと思います。べつに見た目地味じゃないけど。

2006年11月22日水曜日

黒豆よりもピンク豆のほうが

こんなあててんのよは嫌だシリーズ。

「ね、年末ジャンボがあたってるんですけど…」
「あててんのよ。10枚買えば必ず1枚は当たるんだから」

「か、勝手に修正パッチがあたってるんですけど…」
「あててんのよ。サービスパックすら問答無用で強制インストール!」

「じゅ、銃口があたってるんですけど…」
「あててんのよ。…命が惜しかったらさっさとお金出しなさい?」

「み、右肩だけ雨があたってるんですけど…」
「あててんのよ。もっとこっちに寄らないと傘に入りきらないわよ…?」

「て、テストのヤマがあたってるんですけど…」
「あててんのよ。ゆうべ職員室に忍びこんだからね

「きょ、今日もヤマがあたってるんですけど…」
「あててんのよ。ゆうべにちゃんで問題が漏r

「せ、背中があたってるんですけど…」
「胸だバカーーーッ!!」

2006年11月21日火曜日

「頭大丈夫ですか」とか「頭いかれたんですか」とか

あらー、イアンソープさん引退ですか。あの人ほど水の申し子っていうか、水泳に向いている人はいないと思っていたので残念です。だって、名前からしてイアンでソープですよ?(何) まさにおミズ系ですよ?<超くだらねえよ! 水系のモンスターには電撃が効きますよ?(しらねえよ) エンターブレインですよ?(それはファミ通だっていうか、どうしてそう話が飛ぶの)

2006年11月20日月曜日

こっちまで幸せの連鎖

自宅のベランダにごみが落ちていました。お菓子か何かが入っていたプラスチックの容器だったんですが……、私はこんなもの食べた覚えがありません。ここで思わず背筋が凍りました。

だって、だってですよ? 自分じゃなかったら、誰がここにごみを持ってきたのかと。プラスチックだからある程度の重量はあるので、風で飛ばされてきたとも考えにくいですし。ついついよくないことを想像してしまいます。
なんか、前にもこんなことがあったんです。アパートの自分の部屋の前に、コンビニおにぎりの袋が落ちていまして。これも私には見覚えないものでした。同じフロアの住人が落としたのかもしれませんけど、もしそうでないとしたら、何者かがわざわざ部屋の前まで来てコンビニおにぎりを食べていたっていう可能性だってあるんですから。これも想像してみるといろいろと怖いですし、絵的にも珍妙すぎます
まあ、おそらくカラスがくわえて持ってきたんでしょう。そういうことにしておきます。きっとそうです。むしろそれで決まりです。なにごともポジティブシンキングです!(それ絶対意味ちがう)

2006年11月19日日曜日

アカシックレコード全件検索

中原麻衣さんのサイン会だか握手会だかのイベントに行って、自分の番のときに「愛さんとお幸せに!」って言ってきた夢を見ました。……夢の中でまでオタ活動かよ。あんたオワットルよ。
それにしても、あの二人はもうガチでガチですからね。<ていうかガチとか言うな ネタとかじゃなくて本当にいい関係になってほしいですよ。本気で応援しています(おもに恋の行方を)。ただ、麻衣さんについては、某箱根の件で罪をなすりつけようとしている点だけは許せませんが。

2006年11月18日土曜日

ここの塔はくさった塔よ

タウンミーティングが大きな問題になっているようです。やらせの質問を依頼した人に謝礼金まで払っていたことが明らかになって、これはもうとんでもねえ事態です。さすがに金はまずいって。昔の賭けゴルフとかのときみたいに「チョコレートあげてました」とか言いわけすればいいのに(いくねえよ)。地域レベルで国民の声を直接聞く場、として開かれていたタウンミーティングですが、これで効力というかネームバリューというか、一気にはがれ落ちてしまったことでしょう。
ことし、同様に権威が失われたものがもうひとつありまして。それはグッドデザイン賞です。なんでも、とあるアダルト商品が出品されて、いったんは選考を通ったんですが、あとで一部の審査員が嫌悪感を示したためにノミネートが取り消された、ということがあったそうです。そういった商品は審査の対象としない、としてはなから受理していなければ話はわかりますが、いちど審査の軌道に乗せたものを正当な理由なく落としたというのはよくありません。グッドデザイン賞は、もはや国内で知らない人はいないくらい有名な賞で、過去に賞を受けた商品は「グッドデザイン賞受賞」として売り出し文句に使っています。なればこそ厳正な審査が求められるべきところだったのに、これでは審査員の趣味や感情で受賞作が選定されているとみられてもしかたありません。おん的には信用がた落ちとなるできごとでした。
まあなんというか、いつの時代にもそういうエロ関係に目くじら立てる人ってのはいるんだな、と思って。

2006年11月17日金曜日

どこでもいっつぉ

自宅のパソコンが立ち上がらなくなりました。
といっても、今までにも何度かあったことなので原因はわかっています。内部のCPUファンにほこりが付着して回転がにぶくなったためです。回転が遅くなると、中の人がそれを検知して起動しないようにするらしいです。<らしいっておまえのPCちゃうんか 先代のパソコンもほこりが原因でつぶれたので、親子二代にわたって(?)頭を悩ませている問題です。
といっても(表現の重複)、ケースを開けてちょこっと掃除してやれば簡単に復旧します。毎度のごとく、鼻紙や綿棒でファンを拭いたり、口ブロアーでほこりを飛ばしたり。ああ、口ブロアーってのはブロアーがないから代わりに息を(以下省略) きれになったところでスイッチオーン! …つきません。
どうしましょう、これはピンチです。お姉さま事件です。<白百合? ほかにほこりがたまっている場所があるのか、それとももっと別の原因で壊れたのか。後者だとしたら大変です。っていうかお亡くなりです。前者であることを祈って、パソコンの内部をくまなく探しました。ローアングルからのぞきこんだり暗闇にライトあてて見たりしました。さながら痴漢プレイです(プレイ言うな)。そうしたら、ケース内部の上のほう、電源ボックスにもファンがついていて(それすら今まで知らなかった)、そこがもう一面の銀世界。今シーズンの初冠雪ですよ。っていうかむしろ万年雪ですよ!<自分で言い直すな これはローアングルからのぞかなかったら見つからなかったわ。
で、そこを掃除したら無事に動きました。めでたしめでたし。オチなし。

2006年11月16日木曜日

DefTechってベンチャー企業か何かだと思ってた

「黙ってないで、なんとか言ってみたらどうなんだ」
「なん」

「頑張ればどうにでもなるよ」
「やっぱり金メダルは無理か…」

「いつかまた会おう」
「来月の5日?」

「お帰りなさい」
「だから帰ってきたじゃん」

「おまえのおかげでこんなことになったんだぞ!」
「だったらもっと誉めてよ」

「矢でも鉄砲でももってこい」
「弓と弾丸がないけどいい?」

「ものすごい台風です! 吹き飛ばされそうです!」
「まあ、正確には低気圧だから吸い込まれるんだけどね」

「行為?」
「するってことさ」

「行ったか行かないかは言わない」
「それなんてシュレディンガーの猫?」

「くれぐれも気をつけてね」
くれぐれ「ああ、気をつける」

2006年11月15日水曜日

ラジオは1日1時間!

こんなときに打ち明けるのも気がひけますが、最近のマイブームは鋼の錬金術師です。(っていうかどんなとき?) このごろ原作のコミックスを読む機会があって、やっぱりドロドロしてるなあ、とか思って。最新刊ももうじき出るみたいです。
アニメは、重苦しいストーリーや、すぷらったなシーンのインパクトが強烈だったのをよく覚えています。あとウィンリィかわいいよウィンリィ。<所詮それか 気の強い幼なじみだし。いつぞやのエンディングがウィンリィ特盛りだったことがあって、それはもう言葉では言い表せない「ときめき」のようなものを感じたものです。(バーボンハウスか)
惜しむらくは、飛び飛びでしか見ていなかったので話がよくわからないこと。どうやら原作とはちがう方向にいったようです。なんか最後のほうでドイツかどこかに行ってませんでしたっけ。てっきり架空の舞台だと思っていたのに、現実世界の話だったの? とか。もうさっぱりわかんね。きちんと見ておかなかったことが悔やまれます。ほかにも、鎧の中身が釘だったとか。<所詮それか!!

2006年11月14日火曜日

(製作側だけが)思わずにやり

またまた体重トークで失礼しますが、やはり2キロぐらいの増減は日常の範囲内だったようです。というのも、わずか1か月のあいだに10キロやせて元に戻った、という知り合いがいるからです。私も見ていてまったく気がつきませんでした。まあ、成人男性だったら体重が10キロ減っても、あまり見た目に表れないからかもしれませんが。それとも私の目が節穴なのか(そうだね)。
ということで、あなたの周りにも陰でこそこそダイエットしてひとり悦に入っている人がいるかもしれませんよ?<べつに悪いことじゃないだろ

2006年11月13日月曜日

おまえんちもトラピストクッキーか

で、けっきょく豊島区ではなにか起こったんでしょうか。(なんてこと書いてんだおまえは) そもそもあの消印をあてにしていいのかどうかもわかりませんし、むしろ消印があてにならないってどうなのよ。
郵便ってのはよくできたしくみで、手紙やはがきをいちいち窓口に持って行かなくても、自分で切手を貼って郵便ポストに入れれば送ってくれます。切手の貼りかたすら個人の自由で、のりづけしようが水でぬらそうがペロペロしようがかまいません(かまえよ)。そんかわり、宛て先などの記載内容をチェックしてくれません。差出人不明の郵便物というものが、簡単に作れてしまうわけです。
自分の身元を明かさずに相手に物を送りつける。これはやはり悪いことに使われてしまいます。架空の請求書をばらまいたり、政治家やアイドルにいやがらせをしたり。かと言って、郵便物の記載項目のチェックを厳しく、なんてことをしたら、大昔から存在する郵便制度の基盤そのものを揺るがしかねないので、おいそれとは手が出せません。
そこで役に立つのが消印です。集荷した郵便局名と日付がスタンプされて、これで日本全国どこから届いたかわからない郵便物の範囲をしぼることができます。サスペンスドラマのアリバイやトリックとしてもしばしば登場します。ですが、今回、その効用はあくまで限定的なものだということがわかりました。差出人を探し出すことは難しい、と言わざるをえません。
そうなると、郵便よりも宅配便のほうが安心安全ではないかという考えにいたります。自分が送ったものが相手に届いたか、現在どこにあるかを確認できるサービスもありますし、安価なメール便というものも普及しています。これではもう、いつ取って替わられてもおかしくないでしょう。……がんばれ郵便局、ふんばれ郵便局。

2006年11月12日日曜日

ひらい、登場!

覚え書き:スーツをクリーニングに出すのを忘れ

2006年11月11日土曜日

二枚貝って隠語?

ちょっとヤボ用で(ぇ)朝の繁華街に行ってきました。なんというか、ものすごく朝が遅いですよね。午前10時ごろなのに、道路を占拠するように両脇に荷物搬入のトラックがいーっぱい。後ろからさらにトラックが来て、ギリギリしか空いてないせまい隙間をぬうように通り抜けていったり。というか、客(=私)がもう来てるっていうのに、いつまでちんたら準備してるんですかと。いつまでこんなところに並ばせておくのかと。(どこだよっていうか、おまえも開店前から待ってんじゃねえよ!)
そんな自堕落な大学生のようなアーケード街の朝の風景と、きっぱり対極に位置しているのが、隣接する市場です。こちらはうってかわって、朝早くから活気のある売り声がひびいています。ちょっと魚臭いけどね。<そりゃ市場なんだからしかたねえだろ ですが、そんかわり夜もべらぼうに早いの。夕方とかに行っても、もはや大半のお店がシャッター下ろしていて、残りは後かたづけ中ってかんじです。初めて見た人はどれだけ景気わるいんだと誤解してしまうかもしれないほどです。こっちは徹底した早寝早起きっぷりで、さしずめおじいちゃんみたいです。まさに若者と年寄りが共存する街っていうか、むしろ棲み分けがきっちりできちゃってるっていうか。

2006年11月10日金曜日

我々はあらゆる可能性を考慮する

アメリカの選挙なんですが、今回の結果はまあどうでもいいとして(え)、しくみについてわからないことがあります。たとえば、勝利宣言とか敗北宣言ってどうしてしなくちゃいけないのかとか、票をかぞえ直すって何なのよとか。だっておかしいですよね。得票数をきちんとかぞえていれば、本人が宣言するとか認める認めないにかかわらず、誰が当選したかっていうのは明確に結論が出るものですし、もちろん再集計の必要なども生じません。
そこから推測するに、おそらくあちらの選挙は、得票数をかなりアバウトにしかかぞえていないのではないでしょうか。この候補者はだいたい何票ぐらいね、とか。あるいは、投票箱(があるのかどうかわからんけど)の中に手をつっこんで何枚か投票用紙を取り出して、それをもとに母集団の得票率を推計してしまうとか。さすが自由の国アメリカ。むしろ有権者はそれでいいのかよ、と。日本のように、一票の重さをとうとうと訴えたり、一票の格差が違憲だとかいかんだとか(くだらねえよ)、そんなふうに目くじら立てるのとは大違いです。さすが自由の国アメリカ。<それさっきも言っただろっていうか、そもそも勝手に決めつけんな

2006年11月9日木曜日

核鉄の錬金術師

きょう測ったら64.5キロでした…。何があったオレっていうか、プラスマイナス2キロくらいは日常の変動幅と思いなさいっていうことなんでしょうか。ちょっと振れ幅大きくね? ±0?(なに書いてんだコラーッ!)

2006年11月8日水曜日

あさひやまどうぶつえんラムネ

超いまさらな話ですが、「421 -a will-」の初回DVDのタイトルメニューの画面は4種類あります。メニューのロード時にランダムで呼び出されるみたいです。それぞれ、春夏秋冬の四季をイメージした画面で、ボタンのアイコンも桜の花や雪の結晶に変わったりと、ちょっとした演出も楽しいです。本編のプロモーション映像の中で、CGで描かれた風景が春から夏、秋から冬へと次々に変化していくシーンがありまして、それに合わせたメニューとなっているようです。
こんなふうに凝った作りになっていると、音楽CDの付録DVDもただのおまけというレベルを超えています。もう立派な映像作品です。ぜひとも穴があくまで鑑賞したいものです。みなきゃー。

2006年11月7日火曜日

弁理士は便利屋じゃない

北海道で竜巻(とみられる突風)が発生しました。被害はとても大きかったようで、痛ましいニュースでした。
このところ竜巻といえば、おととし2004年には佐賀県、昨年2005年には山形県で列車が横転するなど、大規模なものが断続的に発生しています。私的なかかわりで言えば、佐賀には発生直後に会社の人が出張に行って惨状を目の当たりにしたと言っていたし、日本海沿岸を走る電車は私も帰省などで利用するのでとても怖い思いをしたことを覚えています。
台風とちがって、前もって発生や進路を知ることができないし、せまい範囲がピンポイントにねらわれ被害が集中します。どうにも防ぎようがないという点では、自然災害の中でもやっかいな部類に入ると言えます。
子どものころ、巨大な竜巻をこの目で見てみたいなどと考えていたものですが、そんな不謹慎な考えは改めないといけません。そういえば、ほかにも雨が降っているところと降っていないところの境目が見たいとか思ってたなあ。

2006年11月6日月曜日

勝ち組、負け組、その下に俺組

最近また体重が落ちてきました。9月の時点では66~67キロあったんですが、現在63キロ。ウエストまわりも何だかほっそりしてきてうれしい……わけねえだろゴルァ! ベルトしててもズボンがずり落ちるっちゅーねん!(しらねえよっていうかそれはどっかおかしいだろ)
だって、短期間でこれだけやせているっていうのはどう考えても健全な状態ではありません。しかも、よりによってこの食欲の秋にやせるだなんて何事ですか。<何事だ そういえばたしかに、今年はあまり秋らしい旬の物を食べた記憶がありません。せいぜいサンマくらいか。スーパーで威勢のいいのを見つけて(威勢って)、買ってきてまるまる一尾焼いて食べようとしたんですが、ですがね? 長すぎて皿からはみだしてんの。アスキーアートで表現するならφですよ。プサイにファイですよ。(またそんなネタを) はみ出した頭の部分から脂がだらだら落ちてテーブルが汚れてさあ大変。って、昨日に続いて垂れ流し日記じゃねえか。※サンマはこの後スタッフがおいしくいただきました。

2006年11月5日日曜日

ツンがデレになりまして。

こんにちは。またまたごぶさたしておりました。実はですね、すこし前までちょっとした病気にかかっていまして。まあ、命に関わるとかそんな深刻なものではないんですが、治療にだいぶ時間がかかったのが大変でした。同じ症状にかかった人にすこしでも助けになればと思って、そのときの経過というか私の経験を書きたいと思います。

まあ水虫なんですけどね。

…ごめんなさいまじごめんなさい。(やっぱりそんなこったろうと思ったよ) 石投げないで。(またそれか) もしうに投げるならCV松来未祐で(この前と違う人じゃねえか) いや、でもですね、かかった当人にしたらぜんぜん笑いごとじゃございませんで、これが本当につらい闘病生活だったのですよ。
最初に異変に気づいたのは8月末でした。右足の指の間に、皮が白くなってむけているのを見つけました。ですが、運動していれば足の皮がむけるくらい日常茶飯事ですし、よもや水虫だとは思わずにほうっておきました。
そうしたら9月に入ってえらいこっちゃですよ。指の間の皮がまっ白になり、水ぶくれのようにぐちゃぐちゃになってべろんとめくれて、その下にのぞいたのは赤く血を帯びた肉! 思わず悲鳴あげそうになりました。あれきっと皮膚の下の肉ですよガクブル。その患部からは常時うみのような液体がだらだらと垂れ流し状態、さらには足の指が腫れてパンパンに太くなっていました。
具体的にどう困るかというと、歩くとき痛むんです。逆に言えばそれだけなんですが、もう本当にしんどくて。当然、スポーツクラブなんか行っている場合ではありません。ほかにも、始終足がむずむずして、液もだらだらですからつま先が気になって気になってしかたなくて、それだけで何も手につかないときもあります。
ただならぬ危機を直感した私は、すぐに薬局に行きました。当然、水虫の薬を買うなんて初めてのことです。初めてコンドームや妊娠検査薬を買いに来たような心境ですよ。<ていうか何書いてんだ 水虫薬にはおもに液状タイプと軟膏タイプがあって、症状によって使い分けるそうです。素直に店の人に相談して、軟膏タイプのをすすめてもらいました。
いよいよ治療開始です。お風呂上がりにさっそくぬりぬり。効果はじきに現れました。どんな効果かというと、それはもう多量のうみがだらだらと! アギャーッ。汚れるといけないので、足下に新聞紙を敷きました。…いえ、新聞“紙”ではとても足りないので、一日分まるまる置いておきました。寝るときはティッシュペーパーを足の指に巻きました。
それと並行して、生活面の改善も行いました。どこで菌をもらってきたのかはわかりませんが、まずは自宅を清潔にしないといけません。家で履いていたスリッパはとりあえず捨てました(えー)。靴の中敷きも交換。靴下やお風呂マットなど、洗濯物は今まで週末にまとめて洗っていたんですが、それも改めました。夜中に洗濯機回して、翌朝干してから仕事に行く、みたいなスケジュールで。
さいわい手を打つのが早かったようで、徐々に治ってきました。一週間もすると痛みは引き、さらに一週間くらいでうみも出なくなりました。ここまで来ると、もう歩くのも走るのも支障ありません。ですが油断は禁物、毎日薬を塗りました。
実は、ここから全快にいたるまでが長くてですね。皮が白くなった状態、めくれた状態というのが、毎日ちょっとずつ小さくなっているものの、なかなかなくなりません。見た目に何も残らなくなったのが10月末。治療を始めてから2か月近くかかったことになります。それで、いちおうの全快宣言ということにしました。よくがんばったよ私。

…月並みな感想ですが、健康ってありがたいですよ、ほんと。何の痛みも苦労もなく歩けることが、とても大きな意味のあることで。それを守るためにも、今回のような生活面の注意など、もっと広い意味での健康管理というものに気を配っていかないといけないと痛感しました。