2003年9月29日月曜日

かわいい子がいなかった

最近の頻出語:「テンションのもっていきかた」「放埒だなあ」「え? いけますよ?」。
さて。大根おろし(単品)を食べてるとどうしても天ぷらや焼き魚がほしくなってしまいます。…ぜったい順番が逆な気がするんですけれどもそれはさておき。ともかくいよいよ食欲の秋はCMのあとすぐって感じなんですがみなさまいかがお過ごしですか。私はすでに新物の梨やらりんごやら巨峰やらいただきましたのことよ。きょーっほっほっほ。ていうか果物ばっかじゃん。果物ずきにかけては飛ぶ鳥を落とす勢いのondなのですが、実は柿だけはあかんねん。あのベタベタでぐちゅぐちゅなところとか。でも不思議なもので、ベタベタやぐちゅぐちゅな果物はほかにもあるのになんでか柿だけがダメなんです。あまつさえ少女マンガとかはむしろベタベタなほうがいいくせに。干し柿でもまだ抵抗があるので、食感のせいだけじゃないかもしれませんが。まあ苦手なものはおいといて、もうすぐ新米をゲッツできそうなのでそちらに期待しましょう。

2003年9月28日日曜日

右手にあなたを 左手に競馬新聞を

朝起きたら七三になってた。<どんな寝ぐせだよ なんていうか、今月のひびは不振でした。すっごいダメダメ。話題がちょっとね、出しゃばったこと書きすぎたかなと思って。火星の話とか。<それか? べつに私がひねくれてるとか思われるのはいっこうにかまわんのですが、人様に意見するようなことを書いてしまうと自分であまり気分がよくありません。おまえ何様のつもりだよとかプチ自責モード入っちゃったりするんですけれども。軽く聞き流してくださいっていうか、どうか海のように広い心で許したってください。具体的には瀬戸内海くらい。
それ以上にダメだったのはね、とにかくさぼりすぎ。めざといやどラーのかたはお気づきだったかもしれませんが(自意識過剰発言)、今まで例がないってくらいの休みっぷりでした。さぼってさぼって3日分アップとか本当にやっちゃってるし。(スキップスキップドロー2のリズムで<何) いえこれに関しては理由がありまして。テレビみすぎました。プロ野球のリーグ優勝とかサッカー日本代表とか、スポーツ中継がいろいろあったじゃないですか、ああいうの何の気はなしについ観ちゃったり。べつにひいきチームがあるわけでもないのに。あとはあれですよ、ニコニコ日記♪ 自分でもこんなはまるとは思わなんだ。連ドラとは言え、ドラマを一話目から欠かさず押さえるなんてond史上まれなことですから。あの女がオレをたぶらかしたんだでも、でもさ。正味15分でも、どうしてもついつい前後の番組も観てしまうんですよね。ほら、テレビつけっぱにしておかないと時間忘れて見逃したりするもんで。だから英語でしゃべらナイトとかみてまうし。ダイバージェンス・イヴとかみてまうし。<それ時間も曜日もチャンネルも全部ちがうよ? なんつーかあれですね、テレビばっかりみていると人間だめになるってこういうことなんですね。…ごめんなさいうそです偏見でしたっていうか、自己管理のなってなさを棚に上げまくってました。とりあえずニコリンがおわったら夜のテレビは控えることにしよう。そのぶんひびの更新を待ちのぞんでいるみなさんのためにがんばります(自意識過剰発言2)。

2003年9月27日土曜日

ギムネマ・シルベスタ

たこ焼きマンセー。<食ってないよ? どうもこんにちはっちゅうか、この時期になってなぜかあちこち虫にくわれているondです。175センチの虫にね。<?! それとも夏の残党がまだ室内に潜伏しているのでしょうか。とりあえず現在わが家のぶたに今年最後のひと仕事をさせているところです。
さて、バスケットボールの田臥選手が日本人初のNBA入りを果たせるかどうかということで動向が注目されていますが。私もよく覚えています。学年でいうと私のひとつかふたつ下なのですが、当時から高校界のスーパースターでした。どのバスケットボール雑誌開いてもページさいて紹介されまくり状態で。そのころからずばぬけた才能を発揮していたってわけですね。しかも驚くことに身長も私とだいたい同じ、つまりバスケの選手としてはめぐまれたほうではありません。身長ごとにポジションはちがえど、体格は大きいに越したことはないってのがバスケってもんなんですが。それで親近感というかいい目標になったのかもしれません。野球やサッカーなど海外のリーグで活躍する日本人選手が増えているなか、前人未踏のバスケットボール最高峰の舞台へ、ぜひ夢が実現してくれるといいものです。私だけでなくおそらく日本じゅうのバスケットマンの期待を背負っているのでプレッシャーかと思いますが
で、バスケといえばスラムダンクですが。<そこに話がいくんか

2003年9月26日金曜日

やまだかつてないWink

勝手にポン・デ・リングの新商品を考案するプロジェクトチーム。
「ポン・デ・生八つ橋」
モチモチとモチモチのコラボレーション。
「ポン・デ・キャベツ太郎」
昔懐かしい駄菓子テイスト。
「ポン・デ・梅肉」「ポン・デ・ねりわさび」「ポン・デ・明太子」
いずれも和を感じさせるトッピングだが、あからさまな負け戦には挑まないほうがいい。
「イカ・デ・リング」
リング状のイカに衣をつけて油で揚げたもの。別名イカリング。
「ポン・デ・コクトー」
ジャン・コクトーの詩が一編ついてくる。甘さひかえめ。
「ポン・デ・エンゼル」
中にミスタードーナツの主力商品エンゼルフレンチが入っている。
「ポン・デ・ポン」
中にミスタードーナツの主力商品ポン・デ・リングが入っている。
「ポン・デ・ピングー」
中にペースト状のピングーグッズが入っている。
「ポン・デ・ドラサン」
あがられると高得点なので振りこまないように注意が必要。
「ポン・デ・The Ring」
ハリウッド版ポン・デ・リング。井戸の中にサマラが入っている。
「ポンデ・オブ・ザ・リング」
賞味期限の切れたポン・デ・リングを捨てに行く壮大なファンタジー。
「オン・デ・マンド」
顧客のニーズや市場の変化に即応した新しいビジネスのかたち。

2003年9月25日木曜日

月飾の軽夜

モモーイモモーイ。(病気) ということであまやどりが推奨する接客用語はこれです。
「はいよ、ラーメンお待ち」
「コショウはてめえで入れな」
「おつり300万円ね。まいど」
ていうかてめえでとか言わないし。

2003年9月24日水曜日

Ich hum walte der unschi

「ありえない」って今の若い人のはやりことばかと思ってたらそうでもないんですね。政治家のインタビューなんかでも出てくるもんだからびびったサ。それともテレビの影響力でしょうか。まあ、たしかにふつうの単語なんでしょうけど。
ということで、ここんとこたびたびの石部金吉トークで恐縮なんですが、今日もきちゃったよ? 最近、ファミレスやコンビニなどの接客におけることばづかいが議論になっています。「こちら~~になります」「~~のほうお使いになりますか」「~~円からお預かりします」などのやつです。これってどうですか。私がそういうところをあまり利用しないだけだからかもしれませんが、まったく耳慣れないんですが。どこからあんなことばが出てくるのかっていうか、体のどこからあんな声が出るんですか。(注:それはちょっと意味がちがいます) だってこんなの日常会話で使わないじゃないですか。私も接客やレジ打ちのアルバイトをしたことありますが、そういう表現を使ったおぼえも教わったおぼえもありません。
とあるテレビ番組での解説によると、「なります」「ほう」「から」などの語句で文体をやわらげて、ていねいに聞こえるように使っているのではないかということでした。表現をやわらげる、というよりぼやかすことばづかいはたしかに近年の傾向です。直接的ないいかたや断定的ないいかたを避け、自分の意見を明確に主張せずひかえめな印象をあたえる。気持ちはわかりますが、これは果たしてていねいでしょうか。言おうとしていることをきちんと断言せずにお茶をにごしたところで、相手はよい印象を持ってくれるでしょうか。おそらくノーですよね。はっきり言えやゴルァ!ですよね。敬語というとなにやらこむずかしい動詞やらいろいろくっつけたような表現やらというイメージをもたれがちですが、それ以前に人と人とのコミュニケーションだということを忘れてはなりません。基本は要領よく簡潔に。なのでよけいな語句をつける必要はないかと。有名どころでは「社長さん」も不適切です。「社長」自体が敬称ですので、それにさらに敬称を重ねるとうっとうしくなってしまいます。
と、ここまでは前置きなんですが(ながっ)、その番組でこのことばづかいのことを「ファミコン言葉」と紹介していたものだから、私はむしろそっちにつっこみたい。ファミコンて。それならオーソドックスに接客ことばとか言ってくれたほうがなんぼかよかったか。てかさー、ファミレスもコンビニもどちらも略語なのに、それらをさらにくっつけてちぢめちゃうなんてどういうことかと。というのも、私はちまたで評判の略語ギライ人間でして。なんでかというと中学生のときにドリカムがDreams Come Trueの略だと知らなくて大恥をかいたことがトラウマになっているから自分でもわかりませんが、まあ世の中メロンがきらいな人や夏がきらいな人もいるわけですし(関係ないし)。しいてあげるなら、略語ってのは以前書いた集団内言語の最たるものだと思うからです。ひらべったく言えば、濫用されると会話が通じなくなって困るってことです。私がよくインタネとかスターバとかほかの人があまり使わない略称をわざと使っているのも、そうした風潮に対するまったくの反抗です。けっしてにちゃんチックに言っているわけではありません。ええ断じて。

2003年9月23日火曜日

どんな保存料をもってしても

カニばさみってカニを食べるときに殻を割ったり身をつまんだりするのに使う道具のことだと思っていたondです。だって実際にそういう器具あるじゃん。でも本当はエロ技のことなんですよね(はてしなく誤解)。
さて。まったくもって偶然のことなんですがひさしぶりにとある人に会いました。といっても会うのはこれで二度目なんですけれど。以前もそうだったんですが無口でなかなかしゃべらなくて、そういうところあいかわらずなんだって思うとなんだか懐かしくなっちゃって、なんとなく当時のこととかいろいろあったこととか思い出してウルルン滞在記でしたのことよ。私のほうも以前よりは緊張したり身がまえているとかの意識はなくて、自然な気持ちで見ていられたように思います。気兼ねしないで顔をあわせられる関係って大事だなと。そのへんこちらに心の余裕ができたからというか、まあ私も成長したということでっていうか(<おい!今の聞き捨てならねーぞ!)、だって前とネタぜんぶ同じなんだもんあの芸人

2003年9月22日月曜日

ガングリフォン

円高キターーー!<そんな狂喜するような話題じゃないし なんか東京でも午前中だけで3円くらい上がってたんですが。3円。昼食をとりながらニュースを観ていたものですから思わず吹き出しそうになってしまいました。G7で声明出されるやいなやの早業ですからね、まったくやんなっちゃいます。しかしかく言う日本も元の切り上げなんかを待望しているわけで、なんともむずかしい状況に立たされているんでしょうが。
政府や中央銀行が市場介入を行う(または実施するというにらみを利かせる)目的のひとつは、急激な為替変動を緩和し、自国内の経済や産業を守ることにあります。とくに日本は輸出をともなう産業がさかんですから、円が高くなっちゃうとありがたくないわけです。同じように内的保護を目的とする政策に関税があります。輸入する作物ないし製品に一定の税率を課して、国産品のシェアが脅かされないようにするための対応ですが、この税率というのも、WTOなどでの国際的な取り決めもありますが基本は輸入国が設定します。農産物などで高い関税をかけている日本はここでもよく非難の対象になっています。空洞化が進み、生産者は職を追われ、工場が相次いでストップする事態に歯止めがかからない現状もたしかにあります。しかし、コストダウンは利の常ですし、値段がべらぼうに高い国産品よりも、品質や安全性には多少目をつむっても安い外国の商品を求めるほうに消費者の食指がシフトしていくのも自然の流れであるはずです。むしろ国産品のブランドイメージを育てていけばきちんと棲み分けられるでしょうし。その潮流にお上が水を差してしまっている。厳しい意見ですが、今まで日本の産業は甘やかされて育ってきたのではないでしょうか。高度経済成長、バブル経済とつづいて内需は上昇の一途をたどったため、輸入においても輸出においても海外の製品や産業に目を向けることを怠りました。そのへんどうも日本は独りよがりな政策をとりがちだったように思います。今さらですが。そのため、国際競争力を高めることも企業の海外進出もほかの先進国より完全に出遅れてしまい、いざ国内が不況におちいったとき苦境に立たされる結果になったのではないかと。そうした過去のつけが今降りかかっているのだと考えるべきです。
ところで、日本は本当に不景気なんでしょうか。自分の生活の中で、景気が悪くなったと心から実感したことってありますか。個人消費が落ちこんだ、求人が減った、そしてリストラや倒産。データでみれば事実かもしれません。しかしそれらの変化は、私たちがバブル崩壊から学んだ教訓にすぎません。むだな買いものをしなくなった。むだな人員を採らなくなった。そして、社会においてむだな企業はおのずと淘汰されていくでしょう。ふだんから倹約を心がけてきた人や、堅実な経営につとめてきた企業ならばさほど痛手はこうむらなかったはずです。うき目にあったのは、食うわ遊ぶわでむだ遣いしてきた人や、右手うちわの殿様経営をしてきた企業など、お金を大切にしてこなかった人たちばかりです。お偉いがたも企業も個人も、今は痛い思いをしてそこから学習する時間帯なのかもしれません。

2003年9月21日日曜日

この人に育ててもらえばよかった

~04:30
11:30~13:30
15:00~18:00
19:30~22:00
23:00~24:00
25:00~25:30
…以上、きょう起きてた時間です。なんかねてまうし。<なんかじゃなくて このほど2日寝て2日起きるというリズムで生活している超高齢おばあちゃんが話題になりましたが、その線でいくと、たとえ休日といえどこんな生きかたをしていたのでは絶対に長生きできなさそうです。
それはそうと、09/18のつづき、になるのかどうかわかりませんけど。人を見た目で判断するのはイクナイ!とか書いておいてあれなんですが、私が実はまさにそれ! ええ、第一印象から決めてましたってタイプです(何が)。もちろん見た目といっても容姿や体型のことではありません。生まれながらのものだし。かといって人間は顔じゃねえんだとか主張したいのでもありません。そういうせりふってなんか顔がよくない人の負け惜しみにしか聞こえませんし、顔がいい人が人生で平均的に得をしているのは事実でしょうから。たんに私の萌えポイント(?!)はそこではないってだけの話。二次元の女の子にならいっぱい注文はあるけどね! では身だしなみ…と一口に言ってもいろいろあるんですが、ことファッション感覚とかを問われるとおまえに発言権はないって釘をさされることうけあいですし、髪だって無造作ヘア(注:ここでは無法地帯の意)だし染めたこともないし、なのでおとなしく退散しますっていうか、そういう線でもないんです。
つまり、外観からその人の内面とか性格がうかがえるようなものに着目するわけです。前回とのつながりでいくとタトゥーとかピアス。ものすごライトな感覚でやっちゃってるのならそれはそれでかまいませんが(いいのかよ)、体を削ってまで目立ちたかったという考えがあったのならその時点で気持ちが自分に負けちゃってるんだろうなと思えてなりません。ほかにはいわゆるだらしなさ。たとえば、靴のかかとをつぶしてはいている人にはあまりいい印象をもちません。おそらく、靴のはきかたを知らないか、ものを粗末に扱っているかのいずれかです。前者でも、もしもその人の生まれ故郷ではみんなそうやってはくという風習があったりしたらそれは民俗のちがいなので尊重すべきですが、そうでなければものの使いかたを知らないんだろうな、と。後者なんかは私が申したい典型的なタイプでして。ものを粗雑に使っていたり、むしゃくしゃしてものにあたったりするなら、それは乱暴な性格がそのまま表れているわけですから。自分の持ちものすら大切にできない人が、他人にやさしくできようはずないのです。これワタクシ論。
それでいくとやっぱりダイエットの話とつながってくるんでしょうか。持ちものにしても体そのものにしても、自分のものを大切にすることが内面の美しさのファーストステップになりうると思うんです。自分を嫌ったり傷つけてばかりいると他人にも不信感やよくない感情をもってしまいますから。まず自分をいたわり愛することで、まわりの人にも思いやりをもって接せられる、そんなふうになったらいいと思いませんか。まるっきり子どもの意見ですか。そうですか。

2003年9月20日土曜日

俺も、おしゃれアレルギー

カンフォーラ!(挨拶っていうか、行ってきました) こんにちは、県庁所在地当てクイズを出しあってあそんでたら「埼玉」で勝利してしまったondです。

2003年9月19日金曜日

はろうきてぃ工房

30なのにgirlってのはどうだろう。(挨拶) 夜遅くになって某駅に行きましたのことよ。そうしたらなーんかアベックがめちゃくちゃいっぱいで目のやり場がない。ええ、あっちこっちでさかりのついたみなさんが人目をはばからずにおさかんでいらっしゃいますのことよ。たしかに建物はハイカラな(死語)つくりだし夜になればムーディーにライトアップされるんですが、ここはもうオープンテラスのラブホかと見まちごうほどのおっぱじめっぷりですのことよ。<ていうかさっきから語尾が変 なんていうかあれですね、トナカイの着ぐるみを着たうえで蹴りたくなりますよね。あのシーンで伸姉は異性である男のほうを蹴ってるんですよね。ミステリー。
それにしても、人(=私)が大階段のいちばん上まで行ったと同時にエスカレーターの電源落とされる罠。ここ地上何㍍あると思ってるのかよ。このままでは帰れません。<なんで 階段でおりてもよかったんですが、いい機会なので止まったエスカレーターをおりて引き返すことにしました。以前hirax.netさんでも書かれていましたが、停止中のエスカレーターに乗ろうとするとめちゃくちゃ違和感あるんです。ステップに一歩足を踏み入れた瞬間にあれっ?って思うの。なんか体が前につんのめるの。どんながんばってもうまくスッと歩けないの。いえこれが正味の話。むしろその違和感に身をゆだねるために来ました。(Mな勇者のためのさくせん)
…というか、今日の私の行動そのものがまったく無駄足だったことがのちほど判明するんですが。

2003年9月18日木曜日

本当にコッペって聞こえる

このほど柔道やレスリングの世界大会があいついで行われましたが、あれって体重別の階級に分かれて試合しますよね。ということは出場しようものなら自分の体重がばればれになっちまいます。とくに女子の選手は気の毒だなあと思いつつ。や、己の肉体を武器に勝負に挑む格闘家だったらそれほど抵抗を感じないかもしれませんが。
それにしても、なぜ日本人女性は体重を隠したがるのでしょうか。いえ知りたいわけでもありませんが、体重と見た目のスリムぐあい(ひかえめな表現)はまた別ものだと思いますし、どうも数字を気にしすぎている感があるので。日本の誇る点数主義がこんなところにまで浸透しているのかと思うと気分はサウダージです。いえそれを持ちこんだのは男性側かもしれません。女が自分を美しく見せるのは男を魅了するためです。多くの動物がそうするように。しかし知能や感性を身につけた人間にとって自己表現の手段は肉体的なものに限定されません。それなのに男ときたら、やれスリーサイズだのやれバストのカップだのといった、体型のデータだけで異性の魅力を判断したりもてはやすことがあります。そんな目で見られたら女性側はどうしてもそれにこたえざるを得なくなってくるわけで。まったく情けない話だが。社会の場でも女性は男性より容姿を引きあいに出されやすい傾向があり、どうもそのあたりの不平等さはいなめません。いつの世も男は女をいじめているんですね。
さて話がそれましたが、なぜこんな話をしているかというと、私はダイエット反対派でして。このままでは健康被害のおそれがあるってくらいの肥満で必要にせまられている人なら別ですが、見たかぎりどう考えてもしなくていいだろうって人までやりだすのはどうしてなんでしょう。しかもそれを軽々しく口にできることも不可解です。やせようとすることは生きるための活動を思いっきり逆行しているわけで、どちらかと言えば恥ずべき行為だと思うのですが、なんでかかわいらしげに言っちゃう。私ダイエットしてるのようへへ、みたいな。あなたがたは本当にやせたいのかと。ダイエットしているって言いたいだけちゃうかと。ダイエットがまるできれいになりたい女性のエンブレムのように思われている風潮が残念でなりません。
蛇足ながらつけ加えるとすれば、体重にこだわるやりかたも納得いきません。たいてい何㌔落とすとか目標何㌔とか決めてやるそうなのですが、まずその数字はどこから出てきたのかと。ベストの体重は人それぞれちがいますし、おなじ人でも多少の変動はつきものです。医学の知識もないのにそんな数値を割り出せるはずもなく、往々にして実状を無視した、これくらいだったらいいなっていういい加減なイメージによるものになりがちです。先に気に入った服を買ってきて、それを着られるように自分の体型を変えていく、ということを世の奥方はやっているわけです。比喩と直接の両方の意味で。
どれだけ書籍やテレビ番組が警告を発してもなかなか聞き入れてもらえないのですが、無理なダイエットは本当に体に危険です。私の身近にもダイエットのしすぎでいわゆる拒食症になった人がいます。私はその人をかわいそうだとは思いません。それ見たことか、と。ほかにも生理が止まったりとか。女を魅せるために無茶をして、ついには女を捨てかねない結果を招いてしまう。なんと本末転倒なことでしょう。ダイエットだけでなくタトゥーや整形手術などもそうですが、そんなまやかしの美しさははたして本当の魅力と呼べるのでしょうか。いえ恨むべくは人を見かけで判断する社会のほうなんでしょうが。それにしたって、自分の体を痛めつけたという心の苦しみは、どこかでかならず汚点となってはね返ってくるでしょうから。もっと自分をいたわってほしいです。自分の体を大切にし、飾らないありのままの自分でいること、それが持って生まれた美しさを最大限に引き出す方法なのだと思います。望むらくは、そのままの自分を受け入れてくれる人を見つけること、ですかね。
……お食事中のみなさん失礼しました気色悪い文章で。ちなみに私がけしからんと思っているのは、ただ食事を抜くだけといった体に毒となるダイエットのことです。毎朝ジョギングするとか健康的なものでしたら大歓迎。

2003年9月17日水曜日

てにをは・64・アウトライン

夜になって空が暗くなりはじめる時間がいっきに早まった気がします。それもそのはず、もう秋分がすぐそこまで来ています。季節の折り返し地点ってやつですね。あれよあれよという間という感じがします。
それにしても、きょうはゲーム内容とかはどうでもよくって(<あんまりだ)、ゾノ!生きてたんだね!というなつかしさでいっぱいです。この試合いちばんの収穫だったんじゃないでしょうか(ond的に)。ありがとう、合掌。…憶測ですが彼の栄枯盛衰っぷりによってJリーガーを目指そうとする少年は確実に減ったんじゃないかという気がしてなりません。夢がねえなあ。

2003年9月16日火曜日

貝柱ミラー

きのうのつづき。
だからね、話はひろがるんですが、自分のことを棚にあげて文句だけ言うのはやっぱり身勝手とちがうかなって思うんです。人生山あり谷ありですから、人それぞれに思いどおりにいかないことや不満も出てくるでしょう。でも、そうした問題にたいして、自分のほうから対処できることだってあります。努力したりゆずりあったり、あるいはそんなたいそうなものでなくてもちょっとした注意とか心がけなんかで、ある程度防げたり解消できるわけですから。たくさんの人がひとつの社会のなかで自分の利益を主張しあって生活しています。どこかできゅうくつになったり食いちがったり、衝突が起こるのはあたりまえのことなんです。それをいちいち取りざたしていたのではそれこそストレスのもとです。人のふり見てわがふり直せ、ということばもありますし。なにか気になることや問題が起こったら、まず自分の中に原因はないか考えるようにしたいものです。いえだれかさんのように内罰的になれとは言いませんが。ですが、残念ながらときにはあからさまな悪意や矛盾に出くわしてしまうかもしれません。自力でできることをひととおりやってみて、それでも理不尽をこうむっていると思うなら、そのときは声高らかに訴えるべきです。まちがっているものはまちがっていると、はっきり言えることもひとつ大切なことです。ただし、そのためにはまず自省という段階をふんでからでないと説得力に欠けたただの遠吠えになってしまいます。
…えらそうなこと言いましたごめんなさい。事なかれ主義者ondです。

2003年9月15日月曜日

Leaf Wedding

私はシュウエイシャの近くに住んでいます。…修栄舎という小さな印刷所ですけれど。いまや集英社と聞くとジャンプとかよりもりぼんやコバルトを先に思い浮かべる(そしてお世話になっている)ondです。
さて。携帯電話のダイレクトメールが迷惑で困っているというぐちは毎日のように耳にするんですが、それに対してなんらかの対策をしているという人と出会ったことはありません。たとえば週に1回はアドレスを変更するとか、メールボックスの振り分け機能をきちんと設定しておくとか、いっそメール機能をいっさい使わないことにするとかむしろ持たないとか。私はダイレクトメール程度のリスクはしょってしかるべきだと思っていまして。電子メールで広告を出せば費用はほとんどかかりませんし、瞬時に無数の宛先に送れますし、送信元アドレスやサーバなんて簡単に偽装できるため身元を隠すにはもってこいですし、そのうえこれだけの端末普及率の高さ。だれだってこんなおいしい媒体を利用しない手は思いつかないでしょう。そっち業者にとってまさに常套手段。メールを利用するということは、そんな罠だらけの世界にみすみす飛びこんでいく行為です。それをわかっていて使っているんですよね、と私は言いたい。
ちなみに、悪質なダイレクトメールのことを俗に迷惑メールと言いますが、迷惑かどうかは受け取る人それぞれがどう感じるかによるのではないかと。私は受信したものはとりあえず目を通すようにしています。いえ、広告にはまったく関心はありませんが、どういう文句でことばたくみに人をその気にさせるか、という技法を学べるかもしれないと思って。なんか…つまんない内容ですね。パソコンで昔はやった、ねずみ講や不幸の手紙といったさまざまな手のこんだダイレクトメールのほうが全然おもしろいです。こんなメールで知性ははかれないですよ! まったくどこに引きつけるポイントがあるのやら、これでは広告の風上にもおけません。それでも、あんなのでも引っかかる人がいるわけだから、悪徳稼業はやめられないってやつですね。…インターネットのすそ野が広がることによる危険性をにおわせる傾向でもあるわけですけれど。

2003年9月14日日曜日

新婚さんごっこ

街中で偶然見つけたメイド喫茶に入ろうか入るまいか葛藤しまくったondです。

2003年9月13日土曜日

愛は祈り…だと思われる

たまにはマイ近況をお話ししましょうか。<じゃあいつも書いてるのは何なの ここひと月ほどネット不調だったじゃないですか私。…いいんですそういうことにしといてください。あれちょっとプライベートで用事がありまして。野暮用ってやつですよ、へへ。←また見栄切ってるよこの人 実は用事というかアクシデントなんですけれども、リカルデントのCMに出ている俊輔選手がやたら三枚目に見えるんですけれども(関係ないし)、お盆前に台風やら大雨やらに見舞われたじゃないですか。あの晩帰宅したら、なんか押し入れの中から物音が聞こえるんデース。恐怖体験アンビリーカボーデース。おそるおそるっていうか清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちでふすまを開けると、父ちゃんと母ちゃんが夜な夜なプロレスごっこを…っていつのネタだよ。ごめんなさいうそです実際は洪水ですた。そう、天井からしたたり落ちてるんですボタボタと。
……。
……。
欠陥住宅つかまされちゃったよ?
それから修繕が終わるまでの生活がどのようなものであったか、まあ私も子どもではないのでべらべらしゃべりませんし、ご想像におまかせしますわとか言っておいたほうが楽しそうなのでそうしておきますが、なんつうか正直生きた心地がしませんでした。ま、きょう後かたづけもすんで部屋が元どおりになったってことで、これでようやく安眠できそうです。(すみっこに隠しておいたぬいぐるみを引っぱり出しながら)

2003年9月12日金曜日

見覚えがあるって意味さ

あいたたた。なんていうかショックです。どれくらいショックかというと、まちがって rm -r * とか打ってしまった瞬間くらいショックです。たとえるなら罰ゲームで青汁を飲まされたら思いのほかおいしかったくらいショックです。具体的にあげると「もえたん」がネタじゃなかったと知ったときくらいショックです。…つまりたいした話じゃないんだねってのは言いっこなしで。
えーと、まあ要するに自分の欠点(?)をまざまざと見せつけられたって話なんですが。出社してマイデスクに着席、とここまではいつもの朝の風景なのですが、キーボードを操作しようと指をおいた瞬間。べっとり。…なんじゃこりゃああ。すんげえ脂っこいの。なんていうかこってりラーメン屋のカウンターみたいな感触です。<わかんねえよ よく見るとマウスとかもなんかてかってて。オレかよ。そう、おそらく私自身の体から出た脂分です。昔から自分のアブラギッシュ体質には悩んでいたんですが、まさかこんなところでこんにちはするなんて。とりあえずここは迅速にかつ内密に処理せねばってことで、朝っぱらからキーボードを雑巾でゴシゴシガチャガチャと。みっともないったらありゃしません。おまけに水ぶきしたくらいでは焼け石に水だったんですが。
それとは話が前後しますが、ポンプの石けんってあるじゃないですか。洗面台にボトルがすえつけてあって中に緑色の石けん液が入っていて下のほうを押すと出てくるあれ。小学校のトイレとかレアな場所でしかお目にかかれないにくいやつなんですが、それがうちにあるんですよ。萌え!<? もう私ってばいい歳こいてそのポンプがいたくお気に入りでして、上に書いた手のベタベタが気になるのも手伝って、なんべんも手を洗いに行きます。ここはマクドナルドかかっぱ寿司かってくらいに。なんていうか、手を清潔にしておくと気持ちもすっきりしてくるっていうか、むしろ仕事を忘れる楽しさです。(ダメ社員)

2003年9月11日木曜日

私が選ばなかった未来

……。(←黙祷) あの忌まわしいできごとから早2年がすぎました。ショッキングな報道は瞬時に各地を震撼させ多くの人に悲しみと憤りをもたらしました。私たちが味わった不信感、そして不安の度合いは計りしれません。見た目はいつもとなんら変わらない日常生活を送っていても、突如としてあのような不幸に見舞われることがある。やり場のない怒りとやりきれなさを誰もが強く感じたことでしょう。時の政府も即座に対策をほどこしましたが、それですべてが終わったわけではありません。またいつ同じようなことが起こるかわからない。目先の防止策だけではなく、本当に解決しなければならない問題はもっと根本にあるのです。そう、その事件も長年にわたって鬱積されてきたものがたまたま噴出するかたちで顔を出した氷山の一角にすぎないのですから。
また、経済にも多大な影響を与えたことはこの2年間の低調ぶりからおのずとうかがえます。国内でも、東証平均株価がちょうどその時期を境に一万円の大台を割りこみました。ただでさえバブル崩壊後の不況が長く尾を引き好転材料も見当たらなかった当時、この一件が沈滞する空気に拍車をかける結果となりました。国民の消費は落ちこみ、先行きに対する不透明感、いえここははっきりと悲観視と言わせてもらいますが、まさに坂を転がり落ちるように日本経済は混迷をきわめていきました。奇しくもその最たる要因となったことは認めざるを得ないでしょう。
私たちにできること、それはあの惨たんたる記憶を胸にとどめておくことです。どんな凶悪な犯罪も、悲惨な事件も、時間とともにしだいに忘れられていくのが常ではあるのかもしれません。しかし、それではいけないのです。過ちを教訓とし、同じ事態をふたたび起こさぬようにすること、それが伝えられるべき世代のために課される私たちの責務なのだと思います。子どもたちに心からの笑顔を呼び戻すために。そして、これからも暮らしの中で安心して牛肉が食べられるように

2003年9月10日水曜日

おはヨークシャーテリアとか

電車の長いシートに横一列に座っている乗客の中で自分がいちばん背が高いとその日はいいことありそう。(サラリーマン占い) こんにちは、実際に高いのは身長ではなく座高だということには気づかなかったことにしているondです。
トゥデイは夕飯がバナナ一本だけってくらいけつかっちんなので、かわりにもういっこ占いのようなものを。私とおなじ回答だったらその日はいいことなさそう。<ないのかよ

問題:「体」のつく熟語をひとつ思い浮かべてください。

ondくんの答え:世間体。

2003年9月9日火曜日

指紋つけてやれ

粉末ポカリスエットがお買い得なお店を教えてください。(挨拶) こんばんは、ひじに毛が生えているondです。
そんなことより。こないだ町の床屋行ったんです、床屋。そうしたらなんか抜け毛がいっぱい。<笑えねえし このところ羽振りがいいともっぱら噂のondさん、その日はいつもより高いコースにしてみました。ちなみに料金はこんなところです(税別)。
・カットのみ 1600円 ←いつもの
・カット+シャンプー 1900円 ←高いの
……うわぁ。素で失笑大量購入です。これ学割料金じゃないのっていうか、そもそもシャンプーしなかったら切った髪の毛が頭にくっついたままゴーホームじゃんとかいろいろご意見はおありでしょうが、これがマイスタンダードというか人生こんなもんです(?)。なんていうかあれですね、いちど勇気をふりしぼってすっぴんで出勤すればそのあと気が楽になるのと似たようなものです(違います)。てか、そんな私の話なんてどうでもいいじゃないですか。<おまえの日記ちゃうんか
さらに、どちらのコースでもシェービングしてくれるのでこれでもかってくらいお得です。そう、ひげそり。しかし甘いバラにはとげがある(甘?)、ここいらでちょいと手抜きが出てくるのですよ。というのも、なんかT字カミソリ使ってるんですが…。だっておかしくね? 床屋さんでひげそりっていったらあのナイフって相場が決まってなくね? あれで首筋なんかに刃をそわされた日にゃあぞくぞくっと身震いしてしまうというか、まさにソワソワールなのっていうか、あの緊張感がいいんじゃねーか。<だから性癖の話はいいから もうね、なにやってんのかと。プロの理容師としてのプライドはないのかと。しかもそるときに顔の上に蒸しタオルのっけて客にそれ見せないようにしてるんですよね。(被害妄想) まったくなっちゃいません。値段をとるかサービスをとるかってことなんでしょうか。むしろカットは手抜きでいいからちゃんとナイフ使ってください。<え

2003年9月8日月曜日

綸言

えんがちょー。(挨拶?) このごろ昆虫とかを手でつかめなくなってきたかもしれないondです。だって、だってさ、あんな10㌢以上もある巨大バッタはじめて見たもんーー! すみません取り乱してしまいました。ついさっきベランダでバッタリ遭遇したものですから。…どうか大目に見てやってくださいすべったダジャレもふくめて。それでね、OKかNGかはものにもよるんですが。すくなくとも例のやつはもうむりぽです。<ていうか出るの? いっぽうラブリィ系はまだ平気です。トカゲとかね。<ラブリィか?トカゲはラブリィか?!
それにしても、いつからこんなだめになってしまったんでしょう。少年時代はとてもよいお付き合いをさせていただいていたっていうか(?)、むしろ森のおともだちって感じだったんですけれども。田植えのときに素足で水田を歩いていたら足にヒルがくっついていたってくらいわんぱく小僧だったんですけれども。<!! 小さいころから慣れている生き物だったらだいじょぶっぽい気がします。そういえば、私が苦手だと思っている虫って、みんな物心ついてからというか地元を離れてからよく出くわすようになったものばかりなんですが。カメムシしかり、例のやつしかり。…いえあれ実家で見たことないんですが本気で。ネズミ取りにはよくネズミがくっついてたけどね!
カマキリが高いところに卵の巣を作るとその冬は大雪になるとか、いつも観察してたのになあ。身近な生き物とのふれあいがすくない暮らしはちょっぴりもの足りない。

2003年9月7日日曜日

毒性は殺さぬ程度に

マクドシェーク単品(96円)を買うためだけにマクドナルドに入店するのはなんとなく気が引けるondです。まったくの正攻法でただ買いものをするだけのはずなんですが、どういうわけかそこはかとなく悪いことをしているような錯覚におちいってしまいます。私だけでしょうか。シェークは飲みたいんですが、それ一個だけってのが客としてちょいはずっていうかさ。それにふだんたいして利用しないのにこんなときだけ行くのもやはり消費者としてのプライドにかかわるじゃん? 常連さんににらまれそうじゃん? 150円やるからその列あけろとか言われそうじゃん?
でも変ですよね、ロッテリアのときはなんの躊躇もしないのに。<なんで それに私……フラペチーノという人がありながら浮気なんてできません?!

2003年9月6日土曜日

この仕事何年やってるのかよ

あまやどりは神戸シティループを応援しています。(PR) あれはモエタ。
さて、洗車ですが。私はだんぜん手洗い派(?)です。やはり自分の愛車ですから、みずからの手できれいに磨いてあげたいものです。こまめな手入れで愛車も長生きというか、つまりはより深い関係の絆を結んでパートナーシップなわけですよ(何)。ハーッて息かけながらふいたりしてね。あまつさえ、お客さんかゆいところありませんか?とか、潤いたいだろ?とか話しかけたりしてね。でもってチェーンに油さしたりスポークの一本一本までふいたりしてね。<チャリかよ
…だってマイカー持ってねえもん。というわけで実家の車(軽トラとか)くらいしか洗車経験がないんですけれども。つうかなぜかたまに帰省した折りに花嫁修業の一環として洗わされるんですけれども。でも洗うのは楽しいのですよ。もともと掃除とか家事がすきなもんで。で、車もやはり手洗い派です。ワックスかけて光をはじく車体に自分の顔が映る、なんともうっとりではありませんか。…被写体はブ男だがね。
というのも、っていうかここからが本題なんですが、なぜホームクリーニングエマールにこだわるかといいますと、ガソリンスタンドの洗車マッスィーンにほろ苦い思い出があるのですよ。PTSDですよ。<そこまでひどいのか 車ごとつっこんでいって四方からグルグルブラシと水攻めの応酬ってあれです。いえね、幼少期にあれ体験してしまいまして。そう、後部座席に取り残されたままダイヴですよ。ガラスにバシャバシャと容赦なくたたきつけるブラシに豪雨のような洗浄水。まさに台風直撃状態です。このままどこかへ流されていっちゃうんじゃないかと思ってね。助けを求めて叫んでももちろんだれも来てくれません。あれがいかに怖かったか! 弟(仮名)とふたりで抱き合って大泣きしていました。それから先に乗ったどんな絶叫マシーンよりあれはおそろしいものでありましたとさ。

2003年9月5日金曜日

ぬいぐるみ・ピアノ・ソファー・絵本

緊急招集がかかったので今日はお休み。

2003年9月4日木曜日

うりうり!

今夜も火星がきれいです。でもニュースなどで騒がれでもしなければあれが火星だとは気づかなかったんだろうなと思いつつ。いかんせん夜空には火星と月くらいしか肉眼でとらえられるものがありません。はるかなる星々の光は地上の私たちが出す明かりに負けて届きません。かたや火星はみずから光を発しているわけでもないのにあんなに明々としています。遠くのなんとかより近くのなんとかってやつでしょうか。
それにしても、6万年ぶりというのは大げさな言いかただと思うのです。地球と火星の公転周期はそれぞれ365日と687日ですから、つまり足の速い人と遅い人がぐるぐる走っている状態なわけで、そりゃもうしょっちゅう横をすれちがうわけです。しょっちゅうと言っても780日ごとですが。それがたまたま距離の短くなる位置ですれちがうのが今年でして、その距離がおよそ6万年前の大接近以来だということです。しかし近いといっても、いちばん離れている小接近とくらべても2倍の開きもありませんし、天文学上はなにも特別なことはありません。ちなみに、6万年前といえば日本列島がまだ海面から浮かび上がったり沈んだりをくり返して、ナウマンゾウが闊歩していた時代。あまり天体ロマンに似つかわしくない風景であったことはまちがいないでしょう。
個人的には火星の衛星フォボスとダイモスのほうに興味があったりします。いつか火星がもっと身近になったら、この目で見られる日が来るんでしょうか。

2003年9月3日水曜日

ウィッシュボーン弥勒

おまえがファッションのことに口を出すなってのは百も承知なんですけれど、ひとつどうしてもわからないものがありまして。いえ本当は379個くらいあるんですけれども残りは割愛させていただくとして。あのね、ちっさい鏡みたいなプレートがちりばめられている生地があるじゃないですか、あれってなんなんでしょうと思って。なんなんでしょうっていうか、なんなん?(同じ意味)
手提げかばんに使われているのはまだ不思議じゃないんですが、なんか服も上着とかスカートとか、それでいっているのをときたま見かけてしまいます。そりゃはた目にはキラキラしていてきれいかもしれないけどさ。でもそんなんだったら、飾りボタンとかラメとかいくらでもあるわけで。なぜにってことですよ。なぜに鏡なのかってことですよ。いつも手鏡を持ち歩きたい女心が高じてついに身につけてしまったんでしょうか。で、こうすそを引っぱってちっちゃいのをのぞきこんだりするわけです。これじゃあ鼻の頭しか映らねえよ、みたいな。もしくはあの鏡で日光を反射して教師の後頭部をねらったりね。あれクラスの6人分くらいの反射光が一点に集まるとそれなりに高温になります(実話)。むしろあの鏡はふつうの鏡じゃなくて実は裏側から見ると向こうがすけて見えるってやつですか。<なに言ってんのっていうか、また酔ってんの? というかあれたぶん本物の鏡ではないと思うのですが、そうなるとなぜに金属なのかってことですよ。アクセサリーとしてではなくて、布地のいたるところにチップがはめこまれているという違和感。そもそもそれは洗濯できるんでしょうか。ドライマークがついてればホームクリーニングエマールできるんでしょうか。それとも金属つながりでメタルなのかも。本格的なパンクファッションにはまだ敷居が高いものの、まずはお手軽にプチメタルからはじめてみました、ってところでしょうか。
…いやー、まったくの憶測でものを言うって本当に楽しいものですね(水野晴郎口調で)。それではまた来週。

2003年9月2日火曜日

2回目のほうがドキドキ

たのもー。(挨拶) バース党ってバースをこよなく愛する往年の阪神ファンの人たちのことを言うのかと思っていました。うへ。
さて、毎日欠かさず見ているサイトってありますか。私はありません。…いまの発言でいろんな方面を敵に回してしまったかもしれませんがそれはさておき。だって時間がないんですもん。とくに最近はあまりサーフする気がおきない。ニコニコ日記みなきゃだしね!<15分だけじゃん それだけじゃなくて、なんていうんでしょうこれは。ネット出不精? ネット夏ばて?(?) とにかくほんのり無気力なんです。…たぶんこのところ毎晩お酒のんでいるせいかもしれません。あーっくそう、ちっとも頭がはたらきやしねえ。

2003年9月1日月曜日

チキンポークピカタ

まだカレンダーを8月のままにしている人いませんか。ちゃんと次のページめくらないといけませんよ。今日はまだ8月32日なんだと信じたい気持ちもわかるけれども。そんな年齢を聞かれて39歳60か月ですみたいな往生際のわるさはおやめなさい。いえ、たぶんめくり忘れているだけでしょうが。
それはそうと、やべえ。ニコニコ日記萌える。<なんか言いはじめたよ? というわけでめずらしくドラマなんか観てしまっている今日このごろです。いやあれはいい話ですよ。心と心の触れあいを描いたハートフルストーリーですよ(中身の伴わない説明)。というか夜の連ドラにはわしゃあ期待しちょるけえ。深夜の時間帯という放送枠を生かし、ヤングアダルト層に的をしぼってより視聴者心理に訴える話をもってこられるってのが強みでしょうか。だって朝の連ドラってさ、正直ぬるいじゃん? いえ最近のは私みてませんが、ちょっと話がマンネリしてきている感がいなめないのですよ。ヒロインが夢にまっしぐらでラヴにもまっしぐらでそれで後半は仕事と育児の両立をどうすんべとかそんな感じじゃないですか。<偏見すぎ そんなありきたりな幸せばっかり見せられてもどうよと思うのですよ。いえ実際にそう思っている人が増えてきているからこそ、夜の連ドラというあたらしいタイプの自分探しの旅が門出をむかえるべくしてむかえたんだと思うのです(謎言語)。ニコニコ日記しかりです。仕事も恋愛もうまくいかない三十路前の主人公のところに突然女の子がやってきてともに生活をはじめる、といったあらすじなんですが、なんとも夢がふくらむ物語ではありませんか!<そう思うのはおまえだけだっていうか、おまえの場合夢じゃなくて想像だろ だからね、べつに結婚とか子宝だけが人生のゴールじゃないんだってこと、人それぞれにさまざまな将来のかたちがあるんだってことをどんどん提案していってくれたほうが、もっとたくさんの人に生きる勇気をあたえられると思いませんか。それともただのひがみ発言にしか聞こえませんか。そうですか。