2006年10月24日火曜日

いまわのみぎわ

地球のあるきかた。(何)
歩いているときに、歩きかたを意識することはありますか。私はいつも意識しています。第一印象から決めてました。<何をだ いつも教室の片隅から(もうええわ 歩いているときの姿勢や歩幅、目線、フォーム?など、気をつけることは実はたくさんあります。もともと姿勢がわるいたちなので、座るときや寝るときの姿勢には注意を払うようにしているんですが、歩くときとて例外ではない、ってことです。
一般に、歩幅を大きめにし、かかとから地面につくように歩くのが健康によいとされています。適度に両手を振り、しっかり前を向いて、すこし遠くのほうまで見るようにしながら歩きます。もちろん、形にこだわりすぎてぎくしゃくした歩きかたになってしまっては元も子もないので、集中しすぎず自然にできる範囲にしておいたほうがいいでしょう。いい歩きかたができると、足取りも心なしか軽くなり、一歩ずつ進むことが楽しくなります。また、姿勢がいいと見栄えもします。背中を丸めたり下を向いて歩いている姿は、はた目にもかっこわるいものです。仕事中や通勤時などは、とくに気をつけたいところです。
歩きながらでいいので、自分の歩きかたはちゃんとしているか、ということにちょっと気をつけてみるといいと思います。ものにぶつかったりつまずきやすい人、靴を引きずるような足音になっている人などは、歩きかたを改善してみることをおすすめします。…以上、オンデューク更家がお送りしました。<最後の最後でくだらねえよ!

2006年10月22日日曜日

消費者金融の看板だけはとてもよく覚えていた

あすであの地震から2年がたちます。ちょっと当時のことを書いてみようと思います。そろそろ気分的に話せるようになったので。
当日は土曜日でした。夕方、外で買い物をしていると、当時東京に住んでいた弟から電話がかかってきました。実家に電話をしているがいっこうに出ない、と言うのです。もう一人の弟の携帯電話にもつながらないそうでした。すこし気にかかりましたが、ただの留守かもしれないとあまり深刻には考えませんでした。そして帰宅してテレビをつけたところ、どこもそこもニュース速報ばかり。やっとことの重大さを知りました。
家族の安否を確かめなければ。電話をかけましたが、弟が言っていたようにまったくかかりません。何度もリダイヤルしましたが、受話器の向こうからは、電話が切れた後のあのむなしい音が聞こえるだけ。本当に一大事なのでは、という悪い予感がじわじわと襲ってきました。
テレビの前にかじりついて情報を集め、ひたすら電話をかける。帰宅してからずっと、そんな時間だけが過ぎていきました。そして夜9時ごろ、ようやく実家の弟の携帯電話につながりました。家族や親戚はけがもなく全員無事、家屋も倒壊していないと聞いて、大きな安堵のため息が出ました。ただ、家の中は物が散乱していて、また停電しているため、その晩は車内で明かすということでした。
私の実家のあるあたりは被害が比較的軽く、翌日には電気も復旧してほぼ元通りの生活になりました。…とまあ、現地の状況はこれくらいなんですけれども。問題だったのはむしろ、遠く離れて暮らしていた私のほうです。

無事だと電話口に聞いたところで、心配なものは心配でした。すぐにも飛んで帰りたかったのですが、道路や線路が分断されていてそもそも叶いません。無理をすれば帰れるかもしれないけれど、危ないからやめろと釘をさされました。会って様子を確かめられないことを、これほど心細く思ったことはありません。
ニュースが伝える被害は日に日にふくらむばかり。なくなった方もいます。大きな余震も相次いでいて、予断を許さない状況が続きます。みんな本当に無事なんだろうか、私に心配をかけまいとごまかしているだけではないか、とも考えてしまうようになりました。不安におびえるばあちゃんを電話ではげましながら、私のほうが不安な気持ちでいっぱいでした。
でまあ、そんな状態ではとても平静を保ってはいられません。仕事に集中できないくらいならまだしも、家事にも身が入らなくなって、いっきに生活は崩れました。深夜までニュースを見ていて寝不足になることもありました。また、そのころ親しくしていた友人がいたんですが、私が気弱なことばかり口にするようになって、それがしつこかったせいか疎遠になってしまいました。もちろん、どれも震災のせいではなく、私がしっかりしていなかったことに非があるのですが。
やはり、いざというときにこそ地というか、人の本性が出るものだなと思って。家族が大変な思いをしているときこそ、私が元気づけないといけない立場なのに。もし誰かに何かあったら、私がこれからのことを支えていかないといけないのに。自分が被害にあったわけでもないのに、不必要にふさいだり暗くなったりして、つくづく打たれ弱い人間だと思い知りました。

あれから私は成長できているでしょうか。人に対して何かをするには、まず自分で自分のことができないといけない。人に手を差し伸べるには、まず自分が強くならないといけない。そういう人間になれるように。

2006年10月20日金曜日

存在しない英語regist

アシタカ「ヤックル!」
ヤックル「なに? 恋の悩みなら聞かないよ?」

アシタカ「お母さん!」
ヤックル「学校の先生を間違えてそう呼ぶ人はいるけど、このパターンは初めてだ…」

アシタカ「ヤックルンルン♪」
ヤックル「くっ! また一人長門派から鞍替えしやがった…!」

アシタカ「やくみつる!」
ヤックル「大晦日は亀田父とガチンコ対決!」

アシタカ「ハッスル!」
ヤックル「若いっていいなあ…」

アシタカ「ちゃんぷるー!」
ヤックル「沖縄に来たらこれを食べないとですねー」

アシタカ「TVタックル!」
ヤックル「あー、すまん、最後もうちょっと巻き舌な感じでたのむ」

アシタカ「ヒャック!
ヤックル「口の中でサクランボの茎を結べたら100万円!」

アシタカ「もっとヤックルする!」
ヤックル「うわぁ……。今回ばっかりは俺にもフォローしてやれねえわ…」

ヤックル「アシタカ、…アセッタカ?」
アシタカ「ちょっ!」

(もはやボツネタ集ですらなくなってきた)

2006年10月18日水曜日

プラスチックスライム(゚v゚)

いえ、誤解ですって。
仕事中にヘン顔なんかしてませんって。
本当ですって、信じてください。
というか生まれつきこの顔ですし…いやいや、わざとじゃないですって。
断じてちがいますって。
あくまで顔の筋肉のエクササイズをしていただけですって!



ondのその後を知るものはいない…。(なんだこれ)

2006年10月16日月曜日

パワハラ→自殺?

情報セキュリティの話。(苦笑)(←なんだ苦笑って)
社内の営業秘密や個人情報など、情報セキュリティ保護に対する意識や重要性が年々高まっています。重要なデータの漏えいを防ぐため、セキュリティ情報の社外への持ち出しや社内への持ち込みに関して、規制やチェックを強化する企業が増えています。紙媒体の書類だけでなく、電子データや、それを持ち運ぶための電子機器やメディアもその対象です。ノートPCからUSBメモリ1本にいたるまで、持ち運びには細心の注意を払わないといけませんし、持ち出しや持ち込みの際には一定の手続きを踏んだ厳重な管理が必要になります。
そこでふと思ったのですが、携帯電話もセキュリティ管理の対象に含まれるでしょうか。今の人の大半は、携帯電話が生活に身近になりすぎているため、真っ先に議論から外してしまうのではと懸念されます。ですが、前置きに述べたことをふまえれば、私は当然含めるべきだと思います。内部にメモリを持った立派な記録媒体ですし、しかもそれ自身で通信やインターネットアクセスまでできるという、便利さと危うさが表裏一体となった機器です。もし自分の携帯電話をなくしたり盗まれたりして、中に入っている情報をのぞかれた場合、その被害は甚大です。アドレス帳に登録されている取引先の人、自分の家族や友人、すべての人の電話番号や個人情報が盗まれます。それが犯罪に悪用されようものなら、電話をなくした人はもはや被害者ではありません。他人の個人情報を横流しして犯罪の片棒を担いだ、つまり加害者になります。仕事にも影響が出るし、周りからの信用も失うでしょう。それでも、そんな危険なものを持ち歩きつづけますか。経営者の人は、社員にそんな危険なものを好き勝手に持ち歩かせつづけますか。
そもそもの前提として、仕事で使うものを無断で自宅に持ち帰っていいのか、また私物を無断で職場に持ってきていいのか、ということもあわせて考えれば、しかるべき対応を取るべきです。携帯電話は社用と私用で別々に用意して、社用のものは自宅に持ち帰らない、私用のものは社内に持ち入れない、という原則にし、アドレス帳や通信履歴はこまめにクリアする、持ち出しや持ち込みが必要な際には申請書類を提出して上司や関係部門の了解を得る、というぐらいの措置はいるでしょう。最低限、他人が操作できないように端末は常にロックをかけておくのは当然ですが、あくまで個人レベルでの注意点でしかありません。全社的にセキュリティ保護に取り組みたいのであれば、情報機器の取り扱いについて組織的・技術的なルールを取り入れることが不可欠です。

2006年10月14日土曜日

アイマス360のムービーとか凝視しちゃってたとき

ホークスがかわいそかわいそなのです。にぱー。
今回で3年目となる、パ・リーグのプレーオフが終了しました。結果は、ソフトバンクがみたび涙をのむという形に。おととしと去年はリーグ戦トップ通過だったのに、プレーオフで敗れて優勝を逃しました。今季は3位通過で、第1ステージを突破したもののあと一歩およばず。しかも、前2シーズンの結果を受けて、今年から1位通過のチームには最初から1勝があたえられた状態からのスタートになったので、下位のチームが勝ち上がるのがますます難しかったという不遇もありまして。
こういう、1つのチームだけが外れくじばかり引いている構図は、見ていてあまりいい気がしませんけれど。でも、プレーオフの導入によってパ・リーグが盛り上がってきたこともたしかです。ロッテや日本ハムなどおもしろいチームが優勝したので(おもしろい言うな)、全体として見れば、注目が集まってよかったんじゃないでしょうかね。

2006年10月12日木曜日

QC七つ道具がこの中に

うちの近所に、庭に柿の木が植えてある家がありまして。残念ながらお名前は柿ノ木さんではありませんが。<こんなところでそんなネタかよ で、秋なので、今まさに実がたわわになっているんですが、…ですがね? いっこうに誰ももぐ気配がないの。シブガキ隊なんでしょうか。(隊?) ずっとほったらかしにされているため、完熟トマト並みに熟れきった実が地面に落ちて、もう庭がべちゃべちゃです。これはもうギンナン爆弾を超えたね。(知らないから) 庭に停めてある自動車の上にも落ちています。いやそれはさすがに何とかしろよと。
かねてより柿はちょっと苦手なんですが、あんなもの見せられたら、もう見るのもきらいになっちまいそうです。

2006年10月10日火曜日

いまさら綾波ブーム

> 女王様いわく、
> 「ちゃ、ちゃんと服は着てるんだから!
> バカには見えないだけなんだからね!」

…な、何があったんだ里見さん
そんなよつばスタジオをあまやどりは応援します。デザインはよつばスタジオでどーでい?(こんなところで棟梁かよ)

2006年10月8日日曜日

Dr.イチガキ

電車に乗っていたら親子連れがいて、みんなタイガースのユニフォームと同じデザインのシャツを着ていて、しかも女の子がトラ柄の耳をつけていました。



……私も阪神ファンになってもいいですか?(しらねえよっていうか逮捕されんなよ?) なんつうかもう、わかってんじゃん、とか思って。まあ以前からとらファンでしたけどね。もちろんとらの(ry

2006年10月6日金曜日

免許更新でがんばること

地震の話です。というか震度の話です。現在、気象庁が使っている震度は、震度0から震度4まで、震度5と6はそれぞれ弱と強、そして震度7の、あわせて10段階あります。マグニチュードが地震により発生したエネルギーの大きさを指すのに対して、震度は各地点ごとの揺れの計測値を表します。震源の深さ、地盤の固さなどの地形条件、震源地からの距離によってそれぞれちがいますから。詳しく書くと以下のとおりです。

震度と揺れの大きさの目安(あまやどり調べ)
「シンデレラ」
本家グリム童話には後日談のアレでアレな話まで書いてある事実程度の揺れ。
「しんどい」
すぐに体の疲れやだるさを感じて何かをすることを面倒くさがる程度の揺れ。
「シドニー」
オーストラリア最大の都市であるが首都ではないという意外性程度の揺れ。
「進藤さん」
ハイテンションやマシンガントークがヒロインの存在までも食う程度の揺れ。
「インド洋」
テロ対策特別法にもとづく自衛隊派遣に対して国会が紛糾する程度の揺れ。
「神経衰弱」
どの場所にどのカードがあったかメモするのは反則だという憤慨程度の揺れ。
「春夏秋冬」
最近の日本は季節感が薄れてきたことが寂しいと嘆く気持ち程度の揺れ。
「シンドローム」
何でも病名っぽい名前をつけられるとそれだけで焦ってしまう程度の揺れ。
シンディ・クロフォード
自ら化粧品をプロデュースしながら美容整形の事実を告白する程度の揺れ。
「シンドラー」
相次ぐエレベーター事故という不祥事により社会を大いに震撼させた程度の揺れ。

…ごめん、まじごめん。(なんなんだよ)

2006年10月4日水曜日

東方プリンセス

日本スケート連盟の幹部が背任容疑で逮捕される事件がありました。まあ私は、スケート連盟なるところに何の思い入れも、もちろん恨みもないんですが、でもこうしたスポーツ関係の汚職事件を耳にするたびに残念な気持ちになります。選手やファンの気持ちを踏みにじる行為ですから。
近年、全国のアイススケート場がどんどん減っていって、選手や将来のスターをめざす子どもたちが練習する場所がなくなっているんだそうです。せっかく今年のトリノオリンピックなどで人気が回復してきたところなのに。(そうか?) そういう深刻な状況であるにもかかわらず、一部の上層部の人たちが私腹を肥やしている現実。フィギュアスケートの大会やショーイベントなどもよく行われていますが、そういうのもかれらにとっては金もうけの道具でしかなかったのでしょう。一生懸命にがんばっている選手の意欲もそがれますし、ファン離れにもつながります。する人もみる人も思う存分スポーツに打ち込める環境が、なかなか実現しないなあと思って。

2006年10月3日火曜日

DVDが出るまで続きます

マリア様新刊でました。ペース早いなあ。でも、出版のペースは早くても物語のペースは……おっと。
まあそれはどうでもいいんですが(ひでえな)、最近は由乃と書いてゆのさんにベタハマリなわけですが。ああいうぶっとんだヒロインはいいですね。そういえば、ひだまりスケッチの主人公もゆのだなあ。<どうしてそう話が飛ぶの 同じ名前なのにキャラ大違いです。かたや虫すら殺せないようなタイプなのに、もう片方は同級生すら(以下略

2006年10月2日月曜日

瓦屋根の上で寝ると背中が痛い

私は罪深き人間です。(いきなりどうしたよっていうか、ある意味その通りだけどな) というのもですね、いまや世間でこれだけ騒ぎになっているというのにもかかわらず、飲酒運転をしてしまいました。…まあ自転車ですが。はいお約束ー。しかし、自転車での飲酒運転も罪に問われます。実際しょっぴかれるのは、よほど危険な運転をしている場合くらいでしょうけれど。それにまあ時効ですよね?<時効じゃねえよ!今日のことだろ! 私は酒に弱いので、アルコールが長い時間体に残るかもしれません。翌朝になっても吐く息から基準を超える濃度が検出されたりとか。あと、息だけじゃなくて尿もお酒くさいですよね。(下品なこと書くな)

2006年10月1日日曜日

She-her-her

こんばんは。呼ばれてもいないのに帰ってきました。(そういうこと言わなくていい) 早いもので今日から10月です。先月もいろんなことがありました。高橋名人が親王誕生の街頭インタビュー受けてたり(それか)。おまえ(=テレビ局の人)よくあのおじさんに話しかけられたなー。それはそうと10月です。<それさっき言った 関西では大きなニュースがあります。本日より、大手鉄道会社が合併してあたらしいグループが生まれます。その名も阪急阪神東宝グループ。…なんか増えてね?
いや、会社としては「阪急阪神ホールディングス」らしいんですけど。統合してこれからどうなるんでしょうか。阪神タイガースが優勝したら阪急百貨店でも優勝セールしてたりするんでしょうか。それだったら楽しみだ。でも私、デパートは大丸派なんですよね。<超どうでもいい まあ、単にあそこの大丸が勤め先からいちばん近いってだけの話ですが。(流川理論)