2005年3月31日木曜日

盆休みみたいな選手

私はあまり社会になじめない人間なのかなと思います。
仕事でもプライベートでも電車や新幹線を利用する機会が多いのですが、乗るたびにいろんなことが気になって気になってしかたありません。具体的には、ほかの乗客のマナーについて。まず、降りる人を先に通さないでわれ先に乗ろうとする人。おかげで、電車を降りるときにドア付近が非常に混雑して足止めをくらうこともあります。新幹線の自由車なんかとくにひどくて、座席を取ろうと降りる人を押し分けて乗りこむ人ばかりで、結果として乗り降りに手間どって発射時刻が遅れたりします。自分勝手な行動がたくさんの利用者に迷惑をかけています。それから、ごみや空き缶を車内に投げ捨てたり、禁煙車で堂々とたばこをふかせたり、電源を切るよう決められた座席で携帯電話をいじったり。モラルをうたがいます。ですが、へたに注意しようものならこっちが刺されるご時世ですから、目にさわっても何も言えません。座席のすき間に無理やり体を割りこませてくる人もいます。座っている人にちょっと席をつめるように言えばいいことなのに、無言で押しのけてくるんですから気味がわるいです。たがいに声をかけあうことすらできない社会、実におそろしいことです。また、ホームの階段やエスカレーターを、人の間をぬうようにして駆けあがる人も多いです。階段を駆け足でのぼるのと歩いてのぼるのとで、いったい何秒の時間短縮になるというんでしょう。危なっかしくてしかたありません。将棋倒しなどの大事故につながる危険性もあります。実際、発車間際の電車に駆けこもうとして、ほかの人にぶつかったり転ばせる人をたびたび見かけます。相手は地面にたおれたり靴が脱げたりしているのに、立ち止まることさえせずにいそいそと電車に乗りこんでしまいます。電車に乗るためなら他人を突き飛ばすこともいとわない、そんな理不尽な言い分がまかり通っています。
こうした場面に出くわすたびに、とても悲しい気持ちになるのですが、そのいっぽうでべつの考えかたもできます。これが世の中の現実なんだということを、私が受け止めきれないでいるだけかもしれません。私は、自分がいやだと思うことはあまり見たり立ち入ったりしないようにしているので、社会や人間のきれいなところばかりを見てすきになっているたちだと思います。だから、きちんと現実社会と向きあえていない私に非があるのではないかと。もしくは、私の考えかたのほうが正しくないのか。正しいまちがっていると言うより、社会に適合しない考えかただという気がします。自分が常識だと思っていることが、実際にはそうでないということはよくあります。とくに私は、子どものころから人とはちがったことばかり思いつく子だったので、他人やまわりと意見がくいちがったときに、まず自分の考えを疑うべきだと思っています。このことだってそうです。マナーのわるい乗客が多いことは事実だとしても、そういう人が多数派であれば、それが社会にとっての真理であると認めないといけません。他人への迷惑なんてかえりみずにもっとエゴに徹しなければ、この世の中を渡っていけない、そんなふうにさえ思えてきます。ですが、私はそんなことはしたくありません。人から変な目で見られようと、自分がまちがっていると思うことはぜったいに実行に移しませんし、それに、まわりの人を不快にさせる行動が正当化されるなんてことは、どうしても受け入れられません。ですから、えてしてそういった光景に触れないように生きようとする手段に出ます。電車に乗ることや人の多いところへ出かけることを避けて、自分のいやなものと顔をつきあわせないようにする。そんなことばかりくり返していると、いままで以上に現実離れがひどくなってしまいかねません。しかし、それも心の痛みには代えられませんから。
そんな私ですがきょうも社会のどこかで生きています。

2005年3月30日水曜日

躁鬱マスター

「俺の頭の中には辞書という文字はない!」
「ちょっと違うだろ。っていうか辞書がなかったら困るぞ」

ということでこんにちは、会場入口でお弁当を没収されたondです。<なに書いてんだ いえ私は行っちゃいませんけれど、それにしてもあれはむごいですよね。人道的見地に反しますよね。(なに) お母さんが早起きして心をこめて作ってくれたお弁当をさ、子どもの見ている前で捨てさせちゃうんだよ? どれだけの子どもたちに一生残りかねない深い心の傷を負わせたことか(誇大妄想)。さつきハウスを再現したところでそのトラウマはけして癒しきれるものではありません。
犯罪やテロ対策のために所持品検査するのはべつにいいと思うんです。いまはこういう世の中ですし、すすんで協力したいものです。身の潔白を証明するっていうか。…なんならここで脱ぎましょうか?<それこそ自爆テロだろ! でも、でもさ、弁当の中身はねくね? それ食べておなかこわそうが何しようが、そんなのは完全に自己責任なわけで、そこまで取り締まるっていうのはぜったいにいきすぎという気がします。主催者側の言い分によれば食中毒対策ということらしいんですが、外から持ちこんだものであろうが会場内で販売するものであろうが、食中毒を起こす可能性ってのはひとしくあるわけで。可能性は平等でも確率はちがうでしょうけれど。<志摩子! つまり、もし開催中にそうした事態になったときに、問題の出どころをはっきりさせたいってことなんですよね。言いかえれば、客が持参した弁当で食中毒起こしでもして、主催者側にまで責任問題がおよんだら面倒だからと、そういうことなんですよきっと。自分たちだけは火の粉をかぶりたくないってことなんですよ。まったくいやらしいったらありません。(誇大妄想)(またか)

2005年3月28日月曜日

別れてもダメな人

こんばんは、判決で手鏡を没収されたondです。<そういう不謹慎なこと書くなよ ちょっとずつ暖かくなってきたので、家事がはかどるようになりました。というわけでひさびさにエプロントークを。(だからエプロントークって何なの) 最近はまっているのはシーフードミックスです。私はシーフードっつうと、いわゆる魚類よりも、エビとかイカとか貝類のほうがイメージが強いです。魚は焼き魚とか刺身とか、それ単品でメニューになるっていうかんじですけど、エビやイカは料理の具材としていろんなところに顔を出すっていうか、幅がきくっていうか、八方美人っていうか(脱線)、村八分っていうか(全然違う)、僕がそばにいるよっていうか(ストーカー)、そんなお役立ちフーズなのですよ。ふだんは冷凍しておいて、使うときに必要なぶんだけ袋から出せばいいので、そのへんのお手軽さがいいですよね。生の肉や魚は日持ちがしないし、料理するにも手間ですから。学生時代に金がなかったときはミックスベジタブルをよく買っていました。スーパーで冷凍食品が割り引きになるときがありますでしょ? あんときに一括購入して、ちびちびと炒めて食ってました。しかも、よくあるにんじん・グリーンピース・コーンのではなくて、にんじん・ブロッコリー・カリフラワーという組みあわせのやつを。あなお懐かしい。(あな?) ベジタブルがシーフードになったということは、私の生活もすこしはうるおってきているってことでしょうか。…微々たるうるおいだけどな。

2005年3月26日土曜日

ボブがサップいサップい言うてます

ondさん僕だよダチュラだよ!(挨拶か?) 私は自分をバリバリのファミコン世代だと思っていたんですが。まあ、メガドライブをちょっとかじったくらいのことはしましたが、それで本体に歯形がついてしまったりもしましたが(本当にかじったのかよ)、それ以外はビデオゲームといったらもっぱらファミコンでした。十字キーの下とAボタンがきかなくなるまでやりぬきました。むしろ遊びすぎて母ちゃんにアダプタを没収されたこともありました。ディスクシステムもツインファミコンもやりました!(リアルに蛇足) ファミコンだけを見て育ったけがれを知らない純粋培養の温室効果ガスだと思っていました。<温室効果ガスって ソフトが曲がっていてよ?<しらねえよ
ところが、その記憶はまちがいだったのです。私はよく町内の友だちのうちに遊びに行っていたんですが、そこには歳の離れたお兄さんがいました。すこし雰囲気がこわいというか人当たりのよくないタイプで、薄暗い部屋にこもってパソコンをいじっていました。当時の私はまだオタクという概念を知らなかったので、なにか仕事しているのかな、くらいに思っていました。そんなある日、友だちが新しいゲームをやろうと言って私を連れて行きました。しかし、案内されたのはファミコンのある居間ではなく、2階のちいさな部屋。そう、そのお兄さんの部屋です。物があちこち散らばって足の踏み場もありません。布団も敷きっぱでした。テーブルの上にパソコンがあって、キーボードの上のほうに穴があいています。そこにカートリッジを差しこむと、モニターにゲーム画面が映し出されました。なんとゲームだったとは。それからはそのめずらしいゲーム機でも遊ぶようになりまして。ソフトの種類はすくなかったんですが、骨のあるゲームばかりで熱が入ったおぼえがあります。…あれがうわさに聞くMSXだったと知ったのは、私がすっかり大人になってしまってからでしたけれども。
しかし、それにしても不思議なお兄さんでした。パソコンを語るときだけやたらイキイキするんです。弟くんは現在すでに立派な社会人ですが、お兄さんの消息はわかりません。そのお兄さんに感化されて、もし少年期からそっちの道に走っていたら、私の人生はもっとべつのものになっていたかもしれません。……もっとヤバヤバ人生だったかもしれません!

2005年3月24日木曜日

好きな人いることを どうして隠していたの

こんなセンバツ高校野球の出場枠は嫌だシリーズ。
「22世紀枠」
ドラえもんはすでにエントリーされてるっぽい。
「20世紀梨」
梨かよ。枠ですらないし。
「21世紀の石原裕次郎枠」
石原プロが将来性のある人材を発掘(ただし俳優として)。
「希望枠キボンヌ」
いらんこと書くなよ。
「野望枠」
とにかく全国制覇を目指す向こう見ずなチーム。無謀枠とも。マンガの主人公とかにありそう。
「多忙枠」
忙しくて出場機会がない高校に万障繰り合わせて無理やり来てもらう。
「ドキドキワク枠」
そんながんばったで賞みたいなのいらないから。
「へそで茶が枠」
抱腹絶倒の珍プレー好プレーの数々をご覧あれ。
「プロの誘惑」
球団のスカウトマンから現金を受け取ってはいけません。
「旧司法枠」
これまでの旧司法試験の受験者のための合格枠。段階的に廃止の方向。
「お色気枠」
いっそチアリーダーを選抜。NHKも人の子だね。<何
「マルコメ枠」
高校野球の伝統を重んじ、選手全員がきれいな丸刈りにしている高校を選出。

2005年3月22日火曜日

やるせなきまま

なぜにGファンタジーでToHeart2ですか。(挨拶) エニックスから4コマ劇場とか出てたから問題ないってことでしょうか。でも、こういう話はまっさきに電撃のほうに行くと思っていたんですが。東鳩マンガといえば高雄右京さんのコミックスはおもしろかったなあ。あとアンソロ出すぎ。どれを押さえていいのやらまったく見当がつきませんでした。…ま、そんなことも今となってはいい思い出ですが。<なに過去の話にしようとしてんの 懸賞でテレカ当てたことも今となってはいい思い出ですがー!<バリバリだめじゃん
それはさておき、ちょっと冬物のコートを買いに行ってきました。……えーと、つづけますよ? だって暑さも寒さも彼岸までって言うじゃん。まだ明けるまで1日あるじゃん!(何ギレ?) まあその、つまりはもう来シーズン用ってことになってしまうんですが、むしろそこがねらいだったんです。もう激安も激安。カシミア100%のコートがお手ごろすぎるお値段でっていうか冬物一掃大バーゲンでしたのことよ。だって信じられますか。あのondさんがカシミアコートですよ?(どのondだよ) 私はこんなものてっきりブルジョアの着るものだと思っていたんですが。手に入れたときにRPGの効果音が鳴るくらいの重要アイテムなわけなんですが。このコート1着作るのに何匹のカシミアが犠牲になったと思ってるんだ。<毛を刈るだけだから殺さねえよ いやーいい買いものしました。というわけでこれからはondのウィンターシーンが変わりますご期待ください。(しらねえよっていうか、カシミア程度で金持ち気取りか) もう今から冬が待ち遠しいです!<えっ

2005年3月20日日曜日

イサチカにも入っていない

ちゅっかな? タイムリーに博多行きの新幹線に乗ってたんだが。

ということでビーアンビシャス(挨拶)、渦中のondです。NHK歌壇が3月いっぱいで放映終了するそうです。ぶちゃーけ耳をうたがいました。日曜日の将棋・囲碁とならんで教育テレビきっての文化教養番組だったので、終わってしまうなんてまさかと思い、あまりにも気になって朝早く目がさめてしまったので(ぇ)ドキドキウォッチングしてました。そうしたら司会者が言いました。「この番組は今月をもちまして終了いたしますが…4月からは新番組・NHK短歌がはじまります!」 ……ウワァァン! もうね、ちょっと待てと。ノンストップと。そういうことじゃねえだろうよっていうか、まさか天下のN教でこんなオチとは思ってもみませんでした。報道ステーションもびっくりです。余談ですが、おなじくNHK俳壇も今月で最終回を迎えて、4月からはあたらしくNHK俳句が以下略。
まあ、そんなのよりも私の関心事はマックスハートなんだけどな。<ぇぇー 話のネタはいまいち練りきれていない感がありますが、バトルシーンが進化した気がします。ち密な描写が見せるスピーディーで迫力のある展開。前作までどれみ→ナージャとほのぼの泣かせ路線でやってきた東堂シリーズからは考えられない過激さです。これですよ、これを期待してたんですよあたしゃあ。…中学生の女の子があんな乱暴なバトルをくりひろげていいのかって問題はありますけどね。だって敵にふっとばされてビルにたたきつけられたあげく壁を何枚も貫通してくんですよ? 某セーラームーンや某レイアースの戦闘シーンだってそこまでむごくはなかったですよ? いまの子どもたちはああいうの見ても抵抗感とかはないんでしょうか。ま、その点を考えなければ実に見ごたえある内容となっています。ロボットアニメの最高峰とか堂々とうたっておいて実際はロボット戦闘シーンをはしょりまくっている某アニメに爪のあかを煎じて飲ませたいくらいです。

2005年3月18日金曜日

いろんな日

卒業シーズンなんのその。(挨拶) こんにちは、おセンチ気分にひたっているどころではないondです。NHKのお昼の番組で、卒業式について取りあげていました。それ観てはじめて、そういえば今ってそんな時期なんだなあって気づいたのは秘密。…日に日に俗世から隔絶されつつあるかもしれません私。まあそれはさておき、卒業式といえばみんなで合唱するのがお決まりとなっていますが。蛍の光とか仰げばとうとしとか君が代とか、定番ソングがいくつかあります。そのほかにも、これは絶対あると思うのが校歌です。もちろん学校ごとに別のものなので定番とは呼べないでしょうが、自分の学校の校歌を最後にうたってから巣立っていく、というのはいいですよね。ストーリー上美しいです。やっぱり幼なじみは男と女が基本だよね。<ここでそれを蒸し返すか
さて。それで、自分の母校の校歌って覚えていますか。まだうたえますか。私は小中高ともバッチリです。高校のなんて戦前の旧校歌までうたえますもん。<それは覚えすぎっていうか、あんたいつの生まれだ それぞれに思い入れがあります。当時は、学校行事のときのためにいやいやうたっていた記憶がありますが、いま思えばあれはいくなかったなと後悔します。もっと気持ちをこめてうたいたい、いい曲ばかりですもん。児童・生徒のうちはああいう歌のよさやありがたみがわからなくて、校歌をうたうなんてただ面倒なことにしか思えなくて、卒業してずっと後になってから大切なものだったんだなって気づくんですよね。皮肉なものです。でも、それでもいいと思います。子どものうちはとにかくやってみる、理解できなくても無理やりでも体で覚える。そしてその本当の意味を大人になってから知る。そういうことがあってもいいと思うんです。いまドラクエ4を十数年ぶりに再プレイしていてそんなことをしみじみ感じます。<ゲームからそんなこと学ぶなよ あのストーリーの深さは子どもにはわからんわ。
それとは一変してまるで思い出せないのが、大学の学歌です。最後に卒業したところの校歌をいちばん覚えていないというのは一見おかしいようですが、だってそもそもろくに聞いた機会がありませんもん。就職してからのコンパで、同じとこ出身の先輩から「うちの学歌うたってみれ」って言われてポカーンでした。…あっ、先輩じゃなくてセンパイってカタカナで書いたほうがよかったですかね。(そんなこだわりは知るか) 上目づかいでセンパイ♪って言ったほうが萌えますかね?!(黙れこのオタク野郎)

2005年3月16日水曜日

はりはり南高梅

そろそろ白菜も食べおさめでしょうか。…ハウスワイフみたいなあいさつですみませんondです。<ワイフ? 鍋でぐつぐつやって食べました。白菜のほかにはなにも入れませんそれだけでいけます(質素)。素材の味が生きてます!(強がり) それにしても、この冬は白菜が高かったですね。というか昨年から野菜という野菜が高騰してたんですけれども。いろいろ気候がおかしかったせいでしょうね。あと玉子も高かった。これはきっと鳥インフル…ごほごほ。私もいつも買いものしていて、やはり野菜・果物は全般的に値が張っている状態がつづいているなっていうのは感じます。もうビンビン伝わってきます。<なにが ですが、そんななかでもひとつだけ、わりと安定したお手ごろ価格で提供されているものがひとつありました。それはバナナです。青果インフレ前とかわらぬたたき売り状態でした。これぞ庶民の味方ってかんじです。もうフィリピン最高すぎ。さすが果物の王様。(おもひでぽろぽろ) くだものだもの!(意味わかんねえよ) けだものだもの!(完全なる蛇足)
いやー、それにしても海賊とはびっくりしました。<なんだその話のもってきかたは?まさか東南アジアつながりか? というか、お恥ずかしながら、私は海賊なんてものが現代の世に実在しているなんてこともはじめて知ったんですが。てっきり中世とか大航海時代とか東インド会社とかそのころの話だと思ってたのに(東インド会社かよ)。もしくは台湾とかで違法コピーしたCDやDVDを売りさばいている悪党とかー(海賊版かよ)。

2005年3月14日月曜日

ツイてるね ノッてるね 財布の中に20万

ようこそいらっしゃいませ。ミニバンをふらふらさせないondです。(いつからタイヤになったよ) きょう家に帰ってみたら、アパートの前に停めてあるはずの私の自転車が見あたりません。たまに勝手に場所を動かしちゃう人がいるみたいなので、今回もきっとそうだろうと思って、とりあえず探しました。暗がりのなかスタッフ全員一生懸命探しました。そしてお母さん見つかりました!<それはもういいよ! ごめんなさいうそです自転車は見つかりません。そのとき思い出しました。きのう出かけるとき駅前まで乗ってったじゃん。そして帰りは歩いてたじゃん。…ということは駅前に放置自転車です。近所迷惑もいいところです。ご近所物語です。いま駅から歩いて帰ってきたばかりだったのに、きびすを返して取りに行きました。はい、撤去警告シール貼られてました。はってはられてはりかえされて?!(何) これでは善良市民の面目まるつぶれです。<善良?誰が?

2005年3月12日土曜日

営業は大事

私の家にはサンタクロースはいませんでした(両親がおおっぴらにプレゼント買ってきてた)。こんにちは、トナカイを信じているondです。最近Z会のコマーシャル多いですよね。新聞広告もめだって増えています。受験シーズンっていつもこうでしたっけ。たしかに、国立の難関校にあれだけの数の合格者を送り出しているって言われればだれだって気になっちまうもんですが。でもなあ、あれは元からできる人のための教材だと私は思うんですが。そもそも通信添削ですから、自力で問題解いて投函するくらいの学習意欲がある人にしか向きません。しかも返ってきた答案を復習してまちがいを克服する自浄能力のある人。や、添削を始めることによってそうした習慣を身につけていくっていう順番でもいいんでしょうけれど。ただ、全国の受験生や親御さんに言いたいのは、自分に合った勉強法なのかどうかを考えもしないで、ただ合格実績だけを見て安易にこうした教材に手を出すのはおよしと。実際、難関大コースの添削問題やっていてかえって自信なくす人も多いみたいだから。それくらいむずいから。私も当時そうだったから!(ぇー)

2005年3月10日木曜日

リブルアーツ

あの、つかぬことを申しあげますが。

女のことをいちいち女性って言うのうぜくね?

……どうしちゃったんでしょうかondさん。(自分で言うな) まあ、私自身も意識してフェミぶっていた時期があったので大きなことは言えないんですが。ぜったいに世の中の風潮がおかしくなってきていると思うんです。いえね、とりあえずことばの問題として、ニュース番組のようにかならず男は男性、女は女性って言うんならもーまんたいなんすよ。表現として対等ってことですから。でもあれって容疑者とかを指すときは男・女って使いますよね。なんだか不思議なものですがそれは今回はおいといて。そうじゃなくて、会話とかで男は男なのに女だけ女性って言ってたら、それはこっぴどく不自然なんじゃないかと。なぜ「女」ということばを使うだけで失礼なかんじをあたえるんじゃないかと考えられるようになってしまったのか、そこのところがいまいちわかりません。私が言語をsemanticsよりsyntax重視で見ているからかもしれませんけど。…マリア様がみているからっ!<いらんネタをはさむな
そうでなくても、日本語におけるジェンダーの考えかたが、このところおかしな方向に進化してきているような気がしてならないのに。職業名とかは以前も書きましたが、あれはべつにいいのですよ。あれは女性にも男性にもどちらにも門戸を開いているわけですから。看護師とか保育士とかあこがれの職業に堂々とつけるようになったわけですから! そうでなくて、とくに女の人を指すようなワードについて、どうもみんな過敏になりすぎているように思えてなりません。ちょっとなにか言えばすぐセクハラだとか古い考えだとか女性蔑視だとか。ちょっと前ならギャグで通用した話にもすぐクレームとか苦情が来たり。そういった意味での言葉狩りは感心しません。男女平等とか社会的な立場とか、ベースになっている理念はわかります。りろんはしってる。ですが、いまの状況はちょっと行きすぎのような気がします。だって女ワードばっかり取り締まってんだもん。これは男女平等ではなく、ただ女の人に神経質なまでに気をつかっているだけです。女だから機嫌を取ってあげないといけない、失礼なこと聞いちゃいけない、その発想こそがいちばんの男女差別だってどうしてわからないんでしょう。本当に男と女が対等の社会にしたいのなら、相手の性別によって扱いかたを変えることをやめなければいけません。
…かと言って、女扱いしなかったらそれはそれで不満がられたりするんですがね。これだから女は。<言ってるそばから蔑視か

2005年3月8日火曜日

静脈紋照合

こんばんは、こ~ちゃです。うそです。きょうは紅茶の話。みなさんは紅茶ってよく飲みますか?(なぜ突然インタラクティブ型を意識) 私はあまり飲みません。以上。<おわんなよ! 冬はさむいので、温かい飲みものが恋しくなります。…本当は人のぬくもりがほしいんだけどね。(はいはい) で、家にいるときにお茶とかコーヒーとか飲む回数が増えるんですが、そのときに紅茶もラインナップに加えてみようって思いつくのね。それはもう毎年のように。さも冬の風物詩と言わんばかりに。ふだん飲まないくせにホットドリンクつながりっていう安易な発想で。背伸びしたい年ごろなんだろうねきっと。(あんたいくつだっていうか、なにさっきから他人事のように語ってんの) で、冬のはじめに25パック入りのをひとつ買ってくるんですが、たいがい飲みきらずに冬を越してしまいます。ことしは半分もいきませんでした。まったく学習能力がありません私。そうこうしているうちに春のパン祭りです。<パン関係ねえよ そして夏には麦茶パック買いこんでまた使いきらない予感がぷんぷんします。
いえ、紅茶はすきなことはすきなんですがね。あの上品な香りがたまりません。鼻の穴おっぴろげてフガフガかいじゃったりしますもん(下品)。ガストのドリンクバーに積んであるやつごっそりお持ち帰りしたくなりますもん(犯罪です)。ティーバッグでもこつをつかめば香り立つ紅茶の入れかたもできるみたいですし。でもまあ、結局のところ、においだけじゃのどの乾きはうるおせないわけで。…花より団子たあこのこと。

2005年3月6日日曜日

皇宮警察

ビーアンビシャス(挨拶)、大方の予想をひるがえして帰ってきたondです。<ていうか大方の予想って何 きょうは春の足音に耳をかたむけに行ってきました。…はるのあしおと!(はいはい) はじめは仕事明けなので家で寝ていようかと思ったんですが、そろそろ冬モードからの脱却をはからないといけないなって感じたもので。ですが、まだまだ寒さの残るこの時期。とくに本年は冬が長引いている印象がありますよね。関東地方で季節はずれの大雪があったほか、インフルエンザがいまごろ流行しだしたりとか、おん的にも乾燥肌にいまごろ悩まされたりとか(おととい参照)、きょうのニュースでは奄美大島でも雪だってさ。いつまでたってもこんな寒波に見舞われているなんて、ねえ、どうしたことでしょう。まるで私の心理状況を象徴しているようではありませんか。<語らなくていいから にしても、昨年からことしにかけては気候がおかしいったらないです。夏が早く来て、それも記録的な猛暑っていうかスウィートエ猛暑ンで、さらになかなか終わらなくて、秋らしい秋が来たのか来ないのかわからないうちに一気に気温さがって、そして暖冬予報に反してめちゃんこ極寒で、その冬もまたずるずる引きずって、っていう。すぎたことをいつまでも根に持つタイプは人にきらわれますよ?(自分のことを棚にあげて) この流れでいくと、昨年の秋と同じように春も期間短縮なんてうき目にあってしまうやもしれません。それは困ります。非常に困ります。というわけで私から申しあげます。もうすでに春は始まっていますのでいますぐ気持ちを切り替えて春めいた雰囲気をエンジョイしてください。季節は訪れを待つものではなく自分で作るものです。(そんな格言ねえよ)

2005年3月4日金曜日

ポーキポーキと左に歩こう

「仕事って大変だなと思うのはどんなときですか?」
「ギャルゲーの電波ソングを聴いているとき」

もうね、今シーズンもかゆくてかゆくて。ということでおはようございます、寝ぐせがつくとなかなか元にもどらないondです。この冬もやはり肌の乾燥に悩まされております。よくないってわかっているのに、気がついたらがまんしきれずにポリポリかいてしまったり。去年使った肌荒れのクリーム(尿素配合)を取っておいてあったので、ふたたびの登場とあいなりました。腕やもものあたりなど、かゆみが気になるところにぬりぬり。…タマちゃんもお世話になりました。<うわぁ…
よく聞く話では、お風呂上がりに体をふきすぎるのが乾燥をまねく原因のひとつなんだそうですが。思い当たる節がありすぎるんですが。だって聞いてください。以前書きましたが、私はお風呂上がりになかなか汗(水分?)がひかないたちでして。つまりは水もしたたるいいondでして。もし夏場だったら、上がってからしばらくはだかんぼでいれば、自然と汗がひくまで待っていられるんでしょうけれど。冬はそうはいきません。上がったらちゃっちゃと体ふいて服着たいですよね。そうしないとかぜ引いちまいますもんね。なので、とにかく早く水気を取ろうとつい力を入れてふいてしまうみたいなんです。なにごとにも全力投球でとりくむガッツが裏目に出てしまったかたちです。<そんなの裏でも表でもねえよ
ちうわけで、体をふくときはもっとソフトタッチを心がけようと思います。そう、お気に入りのぬいぐるみを抱きしめるときのように。(なんでそんな比喩しかできないの)

2005年3月2日水曜日

みっつ太陽の下で泣きむれて

きょうも遅い時間まで仕事だったんですが、終電まであと何本かという帰りの電車で塾帰りの小学生たちといっしょでした。…泣きごと言える状況じゃなかとです。いまの子どもたちってほんとうに大変なんですね。親からかわいそうな名前つけられたりさ。<それは関係ないだろ 南セントレアなんてかわいいものです。<さらに関係ないし よーし、みんな塾なんか行くかわりに、うちでお兄さんが勉強教えてあげるよ。(そろそろお兄さんってトシでもないだろうっていうか、逮捕されんなよ?
ただ、こんな勉強づけの子どもたちも、勉強しなくなって学力低下がどうのとさけばれているよりはましなのかもしれません。どっちに転がっても未来は明るくならなそうな二極化がすすんでいる感があります。