2003年12月25日木曜日

バイバイバイシクル

きのうテレビの話を書きましたが、そういえば2003年はテレビそのものが大きく変わった年でした。国内でのテレビ放送開始から50年がすぎ、さまざまな催しや特番が企画されました。NHKの南極放送センター、地上波デジタル放送などあらたなサービスの開始にくわえ、ハード面でも液晶薄型テレビ、巨大なスクリーンのプラズマテレビなどが広く売れ出しました。めくるめく進歩です。そしてその流れにまったくついていけてない人間がここにひとり。かたや放送をめぐるトラブルもあいかわらず目立ちました。視聴率操作問題とか、じゃぱネットはかたとか、地底人クルピラとか(!!)。

2003年12月24日水曜日

あんなのキスのうちに入らないんだから

世間様には自称テレビをみない人がわりといるようでして、私もそのくちだと自分では思っていたんですが、よくよく思い返してみるとけっこう観ているかもしれません。日記でもテレビコマーシャルのネタがちょくちょく出てくるあたりとか、いまだにアニメ離れできてないあたりとか。
ニュースやスポーツ中継のほかにも、映画なんかもみます。金ローとか。映画館にも行かないしビデオも借りない身としては、もっぱテレビ頼みってことになります。ドラマはサスペンスが多いです。まえに深津絵恵さんが犯人役で出てたことがあって、そのときの鬼気迫るほどの演技には思わず息をのみました。あとお笑い番組。バラエティではなくて、ほんとにお笑いだけのやつ。笑点から吉本新喜劇、オンエアバトルまで。おすすめはNHKの笑いがいちばん。コントでも漫才でも、純粋にシンプルなのがすきなんです。年末年始にかけてM-1とか新春お笑い寄席とかあると思うので、そのへん楽しみです。いっぽう教養番組はそれほどでもありません。そうなんよ意外と。意外でもなんでもないけどな。テーマにもよりますが、サイエンスもののほうが比較的とっつきやすいでしょうか。あ、動物番組だったら無条件降伏ですけれど。
ただ、どれひとつとして毎回欠かさず観ているものがないんですよね。ニコニコ日記を全話みたっていうのは、もう自分にとっては偉業と言ってもいいくらい。そもそも家にいる時間がそんなに多いわけではないし、ひまなときはテレビのほかにもしたいことあるわけだし。あといわゆる芸能ネタに関心がないのも手伝って、あまりテレビを観ていないっていうふうに錯覚していたのかもしれません。

2003年12月23日火曜日

減価償却費

え、ひょっとしてダンナだからダンナーなの?<今ごろ気づいたの おはようございます。うわさの健康飲料はちみつ黒酢をいただいたのでさっそく飲んでみたんです。恋をすると人生が変わるんじゃなくて人生が変わったから恋をするんだーとか思いながら(何?)、コップに注ぎまして、水でうめまして、ごくごく。……#≧◎£▲*√&!! げほげほっ、いつもすまないねえ(こんなネタで)。はい、のどが焼けるかと思いました。これにくらべたらテキーラなんて目じゃありません。(注:ondはテキーラを飲んだことがありません) 良薬口に苦しとは言いますが、これはもはや味以前の問題です。のめねえよ。まじで。ということで速攻お蔵入り。
まあ、そんな飲みものの仲間に入れていいのかどうかもわかんないようなのはおいときまして、お口直しといきたいと思います。反対にすきな飲みものはといいますと、牛乳です。それはもうダントツに。もちろん毎日欠かさずってくらいに。ミスタードーナツでイーツインするとき注文するのは8割がたホットミルクってくらいに。すきなカクテルはカルーアミルクだってくらいに。クラスに欠席の子がいたら給食の牛乳を先を争って奪うタイプだったってくらいに。最近コーヒーに砂糖入れなくても飲めるようになってきたんですがそのぶんミルクは手放せないってくらいに。そしてまだ身長が伸びる可能性を信じてー!<信じるなよ
そこでいいこと思いつきました。ふふふ。私の中の悪魔と天使が葛藤していますが、せっかく思いついたからにはやってみるしかないっていうか、がんばれ私の中の勇気。(またか) はちみつ黒酢を、牛乳で、わってみる。…あっ。<あっ? 意外といけますよこれ。ほんのりふるーちーです。でも、どうにか飲めるようになったってレベルでして、やっぱり酢の味しかしません。

2003年12月22日月曜日

わらいびと はね

ゆず風呂なんて入ってられっかよ!(敏感肌) ということで冬至です。でもかぼちゃはすきです。ということで冬至です。<挨拶かぶったよ? きのう近所のユニクロ行ったんです、ユニクロ。そうしたら、なーんか、かわいい服がめちゃめちゃいっぱい。冬だからセーターとかタートルネックとかが数多くならんでたんですが、ピンクとか黄色とかぷりちーな色がてんこもり。んはぁ~ん。(ご満悦) で、ユニクロもようやくオレのシュミをわかってきたようだなとか思って(何様)、ぶらり散策してたんです。京都迷宮案内です。<? どうやら本当に品ぞろえががらりと変わったようで、パンツもそれまで見かけなかった明るい色とか、細身のが増えてまして。かねてからこういう中性的な格好にあこがれていた私としてはうれしいかぎりです。こんなかわいい色のセーターなら何枚でもほしいです。安いし。と、目をらんらんと輝かせながらお店の奥にすすんでいくと、ありました。一面ずらりと、色とりどりの、ブラが。ようやくオレのシュミをわかってきたようだなこっちウィメンズじゃん! はい素でまちがえてました。ていうか私がわるいんじゃないんだって。女物と男物の売り場がきれいさっぱり入れ替わってたんですもん。不可抗力ですってば(?)。

2003年12月19日金曜日

まぐろカルパス

きょうのユリスキー。(シリーズ化?) 朝のホームで見かけたんですが、中学生くらいの女の子がお母さんとおぼしき人の襟元をなおしてました。それはもうかいがいしく。カラーが曲がっていてよ、とか言いながら(言ってません)。こういうのぐっときませんか? きませんか。そうですか。いや、だってほら、何がいいかってさ、母親が子どもの身じたくをなおすのはふつうのパターンじゃないですか。それが逆なんですもん。リバ! リバ来た!(何) そもそも、お母さんと娘さんがフレンドリーって時点で私は萌えちゃうんですが(病気だ…!)、背も同じくらいだったし、あの仲むつまじそうな雰囲気がポイント高かったです。はい。
とまあ、そんな変態トークはさておき、こないだひさしぶりにクレヨンしんちゃんを観たら、なんかえらいことになっておりました。…絵がだめすぎ。ハァーン?って思っちゃうくらいに。おまえ誰だよ! 僕が知っているみさえはこんなんじゃないよ!<またそれか なんていうかあれですね、ひさしぶりに大塚さんをみたらすっげえ老けてて驚いたくらいのショックっぷりです。(大塚さん?)

2003年12月18日木曜日

スティングのことなら何でも知っています

「とんでもありません」という日本語はありません。こんばんは。<だからその挨拶は何なの こないだ発見したんですが、携帯電話をパソコンのディスプレイ(稼働中)のそばにおいておくと、着信とかのときにディスプレイがブオォォンって鳴るんですよ。いや、そもそもそんなもの近づけている時点で使用上の注意に反しているんですがそれはさておき、やっぱりなんか出てるんだあと思って。ほら、携帯電話の電波がどうのってときどき注意を受けるじゃないですか。医療機器が誤作動する危険があるから混雑した場所では電源を切るようにとか、計器に異常をきたすおそれがあるから飛行機の中では使用しないようにとか。あれって守られていないことも多いように思うんです。ただマナーモードにしているだけとか、通話さえしなければいいと思ってメールにいそしんでいるとか。それは正しい知識を持っていないことに起因するアンマナーなんですけれど、わからなくてもしかたない部分もあるって気がします。だって電波は目に見えないから。だって生茶は生だから。<関係ないよ? 自分が日ごろ使い慣れている、ただ電話やメールをするだけのちいさな機械が、まさか他人に危害を加えたり事故の原因になるだなんて思ってもみないのですよ。それが電波を発しているせいだっていうのも、にわかには信じられないわけで。それでも、知らなかったではすまされないことって世の中あると思いますから、ひとつひとつちゃんと実践していくことが大事だと思います。最後に、くり返しになりますが、携帯電話など電磁波が出るものをパソコンに近づけないでください。よい子のみんなはまねしちゃだめだよ。

2003年12月17日水曜日

負の兄弟

かなわない夢なんて見たくないの。(挨拶) こんにちは、トミーフェブラリーです。うそです。<そんなの言わんくてもわかってるし きょうはロザンにひとこと申したいと思います。ロザンってなに?とかぬかしてやがらっしゃる人はお引き取りくださいっていうか、ナイチチどもは帰れ! 帰れよう!(ナイチチ?) もうひとつ伸びていかないのはどこに原因があるのかっていう、私なりの愛のムチっていうか。
えっとですね、頭が切れるのは認めるんですが、問題はその賢さの使いみちなんです。ただ学術的な知識をならべ立てるだけでは、へぇ~ボタンとかは押してもらえるかもしれなくても、それは漫才のおもしろさとはちがうわけで。私はむしろ、観客の心理を操作するような高度なテクニックを期待してたんですが。理詰めで笑いに誘導していくっていうか。漫才にも台本があり、シナリオがあります。その構成をうまく練って、これこれこういう流れにしたらバカウケまちがいなし、っていう技量。まあ、それはギャグセンスなどとはちがった能力なんでしょうけれど。
頭のよさっていうのは、テストの点数や成績がいいってこととは直接は結びつきません。たとえば、何のために数学を勉強するかと考える人がいるでしょう。いえ、日本人の8割は数学ぎらい(あまやどり試算)ですのでたいていの人が考えているでしょうが、たしかに一見むずかしい関数や公式を覚えていたってあまり役に立ちません。私たちが数学をとおして学んでいるのは論理的思考です。筋道を立てたり、先のことを予測したりといったことです。そうした考えかた自体は生活のどんな場所でも使えるものです。また根気や集中力を養うことにもつながるでしょう。だから、ただ知識をつめこんだ状態は、なるほど博識ではあるかもしれませんが、でもそれだけです。その奥に流れる思考や理念を身につけて、実生活に応用していける、それが本当の意味で賢いということだと思うんです。
ですから、すこし話がそれましたが、頭脳をそういうふうに生かしていけばもっと注目される存在になるはずです。たとえば菊川怜さんをごらんなさい。出たてのときは東大卒だからということで注目が集まって、ゲストで呼ばれて積分の計算やらされたりしてたじゃないですか。それが今やドラマでもMCでも何でもこなす、才色兼備を地でいくような存在感のあるタレントに成長しました。仕事に真剣に取り組み、より多くのものを吸収してきた結果だと思います。知識をひけらかすのではなく、知性がにじみ出ている、結構ではありませんか。容姿とか学歴といった見た目の部分じゃなくて、もっと強い引力でファンを惹きつけられるように。…ただ、あのふたりはあまり芸人顔じゃないので不利なんですけれど。<けっきょく見た目じゃねえか!

2003年12月16日火曜日

コヒーレンス波

「Merry X'mas」の「'」は要りません。「Merry Xmas」が英語の正しい表記です。こんにちはondです。ということで、そろそろ年賀状執筆シーズンです。(ということで?) 私はすでに毎年のことと思っているので、粛々と(?)したためようと思うんですが、どうやら世間では年賀状離れがすすんでいるように見受けられます。だってもらう枚数は減るいっぽうなんですもん。…なんですかその目は。おまえ嫌われてるだけじゃねえのっておっしゃりたいんですか。そのとおりかもしれませんね…。<なに真に受けてんの いえ、それでもめげずに書きます。いつものオール手書きで。そして喪中の人にはかわりにクリスマスカード。これトレンド。

2003年12月15日月曜日

かえって、ごめんなさい

ウワァァン。ただいま帰りましたondです。てんこもりです(仕事が)。エマージェンシーです。今のやつ終やさないとコミケスキーに行けなくなっちまいます。もっとがんばれ私。がんばれ私の中の勇気。<勇気関係ねえだろ ってか、ウェアとかなんも準備してないじゃんよ。(致命傷)
まあそれはさておき(さておいていいのか?)、よそさまの日記サイトを見ていると、自分のパートナーについて書いている人がいますよね。恋人とか結婚相手の意味ですけれど。あれって、男性の筆者より女性の筆者のほうがそういう話を書いている人が多いような気がするんですがそこんとこどうですか。私はそんないっぱいサイト見ているほうじゃないのでたしかなことは言えませんが、どうもその傾向が目立つなって感じるんです。…あ、いえ、けしてノロケがうらやましいとか目くじら立ててるとかそんなんじゃないですよ? 断じてちがいますよ? 本当ですヨ?(←声が上ずった) この傾向って、なにもウェブにかぎった話ではないとも思います。ふつうの会話でも、女どうしのグループだとそれぞれの彼氏の話題になることがよくありそうなものですが、かたや男の場合はそんなに多くないでしょう。
要因として、一般的に女のほうが男よりも「こいばな」を好むってのがひとつあるんですが、それ以外にも、パートナーの存在を自分がどうとらえているかの意味あいに男女差があるのではないでしょうか。女性の場合、自分がいい男を持っている、というのがその人のステータスのひとつであると考えるため、人に話したり見せびらかしたり、ほかの人のとくらべたがったりします。いっぽう男性は、いわゆる独占欲が強くはたらきます。自分のパートナーを他人に触られたくない、見せたくない、そんな気持ちから、あれこれ言いふらしたりしません。相手にとってみたらどちらのほうがいいんでしょうね。
というのが私案なんですが、それともただ単純に相手がいる人はそのネタを書くし、いない人は書けないってだけのことかもしれません。

2003年12月14日日曜日

叩いてみるたび男が増える そんな不思議なポケットがほしい

シモネタ注意報。
懸案となっていた例の一件のことを覚えていますでしょうか。覚えていませんか。ていうか私のことなんてどうだっていいですか。そうですか。ありがとうさようなら。えっとね?<おかえり 私にとっては今年の10大ニュースにまちがいなくノミネートされてしまうほどの大事件だったんですけれども、むしろ2003年問題だったんですけれども(微妙に古)、そう、タマちゃん♪(またか) あの続報です。
あれから冬が近づくにつれて、さらに乾燥がひどくなってきたじゃないですか。そうなるとがぜんピンチです。このままではアルマジロどころの騒ぎではありません。そこで、前にみゅうさんからいただいたアドバイスを試してみることにしました。ひじとかのカサカサにぬる尿素入りクリームはどうよ、ってやつです。この尿素、たしかに最近はテレビコマーシャルでもよく耳にしますし、評判は上々のようです。時代は尿素です。…なんかことばの響きがわるくていまいち盛り上がりに欠けますがそれはさておき。だからって、そんな男性のデリケートな部分なんかに効くかどうかってのはまゆつばだったんです。しかしここは背っ腹、やってみなけりゃなにも始まらないっていうか、参加することに意義があるっていうかー。つーわけで適当なの¥してきまして。キャップ開けまして。ぬりぬり。テレビの前のみなさんはしばらくお待ちください。(ひまわり畑の映像に切り替えながら)
で、一週間くらいお試し中してみたんです。そうしたら、なーんか、効果てきめん! はいそうです、効きました。それはもう帷子川から鶴見川へのお引っ越しかと言わんばかりに。やっててよかったあまやどり。(見ててよかった思いッきりテレビみたいなノリで) いえ、ツルちゃんにはまだまだ遠いんですけれど、それでもだいぶ治ってきました。なんだかひと皮むけた気分です。<最低だオマエ めでたしめでたし。やっぱり、体のなかで気になっている部分がよくなってくると、気持ちも明るくなるものでして。クリームをぬっている瞬間の自分の姿は情けないことこの上ないがね!

2003年12月13日土曜日

むしろ大歓迎

コンビニあんまんのあんが熱すぎるんだよ!(やり場のない怒り) おはようございます、ondです。日本ブレイク工業に勤務しています。うそです。ここんとこめっきり冷えてきました。寒いとそれだけで体が動かないし、やる気が起きません。困ったものです。きょうも朝起きて顔洗おうと思って水出した瞬間、…しゃっけえ。(方言) もうだめです、不可能です、ミッション・インポッシブルです、こんな水で顔を洗うなんて私には無理ですっていうか、人類には無理です。<お湯出せよ あとはもうこたつにズボーですよ。あとまいるのが、お風呂。夜になるとあまりに寒いものだから、まず服が脱げません。電気を消して暗くしてもいい?(?!) なもんで、しばらくシャワーでお湯出しっぱにしておいて、浴室をあっためとかないと入れません。これではもったいないお化け出まくりって感じなんですけれども。あんまんのぬくさをちょっとでも分けてくれたらいいのに。<それってどういう…

2003年12月12日金曜日

ピルグリムイェーガー

書店の店内に置かれていたゆみすけ等身大POPに萌えてしまったondです。なんていうかあれですね、おもわずお持ち帰りしたくなっちゃいますよね。<それはだめだろうっていうか、持って帰ってどうすんの いやしかし、一般の本屋さんでもお目にかかれるなんて、きみもずいぶん成長したようだね。おじちゃんうれしいよ。(誰)

2003年12月11日木曜日

もっといけない美月さん

男たちが帰ってキターー! ということでこんばんは、あなたのパトロンondです。それはそうと、帰ってくるのですよ。なにがかっていうと、俺たちの旅というドラマです。あたしゃもううれしくてうれしくて。なんたって30年ぶりの復活ですのことよ。すばらしい。エクセレン。つーかちょっと語らせてみ? カースケ、ウメダ、ドブ六(正答率1/3)の3人が主人公なんですけれども、とにかくかっこいいの。3人の若者が青春時代をへて大人になっていく過程を描いたストーリーなんですが、かれらの考えかたや生きかたにひかれます。自由奔放で、勝手気ままで、でも自分の哲学をちゃんともっているっていう、当時にしてみたら非常に新鮮で、とても味のあるスタイルだったんじゃないかと思うんです。若者らしい楽天的なところを残しつつも、しだいに成長して自分の人生を見つめていく、そういう真摯な姿勢も大切ですし。こんなふうな大人になっていきたいって思わせてくれる部分があります。
今回は、このドラマとテレビ局がそれぞれ節目の年だからということでこの特番が制作されたようなんですが、ただの記念としてではなく、むしろ今の時代にこそ多くの人に見せてほしい番組だって気がします。大人はいつの時代も「今どきの若いもんは」と言うのが常ではあるかもしれませんが、昔の若者と今日の若者とでは、やはりあきらかにへだたっている面もあります。はめをはずしたっていいから、今やれることにとことん打ちこんでほしい。そういうことを、きっと気づかせてくれるはずですから。なつかしのアニメ名場面集とかよりも、むしろこういうのをもっと復刻させてほしいです。

ってか、あんたいくつだ。

2003年12月10日水曜日

虞や虞や

No.004 新潟県・ondさんからのヤドリビア

某国立大学のキャンパスには、「トリビアの泉」がある

確認VTR:
目撃者のondさんは、こう語る。(自作自演かよ)
「…ちがうだろ! あれはだれかがいたずらで池のところに勝手にそういう看板立てただけだろ!」

補足ヤドリビア:
・というわけで単なるガセネタです没シュート。
・しかし、むだに高度な知識をもっている人たちが集まっている場所だから、あながちお似合いのシンボルと言えなくもない。
・そのキャンパスは、ある日突如として変な胸像がお目見えするなど、そっち系の話題には事欠かない。
・なので、今回もいつものことと周囲の反応はいまいち。もちろん犯人は見つかっていない。

2003年12月9日火曜日

あにみてんだっ

こんな甘さ表示は嫌だシリーズ。
「甘さすっかり」
熟れに熟れています。
「甘さきっちり」
寸分の狂いもない分量です。
「甘さやっぱり」
抜け目がありません。
「甘さがっかり」
砂糖を入れ忘れました。
「甘さうっかり」
砂糖と塩を入れまちがえました。
「甘さしっくり」
思わず納得してしまう自然な甘さです。
「甘さひょっこり」
どこからともなく甘くなります。
「甘さこってり」
どろり濃厚ピーチ?
「甘さしっぽり」
恋人を甘い雰囲気に誘います。
「甘さめっきり」
あのころの甘さは見る影もありません
「甘さぎっぷりゃ」
クサいこと言おうとするとダメ出しをくらいます。
「まだまだ甘いわね」
甘すぎるのか、それとも甘さが足りないという意味なのか、どっちなんだ。

2003年12月8日月曜日

はねっ返り係数

オーレー、オレオレオレー。(サッカーの応援を装った詐欺<そんなのねえよ) ということでおはようございます、自分のコートが右前なのか左前なのかわからないondです。…んなアホな。いえこれが正味の話。まずなんですっけ、男服が右前だったか女服が左前だったか、そんなきまりがあるじゃないですか、それからしてどっちがどっちか思い出せません。山手線は外回りが時計回りだってのはやっと覚えたんですがね。(関係ねえし) それに、右前とか左前とかって和服と洋服じゃ話がちがってくるんじゃなかったっけって気もしたし、そもそも右前っていうのは右の身ごろが外側にきている場合を指すのか内側にきている場合を指すのかどっちなんだっていう雑学の世界だし、むしろそれ以前にこのコートが男物なのか女物なのかわからないんですが(致命的)。もはやどうにもなりませんっていうか、わけがわかりませんわーっ。(ミントさん) だって可能性としては2×2×2×2=16通りあるんですもん。<何が?! なんていうかあれですね、ふだん衣服にまったく関心をもってないってことがバレバレですね。お恥ずかしい。あのですね、前合わせがふつうのボタンじゃなくて、木の棒みたいなのを左右のひもに引っかけるタイプなんですけれども。でもってフードつきなんですけれども。お詳しいかたいらっしゃいましたらご一報ください。宛先はこちらまで。(画面の下のほうを指さしながら)

2003年12月7日日曜日

マクラ大戦

まるごとバナナ箱買いしちまった……。

2003年12月6日土曜日

出ていく移民と入ってくる移民

ずっと気になっていたことがあるんですが、じゃあずっと気にしててくださいって三谷さんに言われたので明かさないでおきます。(何) なかばどうでもいい疑問ならいくらでもあるんですがね。たとえば、セルビア・モンテネグロができたらモンテビデオはどこ行くのよ、とか。<どこにも行かねえよっていうか、関係ねえよ ことしユーゴスラビアが国名を変更してできたそうですね。それを先のワールドカップバレーで知ったかたも多いかと思いますが。おまえもな。相次ぐ政争や独立運動、コソボ問題など、内紛が絶えない国でして、またいつ地図が書きかわるかわかったものじゃないんですが。地図屋さんも大変だ。
さて、いよいよ年の瀬なんですけれども、この時期になると毎年頭を悩ませることがあります。それは翌年のカレンダーです。ことしはまだ用意していません。ピンチです(おもにネタ的に)。いえね、バリバリの「おおきいお友だち」だったころはそれはもう難題だったのですよ。食指が触手並みですよ。(意味不明) 来年はどの作品のにしようかとか、どんなウハウハなのにしようかとか。この気持ちわかってくれますよね同志のみなさん? まあ、それも今となっては昔の話(なに過去と決別しようとしてんの)、そっちの購買意欲がなくなってくると、反対に自分の部屋にカレンダーって必要なのかという次元で悩んでしまうんですが。パソコンついてればすぐ表示できるし。<つまりきみの部屋は年じゅうパソコンつけっぱなんだね?
でもプログラムとかだと困るのが、祝日がちゃんと表示されないってこと。現行のグレゴリオ歴が施行されて以来、月ごとの日数や曜日は不変ですが、祝日だけは国ごとに、そして毎年変わるものです。以前にもカレンダーがらみの話をしましたが、日本では、春分の日と秋分の日の日付は前年の2月に政府が発表して決定されます。その日まで翌年の祝日がいつなのかわからないってことです。だから、私たちはめんどうでもカレンダーを毎年新調しなければならないんです。どうせならお気に入りのカレンダーで新しい年をむかえたいものですね。…私はこよみのページをポタールにしとけばいいや。(それはブラウザのお気に入りだろっていうか、結局パソコンなのかよ)

2003年12月5日金曜日

いばらの城

ondです。すきなフードファイターは新井和響さんです。さて、冬到来だというのにまだコートもはおっていない私はどうなんだろう。いえ、通勤途中で見渡してみても着ていない人のほうが多いような。たまに半袖の人まで見かけます。ことしの冬将軍はちょっぴりおねぼうさんみたいです。<なにかわいく言おうとしてんの
もうひとつ目につくのが、短いスカート。この秋はロングブーツにミニスカートという組みあわせがはやったらしいんですが、その流れを引きずっているってところでしょうか。なんだか見ているほうが寒くなってきそうなというか、季節感に欠けているようにも思えるんですが。それとも、ミニスカに黒ストッキングだったり厚手のコートから生脚出てたりするほうがくるものなんでしょうか。<それは個人々々で… それから女子高校生とかの制服。これは年間通してそうなんですけれど。子どもは風の子、という点では評価してあげないこともないんですが、なんていうか、軽薄が制服を着て歩いている、みたいな。ひと昔前だったら、スカートを短くしてはいている生徒に対して学校側が注意していたと思います。でも今はちがうんですよね。近年はむしろ学校指定の制服のほうが丈が短くなっているって話です。すなわち公認。時代にあわせてデザインを変えた、ということなんでしょうが、なぜそこまで子どもにこびなければならないんでしょう。少子化だからこそ甘やかして育ててはいけないと思うんですが。とにかく、そんな格好は青少年らしくありません。制服のスカート丈はひざが出ないくらいがいちばんいいんです。それ以外は認めませんええ断じて。それでいて後ろから見たらひざの裏が見え隠れするっていうのがドンピシャなんです!(それは身だしなみうんぬんじゃなくておまえの趣味だろ)

2003年12月4日木曜日

ヒュンダイを知らないのは日本だけかもしれない

この国はいつから帝国主義に逆戻りしたんでしょう。お国のための犠牲だったというんでしょうか。功績をほめたたえても、勲章をあたえても、失われた人命は戻ってはきません。だれのせいでこうなったんですか。これでもまだ人員を送りこもうとするのですか。私たちが持たなければならない感情は悲しみではありません。憤りです。
とまあ、そんな話はどうでもいいんですが(最低だオマエ)、むしろこっちはこっちで生きるか死ぬかの復興支援でした。とある電器店のポイントカードをもっているんですが、その有効期限がもうすぐで切れそうになっていたので焦ったのなんの。そのカードは、まる一年間利用しないとそれまでたまっていたポイントが無効になってしまうというシステムでして。これはたまらんということで、あわてて買いものしてきました。あぶねーあぶねー。これで期限がまた来年まで延びました。あと一年は戦えるってやつです。すべりこみゲトズサーッてやつです。
帰宅して胸をなでおろすもつかの間、さっそくひとり反省会です。あんた一年近くもあの店行ってなかったのかよ、と。ちがうんです聞いてくだせえお奉行さま。だってあのへん(ローカルトーク)電器店いっぱいあるじゃん。よりどりみどりじゃん。白くつしたじゃん。<? それに最近は郊外にも大型電器店があちこちできていて、うちの近所もご多分にもれずなので、わざわざ電気街まで足を運ぶ機会も減りまして。しかししかーし、足が遠くなったとは言え、せっかくここまでコツコツためたポインツをリリースしてしまうのは口惜しいのですよ。友人が周辺機器買うときについて行ってポイント入れさせたりしてためたっていうのに! だからってそんな歯を食いしばるほどの(?)額にもならないんですが、ポイント使いたいものが思いつくまでもうすこし延命措置しておこうと思います。なんかこういう話すると、近所の商業施設を思い出すんですが。駐輪場が、2時間だったか3時間だったかまで無料で、それ以上停めておくと料金がかかるんです。なので、そのタイムリミットが近くなるごとに駐輪場に戻ってきて、いったん自転車を出してまた入れてふたたび買いものへ、ってなことをやります。みみっちい話だなあ。

2003年12月3日水曜日

貴社の記者が汽車でキシャーッ!

あっ、いえ、本日の雑談についてとくに申し述べることはないのですが、ただその、ちょっと気になったのは、鎖骨フェチの人って本当にいるんだなあと思って。<きみの交友関係は一体どうなっているのかね?
ということでのっけから取り乱してしまいましたがこんにちは。「マスオさん状態」っていう表現はすごいよね。もちろんあの一家の同居形態のことを指しているんですが、説明しなくてもそのひとことだけで通じるっていうのが。きっとだれに聞いてもわかってくれると思います。そして8割の主婦が今までの洗剤よりよく落ちるって答えると思います。そして歯科医の96㌫が患者にプラークコントロールを(以下削除) でもあれって、もしかしたら正式な呼びかたがあるかもしれないんですが、あいにく私は歩く六法全書と呼ばれたことがないので知らないんですが、そこんとこどうなんでしょう。どうだっていいよね。<おまえ言い出しっぺちゃうんか まったく磯野家の知名度は偉大だなと思うわけですよ。ほかにもちゃぶ台返ししかり、ジャイアニズムしかり、犬ちっくあかり。(3番目何)

2003年12月2日火曜日

ビブリオテーク

あの帽子の中には…。(挨拶?) なぜだかたまに無性にたこが食べたくなる日があります。きょうが実はまさにそれ! かといって自分で釣りに行くわけにもいきませんので漁師さん=プロにまかせようと思うんですが(お店プリントかよ)、とにかくラヴなんすよ。もはや語尾がタコになっちゃってるくらいラヴなんタコ。(無理ありすぎ) ぐにぐにっていう食感がたまりません。刺身とか酢の物とかたこ焼きとか。私がどんなにあなたを愛しているか知らないでしょう?!<なに告ってんの とくに吸盤がすき。ええ、吸盤。あれをですね、とうもろこしをかじるときみたく、足から吸盤だけかみちぎって、そしてひとつぶひとつぶの食感を心ゆくまで堪能するんすよ。まるでぷちぷち(エアキャップ)をひとつひとつ指でつぶしていくときの、あのえも言えない満足感に似たりよったりなんです。大きくて歯ごたえのある吸盤の魅力にとりつかれた日にゃあ、もうゲソなんて目じゃありません。たこマンセーです。あのグロテスクな外見から、たこを食用にしている国はすくないんだそうです。それを考えると日本に生まれてほんとよかったと思います。そして名古屋人に感謝しなくちゃね。<あの歌詞信じてんの?

2003年12月1日月曜日

木が三本って、森じゃなくて?

グラシアス。(マイブーム挨拶) 最近またお肉のつきぐあいが気になりだしたondです。このままお決まりの中年太りへのエリートコースをひた走っていっちゃうのかと思うと気分はメリッサなのですが、でもいいんですこれは幸せ太りだから。…ほぅーれつっこんでみなー。
きょうは水が出なかったお話。ええトイレの。男子トイレの小便器にセンサーで水が出るのがありますよね。…ああ女子のみなさんごめんなさい。(そんな謝るほど下品な話題じゃないっていうか、たぶんそれくらい周知だし) あれが作動しなかったの。もうにんともかんとも。はじめはセンサーの故障かと思ったんですが、なんか小耳にはさんだ情報によるとちがうの。あれって人間の体温を感知して人が通ったかどうかとかを判断するんですが、冬になってきて厚着すると、体温が服にさえぎられて感知できないんですって。冬服は保温のために熱が外側に逃げないようになっているものが多いのでなおさらのこと。なんかまたひとつ勉強になりました。そこでためしに、手のひらをセンサーにかざしてみれば真っ赤に流れる僕の血潮ちゃんと動きました。あと手よりも顔のほうがいいかもしれませんね。なんかこう、センサーをのぞきこむようにすんの。しかも今まさにもよおしている最中に。ちょっとかがんだ姿勢がみっともないの。そんなときにほかの人が入ってきて現場押さえられちゃったりしたらこっぱずかしいことこの上ないの。キャーッ、子どもができちゃうよーっ。<それ関係ねえだろ!