2006年6月30日金曜日

ワオキツネザルの「ワオ」の部分も気になる

こんにちは、あなたを犯人です。
今日も今日とて通勤ラッシュです。…ごめんうそ。<なんなんだ 私が乗っている路線は満員電車になるようなことはないんですが、それでも朝の通勤時間帯はそれなりに混雑します。駅の階段やエスカレーターに列ができたり、電車の乗り降りのときも、ホームにいる人でつかえてスムーズに出られなかったりします。ただでさえそんな状況なのに、駆け込み乗車をする人がいるからなお困ります。発車ギリギリで走ってきて、ホームや階段を歩いている人を押しのけて乗ろうとするんですから、危ないことこのうえありません。けさ見かけた人なんか、すでにベルも鳴ってぜったいに間に合わないというタイミングなのに駆け込んできて、スライディングで片足だけドアにはさんでいました。そうするとドアが一瞬だけ開くので、そのすきに強引にこじ開けて乗車しちゃったっていう。…なんていうか、こんなところまでワールドカップ騒ぎですね。(ちがいます)

2006年6月29日木曜日

その指ごと連れてってあげなーい

こんにちは、プライベートを切り売りする人間です。
近所にホタルが見られる場所があります。そろそろ暑くなってきたので見納めかもしれませんが。しかしこの場所、以前から知っていたわけではありません。こないだたまたま知ったというか、夜に通りがかったら牛鮭定食でも食ってなさい(はしょりすぎっていうか古すぎ)。すっかり夜もふけているというのに人だかりができていたら、むしろ最初は事故とか事件とか、そういうのがあったんじゃないかと疑ってびっくりしちまうってなもんです。それも、近所の人が夕涼みの散歩がてら見に来るというならいいんですが、あきらかにはるばる来ましたってかんじの人もいます。写真撮ってフラッシュたいたらホタルの光が台なしだし、ひどいのでは川沿いまで車で乗りつけてくる人とか、いっそタクシーで来ている人とか。あの、ここふつうに住宅地の中なんですが。近所迷惑というものを考えもしないで、すっかり観光気分のご様子。こうやって人が集まってくることで、またひとつ自然が失われていくのかな、という心配がぬぐえません。

2006年6月28日水曜日

祐巳さんの岡目八目

こんにちは、アフェリエイトです。
先日、自宅のパンコソからインターネットに接続できなかった日がありました。これまでも、たまに瞬間的に通信がとぎれることはあったんですが、ログインそのものができない、しかも一晩じゅうとなると滅多なことではありません。次の日は正常につながって、プロバイダのサーバーに障害があったとわかったんですが。
それで思ったんですが、インターネット環境がないと、とたんにやれること少なくなります。まあ、あったところでどうせオシム……あっ言っちゃった。<何がだ 時間をオシムとか…だめ?<だから何がだ パソコンにせよ時間にせよ、日ごろからもっと有意義に使わないといけませんね。

2006年6月27日火曜日

コカンに電撃!

こんにちは、EE JUMPです。
URAさんのムービーがすきなんです。えーと、おもに美少女ゲームのオープニングムービーや販促ムービーを制作している人です。とくに、いただきじゃんがりあんRを見たときの感動はいまだに忘れられません。
その特徴をひとことで言うと、オシャレ。ラブandベリーもびっくりです。まず動きが激しいんですが、ただごちゃごちゃ動くというんではなくて、こう曲に合わせてテンポよく跳ねるっていうか、ハイ!ハイ!ハイ!ってかんじで。<全然わかんねえよ 色づかいもカラフルで明るくて、そのデザインがハイソでニーソで絶対領域なんです。また、原画のCGをそのまま使うだけでなく、キャラクターイラストや小道具(?)をご自分で描いて動かしているのもあるんですが、それがまたかわいくて。もうキュンキュンまちがいなしです。徹底ぶりがうかがえます。
なので、この人にかかれば、どんなにエロで下品な(待て)作品でも、ポップでキュートな(死語)ムービーに仕上がります。どう言ったらいいんでしょう、こう登場人物やストーリーを追おうとがっついて見るのではなくて、本当にムービー自体を楽しむというか、全体を流して見るのに最適です。パソコンがアイドルのときとか、スクリーンセーバーがわりにも使えそう。という、パソコンライフに違和感なく溶けこんでしまえるくらいオシャレなんです。その、なんていうか、いつも神月ムービーとかばっかりだと、たまには毛色のちがうものも食べたくなってくるというか。(えー)
URAさん制作のムービーは、インターネット上でも入手することができます。最近はブロードバンド化の影響で、大容量で高画質のムービーがたくさん出回っていて、うれしいかぎりです。…そんなことにしかブロードバンドの使いみちがないというのは寂しい気もしますが。

2006年6月19日月曜日

蟹かわいいよ蟹

蒸し暑いからぬぐー。…こんにちは。
ひぐらしOPが怖くてたまりません。本作品の奇怪な世界とよくマッチした、いやがおうにも不安をあおる不気味な曲です。具体的には夜中にひとりでトイレに行けなくなるくらい。(あんたいくつだ) I've曲の魅力のひとつであるダークサイドがひさびさに発揮されています。
オカルト調のサウンドや抑揚をおさえた歌声も怖さの要因ですが、歌詞にも身震いするほどの不吉さがふくまれています。最大の特徴は、子どものころよく遊びながら口ずさんだ歌、その一節がところどころに歌いこまれていることです。「この指とまれ」や「鬼さんこちら」など。一見子どもらしいフレーズは、物語の主要人物が少女たちであることとも相まって異様な雰囲気を生み出しています。無邪気な少女たちがいつしか恐れの対象へと変わっていく、それを暗示しているような気がして。
I'veの同系統の曲に、同じく島みやさんが歌う「とおりゃんせ」というものもあります(PEKO名義だったかも)。♪こーこはどーこの細道じゃー、で知られるあのわらべ歌そのままの歌詞を、ひたすら低いトーンで重々しく歌いあげていて、うすら寒い印象をおぼえます。残念ながら、この曲が使われている作品の内容は知りませんが、っていうか正直エロゲーですがそれはさておき、わらべ歌を用いることによって恐怖心をふくらませる、というのはひぐらしと共通していると言えます。

こうして見てみると、わらべ歌そのものがある種の怖さ、伝奇的な一面を持っていると考えることができます。実際、昔から知られる「かごめかごめ」や「ずいずいずっころばし」などは、古い時代からの言い伝えが裏の意味として歌詞に織りこまれているという説があります。たとえば「かごめかごめ」は、子どもを“間引く”儀式、妊婦が流産した話、輪廻転生、あるいは財宝のありかなどを意味しているとされ、「ずいずいずっころばし」は、主人の茶碗を欠いた(「書いた」ではない)使用人がやむなく井戸に身を投げた歌だと言われています。
…すみません、自分で書いててちょっと怖かったです、はい。本当は怖いグリム童話の日本版、といったところでしょうか。そして、そこに目をつけてダーク曲を作ったI'veの中の人グッジョブ。まあ、今日の子どもたちがこんな歌をうたって遊んでいるのかどうかはわかりませんけれども。しかし偶然か否か、ひぐらしの舞台は昭和末期。子どもたちが当たりまえのようにわらべ歌に触れ親しんでいても、まだ決しておかしくない時代です。…いやー、怖いですね、おそろしいですね。

2006年6月18日日曜日

大阪にもあるかもしれないけれど

こんにちは、すきなエレベーターメーカーはMITSUBISHIです。
最近また腰が痛くなってきました。腰痛をふせぐために筋トレとかしているのが、なかなか功を奏しません。やはり生活習慣のほうに問題があるのでしょう。デスクワークの時間というか、いすに座っている時間を減らさないといけません。というわけで、いま立った姿勢でこれを書いています。…根本的な解決になってませんね、はい。

2006年6月17日土曜日

ハレ晴れハレイ

こんにちは、テニスの王子様10.5巻です。
ニンテンドーDSでNewスーパーマリオが出ました。私は未プレイですが。最近のテレビゲームは操作や話が複雑なものも多くて、とくに子どもが遊ぶのには適さないようなものもあるので、簡単に楽しめるゲームというのはいいと思います。大人の事情からいっても、ハイスペックや難易度を重視するソニーやマイクロソフトのゲーム機に対して、任天堂はゲームの素朴なおもしろさを提供していってほしいものです。
また、かつてマリオで遊んだ世代にも懐かしい作品です。もちろん、ただ懐かしいだけではなく新要素もいろいろあるみたいですが。そんな新要素について、耳よりな情報をキャッチしました(死語)。このNewマリオに、声優の國府田マリ子さんが出ているんだそうです。声の出演なのかと思いきやどうやらそうではなくて、なんとマリオが國府田マリ子になるんだとか。ついにゲームキャラになってしまいましたあの人。どんなキノコを食べたらそんな変化をするのかとか、どうやって敵をたおすのかとか、やるならふつうピーチ姫の役だろとか、まったく気になってしかたありません。この歳になってマリオもなあ、と最初は思っていたんですが、これはがぜんプレイしたくなってきましたよ。ばっちこーい。

……「こうらマリオ」と聞きまちがえてました。今は反省してる♪

2006年6月16日金曜日

金持ちけんかせず?

こんにちは、エルルゥの髪のアレはつり革です。
3拍子の歌がすきなんです。テンポのよさやリズムに乗れる感覚があるのはだんぜん4拍子ですが、それに対して3拍子はゆったりとしていて、落ち着いた気分で聴けるものが多いと思います。どことなく異国情緒を思わせる雰囲気をかもしているのも特徴です。まあ、メジャーな4拍子とは異なるというだけでインパクトがあるというか、耳に残りやすかったりする面もあるかもしれませんが。ワルツが基本的に3拍子であることから、ワルツ調とも呼ぶみたいです。リズムも4分の3拍子や8分の6拍子などがあります。っていうか8分の6拍子って約分したらいいのに、とか思う私は理系人間ですか。そうですか。
それはそうと、私の得意分野であるアニメ主題歌にも、3拍子の曲がときどき登場します。たとえばこんなかんじ。

♪約束はいらない/坂本真綾(天空のエスカフローネ)
♪奇跡の海/坂本真綾(ロードス島戦記-英雄騎士伝-)
♪空へ/笠原弘子(ロミオの青い空)
♪きっと明日は/しゅうさえこ(おジャ魔女どれみ)
♪Raspberry heaven/Oranges & Lemons(あずまんが大王)
♪月迷風影/有坂美香(十二国記)
♪pastel pure/ALI PROJECT(マリア様がみてる~春~)
♪おしゃれファンタジー/ファイン★レイン(ふしぎ星の☆ふたご姫)

やはり印象に残りやすいからか、どれもすぐに思い出せますね。大らかな曲、やさしい感じの曲が多いなという気がします。3拍子だとそういうタイプの曲が作りやすいということでしょうか。それとも、そもそも3拍子というリズムには安らぎをあたえる効果があるのでしょうか。また、調べてみると、菅野よう子さんは3拍子の曲をたくさん作っているらしいです。真綾ソングが複数あがるのもうなずけます。
話ついでにもうひとつ。わがいとしの萌えシンガー(ぇ)、霜月はるかさんの曲も3拍子が多いことに気づきました。本当に多いんです、これが。下におもな曲を列挙します。CDを聴いていると心が洗われるようなのどかな空気に包まれるのは、きっとこのせいだったんですね。おしまい。

♪はちみつ(「透明シェルター」収録)
♪白夜幻想譚(イリスのアトリエ エターナルマナ)
♪恋獄(カルタグラ)
♪希望の羽(「あしあとリズム」収録)
♪遠い伝承歌(Relict)
♪あしあとリズム(「あしあとリズム」収録)
♪硝子鏡の夢(プリンセスメーカー4)
♪荒野に咲く祈り(Relict2)

2006年6月15日木曜日

そっちのソフトキーボード

こんにちは、蓼です。
最近、変わった形のPETボトルをよく見かけます。表面がガラスみたいにカクカクしているのとか、だんご三兄弟みたいなのとか、理科の実験で使うフラスコみたいなのとか、まん中がくびれているのとか。私に対するあてつけかと。<なんでおまえがくびれとか気にする必要があるんだよ あんな奇抜な形にするとかえって持ちづらいと思うんですが。あっちこっち細くしたおかげで背が高くなってしまって、商品棚や自動販売機の中に入らないんじゃないかと心配してしまうようなものもありますし。見た目のインパクトで勝負するなら中身のほうをもっとがんばって、とか思うんですが。それとも、もう中身ではがんばりようがなくて外見しかいじれるところがないのか。
形状を変えたり加工しやすいというのがPETの利点ですけれども、再加工に多くのコストがかかる、つまりリサイクルしづらい素材であることも考えに入れておかないといけません。このごろはアルミ缶飲料でも、ふたをして持ち運べるボトルタイプのものが出回っていますよね。つまり、PETボトルでなければならない必要性は消えたわけです。メーカーにはそちらの普及をうながしてほしいものです。

2006年6月14日水曜日

KUR-MAR-TER(くるまれてる)

こんにちは、姉さん事件です。

勝手にひぐらしのなく頃にの続編を考えるプロジェクトチーム。
「千と千尋の神隠し編」
掟を破ったから豚にされてしまった……名前も奪われてしまった!
「ネタ流し編」
ちょっ、恥を忍んでスクール水着着たのにみんなスルーすんなよ!
「鬼殺し編」
キレのある辛口の純米酒が、岐阜県内の酒樽の中から発見された。
「目潰し編」
おまえに食わせる弁当はなーい。…うぎゃああ! め、目は反則…。
「西明し編」
それでもこのタコ焼き屋は明石のタコにこだわった。そうだよな?
「萌え殺し編」
萌えの殺し屋がやってきて色々サービスしてくr…鉈はやめろおぉ!
「野曝し編」
家が火事になって路頭でのたれ死んでかわいそかわいそなのです。
「キバヤし編」
綿流しは宇宙人による人体実験だったんだよ!(な、なんだってー)
「交響し篇」
あんなのはエウレカなんかじゃない。エウレカの姿をした……誰だ。
「ひぐらしのなくコロニー落とし編」
ひどい! これがジオンのやりかたなの?! この人でなし!

2006年6月13日火曜日

島人ぬ!電波少年

こんにちは、バナナクリームフラペチーノです。
サッカーワールドカップの盛り上がりに便乗して商魂を燃やしているのは、なにも企業ばかりではありません。実は京都の神社もそうみたいです。というのも、日本サッカー協会のマークにもあしらわれている「やたがらす」をまつった神社や、蹴鞠の神様をまつった神社が市内にあるんですが、そういうところがワールドカップにかこつけて観光客にアピールしたり、オリジナルグッズPTを製作して販売したりしているんだそうです。…どうですかこれ。これも時代なのかなと思ういっぽうで、みやこ情緒のイメージにそぐわないなという気もします。長い歴史を持つ由緒ある神社には、あまり流行に乗っかるようなことはしてほしくないんですが。
そもそも、神社が国の代表を応援することって、宗教上の観点から許されているのでしょうか。お国のために…みたいなかんじがして、ちょっとグレーゾーン金利のようにもとれます(金利?)。いえ私はよく知りませんが、たとえば戦争のときとかどうだったんでしょう。なんにせよ、熱をあげるのもほどほどに、ということで。

2006年6月12日月曜日

「ハダカだ!」「違います」

こんにちは、2本で1000円、2本で1000円、20年前のお値段です。
2007年問題という言葉がささやかれています。今年度以降から、いわゆる団塊の世代と呼ばれる、日本の経済成長を支えてきた年代の人たちがどんどんと定年退職していきます。それによって多くの労働者、とくに熟練した技術や知識を持つ人たちが職場から消えていって、あらゆる産業に大きな影響をおよぼすと懸念されています。たしかに、一見するとこれはゆゆしき問題に思えます。
しかし、考えようによってはわるいことばかりではありません。企業の改革のチャンスの時期ととらえることもできます。時代遅れの経営手法から脱却して、生産性や効率を高めた業務形態にがらりと変えたり、職人技とも言うべき人間主体の技能育成でなく、だれもが比較的容易に技術を習得できるようなしくみに改めたり、工程を自動化したりシステムに刷りこませたり。好景気の時代を生きてきた人たちの中には、昔ながらのやりかたが絶対に正しいとゆずらない人もいます。ですが、それではこれからの時代を生き抜いていけません。大量生産大量消費ではなく、ニーズをくみ取って市場の変化に対応できるように。
これからの経済や産業界において、重要なターニングポイントにさしかかっているのだと思います。そのことに気づかないで古い体質を変えないこと、それが最たる2007年問題なのではないでしょうか。

2006年6月11日日曜日

お姉さまに私の意見なんて私の意見なんてっ

こんにちは、トニーです。
いまさらな話かもしれませんが、アンジェラ・アキさんとangelaって別人なんですね。というかangelaってユニット名なんですね。(超いまさら) どちらもわりと新しく出てきたし、アニメ主題歌もうたっているので、混同していたみたいです。angelaはパワフルな歌声がしびれるほどかっこいいです。明日へのbrilliant roadとか未来とゆう名の答えとかお気に入り。アキさんは……あまりよく知らないや。(オチてない)

2006年6月10日土曜日

ゴーヤーのキモチ

らめぇ。…こんにちは。
さて、泣いても笑ってもワールドカップ開幕です。いやがおうにも気分が高まれタカマルです。わがドイツ代表チームも、開幕戦でみごと勝利をかざりました! わーパチパチ。さすがはドイツ帝国軍です。(帝国とか軍とか言うな) やけにあっさり失点したりして不安要素もあるけどまあ気にしない。…いえ、下馬評があまりかんばしくないことは知っているんですが、いるんですがね? でもやはりドイツサッカーはヨーロッパの雄だと思うし、がんがってほしいのですよ。
いま、コカコーラ社のPETボトルを買うと、ワールドカップ歴代優勝国のミニグラスがおまけについてくるんですが、もちろんドイツをゲットしました。ゲットしたっていうか、私が買おうとしていた商品にドイツのグラスがついているものがなかったので、ほかの商品からドイツのグラスをもぎとって、自分が買うPETボトルにつけ替えてレジに持って行きましたもん。<犯罪スレスレだよそれー! なんというか、とにかくそれくらいリーベってことです。(活用形ぜったい違う) 水兵リーベ僕の船。水兵きき。<なに書いてんだ
かたや日本代表はなあ…。期待はしていますが、あまり熱をあげるのも国内企業の商戦にのせられている気がしてちょっぴりしゃくだったり。むしろジャワ島に派遣された救助チームの人たちを応援したいんですが。あっちこそまさに日本代表って気がします。

2006年6月9日金曜日

寿司以外の邪道系

こんにちは、管理局の白い悪魔です。
最近の女子プロゴルファーって、よくおなか出してるんですね。てっきり宮里藍さんだけかと思っていたら、若い選手はわりとへそ出ししています。ショットのときにちらっとのぞくのが、おじさんたちに好評のようで。これじゃあ男子ゴルフとの人気の差が開くのも無理はないかなあ。でもなんだかなあ。いかにも若さを武器にしているのがあざといと感じるんですが。
ゴルフにおけるサービスシーンというと、ホールインワンというマンガを思い出します。(あんたいくつだ) たしか序盤はまじめな展開だったと思うんですが、そのうちただのパンチラマンガになります。<ちょっと待て 女子キャラがショット打つたびに、わざわざローアングルから描いてスカートの中見せるっていう。しかも、そのパンチラシーンを入れるように助言したのが、かの本宮ひろ志さんらしいと言うから驚きです。バリバリ硬派な人だと思ってたのに…信じてたのに…。

2006年6月8日木曜日

出会えた悲しみより失った快感に焦がれて

こんにちは、みずほ先生とはちみつツインズです。
以前ひびで触れた、近所の葬儀場騒動について。付近住民が建設に反対して、ポスター貼ったり看板立てたりしているんですが、なかには、書いた人の憤りの感情が手に取るようにわかるような気性の荒い文言もちらほらありまして。見かけるたびにいやな気分になります。とくに春のことでしたか、桜がたくさん咲いてきれいな場所なんですが、その桜並木の中にきたない言葉の看板がならんでいたりして、なんとも複雑な気持ちになったものです。
言い分はわかるんですが、もうちょっと言葉をえらべないものかなと思って。会社側が十分な説明もないまま葬儀場を作ろうとしたという落ち度はあるかもしれませんが、だからってどんな言葉でののしってもいいわけではありませんよね。静かで落ち着きのあるいい町なんですが、住民の本心というか本性が出てきてしまっているようで、気分のいいものではありません。売り言葉に買い言葉はいくないというか、もうちょっと冷静になってほしいんですが。しかし状況はいっそ全面抗争の構えです。そんなダム建設に村ぐるみで反対運動起こす寒村じゃないんだから。(こんなところでそんなネタかよ)

2006年6月7日水曜日

このコントロールをアクティブ化して使用するにはクリックしてください。

こんにちは、仮面ライダー倶楽部です。
NHKのチャンネル数を削減するという議論が始まっています。受信料の義務化とか言う前に、まずはコストダウンのほうをやっていこうということなんでしょう。たしかに、とくにBSでは多チャンネル化がどんどん進んでいて、NHKの衛星放送のありかたについては見直す時期にきていると言えるかもしれません。
しかし、できるだけ多く残してほしいというのが希望です。個人的にNHKがすきだからというのもあるんですが、安心して視聴できる貴重なチャンネルですので。安心して、というのはもっと重要視しないといけないように思います。たとえば子どもにあたえる影響とか。人気が高い民放のバラエティ番組は、一方で子どもに見せたくない番組のアンケートで上位に名前があがったりします。出演者の言葉づかいやファッションが、子どもや若者によくない影響をおよぼす可能性があります。品のない番組、いやらしい番組もあります。番組だけでなくコマーシャルにも同様のことが言えます。もちろん、テレビと上手につきあっていけばそんなにわるいことばかりではないのでしょうが、すべての視聴者にそれをしいるのも酷な話です。テレビの存在が私たちの生活にとって大きくなりすぎてしまったことが、そもそもの背景にあるのかもしれません。
その点、NHKはていねいに作っています。一家でテレビを見ていて気まずくなる場面もないし、下品な表現で気分を害したりもしないし、言葉の乱れにうんざりすることもないし。それからほかにも、災害発生時の緊急放送などの体制もしっかりしています。こういう番組制作の姿勢は評価したいですし、そのための受信料だったら喜んで、とか思うのですが。

2006年6月6日火曜日

トランスミグレーション

こんにちは、週刊わたしのおにいちゃんです。
えーと、食べてみたい料理がひとつありまして。海の幸が入ったみそ汁なんですけれども、最後に熱した石を鍋にぶちこんでボコボコ沸騰させるものです。たまに旅番組なんかで目にしますよね。まず、どうしてあんな作りかたをするのかが気になってしかたありません。ふつうに煮立たせるだけではあきたらず、なぜか石を投入っていう。そして、地獄の釜のように激しく煮沸してしまいます。あんなの、熱すぎてとても飲めないんじゃないでしょうか。ですが、異様に食欲をそそるものがあります。あのグツグツと泡をふいているところが、なんともおいしそうに見えるということなんでしょう。
このように、熱さを視覚的に表現しておいしさをアピールする料理はほかにもあります。たとえば、ラーメンの上に熱したねぎ油を注いでパチパチはじけさせたり、焼きたてのステーキを肉汁が飛び散っている状態のまま出したり、メロンに花火さしたり。どれもおいしそうなのはおいしそうなんですが、そろいもそろって食べづらいのが難点です。とくに花火なんか、燃えかすがメロンの上に落ちたらどうするんですかと。…まあ私だったら気にせず食べますけどね。

2006年6月5日月曜日

キミの余裕がぐさっと(ぐさっと)

こんにちは、徳の高い白魔導士ミンウです。
地下でも携帯電話が使えるようになってきています。とくに駅ビルなど、人の集まるところには次々と電話会社のアンテナが設置されています。私は地下鉄に乗るとき、電波は届かないだろうと思って、いままでブルブルモードに切り替えたりとかはしていませんでした。ところが、このごろ地下鉄の駅構内でも携帯電話がつながるようになったそうです。…まあ私のはあいかわらず圏外なんだが。これはもう番号ポータビリティカモンってかんじです。<あんた乗り換えしないって言ってたじゃん
なんにせよ、地下だから大丈夫っていう考えはあらためたほうがいいかもしれません。そもそも地上と地下とを出入りしている路線もあるんだし。電車に乗るときは、マナーもいっしょに携帯しましょう。(それなんて公共広告機構?)

2006年6月4日日曜日

why, or why not

こんにちは、超筆者ondです。
人づてにこんな話を聞きました。食事をとるとき、野菜は最初にみんな食べてしまうのがいいんだそうです。野菜の食物繊維が胃や腸に入っていって、そのあと肉や油ものを食べても、吸収がさまたげられるのでカロリーの摂取が抑えられるからです。
また、こんな話も聞きました。食事をとるとき、果物は最後に食べるのがいいんだそうです。先にほかのものを食べて胃腸を活発にしておいてから食べたほうが、果物にふくまれるビタミンなどの吸収がよくなるからです。
どっちなのかと。あい矛盾していますよねこれは。だってそんなこと言ったら、果物の食物繊維とか野菜のビタミンとかはどうなるんですか。まったく考えていないような。この話にかぎりませんが、食べものが体によいからと人にすすめたり、よくないからと注意を喚起したりする場合って、いつも物事の一面しか言っていないような気がします。某みのさんはその典型例ですが。
まあ、食べる順番はともかくとして、要はいろんなものをバランスよく食べればいいってことでしょうか。ひとつのものだけを食べるのは、新潟の方言では「ほつほつ食い」と言って、よくないことだと私も子どものときからずっと言われて育ちました。1日30品目とも言いますし、昔の人は科学的知識なんかなくても、健康によい食生活をちゃんと経験から知っていたんでしょうね。

2006年6月3日土曜日

「希望」ではなく「未来」

こんにちは、ここはグリーンウッドアライアンスの高松建設です。
あの……。猫ひろしという芸名は、舘ひろしと対になるからってことで命名されたというのは本当ですか。名前からしてネタづくめかと。

2006年6月2日金曜日

なにその遅れて来たエイプリルフール

メイドガイ・スッキャアアアアン! …こんにちは。

【ナーナ語変換法則】
パソコンのキーボード入力方法によるもの。いわゆる「ミカカ」「もせ」のたぐい。アニメとラジオでは変換方法が異なる。

♪アニメ(姫様ご用心)
元のセリフ:かな入力、ナーナ語:ローマ字入力
ただし、そのままローマ字として読むのではなく(というか無理なので)、英数字に強引に音をあてはめて読む。
例:王冠(おうかん)→64ty→ムシタヤ
第1話などで「王冠」を「ムシタカ」と言っていたのは誤り。ラジオではそのあたりの裏話が暴露されている。
また例外として、ナーナ(自分の名前)は「ナーナ」と言っている。
記号が入ったり(「^」や「@」)、セリフによって同じ文字でも異なる読みかたをしているようなので、逆変換は単純にはいかない。

♪ラジオ(良子と羽衣の姫様放送局)
元のセリフ:ローマ字入力、ナーナ語:かな入力
例:スタート→suta-to→トナカチホカラ
CM明けのキャッチで、羽衣さん(ナーナ)のセリフが良子さんより長いことからもわかる。
逆変換は容易。

2006年6月1日木曜日

スマトラトラの「トラトラ」の部分が気になる

こんにちは、西澤孝です。
6月です。駐車違反の取り締まり強化が始まりました。都市部の交通渋滞や、緊急車両の通行のさまたげになるといった問題が解消されることを願うばかりです。運転者が車内にいれば停まったままでもいい、という考えかたもあらためるべきだと思います。客待ちのタクシーが長蛇の列をなして車線を占有しているようなケースもあるので。
いっぽう、今回の改正で不利益をこうむる人も出てきます。宅配便の車や運送トラックなどが、荷物の積み下ろしのために一時的に路肩に停車しただけで検挙されてしまう可能性があるためです。各業者は対策に頭を悩ませているそうですが。私はこういうのはすこしは大目に見てほしいです。駐車違反摘発の主旨から考えれば、同じ車両が同じ場所に長時間停まっていることのほうが問題なので、まずはそちらを優先的にというか。だって、もし配送中の車が検挙されでもしたら、自宅に小包が届かなかったり、お店に商品が入らなかったりと、いろんなところに影響出てきますから。
こうした話題について、自動車に乗らない人のなかには関心を示さない人もいます。駐車違反のことなんて、自分は運転しないから関係ない、といったような。私はそれはまちがいだと思います。いま述べた緊急車両や宅配業者の話もそうですし、違法駐車が歩行者の障害物になったり、死角を作って交通事故を招きかねません。たとえ自分が自動車に乗らないとは言え、交通問題は社会全体のこととしてみんなが考えていくべきです。
ほかにも同様の話題があります。自動車をとりまく環境、たとえば、高速道路料金をめぐる議論やガソリン価格の高騰についてです。けしてドライバーだけを直撃する話ではありませんから。さまざまな品物の流通に自動車や高速道路が使われているのですから、輸送にかかるコストが商品の価格などにはね返ってきます。すべての人の生活に直結する問題としてとらえないといけません。かく言う私も、モータリゼーション社会はあまり好ましく思っていないたちですが、これだけ自動車が世の中を走り回っている現代においては、目をそむけてはいけない事柄だと感じています。