2005年11月27日日曜日

これはひどい

まさかね…まさかね! …ondです。
きょうはこれでもかってくらいよく晴れて暖かくなった一日でした。ザ・小春日和です。<なんだザって 春野日和です。<ちょっ! 秋の行楽シーズンまっただなかです。<もう終盤だろ? せっかくなので私も秋らしいことしてみようと思って、かねてより懸案事項だった(何)黒ごまの生八つ橋を食べてみることにしました。って、実は微妙に秋関係ないんですが。(微妙どころかこれっぽっちもねえよ) まあ食欲の秋つながりということで。<また太るぞ というわけでさっそく買いに行きました。そして帰ってきました。(これ)
本日ご紹介するのは10個入りの箱。(何の通販番組だ) ためしに食べてみたかっただけなので10個もいらなかったんですが、このサイズしか売っていなかったもので。っていうか、味見したいだけなら観光地のみやげもの屋行けばただで試食しまくりなんですけどねー。…話を戻します。まずね、箱からして黒塗りで高級感ただよっています(紙だけど)。いままでこんな八つ橋のパッケージはなかったのではないでしょうか。で、金色のひもをほどいて箱を開けると、…くろっ! black one neck!(なに書いてんだっていうか春日部さんだ) 生地も黒けりゃ中のあんも黒い、という毒々しいまでのまっくろくろすけがとびだせ青春。これは見た目のインパクトありまくりですよ。かんじんのお味はというと、黒ごまの香ばしさとつぶつぶの食感がおいしかったです。ごまがすきな人にはこっぴどくおすすめ。あと、ノーマル八つ橋のニッキくささがだめな人も。…という日記でした。<寒ーい! 次回は白ごま生八つ橋レポートをお送りします。

0 件のコメント :

コメントを投稿