2003年12月25日木曜日

バイバイバイシクル

きのうテレビの話を書きましたが、そういえば2003年はテレビそのものが大きく変わった年でした。国内でのテレビ放送開始から50年がすぎ、さまざまな催しや特番が企画されました。NHKの南極放送センター、地上波デジタル放送などあらたなサービスの開始にくわえ、ハード面でも液晶薄型テレビ、巨大なスクリーンのプラズマテレビなどが広く売れ出しました。めくるめく進歩です。そしてその流れにまったくついていけてない人間がここにひとり。かたや放送をめぐるトラブルもあいかわらず目立ちました。視聴率操作問題とか、じゃぱネットはかたとか、地底人クルピラとか(!!)。

2003年12月24日水曜日

あんなのキスのうちに入らないんだから

世間様には自称テレビをみない人がわりといるようでして、私もそのくちだと自分では思っていたんですが、よくよく思い返してみるとけっこう観ているかもしれません。日記でもテレビコマーシャルのネタがちょくちょく出てくるあたりとか、いまだにアニメ離れできてないあたりとか。
ニュースやスポーツ中継のほかにも、映画なんかもみます。金ローとか。映画館にも行かないしビデオも借りない身としては、もっぱテレビ頼みってことになります。ドラマはサスペンスが多いです。まえに深津絵恵さんが犯人役で出てたことがあって、そのときの鬼気迫るほどの演技には思わず息をのみました。あとお笑い番組。バラエティではなくて、ほんとにお笑いだけのやつ。笑点から吉本新喜劇、オンエアバトルまで。おすすめはNHKの笑いがいちばん。コントでも漫才でも、純粋にシンプルなのがすきなんです。年末年始にかけてM-1とか新春お笑い寄席とかあると思うので、そのへん楽しみです。いっぽう教養番組はそれほどでもありません。そうなんよ意外と。意外でもなんでもないけどな。テーマにもよりますが、サイエンスもののほうが比較的とっつきやすいでしょうか。あ、動物番組だったら無条件降伏ですけれど。
ただ、どれひとつとして毎回欠かさず観ているものがないんですよね。ニコニコ日記を全話みたっていうのは、もう自分にとっては偉業と言ってもいいくらい。そもそも家にいる時間がそんなに多いわけではないし、ひまなときはテレビのほかにもしたいことあるわけだし。あといわゆる芸能ネタに関心がないのも手伝って、あまりテレビを観ていないっていうふうに錯覚していたのかもしれません。

2003年12月23日火曜日

減価償却費

え、ひょっとしてダンナだからダンナーなの?<今ごろ気づいたの おはようございます。うわさの健康飲料はちみつ黒酢をいただいたのでさっそく飲んでみたんです。恋をすると人生が変わるんじゃなくて人生が変わったから恋をするんだーとか思いながら(何?)、コップに注ぎまして、水でうめまして、ごくごく。……#≧◎£▲*√&!! げほげほっ、いつもすまないねえ(こんなネタで)。はい、のどが焼けるかと思いました。これにくらべたらテキーラなんて目じゃありません。(注:ondはテキーラを飲んだことがありません) 良薬口に苦しとは言いますが、これはもはや味以前の問題です。のめねえよ。まじで。ということで速攻お蔵入り。
まあ、そんな飲みものの仲間に入れていいのかどうかもわかんないようなのはおいときまして、お口直しといきたいと思います。反対にすきな飲みものはといいますと、牛乳です。それはもうダントツに。もちろん毎日欠かさずってくらいに。ミスタードーナツでイーツインするとき注文するのは8割がたホットミルクってくらいに。すきなカクテルはカルーアミルクだってくらいに。クラスに欠席の子がいたら給食の牛乳を先を争って奪うタイプだったってくらいに。最近コーヒーに砂糖入れなくても飲めるようになってきたんですがそのぶんミルクは手放せないってくらいに。そしてまだ身長が伸びる可能性を信じてー!<信じるなよ
そこでいいこと思いつきました。ふふふ。私の中の悪魔と天使が葛藤していますが、せっかく思いついたからにはやってみるしかないっていうか、がんばれ私の中の勇気。(またか) はちみつ黒酢を、牛乳で、わってみる。…あっ。<あっ? 意外といけますよこれ。ほんのりふるーちーです。でも、どうにか飲めるようになったってレベルでして、やっぱり酢の味しかしません。

2003年12月22日月曜日

わらいびと はね

ゆず風呂なんて入ってられっかよ!(敏感肌) ということで冬至です。でもかぼちゃはすきです。ということで冬至です。<挨拶かぶったよ? きのう近所のユニクロ行ったんです、ユニクロ。そうしたら、なーんか、かわいい服がめちゃめちゃいっぱい。冬だからセーターとかタートルネックとかが数多くならんでたんですが、ピンクとか黄色とかぷりちーな色がてんこもり。んはぁ~ん。(ご満悦) で、ユニクロもようやくオレのシュミをわかってきたようだなとか思って(何様)、ぶらり散策してたんです。京都迷宮案内です。<? どうやら本当に品ぞろえががらりと変わったようで、パンツもそれまで見かけなかった明るい色とか、細身のが増えてまして。かねてからこういう中性的な格好にあこがれていた私としてはうれしいかぎりです。こんなかわいい色のセーターなら何枚でもほしいです。安いし。と、目をらんらんと輝かせながらお店の奥にすすんでいくと、ありました。一面ずらりと、色とりどりの、ブラが。ようやくオレのシュミをわかってきたようだなこっちウィメンズじゃん! はい素でまちがえてました。ていうか私がわるいんじゃないんだって。女物と男物の売り場がきれいさっぱり入れ替わってたんですもん。不可抗力ですってば(?)。

2003年12月19日金曜日

まぐろカルパス

きょうのユリスキー。(シリーズ化?) 朝のホームで見かけたんですが、中学生くらいの女の子がお母さんとおぼしき人の襟元をなおしてました。それはもうかいがいしく。カラーが曲がっていてよ、とか言いながら(言ってません)。こういうのぐっときませんか? きませんか。そうですか。いや、だってほら、何がいいかってさ、母親が子どもの身じたくをなおすのはふつうのパターンじゃないですか。それが逆なんですもん。リバ! リバ来た!(何) そもそも、お母さんと娘さんがフレンドリーって時点で私は萌えちゃうんですが(病気だ…!)、背も同じくらいだったし、あの仲むつまじそうな雰囲気がポイント高かったです。はい。
とまあ、そんな変態トークはさておき、こないだひさしぶりにクレヨンしんちゃんを観たら、なんかえらいことになっておりました。…絵がだめすぎ。ハァーン?って思っちゃうくらいに。おまえ誰だよ! 僕が知っているみさえはこんなんじゃないよ!<またそれか なんていうかあれですね、ひさしぶりに大塚さんをみたらすっげえ老けてて驚いたくらいのショックっぷりです。(大塚さん?)

2003年12月18日木曜日

スティングのことなら何でも知っています

「とんでもありません」という日本語はありません。こんばんは。<だからその挨拶は何なの こないだ発見したんですが、携帯電話をパソコンのディスプレイ(稼働中)のそばにおいておくと、着信とかのときにディスプレイがブオォォンって鳴るんですよ。いや、そもそもそんなもの近づけている時点で使用上の注意に反しているんですがそれはさておき、やっぱりなんか出てるんだあと思って。ほら、携帯電話の電波がどうのってときどき注意を受けるじゃないですか。医療機器が誤作動する危険があるから混雑した場所では電源を切るようにとか、計器に異常をきたすおそれがあるから飛行機の中では使用しないようにとか。あれって守られていないことも多いように思うんです。ただマナーモードにしているだけとか、通話さえしなければいいと思ってメールにいそしんでいるとか。それは正しい知識を持っていないことに起因するアンマナーなんですけれど、わからなくてもしかたない部分もあるって気がします。だって電波は目に見えないから。だって生茶は生だから。<関係ないよ? 自分が日ごろ使い慣れている、ただ電話やメールをするだけのちいさな機械が、まさか他人に危害を加えたり事故の原因になるだなんて思ってもみないのですよ。それが電波を発しているせいだっていうのも、にわかには信じられないわけで。それでも、知らなかったではすまされないことって世の中あると思いますから、ひとつひとつちゃんと実践していくことが大事だと思います。最後に、くり返しになりますが、携帯電話など電磁波が出るものをパソコンに近づけないでください。よい子のみんなはまねしちゃだめだよ。

2003年12月17日水曜日

負の兄弟

かなわない夢なんて見たくないの。(挨拶) こんにちは、トミーフェブラリーです。うそです。<そんなの言わんくてもわかってるし きょうはロザンにひとこと申したいと思います。ロザンってなに?とかぬかしてやがらっしゃる人はお引き取りくださいっていうか、ナイチチどもは帰れ! 帰れよう!(ナイチチ?) もうひとつ伸びていかないのはどこに原因があるのかっていう、私なりの愛のムチっていうか。
えっとですね、頭が切れるのは認めるんですが、問題はその賢さの使いみちなんです。ただ学術的な知識をならべ立てるだけでは、へぇ~ボタンとかは押してもらえるかもしれなくても、それは漫才のおもしろさとはちがうわけで。私はむしろ、観客の心理を操作するような高度なテクニックを期待してたんですが。理詰めで笑いに誘導していくっていうか。漫才にも台本があり、シナリオがあります。その構成をうまく練って、これこれこういう流れにしたらバカウケまちがいなし、っていう技量。まあ、それはギャグセンスなどとはちがった能力なんでしょうけれど。
頭のよさっていうのは、テストの点数や成績がいいってこととは直接は結びつきません。たとえば、何のために数学を勉強するかと考える人がいるでしょう。いえ、日本人の8割は数学ぎらい(あまやどり試算)ですのでたいていの人が考えているでしょうが、たしかに一見むずかしい関数や公式を覚えていたってあまり役に立ちません。私たちが数学をとおして学んでいるのは論理的思考です。筋道を立てたり、先のことを予測したりといったことです。そうした考えかた自体は生活のどんな場所でも使えるものです。また根気や集中力を養うことにもつながるでしょう。だから、ただ知識をつめこんだ状態は、なるほど博識ではあるかもしれませんが、でもそれだけです。その奥に流れる思考や理念を身につけて、実生活に応用していける、それが本当の意味で賢いということだと思うんです。
ですから、すこし話がそれましたが、頭脳をそういうふうに生かしていけばもっと注目される存在になるはずです。たとえば菊川怜さんをごらんなさい。出たてのときは東大卒だからということで注目が集まって、ゲストで呼ばれて積分の計算やらされたりしてたじゃないですか。それが今やドラマでもMCでも何でもこなす、才色兼備を地でいくような存在感のあるタレントに成長しました。仕事に真剣に取り組み、より多くのものを吸収してきた結果だと思います。知識をひけらかすのではなく、知性がにじみ出ている、結構ではありませんか。容姿とか学歴といった見た目の部分じゃなくて、もっと強い引力でファンを惹きつけられるように。…ただ、あのふたりはあまり芸人顔じゃないので不利なんですけれど。<けっきょく見た目じゃねえか!

2003年12月16日火曜日

コヒーレンス波

「Merry X'mas」の「'」は要りません。「Merry Xmas」が英語の正しい表記です。こんにちはondです。ということで、そろそろ年賀状執筆シーズンです。(ということで?) 私はすでに毎年のことと思っているので、粛々と(?)したためようと思うんですが、どうやら世間では年賀状離れがすすんでいるように見受けられます。だってもらう枚数は減るいっぽうなんですもん。…なんですかその目は。おまえ嫌われてるだけじゃねえのっておっしゃりたいんですか。そのとおりかもしれませんね…。<なに真に受けてんの いえ、それでもめげずに書きます。いつものオール手書きで。そして喪中の人にはかわりにクリスマスカード。これトレンド。

2003年12月15日月曜日

かえって、ごめんなさい

ウワァァン。ただいま帰りましたondです。てんこもりです(仕事が)。エマージェンシーです。今のやつ終やさないとコミケスキーに行けなくなっちまいます。もっとがんばれ私。がんばれ私の中の勇気。<勇気関係ねえだろ ってか、ウェアとかなんも準備してないじゃんよ。(致命傷)
まあそれはさておき(さておいていいのか?)、よそさまの日記サイトを見ていると、自分のパートナーについて書いている人がいますよね。恋人とか結婚相手の意味ですけれど。あれって、男性の筆者より女性の筆者のほうがそういう話を書いている人が多いような気がするんですがそこんとこどうですか。私はそんないっぱいサイト見ているほうじゃないのでたしかなことは言えませんが、どうもその傾向が目立つなって感じるんです。…あ、いえ、けしてノロケがうらやましいとか目くじら立ててるとかそんなんじゃないですよ? 断じてちがいますよ? 本当ですヨ?(←声が上ずった) この傾向って、なにもウェブにかぎった話ではないとも思います。ふつうの会話でも、女どうしのグループだとそれぞれの彼氏の話題になることがよくありそうなものですが、かたや男の場合はそんなに多くないでしょう。
要因として、一般的に女のほうが男よりも「こいばな」を好むってのがひとつあるんですが、それ以外にも、パートナーの存在を自分がどうとらえているかの意味あいに男女差があるのではないでしょうか。女性の場合、自分がいい男を持っている、というのがその人のステータスのひとつであると考えるため、人に話したり見せびらかしたり、ほかの人のとくらべたがったりします。いっぽう男性は、いわゆる独占欲が強くはたらきます。自分のパートナーを他人に触られたくない、見せたくない、そんな気持ちから、あれこれ言いふらしたりしません。相手にとってみたらどちらのほうがいいんでしょうね。
というのが私案なんですが、それともただ単純に相手がいる人はそのネタを書くし、いない人は書けないってだけのことかもしれません。

2003年12月14日日曜日

叩いてみるたび男が増える そんな不思議なポケットがほしい

シモネタ注意報。
懸案となっていた例の一件のことを覚えていますでしょうか。覚えていませんか。ていうか私のことなんてどうだっていいですか。そうですか。ありがとうさようなら。えっとね?<おかえり 私にとっては今年の10大ニュースにまちがいなくノミネートされてしまうほどの大事件だったんですけれども、むしろ2003年問題だったんですけれども(微妙に古)、そう、タマちゃん♪(またか) あの続報です。
あれから冬が近づくにつれて、さらに乾燥がひどくなってきたじゃないですか。そうなるとがぜんピンチです。このままではアルマジロどころの騒ぎではありません。そこで、前にみゅうさんからいただいたアドバイスを試してみることにしました。ひじとかのカサカサにぬる尿素入りクリームはどうよ、ってやつです。この尿素、たしかに最近はテレビコマーシャルでもよく耳にしますし、評判は上々のようです。時代は尿素です。…なんかことばの響きがわるくていまいち盛り上がりに欠けますがそれはさておき。だからって、そんな男性のデリケートな部分なんかに効くかどうかってのはまゆつばだったんです。しかしここは背っ腹、やってみなけりゃなにも始まらないっていうか、参加することに意義があるっていうかー。つーわけで適当なの¥してきまして。キャップ開けまして。ぬりぬり。テレビの前のみなさんはしばらくお待ちください。(ひまわり畑の映像に切り替えながら)
で、一週間くらいお試し中してみたんです。そうしたら、なーんか、効果てきめん! はいそうです、効きました。それはもう帷子川から鶴見川へのお引っ越しかと言わんばかりに。やっててよかったあまやどり。(見ててよかった思いッきりテレビみたいなノリで) いえ、ツルちゃんにはまだまだ遠いんですけれど、それでもだいぶ治ってきました。なんだかひと皮むけた気分です。<最低だオマエ めでたしめでたし。やっぱり、体のなかで気になっている部分がよくなってくると、気持ちも明るくなるものでして。クリームをぬっている瞬間の自分の姿は情けないことこの上ないがね!

2003年12月13日土曜日

むしろ大歓迎

コンビニあんまんのあんが熱すぎるんだよ!(やり場のない怒り) おはようございます、ondです。日本ブレイク工業に勤務しています。うそです。ここんとこめっきり冷えてきました。寒いとそれだけで体が動かないし、やる気が起きません。困ったものです。きょうも朝起きて顔洗おうと思って水出した瞬間、…しゃっけえ。(方言) もうだめです、不可能です、ミッション・インポッシブルです、こんな水で顔を洗うなんて私には無理ですっていうか、人類には無理です。<お湯出せよ あとはもうこたつにズボーですよ。あとまいるのが、お風呂。夜になるとあまりに寒いものだから、まず服が脱げません。電気を消して暗くしてもいい?(?!) なもんで、しばらくシャワーでお湯出しっぱにしておいて、浴室をあっためとかないと入れません。これではもったいないお化け出まくりって感じなんですけれども。あんまんのぬくさをちょっとでも分けてくれたらいいのに。<それってどういう…

2003年12月12日金曜日

ピルグリムイェーガー

書店の店内に置かれていたゆみすけ等身大POPに萌えてしまったondです。なんていうかあれですね、おもわずお持ち帰りしたくなっちゃいますよね。<それはだめだろうっていうか、持って帰ってどうすんの いやしかし、一般の本屋さんでもお目にかかれるなんて、きみもずいぶん成長したようだね。おじちゃんうれしいよ。(誰)

2003年12月11日木曜日

もっといけない美月さん

男たちが帰ってキターー! ということでこんばんは、あなたのパトロンondです。それはそうと、帰ってくるのですよ。なにがかっていうと、俺たちの旅というドラマです。あたしゃもううれしくてうれしくて。なんたって30年ぶりの復活ですのことよ。すばらしい。エクセレン。つーかちょっと語らせてみ? カースケ、ウメダ、ドブ六(正答率1/3)の3人が主人公なんですけれども、とにかくかっこいいの。3人の若者が青春時代をへて大人になっていく過程を描いたストーリーなんですが、かれらの考えかたや生きかたにひかれます。自由奔放で、勝手気ままで、でも自分の哲学をちゃんともっているっていう、当時にしてみたら非常に新鮮で、とても味のあるスタイルだったんじゃないかと思うんです。若者らしい楽天的なところを残しつつも、しだいに成長して自分の人生を見つめていく、そういう真摯な姿勢も大切ですし。こんなふうな大人になっていきたいって思わせてくれる部分があります。
今回は、このドラマとテレビ局がそれぞれ節目の年だからということでこの特番が制作されたようなんですが、ただの記念としてではなく、むしろ今の時代にこそ多くの人に見せてほしい番組だって気がします。大人はいつの時代も「今どきの若いもんは」と言うのが常ではあるかもしれませんが、昔の若者と今日の若者とでは、やはりあきらかにへだたっている面もあります。はめをはずしたっていいから、今やれることにとことん打ちこんでほしい。そういうことを、きっと気づかせてくれるはずですから。なつかしのアニメ名場面集とかよりも、むしろこういうのをもっと復刻させてほしいです。

ってか、あんたいくつだ。

2003年12月10日水曜日

虞や虞や

No.004 新潟県・ondさんからのヤドリビア

某国立大学のキャンパスには、「トリビアの泉」がある

確認VTR:
目撃者のondさんは、こう語る。(自作自演かよ)
「…ちがうだろ! あれはだれかがいたずらで池のところに勝手にそういう看板立てただけだろ!」

補足ヤドリビア:
・というわけで単なるガセネタです没シュート。
・しかし、むだに高度な知識をもっている人たちが集まっている場所だから、あながちお似合いのシンボルと言えなくもない。
・そのキャンパスは、ある日突如として変な胸像がお目見えするなど、そっち系の話題には事欠かない。
・なので、今回もいつものことと周囲の反応はいまいち。もちろん犯人は見つかっていない。

2003年12月9日火曜日

あにみてんだっ

こんな甘さ表示は嫌だシリーズ。
「甘さすっかり」
熟れに熟れています。
「甘さきっちり」
寸分の狂いもない分量です。
「甘さやっぱり」
抜け目がありません。
「甘さがっかり」
砂糖を入れ忘れました。
「甘さうっかり」
砂糖と塩を入れまちがえました。
「甘さしっくり」
思わず納得してしまう自然な甘さです。
「甘さひょっこり」
どこからともなく甘くなります。
「甘さこってり」
どろり濃厚ピーチ?
「甘さしっぽり」
恋人を甘い雰囲気に誘います。
「甘さめっきり」
あのころの甘さは見る影もありません
「甘さぎっぷりゃ」
クサいこと言おうとするとダメ出しをくらいます。
「まだまだ甘いわね」
甘すぎるのか、それとも甘さが足りないという意味なのか、どっちなんだ。

2003年12月8日月曜日

はねっ返り係数

オーレー、オレオレオレー。(サッカーの応援を装った詐欺<そんなのねえよ) ということでおはようございます、自分のコートが右前なのか左前なのかわからないondです。…んなアホな。いえこれが正味の話。まずなんですっけ、男服が右前だったか女服が左前だったか、そんなきまりがあるじゃないですか、それからしてどっちがどっちか思い出せません。山手線は外回りが時計回りだってのはやっと覚えたんですがね。(関係ねえし) それに、右前とか左前とかって和服と洋服じゃ話がちがってくるんじゃなかったっけって気もしたし、そもそも右前っていうのは右の身ごろが外側にきている場合を指すのか内側にきている場合を指すのかどっちなんだっていう雑学の世界だし、むしろそれ以前にこのコートが男物なのか女物なのかわからないんですが(致命的)。もはやどうにもなりませんっていうか、わけがわかりませんわーっ。(ミントさん) だって可能性としては2×2×2×2=16通りあるんですもん。<何が?! なんていうかあれですね、ふだん衣服にまったく関心をもってないってことがバレバレですね。お恥ずかしい。あのですね、前合わせがふつうのボタンじゃなくて、木の棒みたいなのを左右のひもに引っかけるタイプなんですけれども。でもってフードつきなんですけれども。お詳しいかたいらっしゃいましたらご一報ください。宛先はこちらまで。(画面の下のほうを指さしながら)

2003年12月7日日曜日

マクラ大戦

まるごとバナナ箱買いしちまった……。

2003年12月6日土曜日

出ていく移民と入ってくる移民

ずっと気になっていたことがあるんですが、じゃあずっと気にしててくださいって三谷さんに言われたので明かさないでおきます。(何) なかばどうでもいい疑問ならいくらでもあるんですがね。たとえば、セルビア・モンテネグロができたらモンテビデオはどこ行くのよ、とか。<どこにも行かねえよっていうか、関係ねえよ ことしユーゴスラビアが国名を変更してできたそうですね。それを先のワールドカップバレーで知ったかたも多いかと思いますが。おまえもな。相次ぐ政争や独立運動、コソボ問題など、内紛が絶えない国でして、またいつ地図が書きかわるかわかったものじゃないんですが。地図屋さんも大変だ。
さて、いよいよ年の瀬なんですけれども、この時期になると毎年頭を悩ませることがあります。それは翌年のカレンダーです。ことしはまだ用意していません。ピンチです(おもにネタ的に)。いえね、バリバリの「おおきいお友だち」だったころはそれはもう難題だったのですよ。食指が触手並みですよ。(意味不明) 来年はどの作品のにしようかとか、どんなウハウハなのにしようかとか。この気持ちわかってくれますよね同志のみなさん? まあ、それも今となっては昔の話(なに過去と決別しようとしてんの)、そっちの購買意欲がなくなってくると、反対に自分の部屋にカレンダーって必要なのかという次元で悩んでしまうんですが。パソコンついてればすぐ表示できるし。<つまりきみの部屋は年じゅうパソコンつけっぱなんだね?
でもプログラムとかだと困るのが、祝日がちゃんと表示されないってこと。現行のグレゴリオ歴が施行されて以来、月ごとの日数や曜日は不変ですが、祝日だけは国ごとに、そして毎年変わるものです。以前にもカレンダーがらみの話をしましたが、日本では、春分の日と秋分の日の日付は前年の2月に政府が発表して決定されます。その日まで翌年の祝日がいつなのかわからないってことです。だから、私たちはめんどうでもカレンダーを毎年新調しなければならないんです。どうせならお気に入りのカレンダーで新しい年をむかえたいものですね。…私はこよみのページをポタールにしとけばいいや。(それはブラウザのお気に入りだろっていうか、結局パソコンなのかよ)

2003年12月5日金曜日

いばらの城

ondです。すきなフードファイターは新井和響さんです。さて、冬到来だというのにまだコートもはおっていない私はどうなんだろう。いえ、通勤途中で見渡してみても着ていない人のほうが多いような。たまに半袖の人まで見かけます。ことしの冬将軍はちょっぴりおねぼうさんみたいです。<なにかわいく言おうとしてんの
もうひとつ目につくのが、短いスカート。この秋はロングブーツにミニスカートという組みあわせがはやったらしいんですが、その流れを引きずっているってところでしょうか。なんだか見ているほうが寒くなってきそうなというか、季節感に欠けているようにも思えるんですが。それとも、ミニスカに黒ストッキングだったり厚手のコートから生脚出てたりするほうがくるものなんでしょうか。<それは個人々々で… それから女子高校生とかの制服。これは年間通してそうなんですけれど。子どもは風の子、という点では評価してあげないこともないんですが、なんていうか、軽薄が制服を着て歩いている、みたいな。ひと昔前だったら、スカートを短くしてはいている生徒に対して学校側が注意していたと思います。でも今はちがうんですよね。近年はむしろ学校指定の制服のほうが丈が短くなっているって話です。すなわち公認。時代にあわせてデザインを変えた、ということなんでしょうが、なぜそこまで子どもにこびなければならないんでしょう。少子化だからこそ甘やかして育ててはいけないと思うんですが。とにかく、そんな格好は青少年らしくありません。制服のスカート丈はひざが出ないくらいがいちばんいいんです。それ以外は認めませんええ断じて。それでいて後ろから見たらひざの裏が見え隠れするっていうのがドンピシャなんです!(それは身だしなみうんぬんじゃなくておまえの趣味だろ)

2003年12月4日木曜日

ヒュンダイを知らないのは日本だけかもしれない

この国はいつから帝国主義に逆戻りしたんでしょう。お国のための犠牲だったというんでしょうか。功績をほめたたえても、勲章をあたえても、失われた人命は戻ってはきません。だれのせいでこうなったんですか。これでもまだ人員を送りこもうとするのですか。私たちが持たなければならない感情は悲しみではありません。憤りです。
とまあ、そんな話はどうでもいいんですが(最低だオマエ)、むしろこっちはこっちで生きるか死ぬかの復興支援でした。とある電器店のポイントカードをもっているんですが、その有効期限がもうすぐで切れそうになっていたので焦ったのなんの。そのカードは、まる一年間利用しないとそれまでたまっていたポイントが無効になってしまうというシステムでして。これはたまらんということで、あわてて買いものしてきました。あぶねーあぶねー。これで期限がまた来年まで延びました。あと一年は戦えるってやつです。すべりこみゲトズサーッてやつです。
帰宅して胸をなでおろすもつかの間、さっそくひとり反省会です。あんた一年近くもあの店行ってなかったのかよ、と。ちがうんです聞いてくだせえお奉行さま。だってあのへん(ローカルトーク)電器店いっぱいあるじゃん。よりどりみどりじゃん。白くつしたじゃん。<? それに最近は郊外にも大型電器店があちこちできていて、うちの近所もご多分にもれずなので、わざわざ電気街まで足を運ぶ機会も減りまして。しかししかーし、足が遠くなったとは言え、せっかくここまでコツコツためたポインツをリリースしてしまうのは口惜しいのですよ。友人が周辺機器買うときについて行ってポイント入れさせたりしてためたっていうのに! だからってそんな歯を食いしばるほどの(?)額にもならないんですが、ポイント使いたいものが思いつくまでもうすこし延命措置しておこうと思います。なんかこういう話すると、近所の商業施設を思い出すんですが。駐輪場が、2時間だったか3時間だったかまで無料で、それ以上停めておくと料金がかかるんです。なので、そのタイムリミットが近くなるごとに駐輪場に戻ってきて、いったん自転車を出してまた入れてふたたび買いものへ、ってなことをやります。みみっちい話だなあ。

2003年12月3日水曜日

貴社の記者が汽車でキシャーッ!

あっ、いえ、本日の雑談についてとくに申し述べることはないのですが、ただその、ちょっと気になったのは、鎖骨フェチの人って本当にいるんだなあと思って。<きみの交友関係は一体どうなっているのかね?
ということでのっけから取り乱してしまいましたがこんにちは。「マスオさん状態」っていう表現はすごいよね。もちろんあの一家の同居形態のことを指しているんですが、説明しなくてもそのひとことだけで通じるっていうのが。きっとだれに聞いてもわかってくれると思います。そして8割の主婦が今までの洗剤よりよく落ちるって答えると思います。そして歯科医の96㌫が患者にプラークコントロールを(以下削除) でもあれって、もしかしたら正式な呼びかたがあるかもしれないんですが、あいにく私は歩く六法全書と呼ばれたことがないので知らないんですが、そこんとこどうなんでしょう。どうだっていいよね。<おまえ言い出しっぺちゃうんか まったく磯野家の知名度は偉大だなと思うわけですよ。ほかにもちゃぶ台返ししかり、ジャイアニズムしかり、犬ちっくあかり。(3番目何)

2003年12月2日火曜日

ビブリオテーク

あの帽子の中には…。(挨拶?) なぜだかたまに無性にたこが食べたくなる日があります。きょうが実はまさにそれ! かといって自分で釣りに行くわけにもいきませんので漁師さん=プロにまかせようと思うんですが(お店プリントかよ)、とにかくラヴなんすよ。もはや語尾がタコになっちゃってるくらいラヴなんタコ。(無理ありすぎ) ぐにぐにっていう食感がたまりません。刺身とか酢の物とかたこ焼きとか。私がどんなにあなたを愛しているか知らないでしょう?!<なに告ってんの とくに吸盤がすき。ええ、吸盤。あれをですね、とうもろこしをかじるときみたく、足から吸盤だけかみちぎって、そしてひとつぶひとつぶの食感を心ゆくまで堪能するんすよ。まるでぷちぷち(エアキャップ)をひとつひとつ指でつぶしていくときの、あのえも言えない満足感に似たりよったりなんです。大きくて歯ごたえのある吸盤の魅力にとりつかれた日にゃあ、もうゲソなんて目じゃありません。たこマンセーです。あのグロテスクな外見から、たこを食用にしている国はすくないんだそうです。それを考えると日本に生まれてほんとよかったと思います。そして名古屋人に感謝しなくちゃね。<あの歌詞信じてんの?

2003年12月1日月曜日

木が三本って、森じゃなくて?

グラシアス。(マイブーム挨拶) 最近またお肉のつきぐあいが気になりだしたondです。このままお決まりの中年太りへのエリートコースをひた走っていっちゃうのかと思うと気分はメリッサなのですが、でもいいんですこれは幸せ太りだから。…ほぅーれつっこんでみなー。
きょうは水が出なかったお話。ええトイレの。男子トイレの小便器にセンサーで水が出るのがありますよね。…ああ女子のみなさんごめんなさい。(そんな謝るほど下品な話題じゃないっていうか、たぶんそれくらい周知だし) あれが作動しなかったの。もうにんともかんとも。はじめはセンサーの故障かと思ったんですが、なんか小耳にはさんだ情報によるとちがうの。あれって人間の体温を感知して人が通ったかどうかとかを判断するんですが、冬になってきて厚着すると、体温が服にさえぎられて感知できないんですって。冬服は保温のために熱が外側に逃げないようになっているものが多いのでなおさらのこと。なんかまたひとつ勉強になりました。そこでためしに、手のひらをセンサーにかざしてみれば真っ赤に流れる僕の血潮ちゃんと動きました。あと手よりも顔のほうがいいかもしれませんね。なんかこう、センサーをのぞきこむようにすんの。しかも今まさにもよおしている最中に。ちょっとかがんだ姿勢がみっともないの。そんなときにほかの人が入ってきて現場押さえられちゃったりしたらこっぱずかしいことこの上ないの。キャーッ、子どもができちゃうよーっ。<それ関係ねえだろ!

2003年11月30日日曜日

マリアカラス

あちこちの花屋さんにポインセチアが並ぶ季節になりましたがみなさんお変わりありませんか。おかわりしてもいいですか。<何 というわけで柄にもないこと言ってすみませんondです。きょうすでにけっこう見かけたんですけれど、このごろのポインセチアって赤色だけじゃないんですね。なんかピンクや黄色もあったんですが。でもいいですね、びっしり並べられている色あざやかな葉っぱをながめていると、それだけでなんだか心がポカポカしてきます。私もおもわず部屋にひと鉢おきたくなってしまいそうになったり。<シングルベルに花を添えてどうするよ
さて、もうすぐファインディング・ニモが公開されるんですけれども。いえね、はじめてその題名聞いたとき、昔あったアニメ映画「ニモ」の続編だと思ってまして、うわー懐かしいなーあれ観たの小学生のときだったもんなー続編だったらどんな話なんだろうなーきっとCG技術を駆使した見ごたえのある作品になるんだろうなー行っちゃおうかなー、と気分はすでに荷作りに取りかかっていたほどなんですが、……なにこの魚。おまえなんか知らないよ! 僕が知っているニモは夢と勇気にあふれる男の子だよ! こんなブサイクな熱帯魚じゃないよ! ブラジル帰れ!(ブラジル?) ということで私のせつない恋ははかなくもあっけなく散ったのですが、単に別ものだったってだけの話ですハイ。というか「ニモ」がディズニー映画だと思っていたことがまず私のかんちがいだったんですが。でも絵柄がディズニーっぽくなかったですか。もしかしていわゆるリスペクトだったんでしょうか。信じてたのに…。でもあれはよく覚えています。はじめて同級生だけで観に行った映画ですけん。とくにラストシーンなんですが(ネタバレ注意)、主人公ニモとヒロインのお姫さまがちゅーするんです。ええ、くちびるとくちびるで。<そんな具体的に書かなくていいし キャーッ、子どもができちゃうよーっ。(ガキの知識) 10歳の私には刺激が強すぎてスクリーンを直視できませんでした。青かったなあ自分。

2003年11月28日金曜日

マッケンジーには負っけんじー

懺悔します。私は今月、単月赤字が確定しているにもかかわらずおもっきり散財しちまいました。それも肉を食らわば皿までもみたいな開き直りっぷりで。しかもあまり表立って人に言えないような用途で。<どうせ百合本とかだろ? すっごいダメダメ。なんていうか、天使のいない11月ってかんじです。(え) どうでもいいですが、天使12という略表記を見るとどうしても「天使のしっぽ」を思い出してしまいます。♪6・3・3で12人~、ですもん、あれにはまいりました。<ていうかきみはさっきから何の話してんの
さて、マイフェイバリットコマーシャルのひとつに、ホンダのアコードがあるんですけれども。おそらく有名になっているかもしれません。ご存じのかたは「あーあれね」とか適当に相づち打っておいてください。あのめちゃくちゃ長いやつです。自動車の部品が次から次へと出てきて、なんか回ったり転がったりしながらどんどん次のを動かしていくという内容です。…って、あまりうまく説明できてませんが。そうですね、たとえるならピンアクションのくり返しというか、あるいはドミノたおしみたいな流れというか、むしろピタゴラスイッチのパクリかよ!(そのたとえはホンダにとって屈辱だと思う) なかなか圧巻です。やることがちがうというか、さすが世界のHONDAってかんじです。はじめとおわりの文字を取ったらONDです。<で?

2003年11月27日木曜日

ダックカイト

昔の同級生とテレフォンしました。もう懐かしいったらありゃしないっていうか、懐かしいにもほどがあります。みんな元気かなあ。私はかなり道を踏み誤ってしまったことをのぞけば変わりありません。だめじゃん。それはさておきやっとかめ、このごろ携帯電話で話す機会が増えているondです。…信じられますか? あの悪名高いケターイギライ人間だったondさんがですよ?<あのとか言われてもみんな知らないし だって、だってさ、無料通話分をすこしでも使っておかないともったいないじゃないですか。<うわぁ…
長いつきあいと言えばもうひとつ。三つ子の魂百まで、ということわざにあるとおり、小さいころからのくせって大人になってもなかなか抜けないものです。私にもひとつありまして。いえ正確には689個くらいあるんですが残りは割愛させていただくとして、それは手いたずらです。や、地方によって呼び名がちがうかもしれないのでなんて紹介していいかわからんのですが、とりあえずうちの地元では「手わさ」と呼んでいたやつです。<よけいわかんねえよ ひまなときや考えごとをしながら、手元にあるものをなんとなくいじってしまうことですね。すこし行儀がわるいというか、ソワソワールなのというか、あまりいいものではないので子どものときからたびたび注意されていた気がするんですが、いまだになおらない。とくに私はよく前触れもなくボーッとしたり妄想にふけったりするもんで、そうするとやはりくせが出てしまうみたいなんです。
こないだ銀行だったかどこだったかの窓口行ったんですね。で、なにやら手続きしまして、書類をコピーしてくるとかって窓口さん(人名?)が席を立ってお店の奥のほうに行ったんです。待ちぼうけですよアイアム。ちょっとの時間だったんですが、ひまだなあとかぼんやり思いながら待っていました。そして、戻ってきた窓口さんが私を見るなり「ひっ」てちいさな声あげるもんだから何ごとかと。いくら私が目にあまる変態オーラ出してるからって、それはちょっと失礼じゃございませんこと? とか思って(思うなよ)自分の手元を見ると、そこにはバラバラに分解されたボールペンが……。やっちまったみたいです、ええ、まったく無意識のうちに。あーん、「ひっ」て言われちゃったよ、「ひっ」て言われちゃったよ、どうしよう。(ゆみすけ) しどろもどろの言いわけしながら速攻組み立てたりして、あれはもう恥ずかしかったのなんの。

2003年11月26日水曜日

入店管理法

先日飲み屋で食べた茶碗蒸しがとってもおいしくてしかも中にギンナンとユリネが入っていて気分はホクホクだったので、本日のひびは祝日とさせていただきます。<なんでそんな時間差で発動してんの

2003年11月25日火曜日

豚足に乗り夜空を駆ける

No.003 新潟県・ondさんからのヤドリビア

ondは、「オンディー」と読む

補足ヤドリビア:
・読みかたの由来は、マサル会議でキャンディーにまぎれている人。
・水の精霊オンディーヌや斬鉄剣をもつオーディンとも似ているので、なんか神話っぽい。(自己満足)
・表記の由来は、昔どこかでフリーメールアドレスを取ろうとして、ondaがすでに使われていたのでかわりにondというアカウントを取得したことによる。
・「ond@」ってちょっとかっこいいかも、と思ってしまったことは秘密。
・これをもって公式発表(?)とさせていただきます。
・でもオフでは実名で呼んでください。

高橋さん:
八嶋くん、きみも今のうちにせいぜい名前売っておきなさいよ。

2003年11月24日月曜日

多国籍料理

おはようございます、もしかしなくてもondです。皆既日食がありました。南極で! 白夜で!<すけべー 小さいころから宇宙や天体に強い関心があったのでその手の話題には目がありません。人間の力ではどうしようもない途方もなく強大な力が、かぎりなく広がる宇宙にはあるのだということを感じられるからです。地球もまたちっぽけな存在でしかないと思えてくるというか。星空を見上げてなんとなくジーンとくるのの延長線だと自分では思っているのですが。最近では太陽フレアによる磁気嵐がおおきな問題として扱われています。このほど日本の衛星が故障して廃棄に追いこまれた原因もそれではないかと言われていますし。今後も、人工衛星を利用した通信・観測・軍事などのさまざまな方面への影響が懸念されています。人類の技術発展や進歩にかかわる重要な障壁となるかもしれないんですが、これも、人間はけしておごってはいけないという太陽からの警告なのかもしれません。じっさい私たちは、地球上のみならず、打ち上げた人工衛星の残がいなどで宇宙空間までも汚しはじめています。そう遠くないうち、ごみや廃棄物を宇宙に捨てるビジネスが始まってもおかしくないでしょうね。環境問題のグローバル化ということが言われている昨今ですが、すでにそれよりももっと広範囲での議論が必要な時期にさしかかっているのです。

2003年11月23日日曜日

抱いたん?

今夜は祝杯です!
それと同時に、この世にまたひとつあらたなヤドリビアが誕生しました。っていうかただのジンクスですけど。それは「J2に降格した2クラブのうちどちらか1クラブは翌年J1に昇格する」というものです。まあ、まだJリーグ2部制が導入されてから5年目くらいなので統計もなにもあったもんじゃないんですが、とりあえず確認VTRをごらんください。

1999年 浦和・平塚(現湘南)が降格 → 2000年 札幌・浦和が昇格
2000年 京都・川崎が降格 → 2001年 京都・仙台が昇格
2001年 福岡・C大阪が降格 → 2002年 大分・C大阪が昇格
2002年 広島・札幌が降格 → 2003年 新潟・広島が昇格

ほらー。そして、これら復帰を果たしたチームにはそれぞれドラマがありました。2000年の浦和と言えば小野選手です。将来日本のエースかと騒がれた小野選手にとって、J2でプレーすることはマイナスアピール必至でした。当時すでに海外行きの話もあがっていたのですが、チームメイトとの絆をえらんだ彼はよそに移籍せず浦和に残り、自身のケガとも闘いながらチームを1年でのJ1返り咲きに導きました。その翌年に晴れてヨーロッパに渡ったわけです。また、2001年の京都では、韓国の若きエース、パク・チソン選手が活躍しました。ワールドカップ2002でのスーパープレーはまだ記憶に新しいところです。ほかにも黒部・松井両選手の成長も目立ちました。2002年のC大阪は、森島・大久保の新旧日本代表プレーヤーを抱えてのまさかの降格という悪夢からみごと立ち直りました。そして今年、2003年の広島はこれからの日本サッカーを担う若い選手ががんばりを見せ、世代交代による古豪復活を強く印象づけました。いいですね。いい話です。ていうかドラマ仕立てのストーリーに弱いですね私。
今季、このジンクスの実現を予感していた私は、はじめから残るイスはひとつだという気持ちで声援を送っていました。そして悲願の栄光を手に入れたわけですから、たいしたものです。このままの勢いで、新潟はどうか上がったり下がったりのクラブにならないよう上昇しつづけていってほしいと思います。

2003年11月22日土曜日

寝たり這うたり

学祭シーズンズです。(複数形にしなくていいし) 先日書いたとおり自宅の近所に大学がありまして、この週末は大学祭をやっているようです。ひっきりなしに聞こえてくるアナウンスやにぎやかな音楽ですでにおなかいっぱい。私はもうこの秋に何も思い残すことはありません。さっさと次行ってください、次。<なんかあったの? でもそれにも負けずスピーカーで大声をはりあげていたのが古紙回収のトラックだったんですが。
さて、うまくいかないことがつづくと気落ちしてしまいます。タイミングが合わないというか。人が衣替えしようと思った日にかぎってピーカンで気温高くなったりするんですよ、もうやんなっちゃいます。<まだやってなかったのっていうか、きょう寒かっただろ?! そういえば小学校のとき、うち校内で裸足だったんですよ。裸足少女ですよ。<え なんか健康にいいからって理由だったと思うんですが、なんにせよノー上履き。だから中学に上がるまで「上履き」という単語すら知らなくって。…なんですかその目は。またこいつホラ吹いてやがるよっておっしゃりたいんですか。はいうそですごめんなさい。(そんな素直に認めんでも) いえ、でもうちではもっぱ「内履き」って呼んでたんですよね。だからあながちまちがいではないんですがそれはさておき。さすがに冬期だけは上靴オッケーだったんですが、そうすると問題となるのがいつ履きはじめるかってことです。今の時期だったらもうさすがにほとんどの子が履いていたと思うんですが、クラスに何人かはがまんくらべというか、つまりいつまで裸足でたえられるかやっていました。当人たちにとっては単なるゲームというか友だちどうしの意地のはりあい程度のものだったんですが、それを学校側が真に受けちゃったものだからさあ大変。12月になってもハダシックス(当時流行語)だった児童は表彰されるんです。冬でも元気なわんぱく小僧とか言って。<小僧とか言わないだろ その中に私もふくまれていたことはある意味言うまでもなく

2003年11月21日金曜日

高菜ラーメン-高菜=ラーメン

あなたのホームページがふたつある?というお話。ということでこんにちは、パリッとしっとりいとおしいほどondです。今夜は私のテクニカルレポート(別名へりくつ)におつきあいくださいっていうか、むしろ私とつきあってください?!
現在インターネット上にはホームページがくさるほどあります。それぞれのホームページはURLという定められた書式の文字列で識別されます。最近ではURIと言うこともありますが。たとえば、あまやどりの現在のURLは
http://www9.plala.or.jp/ond/
です。ほかには
http://www9.plala.or.jp/ond/index.html
という表現もあります。両者のちがいは、コンピュータ内のディレクトリを指しているかファイルを指しているかという点にあります。ブラウザでHTMLファイルや画像ファイルなどを入力すれば、その名前のファイルを読みこんで表示しますが、ではディレクトリ名のときはどうなるか。これは、サーバー管理者やインターネットサービスプロバイダによるコンピュータの設定により異なります。おもに①そのディレクトリにあるファイルの一覧を表示する、②そのディレクトリにある特定のファイルを表示する、③ファイルが指定されていないとしてNot Foundを返す、あたりをよく見かけるでしょうか。一般的なプロバイダで多いのが②で、代替のファイルが「index.html」になっているものです。この設定のうえでは、/ond/というディレクトリを入力すれば、かわりに/ond/index.htmlが表示されるしくみになっています。多くのホームページでindex.htmlがトップページになっているのはそのためです。
これらふたつのURLは、実際に表示するページはたしかに同一ですが、URLとしては異なります。ブラウザのお気に入りにもべつべつに登録できてしまいます。「ホームページがふたつある」というのはこの問題のことです。…問題でもなんでもないけどな。でもどちらかに統一したいものです。あまやどりなら前者です。すなわち、ond的には
http://www9.plala.or.jp/ond/index.html
というURLは存在しません。URLをひとつにするには、ホームページ内で注意書きをしておくのがいいでしょう。ブックマークやリンクはこのURLにしてください、という具合に。電子メールに署名したりほかの人に教える場合も同様ですね。
ところが困ったことに、このように対策をとっていてもURLがふたつ存在してしまっているホームページもあります。それはなぜか。上に書いたものはあくまで対外的な、つまりそのホームページを見るほかの人に対するアナウンスであって、原因は内側にあると私は考えます。そう、ホームページ内部のハイパーリンクです。トップページに戻るためのアンカーが
<a href="index.html">もどる</a>
となっている場合を考えます。ほかのホームページのリンクや直接入力などで
http://www9.plala.or.jp/ond/
からホームページに入ったとします。そしてほかのページを閲覧して、上記のアンカーをたどってトップページにもどり、この時点でお気に入りに追加しようとします。このときのURLは
http://www9.plala.or.jp/ond/index.html
になってしまっています。ここが落とし穴です。URLをディレクトリ指定かファイル指定のいずれかに統一しようとするならば、ホームページ内のすべてのハイパーリンクも合わせなければなりません。ディレクトリ指定のときは相対パスによるリンクが便利です。たとえば次のようにします。
<a href=".">もどる</a>
いかがでしたでしょうか。URLは広大なインターネット世界にひとつだけのリソースを特定する、便利で重要なものです。ひとつとして同じものはないんです。もともと特別なオンリーワンなんです。その花を咲かせることだけに一生懸命になればいいんです。咲かせてください恋の花。<何いってんのっていうか、なんでいきなり演歌調なの

2003年11月20日木曜日

あたしが壊れても

ピコファラド。(静電容量の単位) ながらごはんはいけません。ほかのことをしながらごはんを食べることなんですけれども。子どものころ、食事中にテレビを観ていて親御さんに注意されたことがある人は多いと思いますが。私も自薦他薦を問わずそのタイプでした。とにかく行儀がわるいというか、ちゃっちゃと食えばいいのにそれができないんですよ。テレビはもちろんのこと、魚の骨とか小さいのまできれいに取らないと気がすまないし、みそ汁の表面に浮いている油をぜんぶひとつにつなげて遊ぶし、佃煮のビンが空こうものなら突如おにぎりバーテンダーに変身するし(以前のひび参照)、あげくの果てに寝だすし。……そんな目で見んじゃねえよコンニャローオメー。(菊池) 誰だってなあ、子どものときは多かれ少なかれそうなんだよバッキャローオメー。(山田) ということで、人よりちょっと好奇心旺盛な子だったということにしておいてください。<ちょっとか?それはちょっとか?
で、そんな落ち着きのない少年時代をすごしたondさんは、きょうもパソコンの前に座って日記を書きながらごはんを食べています。

2003年11月19日水曜日

青い白地図

東京人に対する誤解シリーズ。
♪東京の人は、おいしいものを食べるためなら金と時間をいとわない。
♪東京の人は、大阪も大きな地方都市くらいに考えている。
♪でも大阪弁にはちょっとあこがれている。
♪東京の人は、値切らない。
♪東京の人は、みんな「山手線一周」をやっている。
♪でも駅の名前をぜんぶ言えない。
♪東京の人は、人と会うとまっ先に左手の薬指をチェックする。
♪東京の人は、ウィッキーさんが駅前からいなくなって心底ホッとしている。
♪でもサラリーマン早調べクイズには出たがっている。
♪烏龍茶ポリフェノールは、脂肪がきらい。<またか
♪東京の人は、「キ」と「ス」の間に「ッ」を入れない

2003年11月18日火曜日

盲腸コアラ

シュミレーションじゃなくシミュレーションだ!(挨拶) ということできょうはシミュレーションの話です。ええと、サッカーの。近ごろ試合中継みてると、どうもとりすぎなんじゃないかって気がするんです。本当にファウルを受けたのかそれともくらったふりをしたのか、たしかに判別がむずかしいことも多いと思うんですがなかなかどうして。せっかくゴール前に攻めこんでチャンスを作ったのに、倒されて痛い思いして、なおかつ自分がカードもらったりしたらいたたまれないことこの上ありません。サッカーは紳士のスポーツである、とよくフェアプレーの精神がうたわれますが、実際のところ、それ以上にずる賢さやだましあいがワンプレーの大きな鍵をにぎっています。事件は現場で起きているんだってやつですね。関係ないですね。そうですね。
なにが問題かって、あのだだっ広いグラウンドのなかに主審がひとりしかいないってことです。副審もふたりいますが、おもにラインやオフサイドを見ている担当で、ゲームを止めたり判断をくだすのはやはり主審にゆだねられています。なので運動量がはんぱじゃない。ひと試合のあいだにどの選手よりもたくさんの距離を走っている、というデータもあります。ですから、いちいちフィールドのすみからすみまで行っていられませんし、あまりプレー中の選手に近づいても自分にボールが当たったりじゃまになるので、どうしてもすこし離れた位置からしか見張ることができません。そのために大胆なプレーが横行します。相手を押さえつけたり服を引っぱったり、一対一のときはさながらつかみあうような激しい攻防も見られます。これではまずファウルなのかどうなのかすらわかりません。取りすぎてもゲームが中断してばかりで流れがとぎれてしまいますし、観客も興ざめしてしまいます。だいいち遠目ですから主審もただしく判定できないことがあるでしょう。そこで、選手が倒れたかどうかをファウルが起こったという目安にしているわけです。それだと大雑把すぎないかなって。
私は高校のときバスケットをやっていて、大学ではサッカーをやったんですが、両者の差異をいちばん感じたのはやはりそのへんのところというか、ボディコンタクトのちがいです。バスケはスクリーンプレーなど、全身を使って相手の進路をふさぐことは認められていますが、強く押したりちょっと相手の腕をたたいたりするともうファウルです。また主審はふたりいて、わりときびしくチェックしています。そういう畑で育った私がサッカーの世界にとびこんだとき、一見ラフプレーとも思える激しい当たりや、審判の目をぬすむずるいテクニックにはほとほと戸惑わされました。今は、それもサッカーのうまさのひとつであると理解していますが。ときにはうそをつくことも必要だ、って、なんだか人生みたいですよね。<なに悟ったようなこと言ってんの というわけで、マイオピニオンとしては、反則はきびしく見てほしい、でもシミュレーションは取りすぎないでほしいというわがままさんなんですけれども。むしろ審判制度を見直してほしい。
そういえば、いつの間にかグルグルが完結してたんですが。<いまごろ気づいたのっていうか、そっちが本題なのかよ

2003年11月17日月曜日

ガストアルバイター(ガストで働く人)

くわえタバコ禁止条例。(ちょっと違) というわけできょうは喫煙の話です。喫煙場所を制限するあらたな法律や条例がつぎつぎに制定されて、しかも増税につぐ増税と、喫煙者の立場がどんどん追いやられていっているさまは、はた目に見ても気の毒だなと思うんです。自分のすきなものを取りあげられるのはだれだっていやですから。私も同人誌禁止条例とか出されたら困るどうしてそこまで敵視されなければならないんでしょう。ひとつに昨今のキーワードとも言える受動喫煙。タバコを吸いたくない人が副流煙をゲットしてしまうってやつですね。これは個人的には迷惑をこうむる機会があまりありません。というのも、私の知り合いは見識のある人ばかりでして、私と同席するときは吸わないでくれるか、かならずひとこと断ってからにしてくれます。しかし世の中そういう人ばかりではないわけで。一部の心ない行為のせいでルールがきびしくなっていく、というのは口惜しいながらもそうせざるを得ないんでしょう。そのへんは一人ひとりのマナーが問われているということでしょうか。
また、喫煙者本人の健康に留意して、という声もあります。…よけいなお世話ですよね。みなさん体によくないことくらいわかっていて吸っているんですから、そんなことあらためて他人に指摘されたくありませんよね。私も二次元から足洗えとか言われたら腹が立つむしろアメリカみたくいざガンになったからって裁判起こすほうがけしからんわけで。驚いたことに、そんな訴訟がことし日本でも起こったっていうんですから。たしか訴えは棄却されたそうですけれども。めでたしめでたしなんですけれども。ただ、タバコのパッケージには、健康を害するおそれがありますみたいな注意書きはしてあると思うんですが、中毒性については触れられていません。かっぱえびせんですらちゃんと「やめられないとまらない♪」ってうたっているというのに! 私は禁煙をしたことがありませんが(そりゃそうだ)、やめようとしてもなかなかやめられない、それが実はタバコのいちばんこわいところだと思いますので。だからそのことももっと広く知らせてほしいです。周知に徹底ってやつですね。(禁句?)
てなとこで。やっぱりね、タバコ吸う人吸わない人いるわけですが、どちらかが他方を押しやるのではなく、共存できる社会であってほしいものです。そのためには、相手の立場にたって気持ちを考えること、そして、自分とちがう意見をもつ人もいることを認めあうことが大切なんじゃないでしょうか。私の趣味も理解してあげてください。<もうそのネタくどいし

2003年11月16日日曜日

真っ赤な靴履いて歩きたかった

こんばんは、宮家きってのダンディーondです。(詐称) 裏地が赤色の財布は持つな、とさる方面から忠告されたんですがどうしましょう。<どうしましょうって言われても ああ、理由なんですけれども、赤だと赤字を連想させるから縁起がよくないとかって。反対に黒はお金がたまるんだそうです。私はそういう迷信のたぐいはおしりに聞かせちゃうタイプなのでそんなことはどうでもいいんですけれど、むしろ気になったのは、そんな財布がそもそも存在しているのかってことです。印鑑のケースならあるんですが、財布は聞いたことがありません。こないだデパート行って見てきたけどなかったべ?(ていうかわざわざ行くなよ) だってこれだけ下馬評でこきおろされているんならまず作らないでしょうが。あ、もしかして海外のブランドのだったら、赤字とか黒字とか言わないからあるかもしれません。でも、でもさ、あったとしてもそれセンスわるすぎだろう。
ということで、基本姿勢は鼻で笑っちゃうということにしておくとしても、いちおう肝に銘じておこうかと思います。なにせきょうびフッ素の入っていないハミガキがいまだに売られているくらいですから。

2003年11月15日土曜日

そけーさん

道ばたを歩いているとなにやらゴリッとしたものをふんづけた感触があって、足下を見てみるとドングリがいっぱい落ちてました。(NHK風挨拶) 山の色づきぐあいはまだまだまばらなんですけれど、こんなところで秋まっさかりといったところでしょうか。通学中の小学生が楽しそうに拾っている姿がほほえましかったです。あと犬を連れて散歩中の奥さんもごっそり紙で包むように…ってそれはドングリじゃなくてワンちゃんのアレですねきっと。
そんな秋深きこの近所一帯なんですけれども、最近どういうわけかスズメバチをよく見かけます。通勤中にばったり遭遇してしまうとこれでもかってくらい危険です。こっちが黒い色のスーツなんか着てた日にゃあそりゃあもう襲いかかってきますから。きませんけど。それとびびったのがきょうの事件。家の窓開けたらそこにいやがんの。網戸一枚はさんだ向こうがわでホバリングしてんの。なんかあれですね、映画とかでビルの最上階に立てこもった犯人のところにヘリコプターがバーッて飛んできて強烈なライト当てておまえたちは完全に包囲されているシーンみたいな。目と目が合ったらミラクルみたいな。<? この付近のどこかにあの芸術作品のように美しい球体の巣があるのかと思うとちょっと怖いです。でもあれですよね、元をたどればかれらの住みかを奪ったのは私たち人間なんですから。<なにそんなエコロジストぶってんの とは言え自分の身は自分で守らなければならないこの時代、護身用に殺虫スプレーを携帯しようかと本気で検討しているondです。あちらさんが冬眠に入るまでの間だけでも。

2003年11月14日金曜日

汗だく乙女

ども。私が霧隠れしているあいだに世間ではさまざまなニュースが飛び交っていたようですが。ond的に聞き捨てならなかったのは、天皇さまが即位してから全都道府県訪問を達成したとか。先をこされちゃいました。<なに対抗意識もやしてんの あとはコイの大量死。これぞまさに突拍子もないというか、ねににみにずだったというか(寝耳に水って言えてないし)。動物の大量発生や収穫減少のニュースはたまに登場するのでそのたぐいの話かと思っていたのですが、どうもコイ特有のウィルスに感染して死ぬらしいのです。さしずめコイの病といったところでしょうか。…はいすんまそん、こんなオチじゃ許してくれませんよね。<許す許さないの問題じゃなくて
けさ道を歩いていると、垣根の向こうからなにやら大きな声が聞こえてきまして。どうも若い男女が激しく言いあっているご様子。おいおい朝っぱらからなに見せつけてくれてるんだい?(どこぞのオッサンか) と好奇心はムクムクで、聞き耳をたててみたんです。そうしたらイベントの司会みたいなのの練習しているみたいでした。なーんだ。<なんでがっかりしてんの そう、通りがかったのは大学の横でして、大学祭も近いんだなって感じさせるひとこまでした。
それにしても朝からテンション高いんですけど。いえね、私の中ではもう大学生は朝が苦手なものだとすっかり思っていたものですから。そして烏龍茶ポリフェノールは脂肪がきらいですから。(関係なし) つーかまる聞こえなんですけど。朝ですし頭の中仕事モードですし、聞いてるこっちが恥ずかしくならあ。

2003年11月13日木曜日

ラティス販売

そっと悲しみにこんにちわ。(タッチ) ということでご無沙汰しておりました星屑ondです。…はい、ondですとロンリネスをかけてみました。<説明しなくていいし ていうかね、ようやく長旅から帰ってきたというか、つまりは自分のinner space tripだったんですが、私ってあいかわらず失言大王だなと思って。昔から、自分のことを棚にあげたり立場を考えないでえらそうなこと言いまくっちゃうんですわ。それをホムーペでもやっちまって、なんというかショボーンというか自宅謹慎というか。たとえば、ダイエットしたらあかんとか自分の体を大切にせなあかんとか前に書いたんですが、ていうかなんで唐突に大阪弁なのかわかりませんが、そういう本人はいま歯科矯正やっているんですよ。もう2年目になるんですが。こないだ歯をけずられながら、これってどこがちがうんだろうとふと思って。
でも、でもさ、言いわけがましいですがこれにはやまれぬ事情がありまして。私はもともとやるつもりはなかったんですが、親にどうしてもと言われたんです。幼少期は体が弱くすぐ熱出したりなんだしたりだったものですから、おかゆとかすりおろしたリンゴとかヨーグルトとか消化のよいやわっこいものばかり食べてたんです。成長期にそれだとあごがきたえられなくって、しぜんかむ力もつきません。だから、そのせいで私の歯並びがわるくなったって責任感じているみたいなんです。それはもうこの親にしてこの子ありってくらいの自虐っぷりで。そんな言われたらしかたないなあ、と。ただ、やるにしてもこっち(親指と人差し指で輪っかを作りながら)まで親の世話になるわけにはいかないじゃないですか。いえ人様はどう考えるか知りませんが。なので社会人になったら自分の稼ぎでやるから、ということになりまして、そして現在にいたるわけです。
これだけならちょこっといい話なんですが、なんですがね? 私が重たい腰を上げたことで気をよくしたのかなんなのか、これですこしはいい男になってもてるかもな、とか言ってくるんです。ここでまたブチ切れですよ。まったくひとこと多いっていうかよけいなお世話だっていうか。や、息子の将来を案ずる親心は察するにあまりあるんですが、だからってそんな俗っぽい話にからめてほしくないわけで。ていうか歯を治したくらいで人生変わるなら苦労しませんし、それに私に必要なのはむしろ性格の矯正なんですってば。

2003年10月28日火曜日

シゾフレア・バーニング

こんにちはおんだですどうもどうも。(たまには昔の名前で) 私は神様というものはそれほど信仰していないんですけれど、マリア様なら神の見えざる手の考えはすきだったりします。国富論の有名な一節ですね。各人が自由に自分の利益を追求すると社会全体のバランスがとれる、という一見まゆつばもののできすぎた話ですが、この理論が資本主義や市場経済の原典となって今や多くの国で息づいているわけです。
ですが現代社会においては、当時とはもちろん世界のありさまがちがってきているため、それほど自由奔放というわけにはいきません。ひとつの大きな要因は国家間の作用です。国富論ではせいぜい一国の中での議論だったのでしょうが、今はワールドワイドな産業や流通があたりまえです。対象とすべき規模がまるでちがいますし、同じ経済活動でも貿易や国際競争となると話はがらりと変わってきます。さらに国家間の力の差がネックでして、資源の多い国少ない国、競争力のある国ない国、それぞれありますし、また各国ごとに内部事情も抱えているでしょうから、そこで全員が同じ舞台に立ったところで足並みが揃おうはずもありません。分配の濃淡や貧富の格差は広がるいっぽうですし、かといってそれを是正しようとするオペレーションも自由経済の名に水を差しているようできまりがよくありません。私たちに与えられているのは結果の平等ではなく機会の平等なのですから。このように、経済主体の単位が個人や企業から国家に遷移したととらえればよいでしょうか。そのため、国による内外へのさまざまな制約が課せられます。以前述べた為替介入や関税などがその例です。自国内の資源や産業を保護するため、つまり自分の利益を確保するために、現在では国際間の自由な取引がいたるところで阻害されているのです。もっとも、地下資源の枯渇や環境問題など、完全に無制限にしてしまったら大変なことになる部分もあるのですが。
というわけで、神に代わって市場経済という世界を動かしている国家、そのトップである国会や政府の代表者を決める大きな選挙がちかぢか行われるわけですけれども。<すごい前置きだな 一票の権利を行使するもしないも個人の自由かもしれませんが、やはりなるたけ多くの人が投票に行ってほしいです。たくさんの声が集まれば本当に世の中は変わるんです。たとえば今年のプロ野球オールスターファン投票でも(検閲削除) 白票だってりっぱな意志表明ですし、むしろこういう人に大臣をやってほしいってのを勝手に書いちゃえばいいんです。<それはどうだろう とくにジャニーズ内閣なんておもしろいと思うんですが。政策はニューシングルで発表、街頭演説はさながらゲリラライブ、法案審議はバラエティ番組のノリ、企業献金はスポンサー契約料に変更、ハンサム揃いで外交もスムーズ、そして首都機能をDASH村に移転。これまで政治に関心が薄かった若者や女性もこれでついていくことまちがいなしなしです。…私がいちばん政治をなめてますか。そうですか。ただ、これでも完全に変わるわけではないというか、派閥とかはまた作られてしまうんでしょうね。ちなみに私はヨッちゃん派。<そっちの派閥かよ

2003年10月27日月曜日

玉砕ならいいんです

カコーーン。(温泉?) お風呂上がりのondです。あられもない姿です。…想像しちゃだめだよ?(キモいこと言うんじゃねえっていうか、食事中の人とかいるかもしれないから発言には気をつけろ) きみといっしょなら寒くないよ、って言いかけてやめました。<日記か?それは日記なのか?
てかね、ここんとこスランプ気味でして。ひびがっていうか、むしろ人生が。<最悪じゃん ちょっとこう、くさくさウィークだったというか(?)、ふて寝ウィークだったというか(どうしたよ)、そのへんのニュアンスをお伝えするのはちとむずかしいんですけれど、具体的にたとえるなら電話で自宅までの道順を説明するのと同じくらいむずかしいんですけれど、なんていうか、来月アパートの更新料払わないといけないので赤字確定ですどうしよう。…平和なお悩みですこと。

2003年10月26日日曜日

朝露と朝日を抱いて

そういやこないだお酒飲んでから仕事行ったんですよね。(?!) お酒といってもお祭りの御神酒をひとくちですが。そんなことより聞いてくれよ>>1よ。きょう繁華街のミスドナ行ったんです、ミスドナ。そうしたらなーんか人がめちゃくちゃいっぱいで身動きとれない。おまえらな、全品100円ごときでふだん来てないミスタードーナツ来てんじゃねえよと。(おまえもな) しかもな、高いからってふだん食わないマフィンとかえらんでんじゃねえよと。(おまえもな) さらにな、ポイントカードが変わったことに今ごろ気づいてんじゃねえよと。(おまえもなっていうか、それはたいていの人がそうだろう) というか実は昨日もちがう店行ったんですがね、もう棚がガラガラ。まだ夕飯どきだったってのに閉店間際を思わせる撤収っぷり。なんか厨房の奥から店主が出てきて「お客さんすみませんねー、もう今日かまどの火落としちゃったんだよー」とか言ったりしちゃって。どこの店だよ。つーかかまどなんか使わねーよ。

2003年10月25日土曜日

キープしたつもりがキープされ

本日公開の映画キルビルを観に行きませんでした。<なんだそれ ということでこんにちは、無から有(日記のネタ)を生み出す忍者ハッタリくんただいま参上。そういえば学生時代も架空の実験レポートとか心にもない感想文とかよく書いてたでござるよ。にんにん。
まあそれはさておき、興味があるのは事実なんです。おもしろそうですし。とくに日本寄りなのがそそられますね。日本を題材にした海外の映画って、なんかサムライとかスモウレスラーとか、ちょっとそれ日本を誤解しまくってるだろうっていうかいつの日本だよって思うのがちょくちょくあるような気がするんですが、それさえも個人的にはそこはかとなく楽しみだったりするんですが、キルビルはそういう意味での日本かぶれではなくって、むしろ監督さん日本オタク? それと配役。だって、日本人俳優がハリウッド映画に出るなんて石橋貴明さん以来じゃないですか。(かなり誤った知識)
で、私が注目しているのがその栗山千明さんでして。ていうか彼女にはわしゃあ期待しちょるけえ。<それが言いたかっただけじゃないのか? 俳優の話なんて私めったにしませんから耳の穴かっぽじってよくお聞きください。そのうちボロが出るから。それでね? まず六番目の小夜子ではこれ以上の人はいないってくらいのはまり役で、一気にフォーリンラヴしちまいまして。原作のもつ恐怖感を表現するうえで最大の功労者だったことは言うまでもありません。あとバトルロ。あれなんかさ、よーしパパ亜季ちゃんにモエモエしちゃうぞー、と胸に誓って臨んだわけよ。そうしたら、そうしたらね。そっちに転ぶっちゅーねん。コロッといっちゃうっちゅーねん。千明さんの魅力はなんと言ってもあのミステリアスな雰囲気です。ホラー要素がとことん似合いますよね。最近は髪切って明るくイメチェンしているようだけれども、ロングの黒髪がいちばんすきです。お姉さまロザリオをくださいって思わず口走っちゃいそうで。<それはおまえだけだろ そしてはずせないのが、瞳。あの鋭くてけわしい目つきがたまりません。だってさ、あんな年端もいかない子にキッとにらみつけられたらどうですかっていうか、どうよ。<しらねえよ むしろその目で私を呪い殺して?!(病気) ということを、某写真集のときからファンだった私はずっと思っているわけですけれど。…あーあ書いちゃったよ。

2003年10月24日金曜日

炭におけない

手袋デビューです。(公園デビューですみたいなノリで) 今朝の冷えこみにすっかり負けてしまいました。時期早すぎますか。根性なしですか。そうですか。ということでこんばんは、見た目のわりに気がちっちゃいondです。痛い話とかダメだし。誘導尋問に弱いし。(関係ないよ?) ついでに言うとあっちもちっちゃいんですがね。<最低だオマエ
さて気を取り直してまいりましょう。っていうかまいります。手袋もちゃんとしたの買わなきゃなあと思ってまして。というのも、今しているのが去年のダカラのおまけなんですよ。買うときはべつにそんなの激しくいらなかったんですが、まあ私も鬼じゃないし(?)このままポイポイのポイしちゃうのもあれかなあと思って、使ってみたわけ。ちびっこサイズにむりやり手つっこんで。そうしたら結局それがひと冬じゅうつづいちまいまして、という次第で。でもってロゴマークとかもすっかり色あせたそのおまけ手袋で二年目の冬を迎えようとしているわけですが、…ちょっとまて自分。それはケチっぷりにもほどがあるだろうっていうか、そもそもきみはそれをして会社に行ってたのか? ま、それはご想像におまかせしますわ(ニッコリ)ということにしておいて、通勤のときも格好がつく手袋がほしいものです。そこで狙っているのが白手袋。そう、あのタクシーの運転手さんやデパートの受付係さんがしているあれです。あれいけてねくね? すれちがった人たちから一目置かれることうけあいです(距離を)。でもあれどこに売っているんでしょう。次週につづく。

2003年10月23日木曜日

私と挑んだ百二十日

No.002 新潟県・ondさんからのヤドリビア

道頓堀川に飛びこんで溺死した人がいる

確認VTR:
・優勝が決まった日とか事故当日とかのニュース映像を適当に。

補足ヤドリビア:
・不謹慎ですか。そうですか。
・ondに言わせれば不謹慎なのはどっちだろう。
・○○した人がいる、というネタは本家でも多く見られる気がしたので、それにのっとって。
・数十年後にはかならずトリビアになるはずなので、それを見越しまくって今のうちに。
・湾岸署はレインボーブリッジとかよりもこっちを封鎖すべきだった。
・犠牲者のご冥福をお祈りします。(テレビ的配慮)

2003年10月22日水曜日

ブルーリベット

あれですね、日がとっぷり暮れるととんと暗くなって、しかも夜の冷えこみもしだいにきつくなってくる時期ですが、そうすると家々の明かりが目にしみて泣きたくなります。<なんでいきなりそんなセンチなの ごめんなさいうそですもう涙は見せません。
それにしてもね、うちの近所に新興住宅地がありまして、朝晩いっつもそのへん通るので目に入るわけなんですが。ほんとにいいお宅ばっかりです。ちなみに私はいい歳こいたオタクです。<言わなくていいし つくりはモダンだし外壁はきれいだしこぞってガーデニングしてるし庭には芝生はってるしいい車停まってるしまだ風鈴つるしたまんまだし。見ばえのよさに思わずため息出ちゃいますっていうか、むしろ目にしみて泣きたくなります。(またか) いちばん驚くのが、電気。そう、玄関やガレージの明かりが勝手につくやつ。センサーか何かでやっているんでしょうね。あれは便利だし防犯にもなるし言うことありません。ただ、できがよすぎて、通行人(=私)が家の前を通りがかっただけでついてしまいます。それはちょっと射程範囲広すぎだろってくらいに。そうするとまるで自分がわるいことしたみたいに思えてきて、ついピンポンダッシュのごとくに逃げちゃったり。そしてよけいあやしまれたり。(泥沼)
もちろん、家にとって重要なものは見てくれや豪華さではありません。心と体を休めるやさしい空間、守られているという安心感とぬくもり、そしてなにより家族がいて、いたわりと語らいがあって。そういうもんじゃないですか。一家団らんなんて平凡なことと思うかもしれませんが、そんなあたりまえのような姿が現代社会においては消えつつあるのです。今こそその大切さを見つめなおすときなのかもしれません。かくいう私も、家庭というものにあこがれてみたくなる年ごろです。住宅地の家々から楽しそうな子どもの声が聞こえてきたりするときなんか、とくにね。だから思うんです。…ぼくも子どもにもどりたーい!<そっちかよ

2003年10月21日火曜日

メキメキ数字に強くなる

ハーゲンダッツのモナカ…もといクリスピーサンドは危険です。やう゛ぁいです。はまっちまいそうで。まじでくせになるおいしさというか、サクッとしてパリッとした食感もいいし、袋開けたとたんにほわーんっていいにおいが広がるのがSUTEKI。市販のアイスであそこまで強い香りってなかなか出せないと思うんですが、そのへんやはりさすが大御所ってところでしょうか。これなら品不足のために各地で混乱や騒動が起こって販売中止になったっていういきさつも納得できます。(注:理由ちがいます)
それにしてもあれですか、そんなもん食ってるなんてondのくせに生意気ですか。(のび太のくせにみたいなノリで) むしろ私自身がそう感じるんですが、ハーゲンダッツなんて今までブルジョアの食いもんだと思ってたわけよ。値段が高いのは百歩譲って許すとして(ていうか何様)、量がべらぼうに少ないじゃん? カップのやつとかこんな小さいの。あんなの17秒で完食できちまいます。しないけどさ。もったいないから。それだけの値打ちがある代物だってことはたしかなんでしょうが、どんなに味がよくても、食べた気がしないってのはなんともむなしいですよ。余韻にひたれないっていうかー。まあおまえは大箱の徳用アイスでも食ってなさいってこった。

2003年10月20日月曜日

女は子宮で考えるんだ

つよインクondですこんにちは。ああいう原点に帰る的発想(何)がなんかいいですよね。それはそうと、ここんとこワインをたしなんでおります。たしなむっていうか、たとえるなら優勝チームが決まったあとのリーグ戦っていうか、そう消化試合。<そんなにいやなら飲むなよ というのもね、小瓶一本だけなのに下戸なものですから減らない減らない。もともとワインなんてそんな量多く飲めるものじゃないじゃないですか。それなのにこいつ(=私)ってばまた無理して買ってきちゃったわけよ。だって、だってさ、限定醸造の逸品だったんだもん。(衝動買いかよっていうか、きみ限定品に弱いね) あのね、地元の特産品のやつでして。今そういうの各地で出てるじゃないですか、えっとなんて言うんですっけ。…地ビール?<ワインっつってんだろ 微炭酸だし強くないはずなんですけど、それでも一日にグラスの底のほうにちょっと入れたくらいの量でほろ酔い気分のサラリーマン早調べクイズというか改正道路交通法(0.15mg/l)に引っかかるというか。いえ前科はありませんが。
そしてワインのおともにはチーズですが。なぜチーズなのかいまいちわかりませんが、たぶん柿の種とかししゃもではワインに合いそうにないので消去法でチーズとかが残ったんじゃないかという気がしてならないんですがそこんとこどうですか。それにしてもベビーチーズってのは中途半端というか、われながら小市民っぷりがありありと表れています。

2003年10月19日日曜日

断水時用ジャグジー

フーちゃんがだだをこねているようですが。もしくはフーたん。あんなおとなげないシーンを見せられても国民はやる気なくすだけですよね。私たちの生活と遠くはなれた雲の上のような世界の話で、それでいてそこでは多額の税金が右へ左へしていて。さてこんばんは、えせ社会派日記ひびのお時間です。ニュースの話題でもうひとつ気になるのが、事件などで警察官が拳銃を撃ったときに警察署とかが発砲に関して判断は妥当だったとか適切な行動だったとかいちいちコメントを出すのはなんなんでしょう。なんなんでしょうっていうか、なんなん?(またか)
さて、わたくし煮豆が好物なんですけれども。豆はいいよー、豆は。節分のときに投げたのをあとで拾って食べる投げるのがもったいないくらいすき。なんであんな食べものを粗末にするにもほどがあるっていうくらいの風習が日本に長年根づいているのかもわからないくらいなんですけれど。…ていうか節分の話とか時期はずれでしたねすみません。それでね? やっぱ大豆だと思うのよ。(何が) なんたって、そのおいしさと栄養価の高さから畑の大豆って呼ばれてますからね。<なんか日本語おかしいよ? 煮るとよりいっそう甘みが増すの。とくに砂糖と水あめとかでぽやぽやに煮た金時豆なんか出された日にゃあよう。なんかこう、一粒一粒がてかてか光っててうっとりするほど甘くてとろける食感でまるでお菓子のようではありませんか。文字どおりスウィーツですよ。もう昼下がりのひとときはこれでオッケーだね。そして言うまでもなくそれらの最終進化形は甘納豆であり麦チョコであるわけですけれども。(誤った知識)

2003年10月18日土曜日

白鳥の湖ぜんぶやります

今週だけでラーメンを何杯食べただろう。(挨拶) こんちゃーす、三河屋です。うそです。本日は抜けるような青空でございました。ハァハァ。<?! なんかね、空に浮かぶ飛行機の姿もはっきりくっきり見えるの。プルミエールなの。それにしてもこんな雲ひとつない快晴もひさしびぶりな気がしますが、こんなよき日に洗濯ができなかったことがまったくもって悔やまれます。(仕事) あしたも晴れますように。
さて、このごろ英語力が落ちたなあと思っている今日このごろなんですけれども。いえ日ごろ使う機会がないものですからなまっちゃうのはしょうがないことなんですが、なんかこう、オーストラリアの英語みたいになっちゃうよ。トゥデイがトゥダイみたいな。<そっちのなまりかよ とくに実感するのは、プログラム書いてて変数使うじゃないですか。変数名をできれば英語にしたほうがかっこいいんですが、適当な単語を思いつかなくてしかたなくローマ字にしてしまうときとか。もうダサプロもいいところです。ようするに単語の語彙をふやしたいだけなのかもですが。話は変わりますが、booleanをぶーりんと読んでしまう私はまちがってますか。まちがってませんよね?(涙ながらに訴え)

2003年10月17日金曜日

ベイシングエイプのシャツ

ハンドソープを買ってきました。<ネタにするほどの話題じゃねえよ このところのマイブームが手洗いという、ちょっと口にするのもはばかられるしょぼいご趣味をお持ちのondさんですが、これでアウェーでも(?)ホームでも手がしっとりです。季節の変わり目はとくにカゼの予防が大切ですしね(いかにもとってつけた理由)。で、さっそく使ってみたんですが。なんというかこう、ダヴなら?砂漠状態のお肌に?水がしみこんでいく感じ?(使用感には個人差があります) どうでもいいですがあの人はインパクト強かった。

2003年10月15日水曜日

ちかっぱ入りよった

電車は公共の施設です。電車内における以下の行為を禁じます。
一、花束を持ちこむこと。
一、つり革に雨傘をひっかけること。
一、扉のガラスに額を押しつけたりキスマークをつけること。満員電車のときもなるべく耐えてください。
一、車窓の風景をぼんやり眺めてときおりため息をつくこと。いかにも何かあったみたいな様子を見せられてもこっちは困るだけです。
一、隣の人が読んでいる新聞を覗きこむこと。あまつさえ自分が読み終えたからってはやくページをめくるようせかすこと。
一、対面の座席にスカート姿の女性が座ったとたん姿勢を低くすること。狙っているのがバレバレですっていうか、もうちょっとうまくやれよ
一、がんばって無表情でいること。
みなさまのご協力をお願いします。

2003年10月14日火曜日

寄らば刺激的な大樹の陰

とある県の県庁所在地が1982年に「新たかは市」に変更されていたという事実を今の今までぜんぜん知らなくて赤恥をかいた、という夢を見たondです。さいたまさいたまー。<関係ないよ?
さてきのうの話なんですが、出かけるときは事前にきちんと調べておかないと気がすまないたちでして。というか心配性なだけなんでしょうけれど。いざ出てから見知らぬ土地で道に迷ったり電車をまちがえたりするのがやだっていう。もうひとつは、よくばりの表れでしょうか。というのも、けっきょく外に出る機会ってそんな多くないので、いちどきにできるだけいろんなとこ回ろうとするんですよ。いつにもまして早足でせかせか歩いちゃって、旅先の雰囲気をのんびり楽しむことをしらない。これはもったいないなあといつも思ってはいるんですが、ここに来たのにあれを見ないで帰ったらきっと後悔する、という気持ちが先行しちゃうみたいです。同様の理由できまっておなかもいっぱいになります。

2003年10月13日月曜日

ここに味方がひとりいるよ

むしゃくしゃしていたから行った。どこでもよかった。(何の予告も計画もなくふらっと一人旅に行ってきた男の供述調書より) グッドイーブニン、計画なしでと言いつつちゃっかり前日の下調べに余念がなかったうそっぱちondです。そしてチカレタビーにつきもう大殿ごもります。(そろそろ体力の衰えが顕在化してきた男の供述調書より)

2003年10月12日日曜日

きれいにやろうとするといいことない

ユニクロのカシミアセーターのコマーシャルのような恋がしたいですね。<なに心にもないこと言ってんのっていうか、あれべつに恋のかたちじゃないし さてこんばんは、ここんとこ頭の中で「浜口順子」と「浜口京子」がごっちゃになっているondです。プロレスラーを父に持つ武闘派ナマ足アイドル? もう何のこっちゃ。私はどちらかと言えば「川口順子」のほうがすきです。
それはそうと、イタリアンきたーー。郷土の誇り、晴れて全国デビューです。あれ新潟に本当にあります。そういえばこのほどなんばパークスでも出ますよね。うれしいかぎりですな。でもですね、あれ県内では二派あるんですよ。きょうからくりに出てたみかづきは新潟市中心のショップでして、もうひとつ長岡市に拠点を置くフレンドがあります。まあ同業者ということらしいんですが。どちらも新潟県内ではなじみ深いファーストフード店でして、そのポジションは名古屋におけるスガキヤと言えばわかりやすいでしょうか。もちろん私も例にもれずといいますか物心ついたころから等身大ラヴしちゃってまして、今では帰るたんびに食っている始末。どのへんがイタリアなのかまったくわからない実はただのあんかけ焼きそば、しかも食感の決め手はもやしというへっぽこな食材、でもいちど口にしたら忘れられないどこか昔懐かしい味、それがイタリアンです。お越しの際はぜひどうぞ。

2003年10月11日土曜日

そういうの、銀ブラっていうのかな

きのこっのっこーのこげんきのこ♪<きみも飽きないね トゥデイはきのこ展に行ってきました。ええ上からの命令で。行ってみたらすごいの。こぢんまりした展示スペースの中に黒山の人だかり。ここはもう同人イベント会場かと思うほどに。<どうしてそういうたとえしかできないの お客さんもほんとバラエティにあふれてて。中高年の自称きのこ通さんとか、休日なので親子連れとか、熱心にメモをとる学生とか。このところの空前のきのこブーム(そうなの?)を裏づける人気ぶりでございましたのことよ。こりゃあ今年は当たり年ですよ?<そんなワインの当たり年じゃないんだし でも、でもさ、まさに一見の価値なのよ。当然ながら見たことないのばっかりで驚かされました。いちばんびっくりしたのがセミタケ。そう、セミの死骸からひょろって生えてるんです。たましい出てるー!みたいな。
そんな中でひとつだけ閉口してしまったのが、出口のテーブル。…きのこグッズ販売、だそうで。しかも微妙にいけてないの。これだったらいっそホクトくんのキャラクターグッズだったほうがなんぼかよかったか。

2003年10月10日金曜日

戦ジェレイダ

たのもー。「レンタカーを借りる」という言いかたはヘンだと思うんです。だってrent-a-carですけん。そりゃ頭痛が痛いって言ってるのと同じことなわけですよ。いつもこんなことばっかり考えている頭の痛い子ondです。
さて、秋といえば騎馬戦ですが。<飛んでるよ? 秋の夜長ですので(?)ちょっとアッチの保養になりそうな話題をひとつ。高校の体育祭なんですがね、うちはもう激しいですよ。ふだんはわりとおとなしくてそんなおいたする生徒はあまりいなんですが、体育祭の日は化けます。なんかあれですね、ふだんはもの静かでひかえめな子が夜ベッドの上ではまるで別人みたいな。<なに言ってんの 男子の団体競技は棒倒し(棒を倒す競技)と俵運び(俵を運ぶ競技)があるんですが、っていうか説明になっていない気がしますがそれはさておき、もうなぐる蹴るはあたりまえ。(2割3割あたりまえみたいなノリで) 運動部員のくせにそういうのがからっきしの三級品だった私はかなーり及び腰だったんですけれども…。それから女子は綱引きと騎馬戦です。とくに騎馬戦がすごいの。まさに真打ち登場ってかんじで。ふつうの騎馬戦では、上に乗っている人のハチマキを取られたらおわりじゃないですか。うちもね、一応ルール上はそうなんですが、そうなんですがね? なんていうか、男子に負けず劣らず血湧き肉躍るというか、女の本性まる出しというか(失礼発言)、完膚なきまでにたたきつぶすんです。そう、上の人を引きずり落として騎馬ごとくずすまでやめないの。ママこわいよう。さて大変長らくお待たせしましたメインディッシュです。そんなわけで、つかみあい取っ組みあい引っ張りあいの激しい応酬なものですから、もうシャツが破れる破れる。
…はい。オチは言わないままのほうがおもしろそうなので本日はここまでにしときます。余談ですがうちの体育祭は6月です。秋関係ねえじゃん。

2003年10月8日水曜日

大人は騒いで乗り越えないよ

むかし習ったことや教訓などを、ひょんなことから思い出したりするときがあるかと思います。中学のときの担任がまたユニークな人でして。しゃべりはフレンドリーなのにちょっと怖かったり、授業はわかりやすいのにテストはむずかしかったり、教室におもちゃを持ちこんでも怒らないけど宿題とかの提出が遅れるとすごい厳しいっていう、そのへんメリハリというか道理をわかっていたり、なんとも特徴をあげづらい人でしたけれども。←自分の表現力のなさを棚にあげてるよこの人
学問よりも私はどちらかってーと哲学を学んだ気がします。ええ、考えかたのほう。勉強は楽しくやってなんぼだとか、あと学級委員をしていたときはクラスをまとめるためのアドバイスも受けました。そんな中でひとつ印象に残っているのが、おっぱいトークです。…つっこみは話を聞いてからにしてください。ホームルームだったか道徳の授業で、突如あらぬことをおっしゃるわけですよ。自分の体におっぱいがついている人は手をあげい、と。当時ウブなひよっこだった私はそれだけですっかり気が動転してしまったんですが、それにしたってなにがなんだかわかんない。そんなこと言われたって、男子はハア?ってな感じで手をあげないし、女子は女子で恥ずかしがってあげないし、そもそもそんなのわざわざ聞かなくたって…と102のだれもが考えていたと思います。そのとき担任が教壇の上でみずから高らかに挙手して言いました。「なんでよー、俺はおっぱいついてるぜ。ちゃんとふたつ。おめえらはねえのか? ハハーン?」(注:ハハーン?とは言ってません) わたくしこのひとことに思わず胸を打たれました。おっぱいだけに。<そんなこと言わなくていいし 説明するまでもありませんが、乳房に脂肪がついてふくらむのは女子だけだけどおっぱいそのものは男女どちらにもあるってことです。中学生ともなると突入せよ思春期事件って状態でして(事件?)、主に身体面での性徴というか性差なんかを気にしだす年ごろです。女と男はここがちがうんだっていうところにばかり得てして目がいきがちになってしまうこの時期にあって、性別がある前におなじ人間なんだってことに目を向けさせた担任のことばはとても意義があったように感じます。
まあ、こんなことも今だからわかるわけなんですが。当時は意味がよくわからなくても、大きくなってふと思い出したときに、あああれはこのことを言っていたんだなって気がつくときがある。それでいいんだと思いますし、そういうことがひとつでも多くあったほうが、過去の記憶と現在の成長とをアソシエートできるっていうか、あのとき学んだことはけっしてむだじゃなかったんだって思えるじゃないですか。きっとそれは素敵なことです。だって私はかつての教えからもうひとつの真実を知ったのですから。そう、男子だっておっぱいを攻められると弱いってことを!<エロオチかよ! …先生ごめんなさい私はこんな大人になっちまいました。

2003年10月7日火曜日

いじり納め

パジャマがなんかサロンパス臭いんですが…。さて気を取り直していきましょう。秋が深まってきて行楽シーズンというか、どうせそんな予定もあまりないのでロンリー夜長というか、どっちにしてもすごしやすい季節です。暑くもなく寒くもなく、ちょうど今だけの特権といいますか、今夜だけは恋人でいさせて?! なので私も、この時期だけはかなくていいんですよ。ええステテコを。…そんな目で見ないでください。私の場合はこれしかたなくっていうか、必要悪なんだってば。<悪? 夏は汗をかくからはいとかないとズボンがえらいことになるし、冬はもちろん寒さ対策になくてはなりませんし、ソフト屋もいろいろ大変なんすよ。<職業関係ないし でも、このごろ日増しにお尻のたるみが気になりつつあるので、本当はガードルとかはいてみたいんですがそこんとこどうですか。なんかこう、下半身がぴちっとしまっているとなんとも心地よさそうな予感がするんですけれども。…そんな目で見ないでください(二度目)。

2003年10月6日月曜日

You're in the Nightruth

あ゛ー。<また処理班か? さて話は変わりますが、変わりますがっていうかまだなんにも始めてなかったんですがそれはさておき、昔っからのりの佃煮がすきなんですアイアム。それはもう物心つく前からラヴというか、血のバレンタインの前から(?)ラヴというか、語尾がダニになっちゃってるくらいラヴなんダニ。<それが言いたかっただけじゃないのか?
ここでまた拙者のボンビートークなんですがね、いちばん気に入っているのが佃煮のビンが空っぽになったときです。なくなったらもう食えねえじゃんと思われるかもしれませんがところがどっこい、ここからが真のお楽しみなんです。空いたビンにごはんを8分目くらい入れて、ふたをしめて振るんです。それはもうバーテンダーよろしく、あとは日ごろのうっぷんやうらみつらみなんかもこめちゃったりなんかしちゃったりして、とにかくガー振ります。そうすると中から、きれいなまるい形のおにぎりがコロンって出てきます。元気な男の子だ、みたいな。ビンに残っていたのりがぜんぶごはんにくっつくので、手をよごさずにおにぎりが作れますしビンもきれいになる。なによりおもしろいのなんの。ということで子どものころからやみつきです。…24歳になった今でも。

2003年10月5日日曜日

呼ばれて消えて

ひさびさにやってまいりましたチャレンジショーお時間です。ていうかまいりました。ここんとこ水虫がひどくってね。番組収録中とかも足がかゆくてかゆくていっつもモゾモゾしてるから、あんまり足下は撮らないでくれよ。ハハハ。……え? これリハじゃなくてもう本番? カメラ回ってんすか? ああそれは失礼しました、ではまいりましょう。きょう挑戦していただくミッションはこれだ!(フリップに貼ってある紙をはがしながら) 「格助詞『の』を使わずに日記を書け」 はじめにひとつ補足説明をさせていただきますと、使ってはいけないものは格助詞だけです。所有や修飾を意味する「の」だけですね。語尾などで使う「ソワソワールなの。」なんかは終助詞ですからセーフです。さあー、これはどうなんでしょう。難しいんでしょうか。たしかにどんな文章でもいちばんよく出てくる助詞と言っていいでしょうからね。そんなに言うならためしに「の」で検索かけてみ? えらいことになるから。あと中国語で言うなら「的」ですね。だー。(大阪マン) あちらでは「の」ブームだそうで、「的」と書くべきところでかわりに「の」と書くことが流行なんですって。意味もだいたい同じですしね。というわけでマッスル超人集うここ緑山(どこ?)、苦戦が予想されそうですがさっそくいってみましょ……んん? ああっとよく見たら出だしていきなり使っちゃってるこれは問答無用アウトだ失格だ勇み足もいいところだーー。…いやー残念でした。次回はぜひ「英文で日記を書け」にチャレンジしてくださいね。それではまた来週。

2003年10月4日土曜日

鞭牛に関するフォークロア

実写版セーラームーンみちまった……。
この秋のドラマというと西部警察が放映中止になってしまったのでかわりにこちらに期待するしかないんですけれども(<それはどうだろう)、そもそもあれはドラマのうちに入るのか微妙な判定なんですけれども、っていうかいい歳こいて期待とか言ってんじゃねえよって感じなんですけれども、いやそれがあんた。あのね、なんていうか、その…ぱんつでした。ええ、くり返しますが土曜日の朝からぱんつ全開です。<最低だオマエ いえ変身したときのあれは下着じゃなくてレオタードの一部だって説が有力なんですがそれにしたって。ということで脳内会議では非常に物議をかもし出している本案件なんですけれども、どっちにしてもこれでやどラー内の視聴率は20㌫上がったネ!<きみがどんな趣味をもとうが勝手だが他人を巻きこむのだけはやめとけ

2003年10月3日金曜日

「吉野家」は、変わりはじめます

あ゛ー。<onちゃんも?! きょうは栗ぜんざいをゴチになりました。えっと、会社で。どこぞから取れたての栗をもらってきたということで、私たちにふるまわれました。給湯室からただよってくる甘いにおいに心をぜんぶもってかれた私は仕事がまるで手につきませんでした。(ダメ社員っていうか、それはさすがに脚色入ってるよ?) でもって終業。たいへん甘くて期待を裏切らないおいしさだったんですが、それはいいんですが、…つくりすぎ。甘いものがダメな人ははなっから不参戦ですし、たとえすきでもそんないっぱい食べられるものじゃないじゃないですか。もうあまっちゃって。そうなると処理班出動というか、つまり若いもんの出番というか、むしろこういう機会に積極的に名乗り出ることで私はまだ若いんだと自分に言い聞かせようとしているんですけれども、とにかくガー食べました。もう一年分くらい。…なんですかその目は。またこいつ誇大広告だよとかおっしゃりたいんですか。ウソじゃないんですって。ぜったい日本人ひとりあたりが年間に食べる量ってあれくらいだって! だって私の試算によると(またか)、そもそも食べない人も多いでしょうし、ぜんざいといえばたいていおもちか白玉だんごオンリーなので栗が入っているのはどちらかといえばマイナーでしょうし、そう考えると平均はそんなに多くないんですよ。ということで思いがけずすっかり秋の魅力を満喫してしまったというか、もう夕飯これだけでいいや。

2003年10月2日木曜日

すごいモアレ

HusHusHはなんて読むんだろう。(挨拶) さてお晩でやんす。うちの近所ではいろんな鳥を目にすることができます。朝はスズメやキジバトの鳴き声で目覚めたり。日によってはカラスの足音で目覚めたりもするんですがそれはさておき。あと川べりにもたくさん集まってきています。この辺りの自然もまだ捨てたもんじゃないって思えてきます。渡り鳥が羽を休めたりしているんでしょうか、ほんとに季節ごとにさまざまな種類のが来るんですよ。水面をすいすい泳いでるのや、一瞬びっくりしてしまうほどでかいのや、色彩あざやかな羽のとか。なんか見てると癒されますよね。<今さら何いってんの しかし残念なことに、見かける鳥たちの名前がほとんどわからないんですが。名前がわからないとなかなか記憶に残らないし人にも伝えられない。ほかにも花の名前とか犬の種類とか、ぱっと言えたらインテリなのになあと思ってみたりみなかったり。

2003年10月1日水曜日

さつむらきょうこ?

私を出張に連れてって。<そんなにのぞみ乗りたいんか ということでビーアンビシャス(挨拶)、ondです。なんていうか節目の日というか、ビーアンビシャスもそうですが今日からいろんな新しいことがはじまる日だったりします。大学も後期の授業がはじまったりするんでしょうか。南無。うちもそうなんですよ。そういえば私が追い出された卒業した翌年度からセメスター制になったんですよね。授業が完全に前期・後期にわかれるってやつ。それまでは半期のほかに通年の講義もあったんですが、これがもうたるいのたるいの。一年をとおして同じ授業に出つづけるのって、遊びたいざかり目移りざかりの大学生にとっちゃきついことでして。はじめは興味や意欲をもって登録とかするんでしょうけれど、だんだんあきてくるのね。そうなるともうつらい。しかも教授のほうも、年間の講義ってなるとなかなか計画を立てづらいのかなんなのか、どうしても中身がうすいというか間延びした授業になっちゃう。これなら短期集中でビシッとやったほうがいいわけで。
なので基本的には半期制マンセーなのですが、そうすると語学はどうなんでしょうね。うちそれまで語学の授業はたいてい通年だったんですけど、それでもなんつーかさ。正直な話、1年か2年講義うけててもそんなたいして上達しないじゃないですか。それとも私が不まじめだっただけですか。そうですか。…ああそうだよチャイ転したよヴァーカ!(何っていうか、なんで逆ギレしてんの) とにかく年間とおしてもこれなんだから、前期後期で小間切れにしちゃうとまとまった内容教えられないし、よけい身につかないような気がして。もう自分には関係ないこととはいえそこんとこ大丈夫なんでしょうか。むしろ語学とかやんなくてよし。<そこまでいわんでも

2003年9月29日月曜日

かわいい子がいなかった

最近の頻出語:「テンションのもっていきかた」「放埒だなあ」「え? いけますよ?」。
さて。大根おろし(単品)を食べてるとどうしても天ぷらや焼き魚がほしくなってしまいます。…ぜったい順番が逆な気がするんですけれどもそれはさておき。ともかくいよいよ食欲の秋はCMのあとすぐって感じなんですがみなさまいかがお過ごしですか。私はすでに新物の梨やらりんごやら巨峰やらいただきましたのことよ。きょーっほっほっほ。ていうか果物ばっかじゃん。果物ずきにかけては飛ぶ鳥を落とす勢いのondなのですが、実は柿だけはあかんねん。あのベタベタでぐちゅぐちゅなところとか。でも不思議なもので、ベタベタやぐちゅぐちゅな果物はほかにもあるのになんでか柿だけがダメなんです。あまつさえ少女マンガとかはむしろベタベタなほうがいいくせに。干し柿でもまだ抵抗があるので、食感のせいだけじゃないかもしれませんが。まあ苦手なものはおいといて、もうすぐ新米をゲッツできそうなのでそちらに期待しましょう。

2003年9月28日日曜日

右手にあなたを 左手に競馬新聞を

朝起きたら七三になってた。<どんな寝ぐせだよ なんていうか、今月のひびは不振でした。すっごいダメダメ。話題がちょっとね、出しゃばったこと書きすぎたかなと思って。火星の話とか。<それか? べつに私がひねくれてるとか思われるのはいっこうにかまわんのですが、人様に意見するようなことを書いてしまうと自分であまり気分がよくありません。おまえ何様のつもりだよとかプチ自責モード入っちゃったりするんですけれども。軽く聞き流してくださいっていうか、どうか海のように広い心で許したってください。具体的には瀬戸内海くらい。
それ以上にダメだったのはね、とにかくさぼりすぎ。めざといやどラーのかたはお気づきだったかもしれませんが(自意識過剰発言)、今まで例がないってくらいの休みっぷりでした。さぼってさぼって3日分アップとか本当にやっちゃってるし。(スキップスキップドロー2のリズムで<何) いえこれに関しては理由がありまして。テレビみすぎました。プロ野球のリーグ優勝とかサッカー日本代表とか、スポーツ中継がいろいろあったじゃないですか、ああいうの何の気はなしについ観ちゃったり。べつにひいきチームがあるわけでもないのに。あとはあれですよ、ニコニコ日記♪ 自分でもこんなはまるとは思わなんだ。連ドラとは言え、ドラマを一話目から欠かさず押さえるなんてond史上まれなことですから。あの女がオレをたぶらかしたんだでも、でもさ。正味15分でも、どうしてもついつい前後の番組も観てしまうんですよね。ほら、テレビつけっぱにしておかないと時間忘れて見逃したりするもんで。だから英語でしゃべらナイトとかみてまうし。ダイバージェンス・イヴとかみてまうし。<それ時間も曜日もチャンネルも全部ちがうよ? なんつーかあれですね、テレビばっかりみていると人間だめになるってこういうことなんですね。…ごめんなさいうそです偏見でしたっていうか、自己管理のなってなさを棚に上げまくってました。とりあえずニコリンがおわったら夜のテレビは控えることにしよう。そのぶんひびの更新を待ちのぞんでいるみなさんのためにがんばります(自意識過剰発言2)。

2003年9月27日土曜日

ギムネマ・シルベスタ

たこ焼きマンセー。<食ってないよ? どうもこんにちはっちゅうか、この時期になってなぜかあちこち虫にくわれているondです。175センチの虫にね。<?! それとも夏の残党がまだ室内に潜伏しているのでしょうか。とりあえず現在わが家のぶたに今年最後のひと仕事をさせているところです。
さて、バスケットボールの田臥選手が日本人初のNBA入りを果たせるかどうかということで動向が注目されていますが。私もよく覚えています。学年でいうと私のひとつかふたつ下なのですが、当時から高校界のスーパースターでした。どのバスケットボール雑誌開いてもページさいて紹介されまくり状態で。そのころからずばぬけた才能を発揮していたってわけですね。しかも驚くことに身長も私とだいたい同じ、つまりバスケの選手としてはめぐまれたほうではありません。身長ごとにポジションはちがえど、体格は大きいに越したことはないってのがバスケってもんなんですが。それで親近感というかいい目標になったのかもしれません。野球やサッカーなど海外のリーグで活躍する日本人選手が増えているなか、前人未踏のバスケットボール最高峰の舞台へ、ぜひ夢が実現してくれるといいものです。私だけでなくおそらく日本じゅうのバスケットマンの期待を背負っているのでプレッシャーかと思いますが
で、バスケといえばスラムダンクですが。<そこに話がいくんか

2003年9月26日金曜日

やまだかつてないWink

勝手にポン・デ・リングの新商品を考案するプロジェクトチーム。
「ポン・デ・生八つ橋」
モチモチとモチモチのコラボレーション。
「ポン・デ・キャベツ太郎」
昔懐かしい駄菓子テイスト。
「ポン・デ・梅肉」「ポン・デ・ねりわさび」「ポン・デ・明太子」
いずれも和を感じさせるトッピングだが、あからさまな負け戦には挑まないほうがいい。
「イカ・デ・リング」
リング状のイカに衣をつけて油で揚げたもの。別名イカリング。
「ポン・デ・コクトー」
ジャン・コクトーの詩が一編ついてくる。甘さひかえめ。
「ポン・デ・エンゼル」
中にミスタードーナツの主力商品エンゼルフレンチが入っている。
「ポン・デ・ポン」
中にミスタードーナツの主力商品ポン・デ・リングが入っている。
「ポン・デ・ピングー」
中にペースト状のピングーグッズが入っている。
「ポン・デ・ドラサン」
あがられると高得点なので振りこまないように注意が必要。
「ポン・デ・The Ring」
ハリウッド版ポン・デ・リング。井戸の中にサマラが入っている。
「ポンデ・オブ・ザ・リング」
賞味期限の切れたポン・デ・リングを捨てに行く壮大なファンタジー。
「オン・デ・マンド」
顧客のニーズや市場の変化に即応した新しいビジネスのかたち。

2003年9月25日木曜日

月飾の軽夜

モモーイモモーイ。(病気) ということであまやどりが推奨する接客用語はこれです。
「はいよ、ラーメンお待ち」
「コショウはてめえで入れな」
「おつり300万円ね。まいど」
ていうかてめえでとか言わないし。

2003年9月24日水曜日

Ich hum walte der unschi

「ありえない」って今の若い人のはやりことばかと思ってたらそうでもないんですね。政治家のインタビューなんかでも出てくるもんだからびびったサ。それともテレビの影響力でしょうか。まあ、たしかにふつうの単語なんでしょうけど。
ということで、ここんとこたびたびの石部金吉トークで恐縮なんですが、今日もきちゃったよ? 最近、ファミレスやコンビニなどの接客におけることばづかいが議論になっています。「こちら~~になります」「~~のほうお使いになりますか」「~~円からお預かりします」などのやつです。これってどうですか。私がそういうところをあまり利用しないだけだからかもしれませんが、まったく耳慣れないんですが。どこからあんなことばが出てくるのかっていうか、体のどこからあんな声が出るんですか。(注:それはちょっと意味がちがいます) だってこんなの日常会話で使わないじゃないですか。私も接客やレジ打ちのアルバイトをしたことありますが、そういう表現を使ったおぼえも教わったおぼえもありません。
とあるテレビ番組での解説によると、「なります」「ほう」「から」などの語句で文体をやわらげて、ていねいに聞こえるように使っているのではないかということでした。表現をやわらげる、というよりぼやかすことばづかいはたしかに近年の傾向です。直接的ないいかたや断定的ないいかたを避け、自分の意見を明確に主張せずひかえめな印象をあたえる。気持ちはわかりますが、これは果たしてていねいでしょうか。言おうとしていることをきちんと断言せずにお茶をにごしたところで、相手はよい印象を持ってくれるでしょうか。おそらくノーですよね。はっきり言えやゴルァ!ですよね。敬語というとなにやらこむずかしい動詞やらいろいろくっつけたような表現やらというイメージをもたれがちですが、それ以前に人と人とのコミュニケーションだということを忘れてはなりません。基本は要領よく簡潔に。なのでよけいな語句をつける必要はないかと。有名どころでは「社長さん」も不適切です。「社長」自体が敬称ですので、それにさらに敬称を重ねるとうっとうしくなってしまいます。
と、ここまでは前置きなんですが(ながっ)、その番組でこのことばづかいのことを「ファミコン言葉」と紹介していたものだから、私はむしろそっちにつっこみたい。ファミコンて。それならオーソドックスに接客ことばとか言ってくれたほうがなんぼかよかったか。てかさー、ファミレスもコンビニもどちらも略語なのに、それらをさらにくっつけてちぢめちゃうなんてどういうことかと。というのも、私はちまたで評判の略語ギライ人間でして。なんでかというと中学生のときにドリカムがDreams Come Trueの略だと知らなくて大恥をかいたことがトラウマになっているから自分でもわかりませんが、まあ世の中メロンがきらいな人や夏がきらいな人もいるわけですし(関係ないし)。しいてあげるなら、略語ってのは以前書いた集団内言語の最たるものだと思うからです。ひらべったく言えば、濫用されると会話が通じなくなって困るってことです。私がよくインタネとかスターバとかほかの人があまり使わない略称をわざと使っているのも、そうした風潮に対するまったくの反抗です。けっしてにちゃんチックに言っているわけではありません。ええ断じて。

2003年9月23日火曜日

どんな保存料をもってしても

カニばさみってカニを食べるときに殻を割ったり身をつまんだりするのに使う道具のことだと思っていたondです。だって実際にそういう器具あるじゃん。でも本当はエロ技のことなんですよね(はてしなく誤解)。
さて。まったくもって偶然のことなんですがひさしぶりにとある人に会いました。といっても会うのはこれで二度目なんですけれど。以前もそうだったんですが無口でなかなかしゃべらなくて、そういうところあいかわらずなんだって思うとなんだか懐かしくなっちゃって、なんとなく当時のこととかいろいろあったこととか思い出してウルルン滞在記でしたのことよ。私のほうも以前よりは緊張したり身がまえているとかの意識はなくて、自然な気持ちで見ていられたように思います。気兼ねしないで顔をあわせられる関係って大事だなと。そのへんこちらに心の余裕ができたからというか、まあ私も成長したということでっていうか(<おい!今の聞き捨てならねーぞ!)、だって前とネタぜんぶ同じなんだもんあの芸人

2003年9月22日月曜日

ガングリフォン

円高キターーー!<そんな狂喜するような話題じゃないし なんか東京でも午前中だけで3円くらい上がってたんですが。3円。昼食をとりながらニュースを観ていたものですから思わず吹き出しそうになってしまいました。G7で声明出されるやいなやの早業ですからね、まったくやんなっちゃいます。しかしかく言う日本も元の切り上げなんかを待望しているわけで、なんともむずかしい状況に立たされているんでしょうが。
政府や中央銀行が市場介入を行う(または実施するというにらみを利かせる)目的のひとつは、急激な為替変動を緩和し、自国内の経済や産業を守ることにあります。とくに日本は輸出をともなう産業がさかんですから、円が高くなっちゃうとありがたくないわけです。同じように内的保護を目的とする政策に関税があります。輸入する作物ないし製品に一定の税率を課して、国産品のシェアが脅かされないようにするための対応ですが、この税率というのも、WTOなどでの国際的な取り決めもありますが基本は輸入国が設定します。農産物などで高い関税をかけている日本はここでもよく非難の対象になっています。空洞化が進み、生産者は職を追われ、工場が相次いでストップする事態に歯止めがかからない現状もたしかにあります。しかし、コストダウンは利の常ですし、値段がべらぼうに高い国産品よりも、品質や安全性には多少目をつむっても安い外国の商品を求めるほうに消費者の食指がシフトしていくのも自然の流れであるはずです。むしろ国産品のブランドイメージを育てていけばきちんと棲み分けられるでしょうし。その潮流にお上が水を差してしまっている。厳しい意見ですが、今まで日本の産業は甘やかされて育ってきたのではないでしょうか。高度経済成長、バブル経済とつづいて内需は上昇の一途をたどったため、輸入においても輸出においても海外の製品や産業に目を向けることを怠りました。そのへんどうも日本は独りよがりな政策をとりがちだったように思います。今さらですが。そのため、国際競争力を高めることも企業の海外進出もほかの先進国より完全に出遅れてしまい、いざ国内が不況におちいったとき苦境に立たされる結果になったのではないかと。そうした過去のつけが今降りかかっているのだと考えるべきです。
ところで、日本は本当に不景気なんでしょうか。自分の生活の中で、景気が悪くなったと心から実感したことってありますか。個人消費が落ちこんだ、求人が減った、そしてリストラや倒産。データでみれば事実かもしれません。しかしそれらの変化は、私たちがバブル崩壊から学んだ教訓にすぎません。むだな買いものをしなくなった。むだな人員を採らなくなった。そして、社会においてむだな企業はおのずと淘汰されていくでしょう。ふだんから倹約を心がけてきた人や、堅実な経営につとめてきた企業ならばさほど痛手はこうむらなかったはずです。うき目にあったのは、食うわ遊ぶわでむだ遣いしてきた人や、右手うちわの殿様経営をしてきた企業など、お金を大切にしてこなかった人たちばかりです。お偉いがたも企業も個人も、今は痛い思いをしてそこから学習する時間帯なのかもしれません。

2003年9月21日日曜日

この人に育ててもらえばよかった

~04:30
11:30~13:30
15:00~18:00
19:30~22:00
23:00~24:00
25:00~25:30
…以上、きょう起きてた時間です。なんかねてまうし。<なんかじゃなくて このほど2日寝て2日起きるというリズムで生活している超高齢おばあちゃんが話題になりましたが、その線でいくと、たとえ休日といえどこんな生きかたをしていたのでは絶対に長生きできなさそうです。
それはそうと、09/18のつづき、になるのかどうかわかりませんけど。人を見た目で判断するのはイクナイ!とか書いておいてあれなんですが、私が実はまさにそれ! ええ、第一印象から決めてましたってタイプです(何が)。もちろん見た目といっても容姿や体型のことではありません。生まれながらのものだし。かといって人間は顔じゃねえんだとか主張したいのでもありません。そういうせりふってなんか顔がよくない人の負け惜しみにしか聞こえませんし、顔がいい人が人生で平均的に得をしているのは事実でしょうから。たんに私の萌えポイント(?!)はそこではないってだけの話。二次元の女の子にならいっぱい注文はあるけどね! では身だしなみ…と一口に言ってもいろいろあるんですが、ことファッション感覚とかを問われるとおまえに発言権はないって釘をさされることうけあいですし、髪だって無造作ヘア(注:ここでは無法地帯の意)だし染めたこともないし、なのでおとなしく退散しますっていうか、そういう線でもないんです。
つまり、外観からその人の内面とか性格がうかがえるようなものに着目するわけです。前回とのつながりでいくとタトゥーとかピアス。ものすごライトな感覚でやっちゃってるのならそれはそれでかまいませんが(いいのかよ)、体を削ってまで目立ちたかったという考えがあったのならその時点で気持ちが自分に負けちゃってるんだろうなと思えてなりません。ほかにはいわゆるだらしなさ。たとえば、靴のかかとをつぶしてはいている人にはあまりいい印象をもちません。おそらく、靴のはきかたを知らないか、ものを粗末に扱っているかのいずれかです。前者でも、もしもその人の生まれ故郷ではみんなそうやってはくという風習があったりしたらそれは民俗のちがいなので尊重すべきですが、そうでなければものの使いかたを知らないんだろうな、と。後者なんかは私が申したい典型的なタイプでして。ものを粗雑に使っていたり、むしゃくしゃしてものにあたったりするなら、それは乱暴な性格がそのまま表れているわけですから。自分の持ちものすら大切にできない人が、他人にやさしくできようはずないのです。これワタクシ論。
それでいくとやっぱりダイエットの話とつながってくるんでしょうか。持ちものにしても体そのものにしても、自分のものを大切にすることが内面の美しさのファーストステップになりうると思うんです。自分を嫌ったり傷つけてばかりいると他人にも不信感やよくない感情をもってしまいますから。まず自分をいたわり愛することで、まわりの人にも思いやりをもって接せられる、そんなふうになったらいいと思いませんか。まるっきり子どもの意見ですか。そうですか。

2003年9月20日土曜日

俺も、おしゃれアレルギー

カンフォーラ!(挨拶っていうか、行ってきました) こんにちは、県庁所在地当てクイズを出しあってあそんでたら「埼玉」で勝利してしまったondです。

2003年9月19日金曜日

はろうきてぃ工房

30なのにgirlってのはどうだろう。(挨拶) 夜遅くになって某駅に行きましたのことよ。そうしたらなーんかアベックがめちゃくちゃいっぱいで目のやり場がない。ええ、あっちこっちでさかりのついたみなさんが人目をはばからずにおさかんでいらっしゃいますのことよ。たしかに建物はハイカラな(死語)つくりだし夜になればムーディーにライトアップされるんですが、ここはもうオープンテラスのラブホかと見まちごうほどのおっぱじめっぷりですのことよ。<ていうかさっきから語尾が変 なんていうかあれですね、トナカイの着ぐるみを着たうえで蹴りたくなりますよね。あのシーンで伸姉は異性である男のほうを蹴ってるんですよね。ミステリー。
それにしても、人(=私)が大階段のいちばん上まで行ったと同時にエスカレーターの電源落とされる罠。ここ地上何㍍あると思ってるのかよ。このままでは帰れません。<なんで 階段でおりてもよかったんですが、いい機会なので止まったエスカレーターをおりて引き返すことにしました。以前hirax.netさんでも書かれていましたが、停止中のエスカレーターに乗ろうとするとめちゃくちゃ違和感あるんです。ステップに一歩足を踏み入れた瞬間にあれっ?って思うの。なんか体が前につんのめるの。どんながんばってもうまくスッと歩けないの。いえこれが正味の話。むしろその違和感に身をゆだねるために来ました。(Mな勇者のためのさくせん)
…というか、今日の私の行動そのものがまったく無駄足だったことがのちほど判明するんですが。

2003年9月18日木曜日

本当にコッペって聞こえる

このほど柔道やレスリングの世界大会があいついで行われましたが、あれって体重別の階級に分かれて試合しますよね。ということは出場しようものなら自分の体重がばればれになっちまいます。とくに女子の選手は気の毒だなあと思いつつ。や、己の肉体を武器に勝負に挑む格闘家だったらそれほど抵抗を感じないかもしれませんが。
それにしても、なぜ日本人女性は体重を隠したがるのでしょうか。いえ知りたいわけでもありませんが、体重と見た目のスリムぐあい(ひかえめな表現)はまた別ものだと思いますし、どうも数字を気にしすぎている感があるので。日本の誇る点数主義がこんなところにまで浸透しているのかと思うと気分はサウダージです。いえそれを持ちこんだのは男性側かもしれません。女が自分を美しく見せるのは男を魅了するためです。多くの動物がそうするように。しかし知能や感性を身につけた人間にとって自己表現の手段は肉体的なものに限定されません。それなのに男ときたら、やれスリーサイズだのやれバストのカップだのといった、体型のデータだけで異性の魅力を判断したりもてはやすことがあります。そんな目で見られたら女性側はどうしてもそれにこたえざるを得なくなってくるわけで。まったく情けない話だが。社会の場でも女性は男性より容姿を引きあいに出されやすい傾向があり、どうもそのあたりの不平等さはいなめません。いつの世も男は女をいじめているんですね。
さて話がそれましたが、なぜこんな話をしているかというと、私はダイエット反対派でして。このままでは健康被害のおそれがあるってくらいの肥満で必要にせまられている人なら別ですが、見たかぎりどう考えてもしなくていいだろうって人までやりだすのはどうしてなんでしょう。しかもそれを軽々しく口にできることも不可解です。やせようとすることは生きるための活動を思いっきり逆行しているわけで、どちらかと言えば恥ずべき行為だと思うのですが、なんでかかわいらしげに言っちゃう。私ダイエットしてるのようへへ、みたいな。あなたがたは本当にやせたいのかと。ダイエットしているって言いたいだけちゃうかと。ダイエットがまるできれいになりたい女性のエンブレムのように思われている風潮が残念でなりません。
蛇足ながらつけ加えるとすれば、体重にこだわるやりかたも納得いきません。たいてい何㌔落とすとか目標何㌔とか決めてやるそうなのですが、まずその数字はどこから出てきたのかと。ベストの体重は人それぞれちがいますし、おなじ人でも多少の変動はつきものです。医学の知識もないのにそんな数値を割り出せるはずもなく、往々にして実状を無視した、これくらいだったらいいなっていういい加減なイメージによるものになりがちです。先に気に入った服を買ってきて、それを着られるように自分の体型を変えていく、ということを世の奥方はやっているわけです。比喩と直接の両方の意味で。
どれだけ書籍やテレビ番組が警告を発してもなかなか聞き入れてもらえないのですが、無理なダイエットは本当に体に危険です。私の身近にもダイエットのしすぎでいわゆる拒食症になった人がいます。私はその人をかわいそうだとは思いません。それ見たことか、と。ほかにも生理が止まったりとか。女を魅せるために無茶をして、ついには女を捨てかねない結果を招いてしまう。なんと本末転倒なことでしょう。ダイエットだけでなくタトゥーや整形手術などもそうですが、そんなまやかしの美しさははたして本当の魅力と呼べるのでしょうか。いえ恨むべくは人を見かけで判断する社会のほうなんでしょうが。それにしたって、自分の体を痛めつけたという心の苦しみは、どこかでかならず汚点となってはね返ってくるでしょうから。もっと自分をいたわってほしいです。自分の体を大切にし、飾らないありのままの自分でいること、それが持って生まれた美しさを最大限に引き出す方法なのだと思います。望むらくは、そのままの自分を受け入れてくれる人を見つけること、ですかね。
……お食事中のみなさん失礼しました気色悪い文章で。ちなみに私がけしからんと思っているのは、ただ食事を抜くだけといった体に毒となるダイエットのことです。毎朝ジョギングするとか健康的なものでしたら大歓迎。

2003年9月17日水曜日

てにをは・64・アウトライン

夜になって空が暗くなりはじめる時間がいっきに早まった気がします。それもそのはず、もう秋分がすぐそこまで来ています。季節の折り返し地点ってやつですね。あれよあれよという間という感じがします。
それにしても、きょうはゲーム内容とかはどうでもよくって(<あんまりだ)、ゾノ!生きてたんだね!というなつかしさでいっぱいです。この試合いちばんの収穫だったんじゃないでしょうか(ond的に)。ありがとう、合掌。…憶測ですが彼の栄枯盛衰っぷりによってJリーガーを目指そうとする少年は確実に減ったんじゃないかという気がしてなりません。夢がねえなあ。

2003年9月16日火曜日

貝柱ミラー

きのうのつづき。
だからね、話はひろがるんですが、自分のことを棚にあげて文句だけ言うのはやっぱり身勝手とちがうかなって思うんです。人生山あり谷ありですから、人それぞれに思いどおりにいかないことや不満も出てくるでしょう。でも、そうした問題にたいして、自分のほうから対処できることだってあります。努力したりゆずりあったり、あるいはそんなたいそうなものでなくてもちょっとした注意とか心がけなんかで、ある程度防げたり解消できるわけですから。たくさんの人がひとつの社会のなかで自分の利益を主張しあって生活しています。どこかできゅうくつになったり食いちがったり、衝突が起こるのはあたりまえのことなんです。それをいちいち取りざたしていたのではそれこそストレスのもとです。人のふり見てわがふり直せ、ということばもありますし。なにか気になることや問題が起こったら、まず自分の中に原因はないか考えるようにしたいものです。いえだれかさんのように内罰的になれとは言いませんが。ですが、残念ながらときにはあからさまな悪意や矛盾に出くわしてしまうかもしれません。自力でできることをひととおりやってみて、それでも理不尽をこうむっていると思うなら、そのときは声高らかに訴えるべきです。まちがっているものはまちがっていると、はっきり言えることもひとつ大切なことです。ただし、そのためにはまず自省という段階をふんでからでないと説得力に欠けたただの遠吠えになってしまいます。
…えらそうなこと言いましたごめんなさい。事なかれ主義者ondです。

2003年9月15日月曜日

Leaf Wedding

私はシュウエイシャの近くに住んでいます。…修栄舎という小さな印刷所ですけれど。いまや集英社と聞くとジャンプとかよりもりぼんやコバルトを先に思い浮かべる(そしてお世話になっている)ondです。
さて。携帯電話のダイレクトメールが迷惑で困っているというぐちは毎日のように耳にするんですが、それに対してなんらかの対策をしているという人と出会ったことはありません。たとえば週に1回はアドレスを変更するとか、メールボックスの振り分け機能をきちんと設定しておくとか、いっそメール機能をいっさい使わないことにするとかむしろ持たないとか。私はダイレクトメール程度のリスクはしょってしかるべきだと思っていまして。電子メールで広告を出せば費用はほとんどかかりませんし、瞬時に無数の宛先に送れますし、送信元アドレスやサーバなんて簡単に偽装できるため身元を隠すにはもってこいですし、そのうえこれだけの端末普及率の高さ。だれだってこんなおいしい媒体を利用しない手は思いつかないでしょう。そっち業者にとってまさに常套手段。メールを利用するということは、そんな罠だらけの世界にみすみす飛びこんでいく行為です。それをわかっていて使っているんですよね、と私は言いたい。
ちなみに、悪質なダイレクトメールのことを俗に迷惑メールと言いますが、迷惑かどうかは受け取る人それぞれがどう感じるかによるのではないかと。私は受信したものはとりあえず目を通すようにしています。いえ、広告にはまったく関心はありませんが、どういう文句でことばたくみに人をその気にさせるか、という技法を学べるかもしれないと思って。なんか…つまんない内容ですね。パソコンで昔はやった、ねずみ講や不幸の手紙といったさまざまな手のこんだダイレクトメールのほうが全然おもしろいです。こんなメールで知性ははかれないですよ! まったくどこに引きつけるポイントがあるのやら、これでは広告の風上にもおけません。それでも、あんなのでも引っかかる人がいるわけだから、悪徳稼業はやめられないってやつですね。…インターネットのすそ野が広がることによる危険性をにおわせる傾向でもあるわけですけれど。

2003年9月14日日曜日

新婚さんごっこ

街中で偶然見つけたメイド喫茶に入ろうか入るまいか葛藤しまくったondです。

2003年9月13日土曜日

愛は祈り…だと思われる

たまにはマイ近況をお話ししましょうか。<じゃあいつも書いてるのは何なの ここひと月ほどネット不調だったじゃないですか私。…いいんですそういうことにしといてください。あれちょっとプライベートで用事がありまして。野暮用ってやつですよ、へへ。←また見栄切ってるよこの人 実は用事というかアクシデントなんですけれども、リカルデントのCMに出ている俊輔選手がやたら三枚目に見えるんですけれども(関係ないし)、お盆前に台風やら大雨やらに見舞われたじゃないですか。あの晩帰宅したら、なんか押し入れの中から物音が聞こえるんデース。恐怖体験アンビリーカボーデース。おそるおそるっていうか清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちでふすまを開けると、父ちゃんと母ちゃんが夜な夜なプロレスごっこを…っていつのネタだよ。ごめんなさいうそです実際は洪水ですた。そう、天井からしたたり落ちてるんですボタボタと。
……。
……。
欠陥住宅つかまされちゃったよ?
それから修繕が終わるまでの生活がどのようなものであったか、まあ私も子どもではないのでべらべらしゃべりませんし、ご想像におまかせしますわとか言っておいたほうが楽しそうなのでそうしておきますが、なんつうか正直生きた心地がしませんでした。ま、きょう後かたづけもすんで部屋が元どおりになったってことで、これでようやく安眠できそうです。(すみっこに隠しておいたぬいぐるみを引っぱり出しながら)

2003年9月12日金曜日

見覚えがあるって意味さ

あいたたた。なんていうかショックです。どれくらいショックかというと、まちがって rm -r * とか打ってしまった瞬間くらいショックです。たとえるなら罰ゲームで青汁を飲まされたら思いのほかおいしかったくらいショックです。具体的にあげると「もえたん」がネタじゃなかったと知ったときくらいショックです。…つまりたいした話じゃないんだねってのは言いっこなしで。
えーと、まあ要するに自分の欠点(?)をまざまざと見せつけられたって話なんですが。出社してマイデスクに着席、とここまではいつもの朝の風景なのですが、キーボードを操作しようと指をおいた瞬間。べっとり。…なんじゃこりゃああ。すんげえ脂っこいの。なんていうかこってりラーメン屋のカウンターみたいな感触です。<わかんねえよ よく見るとマウスとかもなんかてかってて。オレかよ。そう、おそらく私自身の体から出た脂分です。昔から自分のアブラギッシュ体質には悩んでいたんですが、まさかこんなところでこんにちはするなんて。とりあえずここは迅速にかつ内密に処理せねばってことで、朝っぱらからキーボードを雑巾でゴシゴシガチャガチャと。みっともないったらありゃしません。おまけに水ぶきしたくらいでは焼け石に水だったんですが。
それとは話が前後しますが、ポンプの石けんってあるじゃないですか。洗面台にボトルがすえつけてあって中に緑色の石けん液が入っていて下のほうを押すと出てくるあれ。小学校のトイレとかレアな場所でしかお目にかかれないにくいやつなんですが、それがうちにあるんですよ。萌え!<? もう私ってばいい歳こいてそのポンプがいたくお気に入りでして、上に書いた手のベタベタが気になるのも手伝って、なんべんも手を洗いに行きます。ここはマクドナルドかかっぱ寿司かってくらいに。なんていうか、手を清潔にしておくと気持ちもすっきりしてくるっていうか、むしろ仕事を忘れる楽しさです。(ダメ社員)

2003年9月11日木曜日

私が選ばなかった未来

……。(←黙祷) あの忌まわしいできごとから早2年がすぎました。ショッキングな報道は瞬時に各地を震撼させ多くの人に悲しみと憤りをもたらしました。私たちが味わった不信感、そして不安の度合いは計りしれません。見た目はいつもとなんら変わらない日常生活を送っていても、突如としてあのような不幸に見舞われることがある。やり場のない怒りとやりきれなさを誰もが強く感じたことでしょう。時の政府も即座に対策をほどこしましたが、それですべてが終わったわけではありません。またいつ同じようなことが起こるかわからない。目先の防止策だけではなく、本当に解決しなければならない問題はもっと根本にあるのです。そう、その事件も長年にわたって鬱積されてきたものがたまたま噴出するかたちで顔を出した氷山の一角にすぎないのですから。
また、経済にも多大な影響を与えたことはこの2年間の低調ぶりからおのずとうかがえます。国内でも、東証平均株価がちょうどその時期を境に一万円の大台を割りこみました。ただでさえバブル崩壊後の不況が長く尾を引き好転材料も見当たらなかった当時、この一件が沈滞する空気に拍車をかける結果となりました。国民の消費は落ちこみ、先行きに対する不透明感、いえここははっきりと悲観視と言わせてもらいますが、まさに坂を転がり落ちるように日本経済は混迷をきわめていきました。奇しくもその最たる要因となったことは認めざるを得ないでしょう。
私たちにできること、それはあの惨たんたる記憶を胸にとどめておくことです。どんな凶悪な犯罪も、悲惨な事件も、時間とともにしだいに忘れられていくのが常ではあるのかもしれません。しかし、それではいけないのです。過ちを教訓とし、同じ事態をふたたび起こさぬようにすること、それが伝えられるべき世代のために課される私たちの責務なのだと思います。子どもたちに心からの笑顔を呼び戻すために。そして、これからも暮らしの中で安心して牛肉が食べられるように

2003年9月10日水曜日

おはヨークシャーテリアとか

電車の長いシートに横一列に座っている乗客の中で自分がいちばん背が高いとその日はいいことありそう。(サラリーマン占い) こんにちは、実際に高いのは身長ではなく座高だということには気づかなかったことにしているondです。
トゥデイは夕飯がバナナ一本だけってくらいけつかっちんなので、かわりにもういっこ占いのようなものを。私とおなじ回答だったらその日はいいことなさそう。<ないのかよ

問題:「体」のつく熟語をひとつ思い浮かべてください。

ondくんの答え:世間体。

2003年9月9日火曜日

指紋つけてやれ

粉末ポカリスエットがお買い得なお店を教えてください。(挨拶) こんばんは、ひじに毛が生えているondです。
そんなことより。こないだ町の床屋行ったんです、床屋。そうしたらなんか抜け毛がいっぱい。<笑えねえし このところ羽振りがいいともっぱら噂のondさん、その日はいつもより高いコースにしてみました。ちなみに料金はこんなところです(税別)。
・カットのみ 1600円 ←いつもの
・カット+シャンプー 1900円 ←高いの
……うわぁ。素で失笑大量購入です。これ学割料金じゃないのっていうか、そもそもシャンプーしなかったら切った髪の毛が頭にくっついたままゴーホームじゃんとかいろいろご意見はおありでしょうが、これがマイスタンダードというか人生こんなもんです(?)。なんていうかあれですね、いちど勇気をふりしぼってすっぴんで出勤すればそのあと気が楽になるのと似たようなものです(違います)。てか、そんな私の話なんてどうでもいいじゃないですか。<おまえの日記ちゃうんか
さらに、どちらのコースでもシェービングしてくれるのでこれでもかってくらいお得です。そう、ひげそり。しかし甘いバラにはとげがある(甘?)、ここいらでちょいと手抜きが出てくるのですよ。というのも、なんかT字カミソリ使ってるんですが…。だっておかしくね? 床屋さんでひげそりっていったらあのナイフって相場が決まってなくね? あれで首筋なんかに刃をそわされた日にゃあぞくぞくっと身震いしてしまうというか、まさにソワソワールなのっていうか、あの緊張感がいいんじゃねーか。<だから性癖の話はいいから もうね、なにやってんのかと。プロの理容師としてのプライドはないのかと。しかもそるときに顔の上に蒸しタオルのっけて客にそれ見せないようにしてるんですよね。(被害妄想) まったくなっちゃいません。値段をとるかサービスをとるかってことなんでしょうか。むしろカットは手抜きでいいからちゃんとナイフ使ってください。<え

2003年9月8日月曜日

綸言

えんがちょー。(挨拶?) このごろ昆虫とかを手でつかめなくなってきたかもしれないondです。だって、だってさ、あんな10㌢以上もある巨大バッタはじめて見たもんーー! すみません取り乱してしまいました。ついさっきベランダでバッタリ遭遇したものですから。…どうか大目に見てやってくださいすべったダジャレもふくめて。それでね、OKかNGかはものにもよるんですが。すくなくとも例のやつはもうむりぽです。<ていうか出るの? いっぽうラブリィ系はまだ平気です。トカゲとかね。<ラブリィか?トカゲはラブリィか?!
それにしても、いつからこんなだめになってしまったんでしょう。少年時代はとてもよいお付き合いをさせていただいていたっていうか(?)、むしろ森のおともだちって感じだったんですけれども。田植えのときに素足で水田を歩いていたら足にヒルがくっついていたってくらいわんぱく小僧だったんですけれども。<!! 小さいころから慣れている生き物だったらだいじょぶっぽい気がします。そういえば、私が苦手だと思っている虫って、みんな物心ついてからというか地元を離れてからよく出くわすようになったものばかりなんですが。カメムシしかり、例のやつしかり。…いえあれ実家で見たことないんですが本気で。ネズミ取りにはよくネズミがくっついてたけどね!
カマキリが高いところに卵の巣を作るとその冬は大雪になるとか、いつも観察してたのになあ。身近な生き物とのふれあいがすくない暮らしはちょっぴりもの足りない。

2003年9月7日日曜日

毒性は殺さぬ程度に

マクドシェーク単品(96円)を買うためだけにマクドナルドに入店するのはなんとなく気が引けるondです。まったくの正攻法でただ買いものをするだけのはずなんですが、どういうわけかそこはかとなく悪いことをしているような錯覚におちいってしまいます。私だけでしょうか。シェークは飲みたいんですが、それ一個だけってのが客としてちょいはずっていうかさ。それにふだんたいして利用しないのにこんなときだけ行くのもやはり消費者としてのプライドにかかわるじゃん? 常連さんににらまれそうじゃん? 150円やるからその列あけろとか言われそうじゃん?
でも変ですよね、ロッテリアのときはなんの躊躇もしないのに。<なんで それに私……フラペチーノという人がありながら浮気なんてできません?!

2003年9月6日土曜日

この仕事何年やってるのかよ

あまやどりは神戸シティループを応援しています。(PR) あれはモエタ。
さて、洗車ですが。私はだんぜん手洗い派(?)です。やはり自分の愛車ですから、みずからの手できれいに磨いてあげたいものです。こまめな手入れで愛車も長生きというか、つまりはより深い関係の絆を結んでパートナーシップなわけですよ(何)。ハーッて息かけながらふいたりしてね。あまつさえ、お客さんかゆいところありませんか?とか、潤いたいだろ?とか話しかけたりしてね。でもってチェーンに油さしたりスポークの一本一本までふいたりしてね。<チャリかよ
…だってマイカー持ってねえもん。というわけで実家の車(軽トラとか)くらいしか洗車経験がないんですけれども。つうかなぜかたまに帰省した折りに花嫁修業の一環として洗わされるんですけれども。でも洗うのは楽しいのですよ。もともと掃除とか家事がすきなもんで。で、車もやはり手洗い派です。ワックスかけて光をはじく車体に自分の顔が映る、なんともうっとりではありませんか。…被写体はブ男だがね。
というのも、っていうかここからが本題なんですが、なぜホームクリーニングエマールにこだわるかといいますと、ガソリンスタンドの洗車マッスィーンにほろ苦い思い出があるのですよ。PTSDですよ。<そこまでひどいのか 車ごとつっこんでいって四方からグルグルブラシと水攻めの応酬ってあれです。いえね、幼少期にあれ体験してしまいまして。そう、後部座席に取り残されたままダイヴですよ。ガラスにバシャバシャと容赦なくたたきつけるブラシに豪雨のような洗浄水。まさに台風直撃状態です。このままどこかへ流されていっちゃうんじゃないかと思ってね。助けを求めて叫んでももちろんだれも来てくれません。あれがいかに怖かったか! 弟(仮名)とふたりで抱き合って大泣きしていました。それから先に乗ったどんな絶叫マシーンよりあれはおそろしいものでありましたとさ。

2003年9月5日金曜日

ぬいぐるみ・ピアノ・ソファー・絵本

緊急招集がかかったので今日はお休み。

2003年9月4日木曜日

うりうり!

今夜も火星がきれいです。でもニュースなどで騒がれでもしなければあれが火星だとは気づかなかったんだろうなと思いつつ。いかんせん夜空には火星と月くらいしか肉眼でとらえられるものがありません。はるかなる星々の光は地上の私たちが出す明かりに負けて届きません。かたや火星はみずから光を発しているわけでもないのにあんなに明々としています。遠くのなんとかより近くのなんとかってやつでしょうか。
それにしても、6万年ぶりというのは大げさな言いかただと思うのです。地球と火星の公転周期はそれぞれ365日と687日ですから、つまり足の速い人と遅い人がぐるぐる走っている状態なわけで、そりゃもうしょっちゅう横をすれちがうわけです。しょっちゅうと言っても780日ごとですが。それがたまたま距離の短くなる位置ですれちがうのが今年でして、その距離がおよそ6万年前の大接近以来だということです。しかし近いといっても、いちばん離れている小接近とくらべても2倍の開きもありませんし、天文学上はなにも特別なことはありません。ちなみに、6万年前といえば日本列島がまだ海面から浮かび上がったり沈んだりをくり返して、ナウマンゾウが闊歩していた時代。あまり天体ロマンに似つかわしくない風景であったことはまちがいないでしょう。
個人的には火星の衛星フォボスとダイモスのほうに興味があったりします。いつか火星がもっと身近になったら、この目で見られる日が来るんでしょうか。

2003年9月3日水曜日

ウィッシュボーン弥勒

おまえがファッションのことに口を出すなってのは百も承知なんですけれど、ひとつどうしてもわからないものがありまして。いえ本当は379個くらいあるんですけれども残りは割愛させていただくとして。あのね、ちっさい鏡みたいなプレートがちりばめられている生地があるじゃないですか、あれってなんなんでしょうと思って。なんなんでしょうっていうか、なんなん?(同じ意味)
手提げかばんに使われているのはまだ不思議じゃないんですが、なんか服も上着とかスカートとか、それでいっているのをときたま見かけてしまいます。そりゃはた目にはキラキラしていてきれいかもしれないけどさ。でもそんなんだったら、飾りボタンとかラメとかいくらでもあるわけで。なぜにってことですよ。なぜに鏡なのかってことですよ。いつも手鏡を持ち歩きたい女心が高じてついに身につけてしまったんでしょうか。で、こうすそを引っぱってちっちゃいのをのぞきこんだりするわけです。これじゃあ鼻の頭しか映らねえよ、みたいな。もしくはあの鏡で日光を反射して教師の後頭部をねらったりね。あれクラスの6人分くらいの反射光が一点に集まるとそれなりに高温になります(実話)。むしろあの鏡はふつうの鏡じゃなくて実は裏側から見ると向こうがすけて見えるってやつですか。<なに言ってんのっていうか、また酔ってんの? というかあれたぶん本物の鏡ではないと思うのですが、そうなるとなぜに金属なのかってことですよ。アクセサリーとしてではなくて、布地のいたるところにチップがはめこまれているという違和感。そもそもそれは洗濯できるんでしょうか。ドライマークがついてればホームクリーニングエマールできるんでしょうか。それとも金属つながりでメタルなのかも。本格的なパンクファッションにはまだ敷居が高いものの、まずはお手軽にプチメタルからはじめてみました、ってところでしょうか。
…いやー、まったくの憶測でものを言うって本当に楽しいものですね(水野晴郎口調で)。それではまた来週。

2003年9月2日火曜日

2回目のほうがドキドキ

たのもー。(挨拶) バース党ってバースをこよなく愛する往年の阪神ファンの人たちのことを言うのかと思っていました。うへ。
さて、毎日欠かさず見ているサイトってありますか。私はありません。…いまの発言でいろんな方面を敵に回してしまったかもしれませんがそれはさておき。だって時間がないんですもん。とくに最近はあまりサーフする気がおきない。ニコニコ日記みなきゃだしね!<15分だけじゃん それだけじゃなくて、なんていうんでしょうこれは。ネット出不精? ネット夏ばて?(?) とにかくほんのり無気力なんです。…たぶんこのところ毎晩お酒のんでいるせいかもしれません。あーっくそう、ちっとも頭がはたらきやしねえ。

2003年9月1日月曜日

チキンポークピカタ

まだカレンダーを8月のままにしている人いませんか。ちゃんと次のページめくらないといけませんよ。今日はまだ8月32日なんだと信じたい気持ちもわかるけれども。そんな年齢を聞かれて39歳60か月ですみたいな往生際のわるさはおやめなさい。いえ、たぶんめくり忘れているだけでしょうが。
それはそうと、やべえ。ニコニコ日記萌える。<なんか言いはじめたよ? というわけでめずらしくドラマなんか観てしまっている今日このごろです。いやあれはいい話ですよ。心と心の触れあいを描いたハートフルストーリーですよ(中身の伴わない説明)。というか夜の連ドラにはわしゃあ期待しちょるけえ。深夜の時間帯という放送枠を生かし、ヤングアダルト層に的をしぼってより視聴者心理に訴える話をもってこられるってのが強みでしょうか。だって朝の連ドラってさ、正直ぬるいじゃん? いえ最近のは私みてませんが、ちょっと話がマンネリしてきている感がいなめないのですよ。ヒロインが夢にまっしぐらでラヴにもまっしぐらでそれで後半は仕事と育児の両立をどうすんべとかそんな感じじゃないですか。<偏見すぎ そんなありきたりな幸せばっかり見せられてもどうよと思うのですよ。いえ実際にそう思っている人が増えてきているからこそ、夜の連ドラというあたらしいタイプの自分探しの旅が門出をむかえるべくしてむかえたんだと思うのです(謎言語)。ニコニコ日記しかりです。仕事も恋愛もうまくいかない三十路前の主人公のところに突然女の子がやってきてともに生活をはじめる、といったあらすじなんですが、なんとも夢がふくらむ物語ではありませんか!<そう思うのはおまえだけだっていうか、おまえの場合夢じゃなくて想像だろ だからね、べつに結婚とか子宝だけが人生のゴールじゃないんだってこと、人それぞれにさまざまな将来のかたちがあるんだってことをどんどん提案していってくれたほうが、もっとたくさんの人に生きる勇気をあたえられると思いませんか。それともただのひがみ発言にしか聞こえませんか。そうですか。

2003年8月31日日曜日

知恵熱でアプローズ

ここんとこSunday Nikkeiにこっています。日曜日の朝刊だけ買ってきます。特集記事がいっぱいあってお得だしね。<あんまりだ それ以外はろくな時間のつかいかたをしなかったことが悔やまれます。
もうひとつ、ここんとこ輸入食料品にこっています。近所にいいお店があるんだわ。世界じゅうには数多くの食文化があって、一度は口にしてみたいものっていろいろあるじゃないですか。そういうものをちまちまとお試しキャンペーンなの。お店に行って棚をながめているだけでよりどりみどりな品ぞろえに心ズキズキワクワクなんですが、やはり百見は一食にしかずと言いますし(言いません)。以前のプレッツェルでは辛酸をなめましたが(<そんなにまずかったの?)、もともと珍しものずきなのでこりずにチャレンジです。ビーフジャーキーや、見るからに体によくなさそうな調味料や、ハワイに行った人がおみやげに買ってきそうなクッキー缶やチョコレートや、国内では見かけない味のプリングルスなど。
で、それらは基本的に一夜かぎりのアバンチュールなのですが(何)、中にはリピーターしちゃってるものもありまして。フルーツ入りシリアルです。ドイツ生まれ。時間のない朝食に欠かせない存在ですし、なにより安い。一箱100円だべよ。でも、でもさ。主成分がオート麦なの。そう、ちまたでうわさのオートミールです。なんていうかね、すごいよ? これ毎朝食べてたらあごがものすごきたえられること請けあい。<前向きに考えすぎ 味はともかく長靴いっぱい食べたいね。

2003年8月29日金曜日

それっぽい未来

番組のはじめにお詫びがございます。むしろお詫びっていうか言いわけです。なんかここんとこ下品なネタがつづいていますが、これはまったくの偶然ですので。本当だってば。いやもう、ほんとに、アクシデント、ね。そう放送事故。ですが私はこんなことではくじけません。夏の夜空にどでかい花火を打ち上げます!!<やっぱり確信犯じゃねえか
というか、またスキンケアの話なんですけれども。自慢ではありませんが肌がえらいことになっています。無造作皮膚っていうか、もとい無法地帯です。脂ぎったり粉ふいたりはあたりまえ。(二割三割あたりまえみたいなノリでっていうか、さらっとすごいことカミングアウトしてないか?) かたよった食生活と睡眠不足のせいだってことはわかりきっているんですけれども、わかっちゃいるけどやめられないっていうか、やめられないとまらないっていうかー。とくに頭を悩ませているのが乾燥肌です。これは顔面だけにとどまらず、全身の肌がやられちゃってます。とくに蒸し暑くなるとあっちこっちかゆくなってムキーッ、みたいな。それでね、なかでもいちばんひどいのが、
タマちゃん♪
…えーと。具体的にはタマちゃんの…まあその、皮っていうか。略してたまがわです。<そんなこと言わなくていいし もうすごいよ? テレビ的に見せられませんがすごいよ? テレビ的にじゃなくても見せられませんがそれはさておきすごいよ? 本場の(?)タマちゃんはすべすべのもち肌が自慢のアザラシです。こっちはちがいます。なんていうかイメージでいくと、アルマジロ。そう、日本では飼育が禁じられている(うそ)あのアルマジロです。むしろアルマジロというファミコンソフトを私と熱く語りたいかたは文通仲間になってください(脱線)。すなわち股間にアルマジロを飼っているondです!<最低だオマエ
そんなわけでもうどうしようかと。まったくのお笑い話ですが当人これでも悩んでるんですよ。男性のデリケートな部分のかゆみに効く薬ってあるのかなあとか。それともこれってただ老化してしわになっているだけなんでしょうか。……いやあああ! まだ嫁入り前なのにこんなところがまっ先に衰えるなんていやあああ!

2003年8月28日木曜日

頭痛にサリドン よーいドン

突然ですが、手術って受けたことありますか。私はありません。以上。<おわんなよ
でもそういう話になりかけたことはありまして。物心つくまえは体が弱かったようですがさいわいおおきな病気もしませんで、車にひかれてもすり傷ですんだ(!)強運の持ち主なのですが、そんなミーにも恐怖の大王が降ってきました。中学時代の私を襲った原因不明の腹痛。ぽんぽんいたいいたいなの。<幼児語化計画? 右の下腹部あたりがずきずきずきずきと。いっこうにおさまりません。そして通院を余儀なくされ学校も休んでしまい、しかもその日の給食が好物のカレーライスだったというまさに不幸のどん底でした。…なんですかその目は。給食食えなかったくらいで悲劇のヒロイン演じてんじゃねえよっておっしゃりたいんですか。ていうか私はヒロインじゃありませんがそれはさておき。
でね、もしかしたら盲腸炎かもしれないって言われまして。まさか自分がそんなたいそうな病気にかかるなんて(注:盲腸炎は病気でもなんでもありません)、とはじめは鼻で爆笑していた私なのですが、そのときマイマザーも中学生のときに盲腸の手術をしたことを聞かされまして。がぜん敗色濃厚です。いえ勝ち負けの問題じゃないんでしょうがっていうか、遺伝すると決まったわけじゃないし。でも、それからというものすっかり怖くなりまして。もし本当にそうだったら自分も手術しなければならないのかなあとか。同級生が千羽鶴折って病室にもってきてくれるのかなあとか。それよか盲腸の手術と言えば剃毛だよなあとか。せっかく生えはじめたかわいいベイビーたちともお別れなのかなあとか。…ああ男子中学生。
そうこうしているうちに腹痛はおさまり、いまだ原因はわからないままなのですがとりあえず盲腸炎ではないってことで一連の騒動はお開きとなりました。しかし次に発症したら盲腸はすぐ取ったほうがいい、と言いたしなめられて現在にいたるといったところです。それからというもの、おなかが痛くなるたびに手術への恐怖感がよみがえってくるondです。いえ今日のはただ水飲みすぎただけなんですが。あいたたた。

2003年8月27日水曜日

白イ鎖

ルイボスティー。(挨拶) 「『いっぱい』の『い』を『お』にかえるとなんになる?」って子どものころありましたよね。まあ子どもらしいひっかけっていうかかわいいもんだっていうか、はしが転がってもおかしい年ごろだったのですよみんな昔は。
ほかにも「『せ』ではじまる4文字のことばで、おとなになってからするものなーんだ?」なんてのもありました。答えは「せんきょ」で、まちがってもういっこのほうを答えてしまうとうわーこいつスケベだーとか言われるわけですよ。えんがちょーとか言われるわけですよ。ツルセコーとか言われるわけですよ(言われません)。…ばか言ってんじゃねえ。<なんでいきなり怒ってんの もうね、ちっと表に出ろやとあごで指図してやりたい。そしていつの生まれだと問うてやりたい。だって、だってさ。今どきの人は大人になっても選挙行かないじゃん。あまつさえもういっこのほうに至っては子どものうちからやってるしさ。というわけで結局はどちらも不正解なんです。
そこで、これからの世代の子どもたちのために(何)あまやどりが提唱するこのなぞなぞの答えは「せんぶり」です。そう、センブリ。あの苦味とか健康効果とかを考えればあれぞまさに大人のたしなみって感じです。…そのわりには罰ゲームでおなじみだったりしますが。

2003年8月26日火曜日

右から振り向きすぎ

ガシャンコン。(ゲートが開いた音?) めずらしく自動改札で引っかかっちゃって。定期券の期限はまだ残っているはずだしおかしいなあとか首をかしげながら出てきたカードを手に取ってみると、それ定期券じゃなくてミスドのポイントカードでした。こないだ買い物したとき財布のカードポケットのほうに入れっぱにしてそのまんまヨーグルトだったようです。うっかりちゃっかり♪(注:うっかりとちゃっかりは似ているけど意味は正反対です) でもさあ、朝だし急いでるし後ろつかえてるわけですよ。これ3点なんだから通してくれたっていいじゃん。<それはだめだろうっていうか、そんなことで3点を手放すのはどうだろう どうやらまだ頭がきちんと起きていないっぽいondです。
さて。きのう帰宅して出しっぱの洗濯物よせようとしたら、ベランダの外に服が落ちてました。ベランダの外ってどこかっていうと、柵をのぼってそのさらに外側の場所なんですが、なかなか言葉で説明するのはむずいんですが、たとえて言うならビルの屋上から飛び降りようとする人がよく立っているあそこです! で(え?)、洗濯物が風で飛んだのかなと思って、ひょいとのぼってさらりと取りに行きました。外はもう暗かったのでとりあえずそれ持って部屋に入ってひろげてみると…だれだおまえは。Tシャツだったのですが、私がもってるのじゃないの。洗濯物を確認してみたところなにも服は減ってませんで、つまりはあれだ。
1. 見なかったことにしよう。<またか
2. ありがとうサンタさん。
3. お風呂場の足ふきマットにぴったり。
4. まさとしは みしらぬシャツを むしろなげすてた!
解答はまた来週。かならず8月26日出題分とお書き添えください。<将棋の時間? というか女物の下着とかだったらよかったのに。

2003年8月25日月曜日

Direct now!

オリジナルどんぶり。

ライスL 120円
生玉子 30円
納豆 50円
キムチ 40円
ぜんぶをごはんにのせてまぜまぜ。栄養満点リーズナブルどんぶり。
もう一品追加でちょっとリッチにゴージャスどんぶり。
いずれのどんぶりもみそ汁(20円)をつけてどうそ。

+ほうれん草 60円
緑黄色野菜と適度な歯ごたえとかつお節の香り。

+鶏きんぴら 80円
ピリ辛好みに。鶏肉も入ってプチブル気分。

+納豆 50円
ウラ技ダブル納豆。素人にはおすすめできない。

+いももち 100円
食べづらさ満点。上にのせるとものすご邪魔。

+山菜じゃこおろし 100円
ごはんがべちゃべちゃになる以外は美味。

+カレーM 250円
まだ食うのかよ。

…さて前置きが長くなっちまいましたがこんにちは。<前置きだったの?! このメニューを実際にやっていた人がいまして。大学時代の同輩なのですが、いえ私はだぶってたので入学年度でみれば後輩なのですが(そんなことわざわざ言わなくていいし)、食堂に行ってなにするかと思いきや。はじめて見た私は感動しくさりました。だってすごくね? ビンボー学生にとって食費をどう削るかというのはとても重要な問題です。しかしいかんせん食べざかり育ちざかりそして飲みざかりの大学生、食事はしっかりバランスよくとりたいわけですよ。その究極の命題に与えられた基底解のひとつがこれであったと言っても過言ではありません。小鉢のサイドメニューをごはんにのせてメインディッシュにするなんて! それからというもの、いっしょに学食に行くときは私もいつもそのメニューにしました。まねっこです。ペアルックです(ちがいます)。彼こそ大学生の鑑であったと、私は今でも確信しています。
そして時は流れて、今日たまたま冷蔵庫に玉子と納豆とキムチが入っていたのでひさびさにやってみました。当時からうすうす気づいていたことではありますが、…そんなにおいしいものではないわね。そして上の話を思い出しつつ、社会人になっても金銭感覚があのころとまるで変わっちゃいないわが身を思いつつ、ていうかオタク稼業を手控えているぶんむしろ消費支出は減ったんじゃないかとかガクブルっちまいつつ。…つい先日も同人誌たんまり買ってきた人間の言うせりふではないわね。

2003年8月23日土曜日

勝負は時の運だから焦らずに

♪チェッチェッコリッ チェッコリッサー
二酸化マンガン 過酸化マンガン
豊満
チェチェ

って聞こえるondです。なんたる理系人間の耳か。<豊満は何
実はこの歌、昔これでもかってくらい聞いたおぼえがあります。それは保育所でのことです。おゆうぎの時間にこれうたいながら踊ったりしてたんですが。もしもうちだけだったらこっぱずかしいことこの上ないんですがそれはさておき。ちなみに当時はこう聞こえていました。

♪チェッチェッコリッ チェッコリッサー
ひらいたまんまん いたいたまんまん
おーまんチェチェ

……こんなの園児にうたわせていいのかよ!! などと弱冠5歳にして教育的配慮みたいなものを織りまぜた大人トークを展開してみたりみなかったり。なんたる色ガキか。

2003年8月22日金曜日

僕はアレをちらつかせました

きょうは8月22日です。…言ってみただけです。言ってみただけ。
さて。話題にまったく他意はないんですが、高校生のとき丸刈りにしたことがあります。この話を人にするとまずまちがいなく理由を聞かれます。でもどーして切…みたいな具合に。<そりゃないない! まあいぶかしがられるのも無理はないんでしょうが。しかも高校だと、クラブの決まりでとか、なんか問題起こして反省のためとか、あんましよくないイメージがつきものですけん。私はべつにそんなんじゃないんです。ていうか理由なんてなんだっていいじゃないですか。<あんた言い出しっぺじゃん やったのは3年生の秋のことで、受験も近いしここはひとつ気合いを入れようかと思いまして。それで坊主ってのはどうかという声もおありでしょうが。たぶんあれですね、部活動も引退してしまったし、文化祭とかあらかたの学校行事も終わって、しかもまわりもみんな受験モードでしょう? なんかもんもんとしてたんでしょうね。ここはドバーンとひとつぶっとんだことやりたいって気持ちもあったと思います。それで坊主ってのはどうかという声もおありでしょうが。(二度目) とにかく、それでまあ、いっちょやってみっか!とセリフは悟空なのに髪型はクリリン、と。いやそこ(剃髪)まではやってませんが。
頭の上を容赦なくバリカンが走っていきます。はらはらと落ちていく髪を、嫁いでいく娘を見送る父親のような心境で見つめていました。小さいころから短髪にしていることが多かったせいか、マルコメくんや一休さんといった典型的な坊主頭キャラのあだ名をよくつけられていた私なのですが、これで名実ともに(?)マルコメくんになるんだなあ、とかちょっとよくわからないことをぼんやり考えながら。で、できました。ものすんごいはずいのね。逃げるように床屋から帰ってきたところ、まず親におこられました。あんたいくつだ。きょうび高校生とかの子が頭のことで注意されるっていったら、ふつう染めたとか脱色したとかじゃないですか(今どきは注意すらされないでしょうが)。私は毛の色どころか、毛そのものをきれいさっぱり落としちゃったわけで、そりゃあもうなんつーか。学校行ったら行ったでみんなに触られまくるし。ああっ、もっとそこ攻めて!
しかも肝心のところがまったくなっちゃいないの。つまりね、頭がすずしくってまったく勉強に集中できない。だめじゃん。まあこれもあまたある若き日の過ちのひとつってことで。

2003年8月21日木曜日

玉ぐし事件

七分丈のジーパンはかわいいなあ。(挨拶) あのすねあたりの絶妙な露出ぐあいがたまんなくね?<またかっていうか、露出とか言うな …そんな趣味の話はどうでもいいですか。あいかわらずなんとも的を射ないさわりですがこんばんは。数日前から駅のホームに自転車が停められていることが気になって気になっていかんともしがたいこの歯がゆさを何とかしてください。
さて。芸能ネタにはそこそこうとい私ではありますが、おもむろに黒田勇樹さんを語ってみるテスツ。だってかっこいいじゃん。昔っから子役として評判が高く、現在は俳優業だけでなくマルチに活動しています。ファンとしてはもっと目立った活躍を期待したいところなんですけれども。なにがいいかって、やはりあのきりっとした顔立ち。とろけるカレーのような(?)甘いマスクには、女性ファンにまじって思わずため息です。ところがどっこい、ウルルンに出てくるときはおもむろにワイルドです。こないだなんか原住民の村を訪れたとかで裸になってました。きやー。(両手で目を隠しつつ実は指のあいだからしっかり見ている<何) クールなイメージぶちこわしです。同じウルルンでも、どうせならロンドンとか行けばいいのにね。ってCMかよ。昔ね、ブルックボンドという紅茶のコマーシャルに出てたのですよ。近衛兵のかっこうをした黒田少年が。近衛兵ってあれですよ、ロシアっぽい帽子に赤い服着て宮殿のまわりを行進するやつ。あれはよかった。思えばあのころから一目ぼれ注目していたように思います。ちなみにブルックボンドってのは、イギリスでは知らない人はいないってくらい老舗のブランドで、アーサー・ブルックボンドという人が創設したんだそうです。黒田…アーサー…黒田…アーサー…。
……というわけで、黒田アーサーって黒田勇樹さんのニックネームだとずっと思いこんでいたondです!!<んなアホな

2003年8月20日水曜日

ファイティングいちごスピリット

誕生日のプレゼントにほしいもの。思いつきで。
・頭よさそーな物
炊飯器
・携帯電話を乗せておくと着信のときに音とアクションで知らせてくれるあれ
・ニコパチ
・肩たたき券(ほのかに切実)
・ヌーブラ

…ああそうかプレゼントってネタに走ればよかったのか。

2003年8月19日火曜日

疫病神をつかまされた感じ

アンニョンハセオ。こんにちは、チョナン・カンです。うそです。どうでもいいですがハングルの歌といえばオジャパメンです。十八番です。
さて、ライフスタイルがてんぱってくると頭がうまく回らなくなるせいか、人というものは時として突飛な行動に出てしまうようです。人がっていうか、私が。そう、徒歩で帰宅しちまいました。とほほ。<うわぁ… 遅くまでワーキングして一刻も早く家路を急ぎたいところだってのになんたる時間のむだか。いえこれは冷静に考えれば当然そう思うのですが、書いたとおり頭が極度のわやくちゃ状態だったものですから、ちょっと思考がおかしくなっていたのかもしれません。…おまえの思考はいつもおかしいじゃんとかは言いっこなしで。
それでね? おもむろに駅と反対側に向かって歩きはじめたんです。そしてスターバに寄ってフラーペをちゅーちゅーやりながらまたてくてくハイキングですよ。そういうことかと。つまりただ寄り道がしたかっただけかと。かいぐいだー、と。たしかにそうかもしれません。気晴らしのひとつもなしにまっすぐ家に帰ったんではよけい気疲れしてしまいますから、証人保護プログラムというか(何)、自己防衛のためのセーフガードが自動的に発動されたということにしておいてください。ええけっして徘徊癖とかじゃなく。

2003年8月18日月曜日

首肯できない

08/14のつづきです。いいかげんしつこいですか。スッポンのondと呼ばれていてよ?<いてよ?
ら抜き表現を「よその地方の方言」と形容したことに関してですが。ほかの多くの“流行語”と同様に、たまたまテレビなどのせいで急速に全国に広まっただけで、一部の人たちだけが使用しているという点ではやはりかぎられた範囲での用法なのだろうなという認識でいっぱいですわたくし。だから、方言というより集団内用語と呼ぶべきものでしょうか。
社会には大小さまざまの集団があって、略称や特別なものの呼びかたなど、その中でだけ用いられるタームというものが多かれ少なかれあると思います。中の人どうしではそれは共通の約束ごととして知っているから通じるのですが、その輪から一歩外に出ると使えなくなります。そうした用語が増え、そして難解になるほど、その集団は閉鎖的で排他的なものになっていきます。私はこうした集団内言語はなるたけ使うべきでないと考えます。内部的な用語を濫用してしまうと、その集団の中でしか思いどおりの意思疎通がとれなくなって、どうしても内々に閉じこもってしまう傾向があります。それらの用語を無理に外部に持ち出したところで、いわゆる内輪受けにしかなりません。人間関係のつながり・交流を減退させるかせとなってしまいます。異なる世代の人と会話が通じない、いわゆるジェネレーションギャップの一因となっているとも考えられますし。
言語というものは私たちが常日ごろ使っている以上、日々変化し、あらたな語彙や表現が生まれてしかるべきものですから、その流れに水を差すことは申しません。私が危惧しているのは、隔絶の深化がさらに進むことです。ただでさえ個人主義が蔓延している今日このごろ、核家族化や近所づきあいの減少に象徴されるように、他人と関わる機会にめっきり疎くなりました。便利で不自由のなくなった社会、ごくかぎられた友人とだけつるんでいたって生きていけてしまいます。集団はどんどん細分化され、溝は深まり、距離は広まっていきます。外部の人間を必要以上に避け、警戒し、両者のあいだにぎすぎすした空気が漂う、だからささいなことでいがみあったりトラブルが生じてしまうのではないでしょうか。はやりことばに安易に手を染めることの危険性を、私はこんなふうに考えています。
…やはりこんな頭の痛い文章が私の本職なんだろうか。本音ではもっとべつの意味で頭が痛くなるテキストを書きたいんですがね。ここんとこ方向性が迷走しまくりのダメ日記をきょうもお送りしました。

2003年8月17日日曜日

「おかしいね」「おかしいね」

…えーっと。
恥ずかしながら戦線復帰です。おまえなんかお呼びじゃないとかは言いっこなしで。

08/10
今日のユリスキー。<えっ 電車の通路はさんで反対側の席に大学生くらいの女子ペアが座ってました。どうやら友だちどうしのようなのですが、なーんかね、にゃんにゃんムードなの。(謎言語) ちょっとないってくらい仲むつまじいの。そこで直感的にピコピコピコーンとアンテナが3本立ったものですから、おいちゃん横目でロックオンとしゃれこみました。そう、観察です。おおっとつっこむのはまだ早いぜ?(何)
ひとりがねぶくなってきてもうひとりに寄りかかったり、あまつさえ脚の上にもたれこんだり。ひざまくら状態ですね。そいで乗られたほうは寝ているほうの肩をさすったり、頭をなでたり、むしろ折り重なるように倒れこんだり。そんなことをときおり攻守交代しながらひたすらやってらっしゃいました(←敬意がにじみ出ている)。どうですか。萌えませんか。わかりませんか。そうですか。
さらに見ていると、もっとすごいの。ひざモワーンです。ってわかりますか。ひざのところで指を開くようにはわせてくすぐるあれです。正式名称はわかりません。あれをおやりになっていました。私の試算ではひざモワーンをやっているカップルはべらぼうに親密度が高い(髪をいじったりパジャマパーティーとかよりも上)と出ておりますので、つまりはかなりの高得点ですよこれは。投げる手裏剣ストライクですよこれは。今度はどうですか。マニヤックすぎますか。むしろただの変態トークですか。そうですか。
それ以上に会心の一撃だったシーンもあったのですがはずかしくってとても男の子の口からは言えないようなものだったので割愛させていただきます。

08/11
ほら見て!
まるごとバナナが108円だよお母さん!
…いっぱい買ってもらいました。

08/12
本の虫。日ごろ読書らしい読書をしていないので読みだめとばかりに。いえ実際にふだん読んでいませんことよ。ああそうだよ小説なんてここんとこあれしか読んでなかったよヴァーカ!<なんで逆ギレしてんの 今回読んだ中ではスキップがぐっときました。まさに手に汗握る展開というか、ソワソワールしっぱなしで読めました。
きまってコミックも読みます。シュート!終わっちまいましたね。(きょう知った) あと、苺ましまろというマンガがちまたで評判だと小耳にはさんだものですからチェックしてみました。絵は文句なしだしおもしろいことはおもしろいんですが、気になる点がひとつ、なにげにエロ要素が目立つんですが。<エロ要素って言うな そっちの路線で売ろうとしてるんならちともったいないかなと。
さて。私も昔はジャンプとかよく読んでいたくちなんですが、しこたま応援していたマンガのひとつがBOYだったりします。背中からバット出してうるァァ!っていうあれです。そうなんよ意外と。ケンカや暴力はからっきしの三級品というか、やはり世の中にあってはならないものだとわたくし思っているのですが、その反動なのかフィクションの世界ではそういうものを求めてしまう。リンチやドラッグ、果てはレイプなんていう、少年誌らしからぬ過激なストーリーもあったのですが、そこがかえって刺激的だったというか。
もうひとつ、ふつうの(?)高校生が登場するっていう舞台設定もポイントでした。もしかしたら自分の近くでこんなことが起こっているんじゃないかと思わせてくれるような。いえ実際にあったら困るんですが。同系統のものではろくでなしBLUESとかもよかったですが。それくらいのころの私はまるでもっていい子ちゃんで通っていて、不良っぽい同級生もいなかったし、ましてやカツアゲやストリートファイトなんてどこか遠い世界の話にしか思えませんでした。だからこそなんでしょうか、ちょっと悪い子にあこがれてしまうのは。心の殻をやぶって思いっきり暴れてみたいっていう願望が、どこかにあったからかもしれません。
まあこれは、私が見ていたころの、現実とフィクションの境界がそれくらいはっきりしていたときの話ですが。

08/13
西部警察の一件が残念でならないondです。まあ、たとえ規模も期待も大きかった番組とはいえ、重傷者が出てしまった以上こうせざるを得ないというのはしかたないところだと思います。むしろ即断をくだしたところに男気を感じますが。でも、でもさ、楽しみにしてたのに。だってすごくね? いえ私は昔のは観たことありませんし、裕次郎さんがどれだけ偉大だったかも肌で感じていない世代なのですが、だってすごくね?《表現の重複》 ハリウッドばりのど派手なアクションに爆破シーン。こんなもんもんとした今だからこそドバーンとやってほしい番組だっただけに。はい。
満たされることのないこのさみしい心の埋め合わせにもなりませんが(またか)、名探偵コナンの再放送みてました。昔のエンディング曲とかがやたらなつかしいのなんの。

08/14
公約どおりゴーヤーをいただきました。それはさておき。
このほど自分の中で議論が一応の決着をみたのですが、ら抜き表現について。まず「ら抜き表現」についておさらいしておきます。ええ頼まれてもいないのに。助動詞「れる」「られる」は受身・尊敬・可能・自発の四つの意味をもちます。いずれの場合も用法は同じで、五段活用かサ行変格活用(する)の動詞に接続するときは「れる」を、その他の種類(上一段・下一段・カ変(来る))の動詞に接続するときは「られる」を使います。「見る」→「見られる」といった具合です。ここで、可能の意味で用いる場合にかぎって、従来なら「られる」を使う場合でもかわりに「れる」を使うという、あらたな用法が出てきました。この規則でいくと「見る」→「見れる」となります(可能の意味のとき)。これがいわゆるら抜き表現でして、日本語本来の文法としては正しくないので使うべきではないという意見があります。
ところがこれ、べつの見かたでは実は正しいんじゃないかって説。それは可能動詞です。可能動詞とははじめから可能の意味を含んでいる動詞のことで、おもに五段活用の動詞を下一段に活用させたものを指します。「飛ぶ」→「飛べる」のように。これは動詞「飛ぶ」+可能の助動詞「れる」→「飛ばれる」のかわりに用いることができます。ら抜き表現の動詞も、助動詞の用法を誤ったものではなく、一段活用(注:ここでは、上一段活用・下一段活用・カ行変格活用の総称)の動詞から作られた可能動詞であるとみなせば説明がつきます。つまり「見る」→「見れる」のように変化させたひとつの動詞であると。そこで調べてみると、どうやら五段動詞の可能動詞も、もともとは動詞+「れる」の発音がちぢんで派生したのが起こりだといういうことらしいんです。だったら一段活用の場合だって認めないわけにはいかないでしょう、というわけで。ただ、一段動詞の可能動詞をこうやって作っていいかどうかに関しては学術的にグレーゾーンですが。
で、わたしはそんなけしからん的見地から異をとなえているのではありませんで、どうもこの違和感は私の地元の方言によっているみたいなのです。うちでは若干なまって「いる」「らいる」なのですが、いずれを使うかは従来の用法のとおりです。徹底しています。さらに可能動詞がいっさい用いられません。たぶんそれがすっかりしみついちゃってるから、よその地方の方言を聞いたときみたいに変に感じるのでしょう。まあそんなわけで私は生涯新潟県民を名乗ることを心に決めているわけですが(?)。
(08/20 修正)

08/15
朝起きて鏡を見たら見慣れない人の顔がありました。よく目をこらしてみると、すっかり肥えてふくれたマイフェイスでした。ごっつぁんでーす。<?

08/16
海行ってカモメとたわむれてきました。…なんですかその目は。こいつ遊び相手もいないでやんのさびしいやつだなとかおっしゃりたいんですか。カモメのよさを知らないからそんなことが言えるんです。<だれにいってんの かわいいぞーカモメは。

2003年8月9日土曜日

物理的にとか理論上はとかいちいち頭につけるな

…さて。
無断欠勤しておりまして失礼しやした。なんていうかあれですね、やることが多すぎると何から手をつけていいかわからなくなって途方にくれてしまうってこういうことなんですね。<どうしたよ まあ、多くは述べませんがはしょって説明しますと、大雨の被害に遭ったり仕事があれだったり夏休みの工作に精を出したりしてました。<はしょりすぎっていうか しかも勝手ながら明日からサマヴァケとさせていただきますので、書けるかぎりのストックネタ(!!)放出みたいな。それではどうぞ。

♪夏の高校野球がはじまりましたが、あれはじまるたびにいつも思うのですが、野球部ってひいきされすぎですよね。私も高校時代は部活動をしていましたが、当事者からみたら野球部も数あるクラブのひとつでしかないわけですよ。それなのにまあ、世間やメディアの注目度と言ったら。まあこれは野球部っていうより、日本が野球大国だからというのがもともとのあれなんでしょうが、それにしてもどうですかこの一極集中ぶり。マイナーな競技はインターハイの決勝戦であってもなかなか取り上げられませんし。ま、ものによっては大会やコンクールすらない部もあるでしょうが。いっぽう野球だけはすごいです。各地の新聞やテレビは、予選である地方大会の一回戦から事細かにお知らせ。なんかあれですか、日本男児なら甲子園目指してなんぼってやつですか。そうですか。
あれぜったい不公平さを感じませんか。それともそんなことどうでもいいですか。だまれ帰宅部。いろんなクラブに参加してみなさんそれぞれがんばっているのですよ。その努力や成果をすこしでも注目されたいと思うのは自然なことですし、若さとガッツあふれる高校生ならなおさらです。他人や世間から見てもらえることで、自信がついたりやりがいを感じたり、さらなる上達にもつながっていくと思いますし。だから、どこも平等にとはいかないまでも、そういうひとりひとりのちいさな青春の輝きを、もうちょっとこう、ね。

♪めずらしく(そうか?)ニュース引用ですが、ゲームディレクターの桜井政博さんがつとめていた会社を退社したというのがちと目にとまりまして。なにがって星のカービィの生みの親ですから。カービィはゲームボーイの一作目から遊びたおしているondとしてはさすがに見すごせなかったといいますか。どうやらよそに移るというわけではなさそうなので、これからどうするのか気がかりですが。
まー、でも、ちょっと気になったって程度でして。カービィというゲームやキャラクターにはこれでもかってくらい思い入れがありますが、それを作った人に関心があるわけではありません。これは私基本的にそうなんですけれど、あまり作者には目を向けていないっていうか。作家でもマンガ家でも歌手でも、だれがファンかって聞かれるといつも答えに窮してしまいます。すきな作品や曲はあっても興味を持つのはいつもそれ単品で、たとえばだれだれのファンだからその人の作品をぜんぶそろえるとか、その人自身のプロフィールを知りたいといったことには、それほど食指を動かされません。
今まで自分の中では、それ声優だけは別枠だと思っていたのですが、よくよく考えてみたらけっきょく同じなのかなって。胸きゅんボイスならだれでもいいや、みたいな。あいかわらず節操なしですかね私。女とっかえひっかえしてますかね私(何)。それよりも例外はウェブサイトでしょうか。個人のサイトとか日記ってなんつーか個性たれ流しですから、これはもう作者に注目せざるをえないっていうか。

♪こんなアイドルグループは嫌だシリーズ。
「ホーミング娘。」
ファンを逆に追っかける。
「モーフィング娘。」
スペックが遅いと動きがカクカクする。
「フォーリング娘。」
人気急降下中。
「ノーメイク娘。」
素顔の一面をアピールどころかすっぴんで登場。
「モーフィアス娘。」
既成概念を捨てろとか言いながらファンを不思議な世界へといざなう。
「モーダメポ娘。」
いつ芸能界から消えてもおかしくない。
「モーニングムスカ。」
コンサート会場を埋めつくすファンに向かってあのセリフ。
「モーニング息子。」((C)苗場)
アイドル寝起きドッキリで男だとばれる。
「モーニング名古屋。」
あんな朝食みたことねぇ!
「ミニモミ。」
もみあげの長さが1.5㌢以下のメンバーだけを集めたユニット。

♪住めば都、と言いますが。この言葉がいつできたのかわかりませんが、当時の都はさぞ住みよいところだったのでしょうね。平安時代だったら碁盤目に整備された街に、行き届いた警備、そして優雅な貴族文化。江戸時代だったら人とものの流れが集中して生活は便利で豊かだったことでしょう。
現在の「都」はとても住みよいところとは言えません。物騒な事件や人身事故のニュースを耳にするたびに、やはり怖いところだと思ってしまいます。まあ、交通網は整っているしほしい商品はなんでも手に入るし、そういった面にだけ着目すりゃそりゃまあいいところなんでしょうけれど。たとえば秋葉原とか秋葉原とか秋葉原とか。そんなわけで田舎者スピリットまる出しの私ですが、このほど身内が都区内に移ることになったのでお兄ちゃんとっても心配です。ソワソワールで夜も寝られません。せっかく涼しくて快適な夜をエンジョイサマーだっていうのに。だって鉄砲で撃たれるんやで?<決定事項なの?

2003年8月5日火曜日

カポエィラ

どうしてあずきバーはあんなに固いんですか。(消費者相談センター<またか) 歯がもげるかと思ってしまいました。というわけで今年の夏はしろくまパフェがおすすめ。かき氷じゃなくてかわりにバニラアイスが入ってるんです。だまされました。<だまされたの?
そんなわけで、しろくまアイスに等身大ラヴしちゃってるondなのですが、あれ冷静に食べてみると中に入っているフルーツがいまいちおいしくない。やはり凍らせているせいか、水気がなくなってパサパサしている感じです。このへんが市販品の限界なんでしょうか。本物のしろくまはもちろん生のフルーツを使っているので、まあそれには太刀打ちできそうにありませんが。なんでも凍らせりゃいいってものではないんですね。でも給食のアップルシャーベットはすごいおいしかったのに。

2003年8月4日月曜日

嘱託職員A

オンにちわ! 明日はonちゃんアニメの日だよ。(o_k) というわけではるかなる北の大地に思いをはせながら涙で枕をぬらしますおやすみなさい。<そんなに生でみたいのか 満たされることのないこのさみしい心の埋め合わせにもなりませんが(何)、昨夜はダ・カーポを観ました。明日から仕事なのになあと思いつつ観ました。ダ・メーポの名をほしいままにする風評にめげずに観ました。大人になってたまにアニメをみると童心に返るなんてよく言いますが、私のばわい、深夜枠の美少女アニメなんか観た日にゃあすっかりダメ人間に還れてしまいそうな気がしてなりません。…還るもなにもはじめっから落ちぶれてんじゃんとかは言いっこなしで。
にしても。これ原作を知らないので話とかがさっぱり妖精なんですけれども、でも、でもね、なんとなく言いたいことはわかります。やはりこう、場数を踏んでいるとあちらさんの出方が読めてくるっていうんでしょうか、その手で視聴者をおとしいれようとしているのか!みたいな(?)。あとキャスティングもなかなかのものでした。きみたちの目くるめく成長ぶりを陰で見守るのがおいちゃんのささやかな楽しみじゃよ。(何様) そういえば、あのへんな目のネコってメーカーのキャラクターかなにかでしょうか。ほかのゲームでも見かけた気がします。なんとなくちよちゃんのお父さんに通じるものがある気がしてなりません。

2003年8月3日日曜日

ラブゲームで勝てる恋は遊びにもならない

スーパーで板チョコを買って家帰って食べようとしたら、みぞがぜんぶきれーいに割られてたんですが。(消費者相談センター) 縦と横にそれはもうあのピースごとに。まったくどこの子どものいたずらか知りませんが。親御さんがどういうしつけをしているか知りませんが。どうして私がそれ買うときに気づかなかったのか知りませんが。や、べつにお皿とかが割れていたんじゃないし、どうせおなかに収まるものだからそのへんHEAD-CHARAですので、海のように広い心で許したるんですが、でも、でもさ、楽しみにしてたのに。私がわるのー!私がわるのにー!!<なくなよ あの、あれですよね、ぷちぷちの楽しみは指でひとつひとつつぶすことにあるのであって、雑巾しぼりしちゃうなんて邪道ですよね、許せませんよね。まあそういうことです。(関連性不明)
それはそうと、スカートが回っちゃうって本当ですか。えーとこれ、私の知らない世界っていうか、シリーズ女の子のヒミツって感じなんですけれども。女の子のヒミツとか言うなって感じなんですけれども。スクール水着には穴があいているとか言うなって感じなんですけれども。…って、ちょっと脱線しちまいましたが、話を戻しますと、女子のスクール水着はおなかの部分に水を出すための穴があるんだそうです。<戻ってないよ?
はい失礼しました今度こそ。なんかね、スカートをはいていると、だんだん左右にずれてきていつの間にか90度回ってたり後ろ前になっちゃってたりするって小耳にはさんだんですけれどもそこんとこどうですか。本当だとしたら、それって本人気づかないものなんでしょうか。まあたしかに、ものによってはどちらが前でどちらが後ろなのかわかりませんものね。いえ正確にはファスナーの位置とかでわかるんでしょうが。なんとも不思議なものです。おおっと、今スカートがぐるぐる回っているシーンを想像してしまったね! いけないね!

2003年8月2日土曜日

枝払いは枝払いらしく

また朝からセサミンのCMやってた。(地方局トーク) なんかこう、ゴマの中にわずかに含まれる成分を抽出したってやつで、すごく体にいいんだってさ。ふーん。
でも体にいいかどうかよりも、おいしいものを食べたいですよね。まだ若いですし(?)。ということでヴィ・ド・フランスがマイブームな秋の夕暮れ。今日もあのあと行きまして(どのあと?)、せっかくなのでイーツインしてきました。ていうかエンゼルソフトきたーー。いえ名前は今日おぼえたんですが。もうあのふわふわ感が絶妙ですわ。パンはすきです。小さいころパン屋さんになりたかったくらいですもの。実家は米作ってるってのに親不孝きわまりない話ですがそれはさておき。いえだからこそっていうか、パンってなかなか食べる機会がなかったものだからすげーめずらしいものに思えてくるの。もう子ども心にちょっとしたごちそう的扱いなの。…パンと言ってもあらかたヤマザキでしたが。
で、でもね、すきなのはふんわりふっくらしたやつなんです。ポワポワポワ~ン。<何?! そして上にはチョコレートかかってて中にはマーマレードとかホイップクリームとかそんなんのがとくに。<趣味出しすぎ だからフランスパンはあかんねん。食べてるとあごが疲れてきちゃいます。私がかむ力が弱いだけだって説もありつつ。そんなわけでソフトなのばかりえらんで食べてますが、ヴィドはフランスだけにフランスパンのメニューも充実してますよね。だからそのへんノータッチなんです。ああ、こんなえり好みしているのにヴィドを語ってごめんなさい、とか今回は先にあやまっときます、はい。

2003年8月1日金曜日

CALLING ~いい音でいよう~

フリーメーソン。(挨拶) ちうかね、虚無感ですよ。<どうしたよ 今週はなんていうか仕事だけがもともと特別なオンリーワンみたいなイッシュウ・カンでした。いえどちらかっつーと気持ち的に。マインド的に。へたに集中しちゃうとほかのことがマターク手につかなくなっちゃう。わるいくせです。しかもこういうときにつくづく自分って無趣味なんだと痛感しちまう罠。このまま仕事人間として歳くっていくのかなって思うとなんとなくげんなり。
さて、そういえば超唐突に思い出したんですが、学生時代に病院でボランティアスタッフをやったことがあるのです私。期間は短かったしそんな印象に残っているわけではないんですけれども。ボランティアっつってもそんなたいそうなものではありません。病室をぶらり散策して患者さんに声をかけたりってのがメインだったでしょうか。ほかにはちょっと雑務を手伝ったり、遊び相手になったりもしたんですけれど。おかげでポケモンにはすっかり詳しくなりました。ゲームかよ。入院ってものすごく退屈で気がめいっちゃうと思うんです。だからボランティアの人が顔を出したり話しかけるとすごいよろこんでくれて。私もそんな笑顔にふれられる瞬間がただ楽しくて活動をやっていたんでしょうね。ボランティアって聞くとそれだけでしりごみしちゃう人も多いんじゃないかと思いますが、なにかグループに所属するとかイベントに参加するとか、けっしてそんな形式ばったものではありません。だれかのために何かをしたい、快適で気持ちよい社会にしたい、その心がけがまず大切な一歩ですし、むしろそのハートフルソウルこそが人をかきたてるのです。
って、やべえ、なんか善人みたいなこと書いてるよアイアム。あのちゃんとオチありますんで心配なく。<心配って で、どこでそれやっていたかと言いますと、うちに大学病院があったのですがそこで。そこの小児科病棟で。……そんな目で見ないでくださいっていうか、そんな目で見るなーーー。いや、でも、ね、子どもはふつうにすきなんですよ? よ? よ?(哀愁のエコー)

2003年7月30日水曜日

今夜はチョップ抜きで

麻婆豆腐なの! 今日は!(4日前から決めていたらしい) ということでこんにちは。ていうか「今日は」って書いて「こんにちは」とも読めるので、実はあいさつがだぶっちゃってる罠。(つまりネタがないらしい) ごはんがおいしいとそれだけでちょっとしやわせ。…安上がりライフですか。そうですか。私もそう思います。

2003年7月29日火曜日

減給でも時短でもなく クビかもしれないんだ

♪ろーっこーおーおろーしにー、さーあーっそーおーとー。(山田隆夫) はいこんにちは。とりあえず阪神ファンのふりをしておかないといつ夜道で襲われるやもしれない今日このごろですがいかがおすごしですか。気のせいですか。とくにこっちは熱気やら殺気やら、とにかく異様な盛り上がりがぷんぷんしております。まあふりだけならやっておいて損はないと思います。だってアンチ阪神ファンの人ってあまり聞きませんものね。しかしどうですかこの独走態勢。さくら(独唱)って感じです。<? 銀河ぎりぎりぶっちぎりってやつです。友人はどこかで必ずオチがつくはずだと言っているんですが。やはり大阪人たるもの、ここでど派手につっころんで球史に別の意味で名を残すくらいじゃなければいけません。<そんな大阪やからって
大阪と言えばもうひとつおもしろいのが、アメちゃんです。そう、アメちゃん。言わずもがなアメ(飴)のことなんですが、みんなちゃんづけで呼ぶんです。それはもう老若男女問わず。コワモテーズのおっさんもアメちゃん。貞淑なマダムもアメちゃん。そしてみんなアメちゃんだいすき。いつもポケットにアメちゃん。泣いている子どもにもサッと差し出すアメちゃん。テーブルを囲んで語らうときもお菓子っていうかアメちゃん。袋買いしてみんなに配るアメちゃん。そして漫才コンビが客席にばらまくアメちゃん。もはや大阪の代名詞と言っても過言ではありません(過言です)。すばらしい。エクセレン。

2003年7月28日月曜日

ドレデモ ナンデモ アワセヨウ

シチューなの! 今日は!(3日前から決めていたらしい) ということでこんにちは。ていうか作りすぎたのでだれか犬連れてきてください、犬。(人様に出せるようなものではないらしい)
まあそれはさておき、頭がジンジンするのですよ。今朝からまんべんなく。頭痛じゃなくてですね、ちょうど頭のてっぺんとかのあたりなんですが、具体的に言えば頭皮がしびれてるの。わかりますか? だれかこの気持ちをわかってくれますか?(?) あの、正座していて足に血がいかなくてしびれるときあるじゃないですか、あれが今まさに後頭部で起こっている感じなの。それで原因がわからなくて。朝起きてからってことは寝相がわるいせいかもしれません。とくにここんとこ、タオル地のシーツにほおずりしてうふふふふとかマイワールドにひたりながらいつの間にか寝入っているパターンも多いので。<……
で、感覚もにぶくなっててちょっとピンチかなって思ったので、血のめぐりをよくしてやれば直るかなあと考えて、指でとんとんしたりもみもみしたりぐしぐししたりしてたんです。会社で。そうしたら、なーんか、視線が痛いの。そう、ホワイトアイズ(和訳:白い目)です。むしろ若いのに苦労してんだな、みたいな無言の圧力なんですー!(あらかた被害妄想) 要するにあれですね、男の事情ってやつですね。どうもあの手の動きが頭皮に刺激を与えて育毛を促進しちゃってる図に見えたんでしょうね。…私はまだ大丈夫ですよね? ね?!<あわてるな
さて。それとはまったく関係なく(嘘)、子どものころハゲのかぞえ歌ってありませんでしたか。こんなの。

ひとつ ひとには ハゲがある
ふたつ ふるさと ハゲがある
みっつ ミックス ハゲがある
よっつ よからぬ ハゲがある
いつつ いかんせん ハゲがある
むっつ むなげも ハゲがある
ななつ ナウシカ 渡しなさい
やっつ やばっ! ハゲがある
ここのつ やっぱり ハゲがある ←?
とおで とうさん ナスッポコツルッパゲ

もしまちがえているところがあったら教えてください(超確信犯)。地方ルールも同時募集。

2003年7月27日日曜日

風が通り抜けない部屋

あ゛ー。放心状態ondです。お昼はリッチに焼肉ランチとしゃれこみました。土用丑だしね! …なんですかその目は。うわーこいつ丑の日を牛の日だと思ってるよバッカでーとかおっしゃりたいんですか。それくらい知ってるよ。わざとだよ。ついだよ。<どっちだよ でも個人的はうなぎよりうしのほうが精がつきそうなフィーリングでいっぱいなんですけれどもそこんとこどうですか。でも日曜なのに土用だってさ。<まだ言うか

2003年7月26日土曜日

死ぬまで死ぬまで虫刺され

フルーツトーク♪ グレープフルーツジュースがすきです。思わす顔をしかめてしまうほどにがいのが。パイナップルがすきです。口の中がピリピリするくらいすっぱいのが。アセロラジュースがすきです。ニチレイのが。これメーカーによって味かなりちがうので、私はニチレイ以外みとめません。スイカがすきです。黄色いのが。さくらんぼがすきです。パフェとかに乗ってると最後までとっとくタイプです。レモンがすきです。唐揚げとかにしぼる用に輪切りのが出てくるあれをまるかじりしちゃうタイプです。梨がすきです。シャクッていう音を楽しむためにあるのだと思います梨は。桃がすきです。食べるとき種のまわりに毛みたいな繊維がついていてなかなか取れないじゃないですか、あの近辺の果肉がとくに。えり好みしてるんだかしてないんだか。だけどやっぱりバナナがいちばんすきです。<わっ!バカがいる!

2003年7月25日金曜日

サービスマスター(使用人主人)

やかんを火にかけている最中ですが朝礼はじめます。(朝の風景) おはよござまーす。最近悲しかったことは徳用麦茶パック買ってきたら煮出し用だったことです。こんなめんどうなものだれが考えたんだと逆に思っちまうくらいに。
まあそれはさておき、大仁田議員強すぎ。野党の反発を体を張ってバリケード。どんな無理難題な強行採決だってこの人がいれば百人力です。ヒャック!(?) むしろこうしたキャスティングを見越してスカウトされたんじゃないかってくらいやたら場慣れしてるの。かつて目にしたリングの上の勇姿さえ私の胸の中をリフレインなの。つうかやってることガードマンといっしょですし。むしろこれからの政治はああいう人材を確保することが重要になってくるんでしょうかね。今後の議員えらびや選挙のありかたにまで影響を与えてしまいかねない、そんなひとこまでした。や、あんなシーンを見せられたところで国民はどう反応したらいいものやら。

2003年7月24日木曜日

桃色とろろ

ロンバケきちゃったよ? ということで夏休みですくそったれ。(どうしたよ) 夏休みなんてなくなってしまったサラリーマンもそう悲観することはありません。すこしですが変化はありますので。たとえば通勤。いつもと同じ時間の電車に乗りますが、すいてます。ゆったり。まさにビジネスクラス。高校生とかの姿がまったく見あたらないので目にもやさしい。…え、意味がわからないって? だってさあ、どうよ。<どうよって 人を見かけで判断するのはよくありませんが、だからってあのだらしない格好はなんですか。この国の将来が本気で不安になってくるスカートの短さとか。ただでさえ冷房で寒気がするってのに、見ていて頭痛くなりませんか。なりませんか。むしろウハウハですか。そうですか。…そんなだから何も好転しないんです。べつにわかってくれなくていいです。まあ、そんなわけで個人的にちょっと心穏やかな夏休み。でも小学生もいなくなっちゃったのはさびしいね。<国よりおまえの将来が不安だ!
もうひとつ目にあまるものに、ティッシュ配りの人があげられます。これは単純に通行の妨げになるってだけの話ですが。地下道の階段を上がった出口のところとかで待ちぶせしてるんです。しかも、晴れていれば一歩外出たところにいますが、雨降りとかだったりすると中に入ってきてるのね。ただでさえあそこの通路せまいってのに(ローカルトーク)、もうじゃまくさいのなんの。人が傘を出したりしまったり、ぴるぴるぴるって水はらったりしてるのに、おかまいなしでティッシュ突き出してくるの。あまり気分のいいものではありません。そんなわけで、ティッシュ配りの人撲滅をもくろむondはリジェクト運動を奨励しています。ぜったい受け取っちゃダメ。需要がなくなれば供給もなくなる、これ市場原理。今こそ市民の結束が問われるときです。(選挙演説風) …って、言ってるそばからみんなもらってるし。だめじゃん。まだまだ道のりは遠そうです。

2003年7月23日水曜日

カルフールに行ってきました

はぁー、だっるぅー。ということで休みボケが抜けないondです。きのうも疲れが残ってて会社で使いものにならなかったとかなんとか。(ダメ社員) それはそうと、やっぱりあれですか、友人には自分にないものを求めるタイプですか。<だれに聞いてんの 私もそうですね。いえ、だからって自分より上回っているところがなければ友情を交わさないなんて薄情なことを言うつもりはありませんで、だからそういうことじゃなくって。ほら、自分はどうあがいてもこの人には勝てないって思える人。自分との差は大きくても小さくてもいいんです。なまじ実力が近ければよきライバルとして、そして離れていれば身近な目標として、それぞれ相手を認められますから。きっと心の中でいろんな方面の師匠が乱立されてるんだろうなと思いつつ。
でもそう思えるのは、才能とか特技に関してのことです。いっぽう性格や価値観については、自分とにている人じゃないとどうも敬遠しがちになってしまいます。ずいぶんとかってな理屈だとは思っているんですけれど。しかも偏屈な私に見そめられればその人もなかなかの偏屈だってことになってしまいますし。そういうベースの部分では、まだまだ相手や話題をえらびすぎているのかもしれません。

2003年7月22日火曜日

にんじんなんて大嫌い

そして自分流をつらぬくレポートをめざします、私は。(倒置法)

01
手はじめにピンキーさん(源氏名)に会いに行きました。…源氏名? いえそれだと聞こえがわるいのでハンドルネームということにしときましょう。だってはじめて名前聞いたとき、まずハンドルか、そうでなければネタかって思いましたもん。まあ、オフ会とかですと、おたがいハンドルのまま自己紹介しあうことって多々見受けられますから。服にたくさん缶バッジをつけ、カウボーイハットが似合い、髪の色に負けないほど明るい子でした。印象に残っているのはとても気がきくところでしょうか。私はリブサンドを食べていたのですが、飲み物がなくなったのを見つけるなり水を持ってきてくれました。いえそれはもともと私がけちって追加オーダーしなかったせいなんですが。それにしても水かよ。パンに水はどうしても合うとは思えません。かと言って炭酸飲料も困りますが。ハンバーガーとポテトとコーラ、というアメリカンの食生活をひとごとながらほのかに心配してみたり。ともかくそんなピンキーさんの心やさしさに胸を打たれました。むしろ惚れました。第一印象ってやつです。(何が) っていうか実はたまたま寄ったお店の店員さんってだけのことなんですけれど、でも惚れました。受け取ったレシートに本当にPINKYって書かれてたときはちょっと頭が痛くなりましたがでも惚れました。ぼくはこの街に恋をしたね!<またか そして何より素敵なひとときをゲッツ。

02
そしていまだにどちらがどちら回りなのか覚えられないondです。せめて「時計回り」と「反時計回り」にしてください。見た目よりも機能性重視で、ええ。<機能性? 休日の閑散としたオフィス街でリーズナブルに一杯やって、さてそれからどうしようかという話に。私がけつかっちんだったのもあるし、ふたりでカラオケってのも何かと心もとない(?)ですし。でもなんていうか、アバンチュールしたい年ごろじゃないですか、ねえ。というわけでぶらり夜の歓楽街へ。<ガーン 目の前にあったのは、幻想的とも思えるほど明々とライトアップされた建物やネオン、そして深夜になっても眠らない街でした。街が眠らないから人が集まってくるのか、それとも人が集まってくるから街が眠らないのか。(注:うまいこと言っているようで中身がまるでありません) ていうか怖いです。戦慄です。甘いバラにはとげがあるってやつです。気をしっかり引きしめておかないと、いつなんときほにゃららなお店に引っぱって行かれるかわかったもんじゃありません。つーかそんな思いしてまで行く必要があったのかどうなのか疑問ですが、でもなんていうか、アバンチュールしたい年ごろじゃないですか、ねえ。(二度目) いえここは社会勉強と言うべきでしょうか。なのではぐれないように、それからむやみに声をかけられたりしないように、男ふたり身を寄せあうように歩いて回りました。…そのまま二丁目に迷いこんでいたらよけい危険だった、ということをのちに知りました。

03
ごきげんよう。また思い出の地へと帰ってきました。思い出の地っていうかM駅に。あの街はよすぎです。ピーコです。静かで趣があって、そこにいるだけで心が洗われるというかうっとりさんというか、とにかく最萌えなんです。なんというか、殺伐とした都会に咲く一輪の花のような、むしろ山百合っていうかー。<やっぱりそこか さて。目移りしてばかりの写真を見せてもらったり面白エピソードを聞かせてもらうたびに海外旅行に思いをはせてみたりするんですが、でもはせるだけだったりの私。だってめんどいもん。あとは爬虫類はかわいいなあという話題。<いつ分岐? そう、以前沖縄行ったときにゾウガメに会ったんですよ。すごいのっそりしていて、首のあたりの皮膚がすごいしわしわでふにゃふにゃしてて(ていうか触るし)、木の葉っぱとかちらつかせると寄ってきてぱくってやるんです。しかも乗れるの。ただきちさーんとか言いながら。もうたまりません! この気持ちは爬虫類フェチのかたにしかわかってもらえないと思いますが、とにかく最萌えなんです。(二度目) 夜は布団を貸与してもらって寝ることにしましたが、カメムシの死骸がへばりついていたり、むしろ半面ほど腐敗してるっぽくてなんかべっとりとしていたり、なかなか苛酷な生活環境だなあ、と。
それにしても。もっと気づかったり何かしたいと思っているのに、それをすべき立場にはない。私たちは同じところで足踏みしているようでした。自分にできることってなんだろう。

04
朝から買い物がてら歩き回って、日ごろまったく運動していないこともたたって早くも足がガクブルになっちまった状態でお昼を迎えました。そんなわけでもし機嫌わるそうに見えたら失礼。そしてばったり初対面。きやー。目がつぶれそうなほどみなさんセレブでいらっしゃいました。美しいしおしゃれさんだし、やっぱり都会っ子はちがうなあと素直に感動でした。そしてかわいらしいゲストも。ぐっ。いえどちらかといえばゲストは私なんですがそれはさておき。で、とりあえず昼食を取ろうと練り歩きツアーなご一行でしたけれども、なーんか、どこ行っても人がいっぱい。はじめに行こうとしたなんとかスタジアムというところは、はじめに入場券が必要でそこも行列で、しかも中に入っても一時間待ちとかむしろコーナーによっては入場制限とか言われたので、断腸の思いであきらめました。残念賞ー。人口の多さと、世間様は夏休みに入ったということを考えれば当然かもしれませんが、都会っ子はごはんを取るのもひと苦労。それからボウリングへ。ここでの特記事項は、やはりキティボウリングだったってことでしょうか。キティレーンに(私たちはちがうレーンでした)、限定グッズに、キティシューズに、もちろんキティボウル。私は言うまでもなくウハウハ平気ですが、免疫のない人だったら恥ずかしくてやってられないだろうなと思いつつ楽しい汗を流しましたとさ。

05
見ろ人がゴミのようだ。(メールより) とりあえず駅舎のあまりもの都会っぷりに驚いてしまったんですけれど、でもあえて言おう。さいたまさいたまさいたま! さて来ちゃいました。いちおう今回のメインオフであります、テーマ日記軍団のみなさんとお会いしてきました。みなさん日ごろから面白いテキストを書いているだけあって、リアルでもたいへんユーモラスで個性豊かで、しかも今まさに青春を謳歌しちゃってるヤング垂れ流しなメンツでございます。つまらんキャラをそこそこの文章力でごまかしてるだけのondとはちがうのだよondとは。はいすみませんこんなやつでした私。<平謝りモード 夜もふけてそのままお泊まりツアーズ。そういえばあの質問には明言を避けています。そして翌朝、はやく目が覚めてしまった私は、よそ様宅の朝刊をかってに読みふけったり近所の寺を散策したりとのどかに過ごしていたのですが、そうしたら会っちゃったよ。そう、VIPなゲストです。かねてから(というか前日に)耳にしていた噂の有名人ことナベさん(実名)。田んぼ一枚はさんだ位置からこっち見てます。まじ動けません。目と目が合ったらミラクルってやつです。戻ってからそのことを喜びいさんで報告したんですがトリビア的反応しか返してもらえず、ちょっぴりせつなかったらしい。でも、そんなところもふくめてみなさんがすきです。

intermission 1
ああ堅い話ですご了承。なんつーか、私も人の子だったっていうか、すっかりケターイ人間になっちまったなあと思って。まあ、今回は遠出でしたし、人と会う約束もたくさんしていたので、携帯電話がなければまったく立ち行かなかったってのは事実なんですけれども。や、逆にこんなときしかろくに使わないって説もありつつ。それにしてもこのondがねえ、と自分で思うくらいに。この脚線美がわからないとはねえ。(スネ毛を見せつつっていうか、関係ないし) 電車に乗っているときとか、あと人と話をしているのにぽちぽちいじっている人を見るのが、今までほんとにいやだったのですが、いざ自分がそれをやっているとなるとなかなかそうは言えなくなっちゃう。まあこれまでの嫌悪感ってのもいわゆる「今どきの若いもんは」程度の食わずぎらいだったんでしょうけれど。
そういえばこれ、べつに仕事で必要になったから持ったというわけではありません。そうでなきゃあんなピンクのなんかえらびません。完全に趣味です。ひとつの出会いが終わって、次の出会いがはじまろうとしていた、ちょうどそんな時期に契約したんですけれど(フィクション)、いくらパソコンとか専門でも根はローテクな田舎者なのでまったく使い慣れていません。つうか、しかも忘れ物も多い私はときどき携帯し忘れます。だめじゃん。

intermission 2
その日のスケジュールの関係ではからずも(つっこみ不可)同人誌即売会に行くことになりました。そっち方面のイベントに行くのはまる数年ぶりということになるでしょうか。まあ、オンリーものだから規模も知れているでしょうが。その日は夏まっしぐらとは思えないほど涼しく、電車の冷房にもあてられてすっかり体を冷やしてしまった私は乗り換えの駅まで長袖かぶってちぢんでました。ここ二日間の疲れもあったし、こんな体調で一日もつのかすごい不安だったんですが、駅に着いたらどこ吹く風。もう元気も元気、会場まで走ってるし。やっぱり私はこの世界の人間なんだなあ、としみじみ。
で、入場。キターー! そうだよ待っていたよこの雰囲気だよ。もう飛び込まずにはいられません。そしてondさん、いそいそドキドキ。あれです、あちこちのスペースでお釣り受け取らずに立ち去ろうとしたのは私です、はい。なんていうかね、同好の士には言わずもがなかと思いますが、買い物なんて考えてするものじゃないの。もう本能なの。一目会ったその瞬間が運命のシャッターチャンスなの。むしろ気がついたら買ってたとか事も無げに言えなきゃだめ。…いえわかってくれなくていいです。それから、一体になれるムードが楽しいのかな。みんな同じ穴のむじなっていう安心感がありますしね。カタログ完売のアナウンスが流れたときは全会一致でスタンディングオベーション。あれは盛り上がりました。

06
そんなわけですっかり魂の回帰(!)をなしとげて、意気揚々と移動。もう何だってできちゃいそうな気分です。具体的にはファーストフード店内で買ったばかりの戦利品をおっぴろげることだってできます。だってここはすべてが許される街ですから。<ちがうよね?隣の席の人ひいてたよね? すこし休憩がてらそんな感じでマイワールドにどっぷり四つして、それから感動の再会。感動の再会どころか、きやー。今日ぼくはキタキツネを見てしまった。<またか それからこりずにディープゾーンに連れてってもらう私。あー、うん、やっぱね、いいわ。すごいわ。何がって品揃えが。これはよそではまねできません。そして私自身も、こういうものを切り離して生きていくことはできないかもって思いました。今だから言いますが(?)、一時期はオタクな趣味からきっぱり手を引こうとか考えていたこともありました。でもできませんでした(失笑) それももともと見栄みたいなものがあったっていうか、そんなことのためにすきなものを我慢するなんてやっぱりばかげてるって、この日あらためて思いました。…最近はまたちょっと方向性がへんなほうへ傾きつつありますがそれはさておき。
いろんな人と会って、多くのことを教えられて。今までのそうした積み重ねが今の私を作ってきたのでしょうし、これからもそうやって私はやっていけるのだと思います。

2003年7月17日木曜日

おやかたワークス

それを追跡中やー。昔から疑問に思っていることがあるのですが、「目に入ったごみを取る」ってどうやってやるんですか。ふつうは、というか私はこうだと思っていたのは、水や目薬で洗い流すという方法なんですけれども。そういえば学校のプールに目を洗う専用の蛇口ってありましたよね。あれはすごい便利でした。だけど、いくつか並んでる中にひとつだけ水の勢いが超ゴイスなのがあってすんげえ痛いの。もしくは思いっきり蛇口ひねりまくったときとか。ぐぎゃーってなります(?)。だめじゃん。むしろ一般家庭や、公衆トイレとかにあれ設置してほしいって思いませんか。家にあったら、アイボンとか買わなくてすむし。それから、外とか歩いてて目がかゆくなったりしぱしぱしてきたなと思ったら、トイレにかけこんでぱちぱち洗うの。なかなかいけてるでしょ。え、マスカラとか落ちるからだめですか。そんなこと言われてもぼくわかんないもん。なにせマスカラとマラカスのちがいがわからないくらいだもの。むしろ乙女の繊細な気持ちを察してあげられない男はだめですか。そうですか。やっぱりね。
…さて。<おかえり ようやく話が戻るんですけれども、なんかマンガとか読んでいると、直接手で取るって場面が出てくるんですけどあれってやっぱりマンガの中の話ですよね。(というのが本題) 見たことありませんか? たしかに最近のにはあまり見られないかもしれません。なにせ80年代テイストなシチュエーションですから。たとえばですね、世話焼きな女の子が幼なじみの男の子の目にごみが入ったのを見かけて寄ってきて私が取ってあげるとかなんとかかいがいしく言うなり手を伸ばしつつ顔をのぞきこんだりするんですけれどもちょうどそこにその男の子に等身大ラヴしちゃってる女の子が通りかかってキスシーンに見まちがえちゃってムキーッ、みたいな。<おかえり(二度目) だからね、その彼女は本当に直接眼球に指つっこんで取ろうとしてたのかどうなのかと問いたい。小一時間問いとぅめたい。
指で取るなんて、私はそんなこと絶対できるわけないと思っているんですけれども、もしかしてできる方法があるんですか。あるのならぜひ教えていただきたい。もし私が伊東家の司会やってたらかならず30万出しますから。でも実は案外いんちきだったりしてね。ぐさって目に思いっきり指ぶっさしてあまりもの痛さにちょちょぎれる涙でごみを洗い流そうって算段ですか。それなら納得できるかも。83へぇ。それともあれですか、目に入れても痛くないほど等身大ラヴしちゃってるんですか。つまりはただのおのろけシーンですか。ムキーッ。

2003年7月16日水曜日

で、一年生がひよこ

枝豆週間はじめます。(酒はないけど) 捜さないでください。そういえば高田純次さんって昔よくバズーカ撃ってましたよね。いえそれだけです。というか今日はいろいろ大変なことになりましたのでお休みです。(エージェント・スマソ)

2003年7月15日火曜日

世界が二人を乳首

スイカ週間はじめます。(ふるさと小包) 捜さないでください。
さて。なんであれっていつも小学校の作文とか文集とか引っぱり出してくるんでしょう。専門家みたいなの呼んで筆跡がどうだとかこんなこと書いてるからこういう性格だとか分析したりしちゃってさ。いえ、凶悪犯罪の加害者の人間像にはきまって世論の高い関心が寄せられますから、どういう人間かってのをすこしでも明らかにするためにわずかな情報や検証でもほしいってのは理解できます。ただ、書いた文章とかでその人の何がわかるってんだろうと思って。
もし私が社会的に重大な犯罪をおかして、このサイトの存在が明るみに出た場合、お偉いさんがたやマスコミは私という人間をどうとらえるでしょうか。どれだけ偏屈でゆがんでいるか、劣等感や不安でみちているか気づくでしょうか。こんな人間ならあんなことをしてもしかたない、と判断するでしょうか。そしてまたしても「インターネット」が槍玉にあげられてしまうのでしょうか。それは私が書いたものを見ているだけで、私自身を見ているわけではないのに。
まあ犯罪者ってのはともかく、ホームページでこうして日記を書いていたところで、読む人に伝えられる情報は微々たるものだと思っています。とりわけ私は自己表現がへたですから。自分の手で書いている以上、見せたいと思っているものしか表に出していないわけで。たとえそれが無意識の操作だとしても、そのへんすきなようによりわけたり隠したり、また書きかえたりゆがめたりしているはずです。そうでなくても文章でものごとを伝えるには限度があるのですから。だから、ぶしつけなこと言うようですが、ホームページを読んだというだけでひとりの人間のことを知ったつもりになるべきではありません。そこに書かれているのはほんの一握りのデータでしかないのですから。それではもの足りない、もっとよく知りたい、そう思ったから私は会いに行くのです。<なんかいいこと言ったよ!

2003年7月14日月曜日

こんなわが家にダビがスタ

鳴き声よりも抜け殻よりも、セミの死骸をはじめに見つけてしまった今年の夏。こんちゃーす。昨日今日と予想外に涼しかったので面食らっちゃったんでしょうか。ぐずついた天気がつづいていて、私も心なしかぐずついております(鼻が)。
さて。私は美容院を利用したことはないんですけれども、聞いたところによるとなかなか大変らしいのです。何がって、待ちが。とくに休日は混雑するので予約をするんだそうです。ハァーン?! 予約しなくちゃならないって時点で拙者にはカルチャーショックでござるよ薫殿。しかも驚くべきことに、いざ当日行ってみるとやっぱり超満員。平気で4時間とか待たされるの。もうおじちゃん何がなんだかわかりません。なんで予約してあるのに待たなくちゃいけないのかまるで理解できませんって言うか、まるでなっちゃいません。だってその間どうしてるの? ずっと待合室で座りっぱなの? それで女性誌とか何冊も読破しちゃうの? それともスタイリッシュにゲームボーイアドバンスSP? むしろ4時間空いたらエルセーヌに2回行けちゃうよ?<落ち着け 髪は女の命とはよく言いますが、美容院の順番待ちにこれだけの時間を割いているわけですから、まさに身をけずる思いでセットしているんでしょうね。…この話は知識ゼロの状態で書いているので誤解もあるかもしれませんご容赦ください。
で、それと対比して私はといいますと、すでに書くまえから申しわけない気持ちでいっぱいなんですがそれはさておき。床屋だったら回転早いし待つって言ってもそんなたいしたことありません。そして自分の番がきても、私いっつも15分くらいでぜんぶ終わるのですが。早すぎてうとうとするひまもありません。この差はなんなんでしょう。答:バリカンでやってもらっているから。

2003年7月13日日曜日

ケーキだけはこだわりたかったの。

『百合姉妹』買っちまった……。

2003年7月12日土曜日

建設的な建設現場

一家四人でスターバか。おめでてーな。(休日の風景) ていうか今日はデスクが血の海に染まりました。というのは大げさですが、仕事中に鼻血ブーしてしまったのでいまひとつテンションがあがりませんがご容赦ください。むしろちったあおとなしくしてろって説もありつつ。
さて、夏はワイ談やでー。というのもですね、このところ寝ているときに金縛りにあわないなってのをふと思い出したものですから。金縛りの原因についてはいまだに究明されていない部分もあるんですけれど、やっぱりあっち的なものもあるんじゃないかと言われています。それで、私が今までいつ金縛りにあったか思い出してみたんですね。
・高校まで(実家):2、3回
・大学(某ハイツ):そりゃもうしょっちゅう
・社会人(現住所):未体験
…あそこ絶対なんかいるよ! まああのころは生活費をみんなオタグッズ購入に回しちゃって貧乏だったからろくなもの食べていなかったもので、そうした健康上の要因もあったのかもしれませんが。むしろそうであってほしいのですが。それとももしかして本当に、と思うと、今でも悪寒がします。まさかともちゃん(仮名)でしょうか。…心当たりがある時点でかなり危険ですが。
あれね、本当に体動かないのよ。もうどんながんばって上体起こそうとしても。意識はわりとちゃんとあって、おそらく起きているんだと思うのですが、でも目が開けられない。だって怖いじゃん。だってよ、もし開けてみて、目の前に本当に何かいたらどうするよ。(しかも正座しているッッ<何) たぶんもう驚愕のあまりショックで即死しちゃいますね。つまり、何かがいることそのものが怖いんじゃなくて、心臓まひで死ぬかもしれないことが怖いの。だからぜったいに見られない。あの恐怖感は経験した人にしかわからないと思いますきっと。で、しばらく身が縮む思いでその時間帯に耐えていると、ようやく動けるようになったりします。それでもまだ怖いものだからおそるおそる目を開けたりして。こう目の手術をして見えるようになった人みたいに。そうすると何もいなくて、念のため部屋の窓とか開けてあたりを見回してみたりもしますが異状なし。そしてもう寝汗びっちょり。その汗が気持ちわるいのと(きがえれよ)、もしかしたら今夜中にまた来るんじゃないかって思うと、そのあと寝つけないのがまたつらい。
まあ、たしかに怖いできごとではありましたけれど、さいわい実害(?)はなかったし、なかなかゴールドなエクスペリエンスをさせてもらったなあと思っちょります。っていうのは不謹慎ですか。プラス指向すぎますか。そうですか。

2003年7月11日金曜日

株式会社日本テディベア

本日の出張には半袖スーツを着て行くようにと命じられる夢を見たondです。出張と言えば行き先や持ち物などをふつう指示されるものですが、服装を指定されたのは今回がはじめてです。ってそりゃそうっすね。しかし半袖スーツなんて私は持っていません。つーか売ってませんよねそんなの。しかたないので、もったいなくはありましたが自分の背広の袖を切って着て行きました。そこまではよかったのですが(よかったのか?)、道中でえらいことに気がつきました。ワイシャツが長袖のままです。はみでてます。タイガー・ウッズです。こ、これはパンダじゃありません。<何 そんないでたちで敵陣に乗りこんだんですけれども、意外にも先方のうけがよかったのでほっと胸をなでおろして今夜はぐっすり眠れそうです。っていうか寝てます、夢だから。
思うのですが、きっと夢に出てくる自分っていうのは、びみょうに自分じゃない自分なのではないでしょうか。<聞かれてもっていうか、わけがわかりませんわ どこか不思議で、矛盾があって、それが夢の世界だと思うんです。こんなことがあったら奇妙だ、でも考えられない、って心のどこかで思っているかもしれない世界。その中にいる自分というのも、またひとつのつかみどころのない、とりとめのない存在であるのかもしれません。
さて、道端のあじさいの花がすっかりしぼんでいました。気温がめきめき上がって梅雨が明けようとしているこの時期、本格的な夏の訪れと引き換えに過ぎ去っていくものもある、ということでしょうか。花びらはすっかり痛んでしまって黒々しく、すこし前の鮮やかさは見る影もありません。そんな状態になってしまったら、もちろん足を止めて見入る人の姿などありません。もちろん来年も梅雨がやってくれば、この木はまた美しい花を咲かせるのでしょうが。そうしたポテンシャルをたとえ内在していようと、輝いているときしか愛してはもらえない。それってなんだか、ね。

2003年7月10日木曜日

それは黒い色をしていた

ピキーンときちゃったよ? もうピキーンときちゃったよ?<しつこいし 仕事中に突如肩が悲鳴をあげました。肩がっていうか、むしろ私が。こちとらデスクワークなエブリニャンなもので、そうすると肩こりにはいつも悩まされるわけです。いっそ短冊に「肩がこりませんように」って書いて笹の葉につけたいくらいなんですけれども。(そんな夢すててしまえっていうか、七夕の話題はタイミングはずしてるし) しかしそんな願いもむなしく、肩こりと背中合わせの綱渡りで三位一体の改革を朝までドライブっていうか(何)、その目その肩その腰にとか言いながら石像にひびが入って中から東山さんが出てくるって寸法なんですけれど(東山さん?)、こんなに急転直下なのは今日がはじめてです。それはもう雷が落ちたかのよう。不意打ちのキスであなたを困らせてあげるどころじゃありません。<?
そんなわけで帰って速攻サロンパス。つねに買い置きを常備してあることは内緒にしておいてサロンパス。あー極楽極楽。<大地の治療が必要でふ! そして患部がすっかり熱くなってしまって眠れない罠。ただでさえ熱帯夜だっつうのに。良薬肩に熱し、ということにしておきましょうか。…話をまとめたところでなにが解決するでもありませんが。

2003年7月9日水曜日

シトラスブール(柑橘系二値演算)

私めが今さら申し述べることではございませんが、エアマスターのエンディングはおもろいよね。スピード感あふれるっていうかただ走りまくっているだけだし、それになによりあの歌詞。よーしパパ動悸なく飛び回っちゃうぞー、みたいな。(注:説明になっているようでなっていません) 私は例によって(?)パロディflashを先に発見してしまってそれはもうヤヤウケの渦だったんですけれども、あとで本家をみてみたらなんていうかそのまんまなの。むしろ歌詞あれで正しかったのかっていうか元からあんなんなの?!と思って。あれにはまいりました。
ああいう曲が日本のミュージックシーンをリードしたりアニメ業界に旋風を巻き起こしたり……はたぶんしないんでしょうけれど、楽しい曲だったので今後の動向にも期待してみたりしています。いえ、ただ珍しいからって言いたいのではなくて。意味もなんにも持たせないでひたすらバカに徹する、というのは、楽曲のみならずあらゆるものを作るうえでひとつの重要な手法だとわたくし思っているのですけれど。しかもウケをねらっているかどうかもわからないようなライン、こういうのがいいんですよ。

2003年7月8日火曜日

甘酢流るる砂礫谷

抜けた乳歯をマンションのベランダから投げないでください。(近隣住民からの苦情) あれってなんでしたっけ、たしか上の歯は軒下に、下の歯は屋根に投げると、生えかわりの歯がすこやかに伸びるっていうか、すなわちセノビィなんですが。でもそれがよく言われていたのはほとんどの人が一軒家に住んでいたころの話で。年月がへて私たちの生活が変わってくると、こうしたいわれがだんだん時代にそぐわなくなってきます。
時代の推移に対応すべきもの、それは法律もそうでしょうか。数十年前には想定されなかったたぐいの問題や犯罪がつぎつぎと発生してきています。公害、知的所有権、インターネット上のトラブル、教育制度改革。人々の暮らしはたえず変化していくのですから、小さな法律や特例といったものだけでなく、大きな法律や憲法などもこまめに見直してちょくちょくいじっていく、というふうにしたほうが即応的ではあると思うんですけれども。や、私は真剣にリーガルトークなぞしたくはありませんのでここいらでお開きにしますまた来週。
ほかに時代の変遷を感じさせるものとして、フィクションがあげられます。小説やマンガなども、多くのものがその時代の風潮や流行を反映しているので、今になって読んでみると不思議に思ってしまう話題や価値観もあったり。知られた話では、鉄腕アトムに登場する通信手段は黒電話なんです。そう、黒電話。原子炉積んで怪力で空も飛べるのに、黒電話。お茶の水博士も黒電話。<もういいっつうの 作中でアトムの生年とされる2003年現在、衛星放送やインターネットが通信の主要な地位を占め、電話も携帯電話が広くまん延しています。こんな世の中になるだなんて、当時は思いもしなかったのでしょうね。
だからと言って、そうしたものを今の時代に対応させればいいというわけでもありません。古きよき時代はたしかにあったのですから。だって、波平さんに携帯電話持たせたりマスオさんにパソコン使わせたりするのはどうかって思いますもん。